NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

最近、企業経営について勉強を始めたばかりの初学者です。

最初につまづいたのが、「ベンチャーキャピタル」と「投資ファンド」の違いです。

テキストやウィキペディアで調べたのですがいまいちよく分かりません。

それぞれの定義と具体例、その機能などの明確な違いを教えて頂けましたら幸いです。

無知で物覚えの悪い私の愚かな質問をお許し下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ベンチャーキャピタルというのはベンチャー企業に投資をし、成長したら」株式を売却して利益を得る会社のことです。


投資ファンドというのは投資を行うために色んな人からお金を集めた箱のようなものです。
投資ファンドというものは手段の1つであって、必ず運営者がいます。
その運営者がベンチャーキャピタルであったり、投資信託会社であったりするわけです。運営者が違うと投資対象も違います。

投資には、上場企業、業績不良企業、ベンチャー企業、不動産等様々な対象があります。
例えば、村上ファンドは“投資ファンド”を作って主に上場企業に投資をしていました。

つまり、“ベンチャーキャピタル”というのは“投資ファンド”を作って、ベンチャー企業に投資をする会社ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>投資ファンドというものは手段の1つ

そもそもベンチャーキャピタルと投資ファンドというものを同じ次元で考えてしまっていました。。

つまり"投資ファンド=組織"と思っていたということです。

ベンチャーキャピタルやその他の組織が、投資ファンドやその他の手段を利用して株式等を売買することで利益をあげる、ということですね。

目からウロコが落ちました。
つまらない質問にご丁寧にご対応頂き誠にありがとうございました。

お礼日時:2007/12/28 00:46

>ベンチャーキャピタルが"企業が企業の資金で投資する"のに対し、


>投資ファンドは"投資家から募った資金で株式購入"するもの、という解釈でよろしいでしょうか?


ついでなので言っておきますが、これは間違いです。
ベンチャーキャピタルによっては投資ファンドを作らず、
自己資金のみで投資を行っている会社もあります。
東京中小企業投資育成なんかがそれの代表的会社です。
    • good
    • 0

ベンチャーキャピタルは銀行などはリスク多すぎて投資できない案件に投資して成功すればそれなりの利益上げるというものです。

米国では30件に2件成功すれば収支トントンという勢いです。日本なら政策投資銀行のもっと規模拡大(危なっかしいのに投資する)みたいなもの。

投資ファンドは株式購入するには一定量購入する必要あるので資金少ない個人には買いにくいことがある。そこで出資者募り資金に応じて権利分けるみたいな形態です。1/100の権利で100口募集すれば儲けるときは自前で買う1/100だが損も1/100で済む。

詳しい人はもっと適切な説明するかもしれません。
マイクロソフトという会社の社員が10人程度のときNECや東芝は1億円以上の投資した。のちにDOSやWindowsなどをNEC向け、東芝向けに作るのに有利だったでしょう(いまは日本語版は1つしかないが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすくご説明頂きありがとうございます。

ベンチャーキャピタルが"企業が企業の資金で投資する"のに対し、
投資ファンドは"投資家から募った資金で株式購入"するもの、という解釈でよろしいでしょうか?

身近な例を挙げてご説明頂きとても分かりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/25 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q株式非公開の会社の株主、取締役を調べるには

株式非公開の会社の株主、取締役を調べるにはどうすればよいでしょうか?
なるべく簡便な調査の方法を教えていただけますとありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その会社の管轄の法務局(登記所)へ行き、商業登記簿の謄本か抄本又は登記事項証明書の交付を申請して、入手すれば、代表取締役の氏名・住所と、取締役の氏名、資本金などが分かります。
1通1000円です。

入手方法については、下記のページと参考urlをご覧ください。
管轄の法務局の所在地なども分かります。

http://www.shihoushoshi.com/touhonQ&A.htm#商業登記簿謄本Q&A

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji11.html

Q知っていてほしい、というのを丁寧に言いたいとき

かなり格式ばったビジネスレターで、「詳細は決まってないが、とりあえず、こういうことがあるということを知っていて欲しい」ということを書きたいときに、「知っていてください」という部分を適切な言葉にできず悩んでいます。
「お見知り置きください」より、もっと丁寧で、適切
な言葉があったような気がするのですが、思い出せません。

カテゴリー違いかもしれませんが、何か心当たりのある方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
承知という言葉は、自分が主体でないときは使いません。(わたしの場合)

あらかじめ未定ながらも知っておいて欲しいことを相手伝えるときは、
「なお、未定ですが ~ の(となる)可能性もありますので、あらかじめご留意ください。」
というような書き方をします。

Q新たに工場を建設した場合,損益計算書ではどうなりますか?

詳しい方教えてください.

企業が,設備投資を行った際,
損益計算書では,どこに記述されるのでしょうか?

営業利益を計算するときでしょうか?
経常利益でしょうか?
特別損益の部でしょうか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

>通常,経常損益から,さらに設備投資にかかった経費を差し引いて,キャッシュフローを計算するというような話があるのですが,これは一体なんなんでしょうか?

キャッシュフロー計算書の話となれば、またちょっと話が違ってきます。

キャッシュフロー計算書は、資金に関してのものですので、必ずしも損益計算書のみとリンクする訳ではなく、営業活動によるキャッシュフローから、設備投資に対する支出額(経費となる額ではありません)等をマイナス等して投資活動によるキャッシュフローを導き出す事となります。

ですから、損益計算書における表示とは、分けて考えないといけない事となります。

いずれにしても、損益計算書上で出てくる減価償却費等の経費はわずかなものです。
仮に1億円の建物を建てたとして、仮にその法定耐用年数が24年とすると、減価償却費はせいぜい378万円ぐらいで、投資額からすれば微々たるもので、損益計算書のどの箇所に表示されるかによって、大きな影響は少ないものと思いますし、もちろん正しい箇所に表示すべきものですし。

キャッシュフローを計算する際には、1億円を控除する事となりますので、損益計算書に出てくる経費は、それに比べれば、一般的にはわずかなものと思います。

キャッシュフロー計算書については、下記サイトをご参考にされて下さい。
http://www.tabisland.ne.jp/explain/kaikei/

>通常,経常損益から,さらに設備投資にかかった経費を差し引いて,キャッシュフローを計算するというような話があるのですが,これは一体なんなんでしょうか?

キャッシュフロー計算書の話となれば、またちょっと話が違ってきます。

キャッシュフロー計算書は、資金に関してのものですので、必ずしも損益計算書のみとリンクする訳ではなく、営業活動によるキャッシュフローから、設備投資に対する支出額(経費となる額ではありません)等をマイナス等して投資活動によるキャッシュフローを導き出す事とな...続きを読む

Q企業の設備投資額を把握するには財務諸表のどこを見ればよいでしょうか?

自社及び競合企業の業績を分析しております。
・大きな支出となる設備投資の額は財務諸表のどこを見ればわかるのでしょうか?
・損益計算書は見ていますが、研究開発費は販売管理費に入るようでdすが、設備投資の項目が見当たりません。特別損益でもないようです。
損益計算書では設備投資は計上しないものなのでしょうか?
・キャッシュフロー計算書の有形固定資産取得額、減価償却費を見ていくべきものなのでしょうか?
Webや書籍で調べても分かりかねております。基本的なことだと思いますが、どなたかご教授いただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

キャッシュフロー計算書の投資キャッシュフローを見ます。


設備投資は大きな固定資産を購入するわけですから、減価償却をすることになります。ですから、損益計算書では減価償却費の増加としてしか現れません。たとえば10年で償却する1億円の設備投資をしたとすると、減価償却費は1000万円増加します。しかし、3年で償却する3000万円の設備投資をしても、減価償却費は1000万円になってしまい、区別がつきません。

しかし、キャッシュフロー計算書を見れば、有形固定資産の取得による支出が1億円で、財務によるキャッシュフローの長期借入金の増加による収入が5000万円、現金及び現金同等物の増減額で5000万円の減少、となっていれば、自己資金を5000万円と銀行の借入5000万円を使って1億円の設備投資をした、ということがわかるわけです。

QGoogleスプレッドシートでセルの文字数の関数

こんにちは。
エクセル系にあまり詳しくないもので教えてください。

現在Googleスプレッドシートを使っているのですが、
セルに入力した文字の「文字数」を表示したいです。

例えばA1セルに500文字日本語を入力していると、
A2セルに「500」と出るようにしたいのですが、
この場合どのような関数を書けばよいでしょうか?

詳しい方ご伝授いただけると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

=len(セルの番号)でできませんか?

Q証券会社と信託銀行の違い

素人です。質問内容もつじつまが合ってないかもしれませんが、回答宜しくお願いします。
証券会社でも信託銀行でも株を取り扱っていますよね?
同じ株の取扱でも何か違いがあるのでしょうか?
信託銀行よりは証券会社の方が専門的で良いような気がするのですが・・・。
信託銀行と証券会社の違いをよろしければ素人にもわかりやすく説明してくださいませんか?

Aベストアンサー

我々個人が株式を直接売買出来るのは証券会社だけです。
信託銀行では個人が個別銘柄での株式売買を委託することは出来ませんが、投資信託という形でいくつかの銘柄を纏めた株式運用“業務”を購入することが出来ます。これは証券会社でも取扱っています。法律によります。
投資信託は信託銀行、証券会社共、それぞれ独自のアナリスト等を擁して“自信があるもの”を発売しています。優劣はむずかしいと思います。また、自己売買部門という部署で自分の会社のために個別株式を売買して利益も出しています。
投資信託は基本的に信託銀行や証券会社に株式運用をすべて信用して任せてしまうタイプで、結果は現在あまり良くないようです。
つまり、こんな時代、当てにならない人任せではなく、小回り(極端には日計り取引)をきかせるには、個別銘柄で運用するほうが自分自身にも納得出来るでしようから、証券会社と付合うほうが良いでしょうか。
実力は両社互角だと思います。ただ我々が人任せで運用するか、自己責任(納得)で運用するかの違いです。人任せで失敗したときはもう(プロなのに)腹の虫がおさまりませんよ。

我々個人が株式を直接売買出来るのは証券会社だけです。
信託銀行では個人が個別銘柄での株式売買を委託することは出来ませんが、投資信託という形でいくつかの銘柄を纏めた株式運用“業務”を購入することが出来ます。これは証券会社でも取扱っています。法律によります。
投資信託は信託銀行、証券会社共、それぞれ独自のアナリスト等を擁して“自信があるもの”を発売しています。優劣はむずかしいと思います。また、自己売買部門という部署で自分の会社のために個別株式を売買して利益も出しています。
投資信...続きを読む


人気Q&Aランキング