消費者資本主義とはいったいどんなものなのでしょうか
またほかに呼び方があるのでしょうか?
よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

資本主義は自由な経済活動を行う、又は発展させる一つのイデオロギーですが実行していくと色々な分野に分かれてきます。



何を核とした資本主義体制かと言う議論が今盛んに行われています。

消費資本主義は消費者の経済活動,或いは消費を中心にした資本主義であるべきと言う理論です。

今メデイアがよく伝えるのはアメリカ型資本主義が一番声が大きいように思いますがこれは市場主義経済或いは
市場資本主義と言われます
アメリカ型経済学とも言われるようです。

あくまで市場の需給関係と競争を中心にして成立させ、勝ち組み負け組みは市場が決定する体制を進めるべきと言う理論です。

この反論として、これは市場に与える影響力の違いが結果を左右し、中小企業などに悪影響を与え健全な市場の育成にはならない、日本は労働者の80%が中小企業の従業者であるためアメリカ型は相応しくないと言う対論が有ります大企業優先経済になるという反論です。

このように資本主義経済の理論又は体制として何を軸にした社会を構成していくかで分析した時に冠にくる言葉が変わります。
経済学の中で消費は重要な要素であるが消費を中心にした理論はあまり聞きません。
多くは市場,労働、金融、生産活動、そして流通がよく語られます。

消費資本主義は日本のGDPの60%が民間の消費活動で賄われている現状から提唱されていると思います。

尚東京大学助教授の松原隆一郎氏がちくま新書で「消費資本主義の行方」と言う著作を刊行されています
私は未だ読んでいませんが近々購入して学習してみようと思っています。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本主義を勉強しているのですが、そこで出てくる「ウェーバーの鉄の檻」とはどう意味ですか? 調べても難

資本主義を勉強しているのですが、そこで出てくる「ウェーバーの鉄の檻」とはどう意味ですか?
調べても難しく書いてあってよく理解できません..
お助けいただけると幸いです

Aベストアンサー

近代官僚制についての比喩です。

中立的で厳密な規則と階層的組織で成り立つため合理的効率的に行政活動を行えますが、反面、議論も討議もない単なる閉鎖的行政ロボットと化す危険がある、この矛盾した状況を比喩したものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%AE%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6

Q資本主義と修正資本主義の違いは?

資本主義と修正資本主義は簡潔に言うと、どう違うんですか

Aベストアンサー

こういうのは歴史をみるとよく解ります。

英国で産業革命が興り、その結果資本家は
大儲けしましたが、労働者は平均寿命が二十歳未満
という信じられないほど過酷な環境に
置かれました。

これは経済を自由にしているからだ、
だから、公権力で自由を制限し、
強引に平等にしてしまえ、
という社会主義が登場しました。

この社会主義に慌てた資本主義国家は、
労働者を保護するようになります。

これが修正資本主義と言われるもので、
社会主義はこの修正資本主義に破れた
わけです。

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。

Qアメリカ型資本主義とヨーロッパ型資本主義の違いは?

アメリカ型資本主義とヨーロッパ型資本主義はあるのでしょうか?
あまり違いがないように感じるのですが違いがあるそうです。
分かる方はいらしゃいますか?

Aベストアンサー

簡単に言えば、アメリカは、株主を大切にする。
ヨーロッパは、従業員つまり、労組および社会全体とうまく付き合おうとしているようです。
アメリカ型なら、利益絶対主義ですから、力づくで、他国やライバル企業を倒して当然。実際あちこちで戦争してますよね。あれは、その下に数多くの戦争でもうけようとする企業の圧力が作用してます。
 ヨーロッパは、歴史が長いので、大人の国。
無茶なことはしません。
 

Q昔の世界は資本主義体制だった?

難しい内容なので、子供に説明するようにお答え下さい。

社会主義なり共産主義という概念は19世紀に誕生したと思う (間違っていれば指摘して下さい) のですが、それでは、それ以前の世界はどこも資本主義体制だったと考えていいのでしょうか?

物々交換の時代はそう言えないかも知れませんが、少なくとも通貨が社会に流通し、労働の対価として賃金を通貨で支払うシステムが確立した時点 (いつなのか分かりませんが ・・) で資本主義が採用されたと考えてもいいように感じるのですが、実際はどうなんでしょうか?

それと経済学的な意味での 「資本主義体制」 を世界で最初に確立したのは、いつ、どこの国なんでしょうか? やはり産業革命時のイギリスですか? あるいはもっと昔の時代のどこかの国?

たとえば平安時代や鎌倉時代、あるいは江戸時代の日本は資本主義体制だったのでしょうか?

資本主義に関する説明を聞くと必ず出るのが 「資本家」 という言葉なんですが、金持ちという意味では大昔から存在していたように思うのですが ・・

Aベストアンサー

資本主義の定義って難しいんですよ。資本主義ってマルクスの時代から絶えず変化を続けていますから。
 あえて言うなら、いわゆる先進国で、資本が膨れ上がっていくような経済体制でしょうか。つまり前資本主義では、金持ちはいても全体の富の量が変わらない、ただ偏在しただけって感じだったのが、全体の富が増え、どんどん豊かになっていくような社会ですね。商業主義の時代では駄目で、やはり富を新たに作り出す産業革命以降の工業社会が資本主義にふさわしいので、とりあえず、イギリスが最初に一票かな。
 日本では明治維新以降に二宮金次郎とか持ち上げて資本主義を徹底的に植えつけて育てました。
 資本家とは資本を出す人、あらゆる産業には資本が必要です。その資本を提供する人、現在では株をやっている人は全員資本家ですし、預金をしている人も資本家といえなくもありません。

Q資本主義で失敗した国が存在しないことが資本主義の正しさの証明

社会主義や共産主義は失敗した国しか存在しないことがそれらの主義の誤りを証明し、資本主義は採用国すべてが順調なことがその正しさを証明している、それが現状だと思います。
が、理論的に資本主義の正しさが証明されたことはありますか?

Aベストアンサー

資本主義の特徴は、その柔軟性にあると私は思います。
たとえば、近代資本主義はアダム・スミス流の古典的自由放任主義で動いていましたが、20世紀に入ってアダム・スミスの理論では大恐慌が克服できないとなると、今度はケインズ理論が登場し、20世紀末になってケインズだけでは身動きがとれにくくなると、また新自由主義といったものが出てきたりします。

共産主義国家の計画経済の場合、マルクス主義という体系化された理論があって、それに基づいて人為的に構成された経済システムです。
そして、マルクス主義に対する疑念が共産主義国家では許されなかったので(苦笑)、経済システムがうまく機能しなくなっても、ベースとなる理論の批判ができず、結局は崩壊するしかありませんでした。

今の資本主義も、完全ではありません。矛盾や問題は散在しています。
しかし、柔軟性についてはまだ損なわれていませんので、成功するかどうかはわかりませんが、また新たな発展した考え方が芽生えてくる可能性は常に残されています。

結局のところ、資本主義の方が生命力が強い(笑)ということなのでしょうね。

資本主義の特徴は、その柔軟性にあると私は思います。
たとえば、近代資本主義はアダム・スミス流の古典的自由放任主義で動いていましたが、20世紀に入ってアダム・スミスの理論では大恐慌が克服できないとなると、今度はケインズ理論が登場し、20世紀末になってケインズだけでは身動きがとれにくくなると、また新自由主義といったものが出てきたりします。

共産主義国家の計画経済の場合、マルクス主義という体系化された理論があって、それに基づいて人為的に構成された経済システムです。
そして、マルク...続きを読む

Q産業資本主義と金融資本主義のちがい。

タイトルのままですが…
産業資本主義と金融資本主義のちがいについて教えてください。

産業資本主義が発展し、資本が過剰に蓄積し、金融資本主義になるとのことですが…
それぞれの違いについてもう少し詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

まったく素人ですが、回答させてください。

湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資源を集中投入してそのスキップを勝ち取った。また、通信事業の分野では、電話線を引かなくても携帯電話サービス網のインフラに投資し、スキップを実現している。従来では重工業、軍需産業からのぽたぽた(トリクル・ダウン)、あるいはスピンオフから地域産業全体への波及という道筋だった。今はダイレクトにサービス産業への投資から産業を活性化させるという方向性が偏在する。このように、今では産業資本主義から金融資本主義へ、という道筋は主流では無いのかもしれない。ただし、日本のように町工場が強い、というのは実は想像以上に日本の工業を支えているのかもしれない。だから金融資本主義マンセーの風潮は、やばいと思います。

まったく素人ですが、回答させてください。

湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資...続きを読む

Qマルクスの資本論の資本主義の次のシステムを本当に実現する方法はないのでしょうか?

テレビ朝日のしくじり先生という番組でマルクスの資本論について解説していました。

マルクスは結局、資本論の結論を書かずに死んでしまい。
その後、マルクス主義を元に作られたシステムは些細なシステムの綻び
(全ての人間は少し弱くて少しずるい、)からソ連が崩壊してしまいました。

しかしながら、資本論の理論的完成形はないのでしょうか?

平等社会を実現しようとしたソ連の綻びも少しずつのファクターが積み重なり起こったようでした。
ということは資本主義を超えるシステムは存在しないということでしょうか?

教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

資本主義と共産主義を対比させるのではなく、
経済システムが段階的に進化して新しいメカニズムを取り入れてきた、という視点の方が、現実に即しているかと思います。

***

マルクスは古典派経済学に属します。そのあとに出てきた限界革命やケインズ経済学をうまく呑み込めていません。
ピーター・ドラッカーは、マルクスは話を進めていくと、マルクス理論は完成度が高すぎて、それ以上のどんな新しいものを取り入れようとしても、自壊してしまう、ゆえにマルクスは結論をわざと書かなかった、書けなかったとまで言っています。

ここでいう完成度が高いというのは、あくまでもその説明の中で首尾一貫しているという意味です。
実際には、説明の外側に、新しい経済理論が出てきてたので、これを説明することができないのですから、真ではありません。
ほんの少しでも改良点を付け加えれば、マルクス主義は瓦解してしまいます。それゆえ批判を許さない宗教ドグマとなりました。

マルクスの着眼点は非常に優れていました。マルクスがもちこんだ疑問は今でも有効だと思います。しかしそれ以外は、失敗した枝として放棄して良いのではないでしょうか。要するに疑問に対する解答が間違っていたのです。

共産主義とは、単に国家を基礎単位にした資本主義のバリエーションのひとつでしかありませんでした。

***

資本主義とは人間がつけた名前にすぎません。
経済システムはそのような名前を付けるか否かにかかわらず、存在し、適応し、進化していきます。
社会の中で、財の交換、という現象が発生する限り、そのようなシステムは不可避的に出現し存在します。
より適応率の高いシステムへと、時代を通じて常に変遷しつづけるのではないでしょうか。

ふしぎの国のアリスより、赤の女王:「その場にとどまるためには全速力で走り続けなければならない」
生物学で「赤の女王仮説」というのがあるんですが、経済学にもそういう考えが当てはまるような気がします。

資本主義と共産主義を対比させるのではなく、
経済システムが段階的に進化して新しいメカニズムを取り入れてきた、という視点の方が、現実に即しているかと思います。

***

マルクスは古典派経済学に属します。そのあとに出てきた限界革命やケインズ経済学をうまく呑み込めていません。
ピーター・ドラッカーは、マルクスは話を進めていくと、マルクス理論は完成度が高すぎて、それ以上のどんな新しいものを取り入れようとしても、自壊してしまう、ゆえにマルクスは結論をわざと書かなかった、書けなかったと...続きを読む

Qいまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本

いまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本主義の2つの主義が両立して成り立っているのに、なぜ日本は民主主義を前面に押し出し、資本主義とは言わないのですか?

Aベストアンサー

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことはよく知られています。トップダウンで物事を解決していく政治システムとなっていました。

人間が行動するためには「正しい」とか「善」であるという意味付けとか、価値の付与が必要です。人を思いどおりに動かすという権力にも正統性が必要ですね。人が警察官の指示に従うのは法律によって警察官に権限が与えられているからです。為政者例えば総理大臣は日本で最も権威のある憲法に則って権力者となっているため官僚はその指揮に従います。法律は憲法に則って国会で決められたから国民はそれに従います。

しかし、何が正しいとか、善であるかは相対的なものであり、容易に判別できるものではありません。あなたの最愛の人が警官に追われてあなたの家に逃げ込んできました。警官が家の戸口に立ちました。最愛の人を守るためいないというのか。うそを付くのは悪いので警官に引き渡すのか。戦場です。人を殺したり傷つけるのは悪いのか。祖国を守るため、また横の仲間を守るため敵を銃撃するのか。

権力の正統性も同様です。その源泉は神であったり、自然法であったり、長く続いていることであったり、人民の総意であったりと権力者は自己の権力が正統であることを説明します。人民がそれを受け入れるか受け入れざるを得ないということであればなんでもよいということになります。

大衆社会になってからはメディア、うわさなどを巧みに使って人民にその気にさせるという作業が行われており、100人がそう言えばそれが事実か真実かとなってしまう状況ですね。ナチスなどが有名です。


そこで民主主義が資本主義の制約とか修正のために登場したというのではなくて、資本主義がもたらした国民の生活の状態、裕福に資産を持つ人や、雇われて仕事をするしか収入がない人、従来からの大地主や貴族などいろんな人があって、これ以上資本主義を徹底したい人や、なにも持たないので従う人、怖さを知らない人、このままでは没落してしまう人などいろいろな経済的立場として存在し、争議や内乱も含め政治的な主張や軋轢を繰り返かえすという状況が生まれたと考えます。

それぞれの国の歴史的背景、対立の勢力分布、対立の根の深さなどいろいろな要素があってなにも持たない人をどう取り込むかという解決の方法が、日本では働くしか収入がない人を政治参加に取り込む方法であったのではないかと考えます。

彼らを取り込む以上彼らの主張の一部を受け入れることとなり、結果資本主義の制約なり修正が生まれました。日本では、こうした修正した資本主義経済が発展したところ、国民が全体的にそれなりに豊かになってきたため本人の経済的立場というものがあまり気にされなくなりました。経済的立場からの発言や団結なども少なくなりました。この事態には宣伝の効果も大きいと思いますが、国民全体の所得が向上したのも事実であると考えられます。


近年の資本主義重視への揺り戻しは、小さい政府や規制緩和の動きとしてみられ、新自由主義的な政策と呼ばれますが、初期にも政府は何もしないほうがよいという考え方はありました。ワーキングプアというような現象を生み出しましたが、個人の責任をより強く吹聴することによって、社会の仕組みの変化により生じたものであるというという事実がぼかされているとも見えます。

働かざるもの食うべからずという言葉は聖書や旧ソビエト連邦の憲法の条文であり、また資本主義では持てるものは別に働く必要もないわけですから、自己責任というのは資本主義由来の言葉とは少し違うのではないかと考えます。

「持てるものが楽をして儲けて何が悪い。儲けやすいように変な規制なんか廃止しろ。わしが儲けた金に何で税金なんか払わせるのか。」そのように言ってはみもふたもありませんので、使い方や制度が悪いという問題を国民全体に啓蒙し小さな政府に誘導する必要があります。

大衆というものは、自分を自宅にプールがあるような人とは比較しないで、となりの人が海外旅行に行ったことをうらやましがるように出来ていますので、うまく不平不満をその人たちの身近に見つけてあげ誘導することが大切です。そうすれば結果的に投票者当人に不利益になることでも受け入れられます。

そこで資本主義は後ろに隠すべき物です。

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことは...続きを読む

Q資本主義、社会主義の入門書

 政治や社会問題に興味があるのですが、そういった類のことを考える上で、資本主義というものが一体なにであるのか、ということをしっかり知る必要があると思い、関連の書籍を読もうと考えているのですが、いずれの本が入門書として適切か分からないので、教えて頂けないでしょうか?
 尚、アマゾンで調べて興味を持ったのは今井克人氏の『二十一世紀の資本主義論』です。

 併せて社会主義に関する入門書も紹介して頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

入門書もよいでしょうけど、せっかくだから古典も
読んでおくとなにかと役に立ちます。
「資本論」や「プロテスタンティズムの倫理と資本
主義の精神」は、いつか機会があったらお読みになって
みるとよいでしょう。

さすがに専門書は・・・という場合は、放送大学とかの
教科書なんてのも以外にわかりやすかったりします。
(お近くに大学があればその生協で適当な教科書を
購入なさるのもよいかもしれません)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報