最近、企業経営について勉強を始めたばかりの初学者です。

最初につまづいたのが、「ベンチャーキャピタル」と「投資ファンド」の違いです。

テキストやウィキペディアで調べたのですがいまいちよく分かりません。

それぞれの定義と具体例、その機能などの明確な違いを教えて頂けましたら幸いです。

無知で物覚えの悪い私の愚かな質問をお許し下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ベンチャーキャピタルというのはベンチャー企業に投資をし、成長したら」株式を売却して利益を得る会社のことです。


投資ファンドというのは投資を行うために色んな人からお金を集めた箱のようなものです。
投資ファンドというものは手段の1つであって、必ず運営者がいます。
その運営者がベンチャーキャピタルであったり、投資信託会社であったりするわけです。運営者が違うと投資対象も違います。

投資には、上場企業、業績不良企業、ベンチャー企業、不動産等様々な対象があります。
例えば、村上ファンドは“投資ファンド”を作って主に上場企業に投資をしていました。

つまり、“ベンチャーキャピタル”というのは“投資ファンド”を作って、ベンチャー企業に投資をする会社ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>投資ファンドというものは手段の1つ

そもそもベンチャーキャピタルと投資ファンドというものを同じ次元で考えてしまっていました。。

つまり"投資ファンド=組織"と思っていたということです。

ベンチャーキャピタルやその他の組織が、投資ファンドやその他の手段を利用して株式等を売買することで利益をあげる、ということですね。

目からウロコが落ちました。
つまらない質問にご丁寧にご対応頂き誠にありがとうございました。

お礼日時:2007/12/28 00:46

>ベンチャーキャピタルが"企業が企業の資金で投資する"のに対し、


>投資ファンドは"投資家から募った資金で株式購入"するもの、という解釈でよろしいでしょうか?


ついでなので言っておきますが、これは間違いです。
ベンチャーキャピタルによっては投資ファンドを作らず、
自己資金のみで投資を行っている会社もあります。
東京中小企業投資育成なんかがそれの代表的会社です。
    • good
    • 0

ベンチャーキャピタルは銀行などはリスク多すぎて投資できない案件に投資して成功すればそれなりの利益上げるというものです。

米国では30件に2件成功すれば収支トントンという勢いです。日本なら政策投資銀行のもっと規模拡大(危なっかしいのに投資する)みたいなもの。

投資ファンドは株式購入するには一定量購入する必要あるので資金少ない個人には買いにくいことがある。そこで出資者募り資金に応じて権利分けるみたいな形態です。1/100の権利で100口募集すれば儲けるときは自前で買う1/100だが損も1/100で済む。

詳しい人はもっと適切な説明するかもしれません。
マイクロソフトという会社の社員が10人程度のときNECや東芝は1億円以上の投資した。のちにDOSやWindowsなどをNEC向け、東芝向けに作るのに有利だったでしょう(いまは日本語版は1つしかないが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすくご説明頂きありがとうございます。

ベンチャーキャピタルが"企業が企業の資金で投資する"のに対し、
投資ファンドは"投資家から募った資金で株式購入"するもの、という解釈でよろしいでしょうか?

身近な例を挙げてご説明頂きとても分かりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/25 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオルタナティブ戦略ファンドとは?

PermalFX150%というファンドを某証券会社から勧められています。
これってどんなファンドなんでしょうか?!

類似商品でも結構なので、ご存知の方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

Permal FXとはPermal Groupの運用するPermal FX & Financai Futures という看板ファンドです。マルチマネージャー、マルチストラテジーのファンドです。トラックレコードはとても高く、定評のあるファンドオブファンズです。
ただし日本の証券会社が扱っているものは、日本人向けに「小口化」された「加工品」ですから、中間搾取が多くパフォーマンスはあまり期待できないでしょう。
150%というのは、たぶん1.5倍のレバレッジがかかっていると思いますが、そこでもしっかりコストがチャージされているはずです。
私なら買いません。

Qファミリーファンド方式ではベビーファンドとマザーファンドの両方に信託報酬を取られるのですか?

ファミリーファンド方式のファンドを購入する場合に、結果的には、ベビーファンドとマザーファンドの両方に信託報酬を取られるのですか?

ジョインベスト証券の『投資生活』と言うファンドを購入しようと思っています。
『投資生活』は中央三井のファンドをマザーファンドにしており、0.6%となっています。
『投資生活』にかかる信託報酬は、ジョインベストへ0.6%払う前に、中央三井のファンドからも信託報酬が取られているのですか?

http://www.cmam.co.jp/fund/det/apply.php?type=2&id=21 中央三井のファンド 信託報酬0.8%
http://www.cmam.co.jp/fund/det/apply.php?type=2&id=15 中央三井のファンド 確定拠出型信託報酬0.2%

https://www.joinvest.jp/trade/toushin/jvfund/tr_index.html  ジョインベストの『投資生活』

Aベストアンサー

目論見書に質問の答え全て記載があります。

「マザーファンドにおいては、信託報酬はかかりません。」(P.17)

     総額 0.63% (税抜 0.6%)
(配分) 委託会社 0.315% (税抜 0.3%) 投資信託会社(中央三井)
     受託会社 0.0525%(税抜 0.05%) 信託業務を行う銀行
     販売会社 0.2625%(税抜 0.25%) ジョインベスト

という配分です。良心的ですね。

投資信託によっては、マザーファンドでのコストが発生したり、また、それがなかなか外側から見えないものもあります。目論見書で詳細を確認する必要があります。

改めてこの投信の詳細を調べて見て、とても良いバランス型投信であることが確認できました。シンプルで、比率も日本株1/3、外国株1/3、海外債券1/3とほぼ理想的ですね。セゾン投信よりも、断然良いのではないかと思います。

Qヘッジファンドとは何ですか

ヘッジファンドについてですが、不景気でも強い、また、リターンが高い等聞いたことがあります。

それは何故でしょうか?どのような仕組みになっているのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.1です。
アメリカで規制している空売りは株式市場で、株の裏付けなしに空売りすることです。全面禁止もしました。
値上りしているのに空売り規制をかけても効果はあまりありません。むしろ、先物なら証拠金率を上げるほうが効果があると思います。
ともかく、彼らは、シロウトが簡単に理解できるような手法は使いません。

Q投資の始め方 初期投資

今までお金に無頓着だったため、普通預金で余剰資産が数百万円あります。そこで投資信託を始めようと思っているのですが、投資信託は積み立てで長期の投資が基本であると知り、月10万円ほどを給料から投資に当てようと思っています。そこで疑問におもったのですが、最初に現在の余剰資産を投資してしまったほうがよいのか、余剰資産を分割して月の積み立てに上乗せして投資したほうがよいのか判断がつきません。なにか参考の意見があればアドバイスなどお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

>余剰資産を分割して月の積み立てに上乗せして投資したほうがよい

に一票です。

既に良い回答が出ていますが、私的なアイディアを。(債券は除外してあります。)

日本株インデックスファンド 信託報酬が0.5%前後目安
  個人的には225から始めて、TOPIXも増やす
  ETFなら18万円前後が目安ですから、そのぐらい
J-REIT
  過熱気味なので、もう少し下がった時点で購入検討
海外株式/海外REIT
  利回りよりも伸長し過ぎなので、もう少し待ちます

元本がある状態から始められれば、精神的な不安が少ないのでいろいろな組み合わせが出来ます。(さわかみやありがとう、セゾンも候補として残しても良いですね)

なお401k(確定拠出年金)は見直しされていますでしょうか?最もパフォーマンスが高く、購入の限度額と退職するまでリターンされない事だけがデメリットの商品です。この401kもお忘れずに。

Qインデックスファンドの平均的な信託報酬%とは?

イーバンクの「日経225ノーロードオープン」は、
購入時・売却時ともに手数料がかからないようなのですが、
であれば、基準価格があがったときに(短期で)売ったとしても
問題ないということでしょうか。(基本的に損しない)

事前のマイナス分はなく、単純に基準価格のあがり・さがりによって利益・損益が出ると考えてもいいのでしょうか。

また、信託報酬 年率0.84%(税抜 0.8%) というのは、インデックスファンドとして平均的な(もしくは少なめな)率のように思えますが、その理解で正しいでしょうか。

勉強のために、1万円ほど買ってみようと思うのですが、
インデックス・ファンドの見方(何をもって良いと判断するのか)など
教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、場合よってはマイナスになる場合もありますね。

そして「日経225ノーロードオープン」の信託報酬年率0.84%ですが
同類の225インデックスファンドのなかでは恐らく高い部類だと思います。
0.5%台でノーロード、信託報酬無しの225インデックスファンドはネット証券などですぐに見つけられます^^

では何故このファンドを積立しているのかといいますと、メインバンクの銀行で取り扱っている積立の出来るファンドだったから・・それだけの理由です。
意外とそんな感じで投資信託を購入されてる方は多いかもしれませんよ。
もっともこれもいい方法ではけっしてありませんが、いずれにせよ
まずは購入されてみることを、お勧めします、なにごとも勉強ですね、お互いに^^

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、...続きを読む

Q株と投資信託とファンドの違い

株、投資信託、ファンドの違いがよくわかりません。
教えてください。

とってもレベルの低い質問で申し訳ありませんが
この分野の勉強を始めたいのですが
本を買ってもこんなところから説明のある本は無く、
最初からつまづいて前へ進めません(><)
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

投信=投資信託=ファンド です

株はわかりますよね

投信は、投資家の皆さんからお金を預かって、プロの投資家が代わりに株を買ったり売ったりして利益を出して、その利益をお金を預かった投資家に還元します
*投信の種類によっては、先物や国債の場合もあります

Q村上ファンドとは

今、話題のM&Aですが、一般の個人の素人が、このファンドを購入したい場合、どのような窓口金融機関から購入できるのでしょう。素人な者で申し訳ありません。
1)Yahooファイナンスの投資信託情報の投資信託会社リストには含まれていないようです。
2)例えば、Yahooファイナンスの投資信託情報のカテゴリー分類の中に、M&Aなどが含まれているのでしょうか?

Aベストアンサー

M&Aコンサルティング(通称村上ファンド)のファンドは個人では買えなかったと思います。上記の会社は企業向けの投資コンサルティングを専門に行っている会社です。

あと、「M&A」という言葉は「合併&買収」という意味の用語でもあるので使い方に注意が必要です。

Qインデックスファンドと分散投資について

いくつか書籍を読んで、インデックス投信に興味が出てきた者です。

基本として、分散投資・ドルコスト平均法・積立投信などは分かりました。
ですが、その内の分散投資において、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券の四つに均等に投資するのが基本の形のようですが、いくつかのサイトを見てみると、「国内債権は利回りが悪く投資するに値しないと思われるため、金利が上昇するまで保留すべき」のような事が書かれていました。
その場合は、国内株式・外国株式・外国債券で33%ずつと考えればよいのでしょうか?

また、ある書籍(ご存知の方も多いと思いますが)では「世界市場ポートフォリオ」と称して、「世界の株式市場のインデックスを時価総額の比率に応じて保有する」として、海外株式85%、国内株式15%という形を薦めていましたが、これは現実的なものなのでしょうか?リスクがかなり高そうですが・・・

まだ実際に始めてもいない初心者なので、何か的外れな事を書いているかもしれませんが、ご容赦下さい。

今の所、「インデックス投信」の大まかな概念を学んだ段階ですので、この先実際に購入するに当たって、実用レベルで書かれているおすすめの書籍やサイト、アドバイスなどありましたら、是非ご教授いただきたく思います。

よろしくお願いいたします。

いくつか書籍を読んで、インデックス投信に興味が出てきた者です。

基本として、分散投資・ドルコスト平均法・積立投信などは分かりました。
ですが、その内の分散投資において、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券の四つに均等に投資するのが基本の形のようですが、いくつかのサイトを見てみると、「国内債権は利回りが悪く投資するに値しないと思われるため、金利が上昇するまで保留すべき」のような事が書かれていました。
その場合は、国内株式・外国株式・外国債券で33%ずつと考えればよいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、目標が必要ですね。
いつまでに(1年後なのか、30年後なのか)
いくら儲けたいのか
これらによってポートフォリオがより明確になってくると思います。
より短期で高額儲けたいなら必然的に株式・海外の比率が高くなると
思います。(もちろんリスクは高くなると思いますが…)
長期で儲けたい額も少なくていいなら債権の比率を上げることに
なるでしょう。

>国内債権は利回りが悪く投資するに値しないと思われるため、金利が上昇するまで保留すべき
ですが、確かに投信は信託報酬など手数料がかかるので上記の
通りだと思います。今だったら国内債権は、直接投資をお勧め
します。個人向け国債を買うなど。

Qファンドとは

ファンドとは株式投資により得た利益をお金を預けた人に分配するんですよね?それは株式投資に限ってのことなのですか?一時アイドルファンドみたいなのありましたよね。今後売れそうなアイドルに投資するみたいなヤツ。あれは厳密に言えばファンドではないのですか?ファンドの定義が解りません。誰か解り易く教えてください。

Aベストアンサー

参加させて頂きます。

ファンドは、資金の集まり。株式は出資した証明書。ファンドが株を買うのは普通にある。ファンドも性格と言うか特色があって、飲食店経営のノウハウを持っているファンドもあります。それで、飲食店を作って経営して、高く転売して利益をだしたりしますね。逆に、株式を安く買って高く売り抜けるのが得意のところもあります。

ファンドは出資者の利益のために働き、株主は会社を所有する。

あまり、はっきりしませんでした。

Qインデックス債券ファンド投資(ETF)について

「シティグループ世界国債インデックスファンド」(ETF)を購入しています。退職後の年金のかわりとして、配当金を毎月受け取るのを期待して購入したのですが、過去の設定時より、価格がだいぶん低下しております。この様な「インデックス債券ファンド投資(ETF)」の、(1)価格・配当は、どの様な要素(為替等)がベースとなって決まるのでしょうか。また、(2)将来的に、設定時の価格を上回ることは期待できるのでしょうか。(3)老後の毎月収入を期待して、今の時点で追加購入をするのは得策でしょうか。等々、定年を迎えた者にとって、当ファンド(ETF)について、今後、どの様な姿勢で望めばよいか、参考となる意見をお教え願います。

http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/wgbi

Aベストアンサー

これは愛称「上場外債」と言われるETFなので、以下、上場外債と呼びます。

1:基準価額は大雑把には金利と債券価格と為替損益と配当と信託報酬の関係で決まると考えて良いでしょう。
世界的に金利が上昇すれば債券価格の下落要因となって基準価額下落の原因となります。
為替レートが世界的に円高だと基準価額下落の原因になります。
配当は基準価額の下落の原因になります。
信託報酬は基準価額の長期的な下落要因になります。
配当は毎決算時に、信託財産から生ずる配当等収益から諸経費などを控除後、全額分配することを原則とします。

2:まずは外国債券の金利は日本円金利よりも高い状態が続いています。
大雑把には円金利以上に分配をすれば基準価額の下落原因、円金利から信託報酬を差し引いてそれ以下の分配に抑えておけば基準価額の上昇の可能性が高いと言えます。
ここで重要な事は「高金利通貨は低金利通貨に対して長期的に下落していく」点に注意が必要です。
「外国債券の期待リターンは円金利相当」と考えておけば大きな間違えは無いでしょう。

3:この点は、外国債券の期待リターンは円金利と考えて、取り崩しながら分配を年金代わりに使うのであれば問題は無いでしょう。
なお、将来、日本でインフレ状態になると日本円金利が上昇し、日本円金利が外国金利よりも非常に高くなれば円安傾向になるので、国内のインフレが将来激しくなる場合は、上場外債はインフレヘッジの強みを発揮するでしょう。
何といっても上場外債は信託報酬が安いので良心的なETFと言えます。

そこで外国債券の期待リターンはどれぐらいを機関投資家は見込んでいるのかも確認しておきましょう。
参考URLには国家公務員共済組合連合会(KKR)の各種資料がありまして、7Pをご覧ください。
ここで外国債券は期待リターンは物価上昇率調整後で年1.05%と見込んでいるようです。
大雑把な事を言えば「物価上昇率+年1.05%」と考えておけば良いでしょう。
ちなみに、国内債券は物価上昇率調整後で年1.20%と見込んでいるようです。

最終的な判断は自己責任になるので、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

参考URL:http://www.kkr.or.jp/shikin/report220308-data.pdf

これは愛称「上場外債」と言われるETFなので、以下、上場外債と呼びます。

1:基準価額は大雑把には金利と債券価格と為替損益と配当と信託報酬の関係で決まると考えて良いでしょう。
世界的に金利が上昇すれば債券価格の下落要因となって基準価額下落の原因となります。
為替レートが世界的に円高だと基準価額下落の原因になります。
配当は基準価額の下落の原因になります。
信託報酬は基準価額の長期的な下落要因になります。
配当は毎決算時に、信託財産から生ずる配当等収益から諸経費などを控除後、全額分...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報