プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

僕は身長が185センチで体重が53キロです。めちゃくちゃガリガリです。毎日運動してます。こんな僕が2型糖尿病になる確率はめちゃくちゃ低いですよね?

A 回答 (5件)

膵臓が弱っててインスリンの出が悪かったら糖尿病になるよ。


よって体型は関係ない。  筋肉が少ないとなりやすいけどね。
    • good
    • 0

子会社株式と関連会社株式の論点の第一は、「どういう株式が、それに当たるかどうか」です。


問題の資料には、おおむね、取得した株式の「発行済み株式総数」が記されているはずです。
その際に、自社の取得割合を計算して、判別する、ってなところが頻出論点です。
発行済み株式総数の「50%超」を保有しているなら「子会社株式」で…、
「20%以上50%以下」なら「関連会社株式」となる次第です。
資料にて、たとえば、『A株式:子会社株式なんたらかんたら』などと、有価証券の分類について、明記されていることもありますが、今後、難化が続けば一切、示されないはずです。
そう、受験生に計算させて、当該株式が、何株式に当たるかを判別させる、ってな塩梅です。
たとえば、『A株式 備考:当期にA株式を150株取得した。A社の発行済み株式総数は300株である』とだけ明記して、あとは知らんぷりといった次第です。
この場合、「150÷300」と電卓をたたいて、「0.5」の「50%」を保有していることを、計算しなくてはなりません。
パーセンテージのしきいも注意

当該論点では、「パーセンテージのしきい」は、注意点です。
とりわけ、慎重に見ておかねばならないのは、「50%超」と「50%以下」のところです。
「50%超」が「子会社株式」ですが、これは、便宜的に「51%」と憶えなおしておきます。(※)
「50%以下」は「関連会社株式」ですが、これは「50%」と憶えておきます。
出題者は、絶妙にこのあたりの「しきい」の部分を狙ってくるからです。
先の例で、「たとえば、A株式を150株取得した。A社の発行済み株式総数は300株である」という例が最たるものです。
保有割合は「50%」です。
この場合に、おっちょこちょいな受験生だと「子会社株式」で処理しかねないのです。
子会社株式は、50%“超”なので、50%を含みません。従って、「50%保有」は子会社株式になりません。
対して、関連会社株式は、50%“以下”なので、50%を含みます。従って、「50%保有」は関連会社株式となります。
このあたりの「超」と「以下」の使い分けは、ついウッカリしていると取り違えてしまいます。
「法律用語のコツ:以下・以上・未満・超える」を参考に、その使い分けをキッチリ押えておきましょう。
    • good
    • 0

痩せた人なら、2型にならないとは言い切れません。


食欲あるんですか、何歳なの
    • good
    • 0
この回答へのお礼

食欲あります。20代前半です。

お礼日時:2021/07/05 10:04

進撃の巨人の奇行種役を演じるその時のために


いまから走り方を練習しといてください


糖尿は毎日運動してるなら大丈夫です
    • good
    • 0

関係ないですよ

    • good
    • 1
この回答へのお礼

何で?

お礼日時:2021/07/05 08:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!