アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

慶応大学卒とコロンビア大学卒では一般的にどちらの方が学歴が上ですか?
因みに学部は両者とも文系学部で各学部対応させて考えた場合です
(慶応法学部とコロンビア大法学部といった感じに、つまり公平な視点で見た場合に)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No1 No2でほぼ出尽くしていますので 蛇足です



AO入試というと、日本では自己推薦のように思われていますが、アメリカでは、採用の事務方と、OB会がフル回転します。

「コロンビア魂」のあるヤツを入れよう!というのがコロンビア大学におけるAO入試となります。
全米のOB会などから、推薦が集まってきて、その推薦状から採用の事務方が採用していくというスタイルです。

その結果、アイビーリーグではアメリカ人の求める徳目、ボランティアとか地域でのリーダーシップのある高校生が入りやすくなります。親がその大学だったというのも、コロンビア魂があるとして入りやすくなるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2007/12/11 12:33

> 入りやすさ、といった客観的事実から見た場合はどうなのでしょうか?



 これは、実はけっこう難問です。コロンビアはご存知のように
アイビーリーグの一角を占める名門かつ難関の私立大学です。
同校の受験では SAT や ACT などの点数が高いのはもちろん、
高校のときにどんな課外活動をしてきたかが重視されます。

 米国はボランティア先進国であり、コミュニティーを重視する
国でもあります。そのため積極的にボランティアに参加した実績や
高校のスポーツ部で活躍した実績などが大きくモノをいいます。
その点で、受験の点数だけで入学できる日本の大学とは難易度の
質がかなり異なるのです。

 ですので、慶應とコロンビアの両方に入れる学生がいる一方で、
片方にしか入れない学生、両方とも無理な学生が存在します。
ただ、コロンビアに入れる学生は必ず慶應に入れるかというと、
日本の入試の難易度から言っても難しいと思います。

 あまり的確な答えではなく恐縮ですが、少なくとも慶應の受験
科目だけをガッツリ勉強してきたガリ勉君が、コロンビアに入る
ことは無理だと思ってください。むしろ MARCH レベルの学力で
スポーツでは県大会上位なんて人のほうが入りやすいでしょう。

※もちろん、英語の能力は横に置いての話です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2007/12/10 23:21

 勘違いしている人が多いのですが、米国の大学には


法学部や経済学部といった概念は基本的にありません。
大学レベル( UnderGraduate )で得られる学位は
共通して B.A. であり、それに専攻がくっつく形です。

例) B.A. Law = おもに法律を専攻した学士 ≠ 法学士

 なお、コロンビア大学法学部教授といった肩書きを
見ることはありますが、この場合の学部とは実は大学
院のことです。すなわちロースクールであり、日本流に
言えば以前なら法学研究科、今なら法科大学院ですね。

 ちなみに米語の University は、学部と大学院の両方を
内包する概念であり、単純に大学とイコールではありません。
そのため、大学院大学が college を名乗ることすらあります。
※MBAで有名なバブソン大学など

 前置きが長くなりましたが、上記のような理由から、
各学部を対応させて考えることは不可能です。米国側に
そういった概念がないからです。

 その上で慶應大学卒とコロンビア大学卒を単純に比較
すると、日本では慶應 ≧ コロンビア、日本以外では正直
なところ、コロンビア > 慶應でしょうね。

 ただこれは就職の有利度で測った場合であり、日本的な
ピラミッド構造に当てはめるなら、東大よりも上かもしれ
ないし、MARCHレベルかもしれません。評価する人が
持っている尺度で、まったく違ってくると言えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
入りやすさ、といった客観的事実から見た場合はどうなのでしょうか?

お礼日時:2007/12/10 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国の大学の入学って簡単すぎないですか?

こんにちは、自分は今年は浪人して来年また大学受験をしようとしているものです。
この前海外進学を斡旋している業者からオーストラリア国立大学進学プログラム生の募集みたいなはがきが来て、ためしに申し込んで試験を受けたところ合格してしまいました。オーストラリア国立大学のランクをTimesのランキングで見てみたら京大よりも高いランキングでした。
結局それには参加せずに浪人することにしたんですが、いまいち納得がいかないのは今年の受験で思い知った自分の実力とそのオーストラリア国立大学のランキングのギャップです。そのランキングが難しさを表すものではないことは分かっていますが、自分は今年は早慶以下しか受かっていないので、なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのかが謎です。しかもそのテストより早稲田の英語の方が難しいものでした。
海外の進学に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差値30でも良いから卒業時に東大レベルでない物は卒業させない、のであれば、卒業生は東大レベルで卒業生の質は確保でき、それが大学の評価になっているということです。
入学時の平均的な学生の能力を評価した物なら、日中韓の大学はもっと高い位置に行くのではないかと思いますが、卒業時に十分伸びていないのなら、在学中の業績や卒業時の評価は得られないでしょう。

想像でしかありませんが、教員の数が違うのではないかと。
日本の大学の教員にサボり癖があるのは間違いないと思いますが、本当にきめ細かい指導ができるとは国立大学でも思えません。
日本で言うFランク大学生を入学させたところで、指導する閑がないでしょう。
まず時間的な余裕がないようです。
変な事務作業は山のようにあり、本職の研究活動もある。
その証拠に、日本人は教科書が書けません。
あるいは、やっと書いたら書きっ放しです。アメリカ人は何度も書き換えることがよくあります。間違いを訂正し、説明を工夫し、新しい情報も書き加える。
また、能力的な余裕もなく、実際に日本の大学教員の指導力は極端に低いです。
教育者として有能な者は20人に1人もいないでしょう。
(だから学生が始めから有能でなければ彼らが困るのです)
その辺りも海外のFランク学生も幅広く受け入れるような大学は何か工夫があるのかも知れません。
たとえば、教育学でも勉強しなければ教壇に立てないとか、教育の実践指導が行われるとか。あるいは単に結果だけ厳しく求め、単位を出さないのが普通になっているのかも知れません。

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差...続きを読む

Q慶應大医学部か九州大医学部か

私は今年高校を卒業した男です。
前期で阪大医学部に落ち、慶應医学部に合格し、後期の九州大学の発表待ちです。
もう浪人は考えていないので、慶應か九州に進学することになりますが、この二つはどちらがいいのでしょうか?
・卒業後に勤めることになる関連病院は慶應が充実している
・九州は旧帝大なので国立大と連携できる
など聞くのですが、ほんとうはどうなのでしょうか?
また、学生の質も気になります。
慶應の学生もまじめですよね?

まだ後期の結果がわからない状態で聞くのは拙速ですが、選ぶのに残された時間は少ないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療関係者です。

お金の話は、先の回答者様が書かれていますので別の視点から。

特に医学部に顕著ですが、
歴然とした学閥が存在します。


質問者様が、臨床系に進まれるのか、基礎系に進まれるのかに
よっても多少異なるとは思いますが、挙げられている二校を
比較するのであれば、間違いなく九州大学の医学部に進学すべきです。

追伸>前期の大阪大学は残念な結果だったということですが、
もし合格していたとしても、将来のことを考えると、なぜもうひとがんばりして
もう一つある関西の旧帝大の医学部に行かなかったのか、
医者になってから後悔する可能性が高かったと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報