【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

現在オール無垢材で一・二階柱はオール4寸(120mm)桧、二階の梁は4寸巾の米松、小屋組の梁は3.5寸巾(105mm)米松仕様で建築を進めています。
二階の柱と小屋組の梁との接続は梁を片側に寄せて羽子板金具などで固定されているのですが、一部の梁は柱の中央部に乗っている箇所が所々見受けられます。柱と梁の接続で、長方形型のフラットプレート金具で固定している所は、少々強引に釘打ちで固定されています。(柱と梁の段差部分に添って打ちつけてあるため、フラットプレート金具がS字になっています)
このような施工で強度が大丈夫なのか少し心配です。次回の打ち合わせ時に工事監督者に確認をする予定ですが、この様な施工方法はあるのでしょうか。また強度的なことも含めてご教授宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

3.5寸の柱でも通しは4寸などもよくあるので柱と梁の巾の合わない事はよくありますが、オール4寸にしたなら梁も4寸にするのがいいに決まってます。

その方がおさまりがいい。コストで・・というならちょっと残念なことです。

金物が威力を発揮する時は引っ張りの時ですからその金物がS字引っ張られれば極端な話まっすぐになるような力がかかります。S字が微少なら金物の威力は発揮すると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コストとおさまりで残念です。
一階から見た梁と柱は立派ですが、二階から見た梁と柱に少し無理があるようで後悔しています。二階の梁は見せない仕様なのでいいのですが。。。強度に関しては極端に影響しないようなので幸いです。ご教授有り難うございます。建築中ですが、この家を大切にしていきたいと思います。

お礼日時:2007/12/13 12:13

何処にでも、あります。



理想は、合わせる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
この様な柱と梁の太さの異なった施工はあるのですね。少し安心しました。

お礼日時:2007/12/13 09:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造軸組工法 柱の太さについて

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
管柱                    =105ミリ角
筋交い                   =45ミリ×90ミリ
---------------------------------
となっていました。
通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが
105ミリ角の通し柱も使用しているようです。
120ミリ×105ミリって言うのもありました。
このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、
どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか?
危険なものでしょうか??
よろしくお願いします。

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
...続きを読む

Aベストアンサー

地方にもよりますが、東京近辺なら在来工法としては上の中くらいは評価できると思いますが。。。

管柱でも100ミリ角が一本も無いというのはないというのはご立派ですが、不満足とすれば関西以西の方でしょうか?

多分、通し柱を全部120ミリ角にしても、耐用年限が100年から130年に延びるということだと思いますが一般に都会では

設備面が先に古くなるので、耐用年限までは考えない傾向があります。

西欧のように設備やサッシュを取り替えながら、何百年も使うとすれば全部150~240ミリ角くらいの柱がいるかと思います。

Q木造住宅メーカーの柱の太さを教えて下さい。

これから家を建てようと計画をしています。主人も私も木造がいいと考えていますが(ツーバイフォーではなく、在来工法の方がより理想)同じ木造といってもいろいろ異なると思いますし、柱の太さなども違うと思います。工法については各社のホームページ等に概略が説明されていますが、柱の太さについてはどんなに調べてもよくわかりません。そこで各社の柱の太さを既に建てられたなどでご存知の方、教えていただけませんか?
今候補にあげているメーカーは
・住友林業
・一条工務店
・積水ハウス
・東日本ハウス
です。ちなみに二世帯なので3階建てを希望しています。

Aベストアンサー

設計事務所を主宰する者です、ご質問の趣旨とは少し離れるかもしれませんが参考にしてください。
ハウスメーカー77社/個別診断という本が出版されているようです。下記アドレスに掲載されています。
http://www.kj-web.or.jp/sinkan/hausu.htm
納得の出来るお家を希望でしたら、客観的な立場で、何でも相談できる、よい設計者をパートナーに選んで話を進めたほうがよいと思います。設計事務所は敷居が高いと思われがちですが、そうでもありません。
設計事務所を理解するのに
http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html
を参考にしてください。
また多くの設計者に出会えるサイトを下記に紹介いたします。
設計を依頼されたお客様にいつも読んで頂いている本があります。
大変お勧めです。
それでも建てたい家(新潮文庫)著者:宮脇檀

参考URL:http://www.aims-system.co.jp/patio/service.html

Q住宅の階段のサイズ

家を新築中です。先日、建築中の家を見に行ったとき、階段(屋内。1Fから2Fへ上る階段)の幅がせまいように感じたので、工務店に質問したところ、910mmで、今の普通の家の標準のサイズですと言われました。人ひとりがやっと通れるような幅がほんとうに標準なのでしょうか。それとも計ったわけではないので、もしかしたら910もないかもしれません。また、今から直してほしいと思ってるのですが、可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

木造の在来工法で建築中だと思います。
寸法の基本は「一間」で1820mmが採用されています。
これがメーターモジュールの住宅の場合は2000mmとなりますので若干広くなります。
階段の幅は基本寸法の半分で910mmとなっています。
工務店の説明とおりに一般的です。
しかし、工務店の説明には大事な点が抜け落ちています。
階段の幅と言っているものは階段を構成している柱の中心間の距離です。
階段の壁の厚みの半分と、手摺の厚みの半分を足した分だけ「階段の有効幅」は狭くなっています。
ですから、実際は910mmないはずです。
実測してみれば800mmくらいでしょう。
今から直すことは不可能ではありませんが、かなり大変です。
しかしどうしても変えてほしいと思ったら工務店に概算見積りを出してもらいましょう。
階段の種類によっては案外安価に済む事が無いともいえませんから。
実際工事をするしないに関わらず顧客の要望に最大限こたえるのが良い工務店の証しです。
しかし、だからと言って顧客側もわがままは通さず、設計変更となる場合はそれ相当の負担をする覚悟でいてください。

木造の在来工法で建築中だと思います。
寸法の基本は「一間」で1820mmが採用されています。
これがメーターモジュールの住宅の場合は2000mmとなりますので若干広くなります。
階段の幅は基本寸法の半分で910mmとなっています。
工務店の説明とおりに一般的です。
しかし、工務店の説明には大事な点が抜け落ちています。
階段の幅と言っているものは階段を構成している柱の中心間の距離です。
階段の壁の厚みの半分と、手摺の厚みの半分を足した分だけ「階段の有効幅」は狭くなっています...続きを読む

Q梁の背の寸法の計算方法

平屋で柱の間隔-5,460mm、柱の寸法-120mm角、集成材-幅120mmの梁の背の寸法をだす簡単な計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

計算に使用する式は,
曲げモーメント M=WL^2/8   ・・・(1)
断面係数 Z=BD^2/6   ・・・(2)
応力度 σ=M/Z    ・・・(3)
です。

(3)に(1)を代入して
σ=WL^2/(8Z)   ・・・(4)
(4)に(2)を代入して
σ=(6WL^2)/(8BD^2)   ・・・(5)
(5)を D^2= の形に変形すれば,
D^2=(6WL^2)/(8Bσ)   ・・・(6)
ここで,安全率を2倍とし,(6)に掛ければ,
D^2=2・(6WL^2)/(8Bσ)  ・・・(7)
(7)が算定式です。

単位を合わせて,それぞれの数値を代入すると,

屋根の単位面積当りの荷重を wo=1500(N/m^2)
梁の間隔 d=1.8(m) 
と仮定すれば,
荷重 W=1500・1.8=2700(N/m)=2.7(N/mm)
スパン L=5460(mm)
梁幅 B=120(mm)
集成材の長期許容曲げ応力度が不明なので,σ=10(N/mm2)
と仮定して,(7)式に代入すれば,

D^2=2・(6・2.7・5460^2)/(8・120・10)=100614

ここで,ルートして,

梁成 D=√(100614)=317(mm) 以上必要

以上,参考にしてください。

計算に使用する式は,
曲げモーメント M=WL^2/8   ・・・(1)
断面係数 Z=BD^2/6   ・・・(2)
応力度 σ=M/Z    ・・・(3)
です。

(3)に(1)を代入して
σ=WL^2/(8Z)   ・・・(4)
(4)に(2)を代入して
σ=(6WL^2)/(8BD^2)   ・・・(5)
(5)を D^2= の形に変形すれば,
D^2=(6WL^2)/(8Bσ)   ・・・(6)
ここで,安全率を2倍とし,(6)に掛ければ,
D^2=2・(6WL^2)/(8Bσ)  ・・・(7)
(7)が算定式です。

単位を合わせて,それぞれの数値を代入すると,

屋根の単位面積当り...続きを読む

Q木造住宅の部材断面寸法について

私は建築士です。木造建築は経験がなく最近勉強をはじめました。
3階建ての木造は構造計算によって部材の断面を求めるようですが、2階建て以下では壁量計算とねじれおよびN値計算による金物を守ること、また柱の最小径を令43条の規定以上とすれば、梁の断面寸法は自由に決めてよいのでしょうか?4号特例の建物なので、チェックする術はないとおもいますが、それは、昔からの大工さんの経験を当てにするということなのでしょうか?経験的にスパンの12分の1程度といっても公にきまっていることではないですよね。どなたか木造に詳しいかた教えていただきたいのですが。
また、金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方法は、構造計算しても概ね安全と出ますが、極端に集中荷重がかかったりする場合、安全にならない場合があります。
まあ、この場合、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。
上記参考図書の梁断面算定表も荷重状態によっては、手計算でその梁の断面算定をして断面を決定するしかありません。

参考に昔から大工さんに言い伝えられている梁断面(梁背)の決め方。
小屋梁・一間四寸(梁スパン1.8mで12cm)
床持ち一寸増し(小屋梁で求めた梁背に+3cm)
柱受け一寸増し(柱一本ある毎に梁背に+3cm)
大梁受け一寸増し(大梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
小梁2丁一寸増し(小梁一本受ける毎に梁背に+3cm)
土蔵桁一寸増し(桁梁は、梁背に+3cm)
梁算定例
小屋梁 スパン2間(3.64m)なら8寸梁(24cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら6寸梁(18cm)
二階床梁 スパン2間(3.64m)なら9寸梁(27cm)
小屋梁 スパン1.5間(2.73m)なら7寸梁(21cm)
二階床梁 スパン2間で柱一本受けるなら1尺梁(30cm)
となり、構造計算および梁断面算定表でみても安全側になりますね。
ためしに手元にある梁伏図でやってみて下さい。

>金物については本当にN値計算で求めてすべてそのとおり現場で大工さんが施工しているのでしょうか?。
良心的な施工屋さんなら施工しますが、信頼のおけない業者の場合は注意が必要です。
確りと工事監理をして施工させるようにしましょう。

ご参考まで

北国の設計屋さんです。
本来ならば、木造二階建も構造計算をして主要構造体の部材断面を算定するのが本筋です。
でも、木造二階建なら構造計算は複雑で面倒くさいので、概算で設計荷重を求めて梁のスパンで梁の断面を求める梁断面算定表があります。
木材技術センターからそれに関する参考図書が販売されています。
また、住宅性能表示の構造規定の安全な梁断面の算定でも上記本は活用できます。
木材技術センターで検索すれば参考図書の情報が得られるでしょう。

昔から大工さんに言い伝えられている方...続きを読む

Q3.5寸の柱、4寸の柱

家の建て替えを考えています。

頼もうと思っている工務店では、柱の太さを3.5寸のもので行う方針なのですが、友人に、少し太くして、4寸の方がいいらしい、という話を聞きました。

工務店側にそれをいうと、多少の金額upで4寸にすることもできるが、
実質、それほど変わるものでもなく、やらなくてもよいと思う、との意見でした。

第三者の詳しい方にも意見を聞きたいのですが、どちらがよいものなんでしょうか。

Aベストアンサー

105角の柱でも120角の柱でも信頼できる施工会社がOKしているなら、問題ないと思いますが、120角の柱の方が強いのも確かです。
余裕があるなら120角の柱をお奨めします。
柱が120角になれば土台も120角になりますし、基礎もその分巾が大きくなります。


人気Q&Aランキング