建築や設備工事での諸経費の算出方法を教えて下さい。 そもそも諸経費とは何なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「請求し難いものを請求する項目」です。

 まさに?です。

 実際には、諸経費の大半は利益を指すのですが、素人の方には不明朗な印象を与える事は間違いありません。

 要するに「算出しにくい項目」というような説明になると思いますが、実際にそのような項目もある筈です。

 しかし利益を別項目で計上していない見積書の中には各項目ごとに利益を計上し、更に諸経費で利益をみて後で値切られた時の値引き分として余分に計上する業者もいるはずです。
この場合は、出精値引きという形式で、あたかも値引いたかのように見せかける悪質な例もあります。

 これは、かなりの経験者でも判りにくく、専門の見積事務所に見積書チェックするだけでも多額の費用がかかるので複数業者に見積を出させ、あい見積で業者選定する場合が多いようです。
    • good
    • 0

そういうのって、会社によって違うのでは?


また、明細書に諸経費以外に何と書いてあるかによって読み取り方も変わるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q公共建築工事の諸経費についてお伺い致します。共通仮設工事費の対象額は直

公共建築工事の諸経費についてお伺い致します。共通仮設工事費の対象額は直接工事費100%とし,その他の諸経費(現場管理費,一般管理費)の対象額からは一定の製品材料費等が控除されるのでしょうが,その控除対象材料等の種類や範囲を詳しく知りたいのです。また,各経費率の算定式等は色々な所で見ますが,上述の控除額等を考慮した全体のフロー等も教えて頂きたいのです。特に機械設備について教えて頂きたく存じます。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

公共建築工事積算基準と積算基準の解説を読んでください。
http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_touitukijyun_s_sekisan_kijyun.htm
http://www.mlit.go.jp/gobuild/kijun_touitukijyun_kyoutuuhi_sekisan.htm

http://tairyudo.com/tukan04/tukan5060.htm

Q10万円以上のパソコンで、按分により経費が10万円以下になる場合の減価償却

12万円のパソコンを購入し、家事按分率が20%の場合は経費になるのが9万6000円になりますが、その場合でも減価償却して経費計上しなければいけないのでしょうか?
それとも、経費分は10万円以下なので一括で経費計上できるのでしょうか?

ご存知の方、教えていただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
私は、昨年10万以下でパソコンが購入でき、消耗品として
一括経費参入OKと言う回答を、顧問税理士から受け処理しました。

Q設備工事の仕事について

 今、某大学の3年で就職活動をしています。そして最近、設備工事の仕事に興味を持ってきたのですが「力仕事」ってしかイメージがありません。

これは私のイメージであります。そこで、設備工事の仕事に詳しい方いらっしゃいませんか?普段どのような仕事をしているのか教えてもらえませんか?さらに私のイメージはあっているのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設備工事にも電機設備・給排水設備・空調設備等いろいろあります。
http://www.town.saga-ureshino.lg.jp/work/nyusatu.html

更に、職種によって、営業・設計積算・施工管理・現場作業などいろいろありますから力仕事だけではありません。
http://www.city.nagoya.jp/48zinzi/saiyo/syokusyu.htm

Q親子3人、ガラケーからスマホにした場合お得なのは?

現在、小学生の娘と夫婦でドコモの携帯とキッズ携帯(どれもガラケー)を使用しています。
料金は月に合計¥6,000前後。基本的に通信費に多額の経費をかけるつもりはなく、
使途も連絡ツールとして通話とメールがほとんどです。もちろん、ゲームなどに使うつもりはありません。ただ来春、娘を私立中高一貫に入学させるにあたり、電車通学になるなどもあり、
キッズ携帯ではなく、新しい携帯を購入することになります。
そこで、このまま娘にもガラケーを新規購入するか、主人のガラケーも5年目になるので
ここで、3人ともスマホに変えるか(ガラケーも販売自体がなくなるのではと不安ですし・・・)
思案中です。ガラケー、スマホいずれにしても娘のものにはGPS機能付き、フィルターもかけるなどはしたいと思っております。
極端な話、通話機能、メール機能、写真機能があればそれ以外はあまり使うことはないのです。
購入するとすれば、本体は一括で支払い、月々は通信費のみにしたいと考えています。
ガラケー並の合計¥6,000前後でというのは可能でしょうか?

Aベストアンサー

>極端な話、通話機能、メール機能、写真機能があればそれ以外はあまり使うことはないのです。

スマホに替える意味はないと思いますが。
スマホはネット接続のための、ツールです。いわば、モバイルパソコン。

ドコモなどのスマホにはネット接続料金(ガラケーでいえば、パケ放題みたいな料金)が月額5000円くらい、もれなく付いてきます。それプラス基本料金。(割引とかはありますが)。


ネット閲覧、ゲーム、映像DLLなどをモバイル(携帯やスマホ)でしないのなら、スマホに替える必要はないです。

経済で考えれば、スマホよりガラケーが安いです。

スマホを検討する理由としては、中学生になると、「友達がみんなスマホ」かもしれない。
その状況をどう考えるか、家庭の教育方針とかの問題です。

仮に子供をスマホにしても、親もスマホにする必要はないと思います。
「スマホでネット閲覧したい」という理由以外には、スマホを使う理由はない、といっていいです。

Q建築作業において作業ビテ足場にウインチ・チェーンブロック等吊り設備を固

建築作業において作業ビテ足場にウインチ・チェーンブロック等吊り設備を固定して、1トン近い重量物の吊り作業をすることは違法ではないのでしょうか?

作業架台とは違います。

労働基準局が平日ではなく休みなもので・・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通のビティ足場でそこまで強度のあるものはないと思うのですが・・・。

支保工等の柱で専用に荷重を受け、ボルト穴に至るまで計算された梁の下から吊るすのはOK。

1トン以上の物を扱う場合は、ひょっとしたら工事計画書の中で届けが必要かな。

Q住宅購入1年後の税金と経費について

住宅購入を検討しております。購入の際にかかる税金や必要経費は概ねわかったのですが、1年後以降にかかる税金や経費がどんなものがあるのか心配です。
ご存知の方がいましたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

固定資産税がかかります。
1月1日現在に所有している場合、その年の5月に税金の納付書が送られてきます。
納期(支払う時)は、年4回に分けられています。(一度にまとめて支払っても可)
ここで気をつけて頂きたいのは、最初の3年間は税金が半額になっている事です。
3年後からは倍額になるので、予定をたてておいてください。

Q機械設備工事の据付費率

現在、ある申請を役所に行っている中で、これから行う工事の積算を提出しなければならなくなりました。
私を始め会社に積算関係に明るい人間は一人もおらず、機械系の専門しかいない状況のため大変困っています(私は事務職です)。

これから行う工事とは、生産設備を既設の工場に据え付けると言うもので、建物を建てたり、土木の工事が入ると言うことはありません。

提出する書類には、機械設備費と据付費に加え、間接工事費を記載して総工費を示す必要があるようです。
役所に出す積算明細は、建築や土木でよく用いられているもののようですが、通常、私どもで機械設備を購入する際は、据付費は設備に込みとなっているケースも多く、またその据付費金額も明確な根拠があるわけではないのが現状です。
据付費の計算について、役所からは世間に出ている資料(単価表のようなもの)を参考にして積み上げて計算するか、率をかけて計算して出してくれ、と言われています。
実際にかかる費用を見るのはかなり大変そうなので、率をかけて計算する方法をとりたいのですが、見るべき資料が分かりません。調べた範囲では、機械設備の積算関連資料では、建物に付属の設備(空調など)が主で、工場内の生産設備についての資料は見つけられていません。

ついては、上記据付費を算出するのに必要なことや、適切な資料など教えていただきたいと思います。
上手く説明できているか分かりませんが、宜しく御願いします。

現在、ある申請を役所に行っている中で、これから行う工事の積算を提出しなければならなくなりました。
私を始め会社に積算関係に明るい人間は一人もおらず、機械系の専門しかいない状況のため大変困っています(私は事務職です)。

これから行う工事とは、生産設備を既設の工場に据え付けると言うもので、建物を建てたり、土木の工事が入ると言うことはありません。

提出する書類には、機械設備費と据付費に加え、間接工事費を記載して総工費を示す必要があるようです。
役所に出す積算明細は、建築や土...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。
んーわたしでは、よくうわからないですね・・。
役所て、県です?
一式で、とおりそうですけどね。
相見積とれば。
他にも、機械納入以外工事があるんです?
たぶん、率でやるのは、ないっぽいです。

現場までの運搬費に、
取付に普通作業員*人*時間でだめなんですかね?
単価のみ、建設物価等から抜粋して・・

それか、搬入のみ基準があるのでそれでみて、
取付は、見積とし
普通作業員OR機械設備工*人*時間とするとか・・
価のみ、建設物価等から抜粋

自信ないですね・・。

Q複数年契約の意味。

いまだに複数年契約がよく解りません。

疑問1、サッカーの経営ゲームでは複数年契約をしたら、仮に5年×千万円=2億5千万を契約の際にその場で即金として2億5千万払う設定でした。違う野球経営ゲームでは、5年×5千万円=2億5千万の場合は月々分割で払うという形でした。その為、サッカーでは途中解雇してしまうと、多くの無駄な費用を出し、野球の場合では使っただけの給料を払うという形でした。実際の現場ではどちらなんでしょうか?。

疑問2、複数年契約は途中で解除できるのか?。そうであればメリットが不透明。複数年契約とは、球団側が選手に将来性を認め長期の労働を約束したいという狙いと、選手側の将来的にこの球団で働きたいし、いつ何が起こるかわからないから約束された労働と給料を確立したいという思いが、一致した時にのみ生まれる契約だと思うのですが、ヤンキースのA・ロッドはレンジャースと長期の複数年契約をした後に解除し、ヤンキースに入りましたよね。あれは両者が解除したいという同意があった上でなりたったんでしょうか?。もし、仮のケースとして5年の複数年契約をして、一年目で復帰不可能と思われる故障をしたとします。そして選手側は「絶対に直る」と主張し、契約続行を望んだ場合は球団は複数年契約分の年俸を払わなければいけないのでしょうか?。

いまだに複数年契約がよく解りません。

疑問1、サッカーの経営ゲームでは複数年契約をしたら、仮に5年×千万円=2億5千万を契約の際にその場で即金として2億5千万払う設定でした。違う野球経営ゲームでは、5年×5千万円=2億5千万の場合は月々分割で払うという形でした。その為、サッカーでは途中解雇してしまうと、多くの無駄な費用を出し、野球の場合では使っただけの給料を払うという形でした。実際の現場ではどちらなんでしょうか?。

疑問2、複数年契約は途中で解除できるのか?。そうであれ...続きを読む

Aベストアンサー

理屈の上では、
「3年契約」をむすべば、成績の如何によらず、3年間は「契約どおりの金額」(契約内容がきんがくだけかどうかは別として)
たとえば、犯罪をおかして出場できない状態を作ったのであれば、選手の方が契約に違反する状況をつくったのですから「違約金」をだすことになります。
「故意でない」故障は、「想定内」
そのリスクをおかして複数年契約を結ぶかどうかは、そこまでして確保したい選手であるかどうかの信頼度ですね。

阪神の野村監督のとき、契約が一年残っている状態では、最下位に低迷しても球団から契約解除できませんでした。
サッチーの脱税事件も、野村監督の責任がおよぶものでないから、本人が「辞めます」といわない限り、球団から首切りすれば違約金が発生した所です。

巨人の原監督の場合も「辞任」でした。

メジャーの場合は、契約書の内容が、1冊の本になるぐらい細かいことがとりきめられているそうです(だからプロの代理人をつけないとやってられない)から、怪我の場合はどうこう・・・、項目があるんだと思います。

Q給排水設備工事の漏水責任

宜しくお願い致します。
建物の給排水設備工事について質問です。
工事中・完了後に建築現場監督に水圧試験の時に
立ち会いをお願いし、配管箇所で水漏れは
ないことを確認してもらいました。
しかし工事引渡後に漏水が確認された場合、
その責任というのは施工業者の責任になるのでしょうか。
それとも責任を負わなくてもよいのでしょうか。

本当は責任を負わなくてもいい、とは
思わないのですが、度重なる建設業者の
いじめがあり、ひ孫ほどの下請け業者として
とても悔しい思いがあり、
質問致しました。

かなり漠然とした質問になり
申し訳ありません。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 「工事中・完了後に建築現場監督に水圧試験の時に立ち会いをお願いし、配管箇所で水漏れはないことを確認」してもらったが「工事引渡後に漏水が確認」されたのが事実なら、その顧客と契約を交わした元請業者が責任を負います。
 元請業者は監督責任を免れないでしょうが、その元請業者は工事を実際に施工した請け負い業者の責任を問うでしょう。自分がやった請け負い工事については責任を免れません。そのことから口実をもうけて逃げると、以降の仕事はもらえないことになります。

> 度重なる建設業者のいじめがあり、ひ孫ほどの下請け業者としてとても悔しい思いがあり、

 状況は察するに余りあります。請け負いは、請け「負け」とも言われますからねぇ。

 結局、元請から嫌な圧力を受けないためには、「品質の作りこみ」つまり、途中途中の仕事をキッチリと行い、最後に検査などしなくても結果として良い品質で仕上げるという、仕事の仕方に改善していくしかありません。検査して問題なかったとしても、それは品質保証できたことにはなりません(それは品質保証に素人の発想です)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報