アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

アレルゲンになるものはいろいろあるでしょうが、代表的なものとしては、蛋白質やペプチドだと思います。
そこで質問なのですが、ペプチド鎖長がいくつぐらいからアレルゲンと成り得るのでしょうか?アミノ酸がアレルゲンというのは聞いたことがないので、モノペプチド(?)はアレルゲンにはならなそうですが、それではジペプチドでは可能性があるのでしょうか?
もし、可能でしたら文献等を教えていただければと思います。よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

抗体には5つのクラス(M,D,G,E,A)がありまして、IgEはその一種です。


そして5つのクラスどれでもよいので抗体を生み出す能力があるものを抗原といい、特にIgEと結合するものをアレルゲンと言います。
下でそこを明確にしたいと言ったのは、IgEクラスへのクラススイッチにまで言及すると話が非常に複雑になるおそれがありましたので確認したまでです。

さて、ご質問が「どのぐらいの低分子であれば特異抗体が産生されうるか」という意味としてお答えします。
kahさんがご指摘の「抗アミノ酸抗体」ですが、これは実は存在します。
試薬メーカーから販売されているのでご覧下さい。
http://www.cosmobio.co.jp/topics/SII/SII_homepag …
もちろん、こういった低分子に対する抗体は、低分子それ自体を免疫しても得られません。
普通はポリマーの状態にして、しかもT細胞に認識されやすいキャリア蛋白に結合させて免疫することが必須です。
T細胞とは、B細胞による抗体産生を制御する重要なリンパ球です。
実際に抗体を産生するB細胞と違い、T細胞は低分子を認識することができません。蛋白質のみです。
私はDNPという低分子に対する抗体を実験で使っていますが、これもKLHという大きな蛋白質にDNPを結合させてマウスを免疫することによって得られたものです(この場合のDNPをハプテンと呼ぶということは、下でADEMUさんがおっしゃっている通りです)。
要するに、B細胞はDNPでもアミノ酸でも十分認識することができる(すなわち、潜在的に抗体を産生する能力がある)のに、T細胞が蛋白質しか認識できないために、低分子はそれ自体では抗原とならない、というだけのことなのです。
上で述べたようにキャリア蛋白に結合させれば、低分子でも十分抗体産生を誘導することができるのはこのためです。

以上でお答えになっていますでしょうか。
もしご質問が「単体のポリペプチドで抗体産生を誘導することができる最短アミノ酸残基数はどの程度か」ということであれば、またご指摘下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えになっています。どうも丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2002/10/03 12:06

アレルゲン(抗原?)となりうるものはある程度分子量が大きくなくてはそれ自体ではなりえません。


しかし、物質によっては参考URLにあるようにハプテンというものは蛋白と結合することによって抗原となり得ます。
一般に抗原抗体反応をもとにした測定系では抗体を作る際に蛋白を結合させます。そして上手くいけば分子量300くらいの物質(ステロイドホルモンなど)でも充分に抗体を作ることができます。
私が知る限りではノルメタネフリンが一番分子量が小さいかもしれません。

参考URL:http://www.nsknet.or.jp/~katoh/antigen.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。かなり利口になりました。

お礼日時:2002/10/03 12:05

抗原(antigen)でなくてアレルゲン(allergen)というところが気になるのですが、ご質問はIgEの誘導能に限定してのことなのでしょうか?


それともIgGも含めた抗体産生の誘導についてでしょうか。

この回答への補足

すみません。あまり詳しくはないもので、専門用語が出てくると厳しいのですが・・・。「アレルゲン」というのはおかしいですね。「抗原」になり得るかということです。

補足日時:2002/09/30 22:57
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペプチド医薬品の生体内(血液サンプル)での 精製、定量分析方法を教えて

ペプチド医薬品の生体内(血液サンプル)での 精製、定量分析方法を教えてください。 メーカーの特殊カラム、セミナーなどに頼らず、原理的な方法(特に前処理)を求めています。 最終的にはLC/MS LC/MS/MSに持っていけるような、 簡単な前処理方法があったらよろしくお

Aベストアンサー

まず血液から血清をとるのは簡単でしょう。
血清中の蛋白質を硫安沈殿で除きましょう。

あとはペプチド医薬品の物性にもよります。

とりあえず精製の条件検討をするに当たって、
放射性同位体や蛍光色素で標識されたペプチド医薬品が
必要かと思います。

Q蛋白質の安定性について

突然質問してすみません。
少し聞きたい事があるのです。

蛋白質工学の本を読んでいて疑問に思ったのですが、
蛋白質の安定性は、圧力や温度や溶媒条件に依存すると教科書に書かれていましたが、何故、影響を受けるのですか?

Aベストアンサー

 私は生化学が専門で、物理化学は苦手です。それで、この質問にまともに答えるすべを持たないのですが、おもしろい質問だと思ったので生化学屋がタンパク質にどのような感想を持っているかを書いてみようと思います。まともな答えは物理化学の得意な方にお願いしておきます。
 確かに、鋼鉄の棒だったら、多少力を加えてもびくともしませんし、温度が少々上がってもくにゃりともなりません。しかし、残念ながら(?)タンパク質はほとんどハンダのような感じで簡単に曲がって変形するし、温度を上げりゃ溶けますね。タンパク質が安定な丈夫な物でなくこのような形が変わりやすい、不安定な素材で作られていることにどのような意味があるのでしょうか?
 タンパク質工学の本を読んでいると言うことなので、生化学は学習済みかと思います。以下そのつもりで書きます。生化学でいろいろたくさんのタンパク質が出てきたと思います。それらタンパク質についてどう思われましたか?例えばアミラーゼははさみのようにデンプンをちょきちょきと端から切っていきます。あるいはリセプターにはリガンドが結合します。リセプターを質問者さんの手にたとえるなら、指には関節があります。関節のところで曲がって変形するから物をつかむことができます。これが曲がらない鉄の棒だったらつかみずらいです。はさみも同様で、ちょきちょき動くから切りやすい。タンパク質というのは形が変わるから働くといえます。
 別な例ですが、グルカゴンによって肝臓でグリコーゲンの分解が促進されますが、この時にご存じの通りフォスフォリラーゼがリン酸化されて活性化します。フォスフォリラーゼは800個以上のアミノ酸からなる大きなタンパク質です。そのうちのたった一個のセリン残基がリン酸化されるだけでタンパク質全体が活性型に変化するわけです。あるいは、Cキナーゼはジアシルグリセロールが有るとCaイオンの必要濃度を千倍近く下げることができます。ジアシルグリセロール存在という周りの環境変化によってタンパク質の性質や形を簡単に変化させられます。
 多少条件を変えただけで大きく形や性質を変えることができるためには、形が変わりやすい不安定なくにゃくにゃしたものであることが必要なのだろうと思います。常温で非常に安定で堅い鉄の棒のような物で“タンパク質”を作ることは可能だったろうとは思います。しかし、その様な”タンパク質”から生命の誕生はなかったと思います。

 私は生化学が専門で、物理化学は苦手です。それで、この質問にまともに答えるすべを持たないのですが、おもしろい質問だと思ったので生化学屋がタンパク質にどのような感想を持っているかを書いてみようと思います。まともな答えは物理化学の得意な方にお願いしておきます。
 確かに、鋼鉄の棒だったら、多少力を加えてもびくともしませんし、温度が少々上がってもくにゃりともなりません。しかし、残念ながら(?)タンパク質はほとんどハンダのような感じで簡単に曲がって変形するし、温度を上げりゃ溶けます...続きを読む

Qペプチドや蛋白質中のD-アミノ酸の検出方法を知りたいです

ペプチドや蛋白質中のD-アミノ酸の検出方法について教えて下さい。遊離のD-アミノ酸であればキラルカラムを用いたHPLC分離ができるのですが、L-アミノ酸が並んでいるペプチドや蛋白質の中に1個だけD-アミノ酸が配置してる場合は、どうやって検出できるのか。やはり一筋縄では難しい分析なのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NMRは#1さんご指摘のとおり、第一候補でしょうね。
それにNMRに必要な精製度や量がない場合は加水分解してLCという形になってしまいますね。

これだとどこにD体が入っているかはすぐにはわかりませんが。

Q不溶性蛋白の可溶化(組み換え蛋白の発現)

いつもお世話になっております。

組み換え蛋白をGST融合蛋白として発現させる系をおこなっております。
目的の蛋白が不溶姓にでてくるのですが、これを可溶化させるために次の方法を考えております。

1、界面活性剤を用いて再可溶化
2,cold発現ベクターでの発現

これ以外にこうやったら可溶化したよ、という方いらっしゃいましたらお教えいただけたら幸いです。

最初の可溶化はPBSにリゾチームを添加したもので凍結融解を10回くりかえして行っています。

Aベストアンサー

融合タンパク質をどのような目的で使うかによっても、好みが違ってくると思います。
私はこれまで収量重視の実験が多かったものですから、不溶性になってもあまり気にせず、目一杯発現誘導していました。しかし、Pull-down assayやGel-shiftのような実験をやっていた同僚たちは、たとえ収量を犠牲にしても、最初から可溶性になるように発現させる方法を選んでいました。たとえば、低温で発現誘導する、Periplasmに分泌されるとかthioredoxinと融合させるとかの宿主/ベクター系を使うなどです。

不溶化してInclusion bodyを形成してしまい可溶化する必要がある場合私はこうしています(出典はMolecular Cloningだったと思います)。
1. Inclusion bodyを蒸留水、またはPBSなどにピペッティングなどで懸濁、遠心。1~3回繰り返し可溶性成分を洗い落とす。

2. 沈殿に少量の10 mM EDTA (pH8)を加える(1L培養につき2 mL程度)

3. 等容量の8 M尿素を加え、30分間ステア。溶けがわるいようなら、さらに8 M尿素を加える。ここでTx100, Tween20などの界面活性剤、DTT、適当なpHのバッファーなどを加えると効果的な場合がある。

4. 遠心して不溶物を沈殿させ、上澄みを回収。

5. 2 M 尿素/5 mM DTT/0.2 mM EDTA→PBS(数回)で透析。または、アフィニティーカラム精製で許容できる尿素濃度(タグによって異なる)まで希釈してカラム精製(カラムの中で尿素濃度が下がると、そこで不溶化するおそれあり)。

界面活性剤は、透析で取り除きにくいので、界面活性剤が用途に影響がある場合は入れない方がいいでしょう。
逆に、界面活性剤が混在していても影響がないような場合は、溶菌するのに使ってもいいと思いますよ(凍結融解は、手間でしょう)。

融合タンパク質をどのような目的で使うかによっても、好みが違ってくると思います。
私はこれまで収量重視の実験が多かったものですから、不溶性になってもあまり気にせず、目一杯発現誘導していました。しかし、Pull-down assayやGel-shiftのような実験をやっていた同僚たちは、たとえ収量を犠牲にしても、最初から可溶性になるように発現させる方法を選んでいました。たとえば、低温で発現誘導する、Periplasmに分泌されるとかthioredoxinと融合させるとかの宿主/ベクター系を使うなどです。

不溶化してInc...続きを読む

Qグルタチオンによるアフィニティークロマトグラフィーについて

グルタチオンによってGSTをもつたんぱく質を精製するというのを学んだのですが、よくわからないことがあります。詳しい方がいましたらお教えください。
1)まずGSTをグルタチオンをもつビーズと結合させ、その後で還元型のグルタチオンで遊離させるということなのですが、なぜ還元型なのでしょうか。拮抗させるためなら還元型でなくてもいいような気がします。還元型のほうが結合しやすいなどの理由があるのでしょうか。
2)回収時に、どのようにして一度ビーズのグルタチオンに結合していたGSTが液中のグルタチオンと結合するのですか?結合が解除されるメカニズムを教えてください。

Aベストアンサー

詳しく知らないので自信がないのですが、酸化型グルタチオンはSS結合で二量体となると思います。つまり、酸化型グルタチオンはフリーなSH基がないので、GSTと結合できないのではないでしょうか?

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Q【化学】美容成分ペプチドのペプチドって何ですか? ヒトオリゴペプチドどういうペプチドですか? ペ

【化学】美容成分ペプチドのペプチドって何ですか?

ヒトオリゴペプチドどういうペプチドですか?

ペプチドってそんなに種類があるんですか?

ヒトオリゴペプチドのオリゴはオリゴ糖のこと?

Aベストアンサー

ペプチド:簡単にいうとアミノ酸が2個以上つながった構造のものの総称です。
2個以上であれば10個でも20個でもつながっているものをペプチドと呼びます。

オリゴペプチドとは、 2~10個程度という比較的少数のアミノ酸からなるペプチドのことです。
ヒトオリゴペプチドとは、ヒト+オリゴペプチドで化学的にEGF(epidermal growth factor=上皮成長因子:上皮組織に作用してその成長を促進するもの)のことです。これは人間が本来持っている因子で、皮膚の表面にある受容体と結びつき新しい細胞の生産を促進する体内で形成されるタンパク質の一種です。

>ヒトオリゴペプチドのオリゴはオリゴ糖のこと?
オリゴペプチド=oligopeptide
オリゴ糖=oligosaccharide
とどちらもoligoという単語は同じですが、成分が違います。
oligoはギリシャ語の「少ない」という意味の接頭語です。ですから、ヒトオリゴペプチドはオリゴ糖ではありません。

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む

QN末端?

内容は、タイトルの通りです。
今生物の問題集をやっているのですが、
N末端って何ですか?
また、アミノ酸の名前や構造式をN末端から書け、とあるのですがどういうことですか?

Aベストアンサー

「アミノ末端」といったらわかりますか?
アミノ酸の基本構造は
NH2-CH(R)-COOH
ですね。
アミノ基NH2がアミノ末端、カルボキシル基COOHがカルボキシル末端(C末端)です。

ちなみに、タンパク質はアミノ酸のカルボキシル基に次のアミノ酸のアミノ基が結合していって合成されます。
タンパク質全体として、一方の端がN末端、もう一方がC末端です。タンパク質合成の向きN末端->C末端の向きが、遺伝子の向き(mRNAの向き)5'->3'に対応します。

Q蛋白質ファミリー

タンパク質の「ファミリー」って、どういう意味ですか?
正確な定義などが知りたいのです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

遺伝子は、生物の進化の途上で増大してきました。しかし、全く新しく無から作られたわけではなく、基になる遺伝子(先祖遺伝子)を一部変化させることによって対応してきました。その結果似たような塩基配列の遺伝子が多数出現し、これら重複した遺伝子群を重複遺伝子(重複遺伝ではないですよ)、または、遺伝子ファミリーとよびます。

ファミリータンパク質とは、これらの遺伝子ファミリーによって作り出されたタンパク質です。例えば、タンパク質消化酵素のペプシンとトリプシンは、ほとんどアミノ酸の一次構造(=遺伝子の塩基配列)は同じでファミリータンパク質です。

参考URL:http://www.bio.nagoya-u.ac.jp:8001/~hori/asahihyakka04.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報