退職金が振り込まれたのですが、明細がありません。
「退職所得の受給に関する申告書」は提出しました。

退職金を支給されたのは初めてで、よくわかりません。
1ヶ月何も送られて来なければ、会社に請求した方がいいですか?
良いアドバイスをいただけますでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

退職金が振り込まれたということなら、再就職した場合や自営業に携わった場合など、いずれにしても年末調整や確定申告をしなければいけません。



退職金は税金が安くなっていますが、万が一税務署に口座を調査されると「この大金は何?」なんてことになって困ることもあります。
これは僕が実際に税務調査を受けて体験しました。

その為にも退職金支給明細書はもらっていた方が良いのは当然です。

明細書を渡さない会社の意図がよくわかりません。
単に忘れているだけということも考えられるので、請求した方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

為になるご経験談ありがとうございます。
そうですよね、会社として明細がないのはおかしいと思います。
連絡してみることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/04 23:49

退職金の源泉徴収票を請求すれば出してくれますよ


言われている、明細とは違うかもしれませんが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
こちらのサイトで「退職金」について色々拝見していました。
事前に知らされる方など、色々いらっしゃったので
今回、入金に際して何も事前の連絡(通知)がありませんでした。
会社は特に通知はしないものなのでしょうか…
源泉徴収はこれから必要になりますでしょうか?
年末調整も関係なさそうですが。

お礼日時:2007/11/03 22:50

何に使うのでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

何に使うわけでもありませんが、支給日も連絡なく
自分で確認に行って入金を知りました。
普通は通知の一つでも来るのではないかと思いまして。

お礼日時:2007/11/03 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金に対する税金はどれぐらい?

退職金が30万円ほど支払われる予定なのですが・・・質問です。
・退職金にも当然税金が掛かるのですか?また、どの程度税金が掛かるのでしょうか?
・控除があるのでしょうか?
・中小企業退職金共済制度に入っているのですが、会社の都合で不当に減らされるなんてことはあるのでしょうか?
回答お願いいたします。

Aベストアンサー

退職金が30万円ほどであれば税金はかかりません。
退職所得控除がありますので、1日でも働いて退職すれば最低80万円は控除できますので30万ほどであれば、控除額に満たないため課税金額が出ませんよ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2732.htm

Q退職金のことで質問です。 介護職を辞め、この18日に市の社会福祉協議会から退職金が、施設に振り込ま

退職金のことで質問です。

介護職を辞め、この18日に市の社会福祉協議会から退職金が、施設に振り込まれた通知が社会福祉協議会から来ましたが、未だに私の口座に振り込みがありません。
明日、総務に確認しますが、言葉が巧みなため、遅れる理由があるなら、予め知っておきたいと思い、こちらに質問させていただきました。施設がまだ、持っておく必要がありますか?

Aベストアンサー

> 明日、総務に確認しますが、
⇒ 事前に、以下の知識をご参考に↓
https://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/qa04_02_01.html

> 言葉が巧みなため、
⇒ これらを扱う専門部署であれば、ごまかさずに適切な説明をする義務があるはずです。
それをしない、出来ない、いい加減な担当であれば、ちょっと上をいく知識で対応しましょう。

Q退職金をもらうと税金の申告などしないといけないのでしょうか?

退職金をもらうと税金の申告などしないといけないのでしょうか?

夫は2月に退職し退職金をもらいました。夫が人に申告をしたら税金が還ってくるような
ことを聞いたらしいのですが、詳しくはわからないらしくすっきりしません。

退職金を受け取った時にする申告などがあるのか教えてください。
漠然としたお話で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職する際、「退職所得に受給に関する申告書」を会社に出してあれば、申告する必要ないし税金が戻ることはないです。
もし、申告書を出してない場合は、20%の所得税が引かれているので、確定申告すれば所得税還付されます。
退職金は他の所得と違い控除額が大きい(勤続20年以下の場合<40万円×勤続年数>、20年を超える場合800万円+70万円×(勤続年数-20年)ですので、税金かからないことも多いですね。

また、「給料分」については、今年他の収入(退職金以外)がなければ、来年確定申告すれば所得税還付されます。
所得税が退職金とは別計算です。

Q確定申告の退職金所得について

以前より確定申告についてこちらで質問させて頂いておりますが、まだ理解できていない部分がありますので、再度宜しくお願い致します。
私は10月末で退職をし、その後無職です。
私の場合還付申告ですよね?
退職し年末調整を行っていないので、支払いすぎている税金を還付してもらう手続きになるのですよね?
そこまでは理解できたのですが、退職金所得についてどのように処理すれば良いのかよく分かりません。
国税庁のHPでもそのことについて、計算の仕方など書いてありましたが、いまいち理解できませんでした。
私は8年6ケ月勤めて退職金は77万円でした。
給与所得の源泉徴収票には給料・賞与[支払金額2,232,945円][源泉徴収税額82,108円]と記載されていました。
どのように計算し、どのような手続きをすれば良いか詳しくご指導下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>国税庁のHPでもそのことについて、計算の仕方など…

これですね。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1420.htm

>8年6ケ月勤めて退職金は77万円…

「80万円に満たない場合には、80万円」が控除されるのですから、退職所得はゼロと言うことです。

>給料・賞与[支払金額2,232,945円][源泉徴収税額82,108円]と…

・給与収入 2,232,945円
・基礎控除 -380,000円
・給与所得控除 -650,000円
・社会保険料控除 ? ?
・扶養控除 ? ?
・医療費その他各種控除 ? ?
・課税所得= 給与収入-控除額合計
・納税額=課税所得×10%×80%
・源泉徴収税額 82,108円
---------------------------------------
差引納税額 = 納税額- 82,108円
この計算結果がマイナスになれば還付されます。

Q退職金の税金

父が来年43年働いた会社を定年退職します。
退職金は3000万くらいだそうです。
一度にもらうと税金がかかるのでしょうか?
またいくらかをもらって残りを会社からの年金と言う形でもらった場合とではどちらが税金がすくなくてすむのでしょうか。

退職金の税金などについてわかりやすく説明してあるHPもおしえてください

Aベストアンサー

>退職金は3000万くらいだそうです
控除額は800+23×70=2410万円
課税対象額は
 (3000-2410)/2=295万円
退職金の所得税は
 295×0.1=29.5万円
定率減税がきくので
 29.5×0.9=26.55万円になります。

Q賦課対象所得に、退職金は含まれるのでしょうか。

国民健康保険料の算出の基となる賦課対象所得に、退職金は含まれるのでしょうか。
3月末で退職した後に、共済組合の任意継続期間を1年にするか、2年にするか迷っています。退職金が含まれるのであれば、普段の年収の2倍以上の所得になるので、2年の任意継続にするほうが保険料が安くなるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

退職金は含まれませんよ。

Q退職金の税金について

今現在主人の扶養に入りながらパートで働いています。
5月に退職したパート先から退職金を頂きました。
月々85000円くらいで働いているので、退職金を含めると年間の所得金額が103万円を超えてしまうのですが、退職金には税金が掛からないという事なので、今まで通り扶養家族のままで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

「退職金に税金がかからない」というのは、間違いです。

退職金は、給与所得とは別に考え、退職所得になります。
退職控除の金額が大きく、出してもらえる退職金はたいてい、退職控除を引き算するとマイナスになるような金額になることが多いのです。つまり、課税対象額が0円になることがほとんどなんです。

退職控除は、勤務年数(12ヶ月未満の端数は、1年に切り上げ)が2年までは80万円、それ以上は1年につき40万円ずつ上がっていきます。
たとえば4年1ヶ月~5年の勤務だと、200万円までなら課税対象額は0円です。

あと、税金上の扶養に入るには、所得ではなく年収が103万円までです。
所得は、年収から必要経費(給与所得の場合は、給与所得控除)を差引いた金額のことで、所得金額で言うなら38万円を超えると税金上の扶養からはずされます。
つまり、給与所得と退職所得の合計が38万円までなら、ご主人の税金上の扶養に入れるのですが、退職金は実質的に退職所得が0円になることが多いので、給与所得(パート代)だけで考えても大丈夫……なことが多いです。

Q退職金の明細

退職金って
給与明細みたいに
明細書は 出るんでしょうか?

Aベストアンサー

明細書が出るかどうかは、会社によって違うでしょう。
ただ、会社は「退職所得の源泉徴収票」を発行する義務があるので、それはもらえるでしょう。
退職金は給料のように社会保険料などは引かれませんし、源泉徴収票を見れば退職金の支給額も税金の額もわかります。

Q退職金の税金について

今年、退職しましたが退職金の件でお聞きしたいと思います。
38年勤め約1900万の退職金です、まず、この額で税金はかかりますか?
それと、半分は現金で貰い、あと半分は確定給付企業年金(15年間)に預けていますが、
これも金利に税金がかかるんでしょうか。

Aベストアンサー

退職一時金は退職所得で勤続年数で退職所得控除後、源泉が引かれ、確定申告で調整
退職年金は公的年金で雑所得だったような

Q社員から役員になった人の役員退職金の所得控除の計算

社員として8年、役員になって14年の役員退職金の計算についてですが、合計の22年で計算して構いませんか?
又、退職金課税の控除額の計算の時に勤続年数は22年で構わないでしょうか?
ちなみに社員から役員になった時に退職金の支給はしておりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はい大丈夫です。22年です。
念のため、ここ4年以内に他の企業から退職金を受けていないか、小規模共済等う受けていないか確認してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報