5種類の野菜を煮込んで作る野菜スープがガンやその他の病気に効くという話を知っていますか?知っていましたらその作り方や、その効果を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1993年ごろに流行った野菜スープですか? それともそれ以後のでしょうか?



ちなみに、前者のスープを飲んだ患者さん(渡辺美智雄氏、星野仙一氏夫人など)は、ことごとく亡くなってますね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いつ頃からある物なのか私もよく分かりませんが、亡くなる程とは、よほど悪いかすごく良いものなのかどちらかの物なんでしょうね。

お礼日時:2001/02/01 17:35

そのスープに関しては判りません。


が、参考になる話をさせて頂きます。
治るというよりも、治りやすくするというか、病気による体の状態を治り易くなるように補える物と考えた方が良いと思います。
例えば、ガン治療時にお医者様は抗ガン剤にプラスして漢方薬の「十全大補湯」を併用することがあります。
「十全大補湯」には抗ガン作用はないのですが、何故併用するかというと、患者のQ.O.L.の向上を計る為です。
落ちこんだ患者の生命力を補ったり、抗ガン剤の副作用による生命力の低下を補うために用いているそうです。
こう言う考えから、併用したい物として、高麗人参、プロポリス、キチンキトサン、サメ軟骨エキス、野菜スープ、野菜ジュース等があげられます。
素材と効果について、
免疫力を高められる物は、
補気の効用の強いもの……高麗人参、スッポン、ローヤルゼリー
免疫力増強作用の強いもの……高麗人参、ローヤルゼリー、霊芝、キチンキトサン、ルイボス茶、タヒボ茶、ヤンロン茶、プロポリス、深海鮫エキス
神経機能に良い影響を与えるもの……シソ油、月見草油、ゴマ油、核酸、DHA、レシチン各種天然ビタミン・ミネラル、ミドリイガイ
その他として一般的には季節の旬のもの、無農薬有機農業のもの、新鮮なもの、生長力の強いもの、生命力の強いもの、完熟のもの、十分長期連用に耐える安全なもの、日常食品と調和性のあるものがあげられます。

体内の環境整備の基本は快便、快尿、快汗です。
体内の有害物、老廃物の体外排出促進作用のあるものとして、
浄腸作用……食物繊維、オリゴ糖類、ピフィズス菌
浄血作用……高麗人参、霊芝、花粉、クマ笹
利尿作用……杜仲茶、ドクダミ茶、ハトムギ茶
解毒作用……プロポリス、ルイボス茶、イチョウ葉、(活性酸素消去)、キチンキトサン、タヒボ茶、緑茶、海藻類
緩下作用……ルイボス茶、杜仲茶、ハブ茶、モロヘイヤ
発汗作用……しょうが湯、カモミールティー

このような素材を材料として、スープを作れば良いと思います。
一般人の私が答えられるのはこの位です。
後、病気に合わせた、食事メニューを紹介しているサイトがあるので記載しておきます。

参考URL:http://www.wing.ne.jp/pub/kushi/sickeat/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに効果のありそうな物ばかりですね。ただ単純に煮詰めてスープを作っても大丈夫なのか不安がありますよね。この世のものとは思えない恐ろしい物ができそうですよ(苦笑)。サイトの方を拝見したところ参考になりそうでした。詳しいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/02/01 17:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗ガン剤がガンに効かないことがあるのはどうして

「ガン漂流」(奥山貴宏)という本を読みました。
著者がガン(肺、すい臓、脳)にかかってしまうのですが、
抗ガン剤治療をしても「著変なし」(腫瘍の大きさに変化なし)で、最終的に使える抗ガン剤がないという状態になり、とうとうお亡くなりになります。
抗ガン剤は一般の細胞よりもガン細胞をより多く死滅させるらしいのですが、どうして効果がないのでしょうか?
著者は頭髪が抜けたり、悪心、悪寒に襲われたりする副作用に苦しめられます。
ということは抗ガン剤が効いているということなのですが…。
どう考えても多少は効果があるはずなのでけれど。

腫瘍が小さくならないのはどういう理由によりますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず根本的に生命の神秘は永遠の謎であり、説明不可能です。生命があることを前提にして癌を考えると、

正常の機能を失い、正常の制御を受けることなく無軌道に増殖し、発生部位から遠くへも飛び火(=転移)することによって、宿主(癌をもっている人)の健全な生命現象を損ない、最終的に死に至らしめる病気です。

細胞が増殖するということは、正常な細胞でも制御下で行なわれています。怪我をして治る過程では、そこの細胞が急速に増殖しています。毛髪や爪も伸びていきます。全身の臓器は神経を除いて、細胞は常に増殖して徐々に古いものと置き換わっています。

正常な細胞が増殖するときは、「増殖しなさい」という指令が細胞外から細胞表面へ伝わり、その指令は細胞内でいくつかの段階を経て細胞核というところに届きます。指令の種類や伝達の経路は単一ではなく、現在知られているものの他にもあるでしょう。

癌は増殖速度が速くてさらに止められない状態なので、増殖の指令から伝達の過程を邪魔する薬剤が「ある程度は」効きます。これが抗癌剤(抗腫瘍剤)です。

最近では、遺伝子の研究から特定の癌が用いている増殖の指令伝達を分析して、そこを阻害する薬剤も開発されるようになってきました。

しかしながら、抗癌剤は(ある種の特別な癌を除いて)癌細胞を完全に殺すことはできません。なにしろ癌は、もとは自分の細胞から生じた異常な細胞です。正常な細胞を殺さない程度に投与している以上、完全に治癒させることは困難です。

抗癌剤が対象となる癌に対して最初から効果を示さないことは珍しいことではなく、また当初は腫瘍が縮小しても、再発時には効かなくなることはよくあります。癌細胞が当該の抗癌剤による作用に影響されない増殖指令伝達経路を用いているからかもしれませんし、抗癌剤を無力化する仕組を備えていることもあり得ます。再発時に効果が低下するのは、抗癌剤に耐性を獲得した細胞が増殖するためだと考えられています。

現状で、癌を確実に完治させる方法は外科的に完全に切除することです。もしも、薬が効くのが当然であれば、癌というのは「ごく普通の恐くも何ともない」病気のひとつになるでしょう。

まず根本的に生命の神秘は永遠の謎であり、説明不可能です。生命があることを前提にして癌を考えると、

正常の機能を失い、正常の制御を受けることなく無軌道に増殖し、発生部位から遠くへも飛び火(=転移)することによって、宿主(癌をもっている人)の健全な生命現象を損ない、最終的に死に至らしめる病気です。

細胞が増殖するということは、正常な細胞でも制御下で行なわれています。怪我をして治る過程では、そこの細胞が急速に増殖しています。毛髪や爪も伸びていきます。全身の臓器は神経を除いて...続きを読む

Qガンに効く物の知ってますか

身内で、すい臓ガンを患っている人がいます。
物が食べられなくて(柔らかい物なら少々)かわいそうです。柔らかくて栄養がある物ないですか?ガンに効けば尚良いのですが

Aベストアンサー

食べ物というか、サプリメントですがご紹介します。
ただし、人それぞれに相性もありますので参考までに。。。
トランスファーファクターと言う健康食品があります。免疫力を非常にアップさせて、ガンや不治の病に効果を発揮します。
私は体力に乏しく、免疫系も弱くて風邪をしょっちゅうひいたり、カンジダ膣炎も長期にわたって患っておりました。
それが最近トランスファーファクターを服用するようになってから目に見えて回復してきました。即効力もあるようです。
よい参考になればいいのですが。
身内の方のご回復を心からお祈りいたします。

Q胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要

胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要観察」「定期的に検診を受けることをおすすめします。まずは12ヶ月後に医療機関にご相談下さい」と書いてあり ました。病院に問い合わせたところ、「詳細結果を聞きたければ病院へ」とのこと。実際「要観察、次回は12ヶ月後」と書いてあれば、検査結果を聞きに行かずに、一年後に検診に行く人が多い気もしますが。旦那に仕事の合間をぬって病院に結果を聞きに行かせるか、定期的に検診に行く感じにするか、皆さんの旦那さんならどうしますか?私は極度の心配症なので、異常なしじゃない限り、要観察だとすぐに病院行っちゃいますが(((^^;)旦那は面倒臭がりで、病院行ってきなーと言ったら、「一年後って書いてあるんだからいいじゃん」と言われそうですが。

Aベストアンサー

旦那さんが正解です

要観察の意味はポリープの芽がある

程度なのです

取り得る状態になるのに一年かかるということです

しかし放置はできない、との診断です

したがって

すぐに病院行っても何の意味もなさないのです

Q抗がん剤の効き目は、効く人には効き、効かない人には全く効かないのでしょ

抗がん剤の効き目は、効く人には効き、効かない人には全く効かないのでしょうか。あるいは程度の高低差はあっても誰にでも効くのでしょうか。

Aベストアンサー

私の場合は抗がん剤の効果は20%と言われたのですが効きましたよ!昨年8月に肺がんと診断され「非小細胞・肺腺がん」リンパ節転移もありました。手術不可、放射線不可、抗がん剤のみ可という状態で抗がん剤治療を受け、がんが大きさ半分に、転移部分も小さくなり現在は放射線照射が可能になり治療の最中です、あきらめるのはまだ早いですよ、まずは可能な限り治療を受けて見て下さい。がんばりましょうよ!!。

Q胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要

胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要観察」「定期的に検診を受けることをおすすめします。まずは12ヶ月後に医療機関にご相談下さい」と書いてあり ました。何故、要観察なのか?よく分かりませんが、「要観察」で理由なしの場合、どういったことが考えられるのでしょうか?ちなみにですが、去年は「要精査」で理由が書いてあり、胃カメラ飲みましたが、何も異常なしでした。分かるかたいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在バリウムの検査で初期の胃がんは見つかるか?が疑問視され
検査事態に意味があるのかとも言われています。
初期の癌は胃カメラなどで検査しないと分かりません。
つまり、見落としされても何も言えない。
ということです。
バリウム検査で発見されるのは2cm以上の腫瘍です。
それ以下やスキルス性胃がんであれば見つかりません。

20代30代であれば、心配は不要だと思いますが
40代以上であれば胃の内視鏡検査をしなければ
ガン検査の意味がありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報