出産前後の痔にはご注意!

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は武将ですよね。
この時期は武将が一番権力があったんですか?
武将と殿様と将軍の違いもわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は武将ですよね。



武将の定義
 広い意味で家来もった武士となります。下は足軽大将から上は一国一城の主
 まで武将です。
 狭義ですと、ある程度の領国を持った自由度の高い軍事組織の長を指します。
 織田信長の時代の秀吉は武将とは呼ばれず、部将と呼ばれる場合が多くなり
 ます。部将は誰かの家来ですが、主人から軍事的権限を与えられた武士団の
 長である場合に呼称されます。
 よって回答は「織田信長と徳川家康は、当初から武将であるが、秀吉は時期に
 より部将であったり、武将であったりした」だと思われます。

>この時期は武将が一番権力があったんですか?

織田信長が生誕した頃、権力は誰にあったか。
 日本を包括的に支配する権力は無かった(精神的支柱として天皇は健在です
 が権力があったとは言えませんし、将軍家も権力はありませんでした)と、
 なりますから、この時点では武将や宗教勢力等が地方に群雄割拠していた。
 が正解となるかと思われます。(武将が一番とまでは言えません)
本能寺の変後
 この頃は、宗教勢力もかなり弱ってきましたから、武将が一番権力があった。
 としても間違いないと思われます。

>武将と殿様と将軍の違いもわかりません。

殿様は、江戸時代の領国の主か、禄の高い旗本を指します。
(広義では、支配層の人という意味にも使われます。よって庄屋は権勢があっ
 ても殿様とは呼ばれませんが、武士は下級武士でも嫌味も込めて殿様と呼称
 する場合もあります)
それに対し武将は戦国時代の武士団(武士団の大小はありますが)の長。
よって、武将の末裔が(没落しなければ)江戸時代に殿様になったと理解す
れば、強ち間違いで無いと思われます。
将軍は、征夷大将軍の事です。天皇から征夷大将軍に任命されたものだけが
名乗る事ができます。それ以外の者は名乗れませんから定義は簡単です。
よって、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7% …
に記載された人だけが、将軍となります。
(その他、征狄大将軍や征西大将軍などの職名もありましたが、質問者さんが
 お尋ねの将軍は征夷大将軍の事です)
    • good
    • 6

彼らは正確には、戦国大名で、武力で国を治めていた。

武将は、今の会社でいう重役のようなものです。 殿様は、江戸期の大名に多く使用される。     将軍は、天皇制の役職。この時代は、武家の棟梁の意味。本来は、源氏のみだが(足利家も源氏)、徳川家(元は松平)、家系図を改ざんして将軍(征夷大将軍)になった。                  実力はあったが、権威はなかった。権力は両方あってのもの。
    • good
    • 2

武将とは、その集団の長(軍団長)ですので、


規模によっては、侍大将から部将、宿老、家老まで戦国武将となります。
もちろん、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も戦国武将です。

狭義的には部将以上、城持ち(つまり有名である事)などと限定する場合もあります。

備、そなえ
(軍隊)の定義から言いますと、足軽隊、弓隊、槍隊などの集合、
戦が出来る単位以上(部将以上)となります。

殿様とは、御殿様から来ているとも言われています。
自分より良い御殿に住んでいたからですね。

また、#3様が良くまとめておられです。

将軍は征夷大将軍、大名は家臣になります。侍の長です。
    • good
    • 0

>織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は武将ですよね。



その通りですね。

>この時期は武将が一番権力があったんですか?

一番難しいところですね。
当時は、京都に天皇を中心とした公家社会が独自に存在していました。
信長・秀吉・家康の官位は、天皇が任命する事になっています。
信長の右大臣就任、秀吉の関白就任、家康の将軍就任も天皇家からの任命です。
大岡筑前守などの○○守就任も、天皇の任命です。
信長・秀吉は、公家社会の一員として右大臣・関白として国内統治を行ないます。(形式上だけですが)
家康は、将軍就任と同時に「天皇家からの行政権委任」として国内統治を行ないます。
慶喜の時に、行政権を天皇家に返還してます。(大政奉還)
天皇家・公家は、この任命権を握っていたので実力者から援助を受ける事ができました。

>武将と殿様と将軍の違いもわかりません。

武将は、兵卒を率いる人物。つまり指揮官です。単純に、豪族や大名を指す場合もあります。
殿様は、城・陣屋・武家屋敷の主です。家臣が足軽3人でも、殿様と呼びます。
将軍は、武家の棟梁を意味する役職で武将から天皇家が選びます。
実際は、武家の実力者が天皇家に「私を将軍にして」と奏上し「任命する」と天皇家が宣下を行ないました。
    • good
    • 1

 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康は武将です。

領土やら家来やらを持っている武人は武将です。
 例えば織田信長の家来に明智光秀という人がいましたが、明智光秀からみて織田信長は殿様です。明智光秀は明智光秀で家来や領民がいて領土があるので、明智光秀の家来から見れば明智光秀は殿様でしょう。
 日本はかつて天皇の国であったので、将軍というのは天皇に任命された人物がなる役職です。一般にこの国では将軍=征夷大将軍ですので、ここでは徳川家康のみが将軍ということになります。なぜなら、信長も秀吉も天皇から将軍という役職を任されていないからです。
 「偉い=権力がある」という風に感じがちですが、そこは勘違いしてはなりません。偉いとか位が高いという意味では天皇が最高位にいましたが、力でいくと信長や秀吉や家康の方があったといえるでしょう。天皇の方が身分が上だから家康は将軍を任されたわけですが、強いのとは別なわけです。
    • good
    • 0

信長 秀吉 家康は武将です。


戦国時代は武将(武士)が一番権力があったわけではありません。最終的に権力を握った・・・つまりは結果論でしかありません。

当時の日本には京都の天皇と公家勢力(権威だけ。分かりにくければなんとなく偉そうにしてたと思ってください)一向宗を始めとした仏教勢力(これも分かりにくければオウム真理教と暴力団がタッグ組んでるのを想像したら一番近いです)堺など独立都市を根城とした商人(ゴロツキ雇った悪徳商人。時代劇の越後屋がもっと武闘派に走ってるのを想像して下さい。)と戦国武将を始めとした武家がそれぞれ泥沼の権力争いしていた時代です。まぁこれも分かりにくければ時々ニュースに出てくる暴力団同士の抗争をイメージしてくれたらほぼ正解です。

簡単に言うと武将は城を持った侍です。殿様はその侍の部下が彼を敬称付けて呼びかけ方です。学校では先生とか会社では部長とか社長とかというのと同じです。
最後の将軍というのは少し違います。将軍とは主に役職を指します。なので支那では同じ時代に同じ場所に将軍は複数存在しても別におかしくはありません。日本でも最初はそうだったんですが源頼朝が征夷大将軍となってからは基本的に1人だけであり複数は存在しない建前となりました。今ならば総理大臣やアメリカ大統領が同じ時代に複数居ないのと同じ理屈です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q将軍と大名の関係

素人です。易しく教えて下さい。


織田信長が足利義昭と対立したとき、延暦寺は将軍側についた。武装解除するよう要請したが、延暦寺が拒否したため、1571年、信長は延暦寺を焼き討ちし、多くの僧侶が殺害したらしいですね。

信長は大名で、義昭は将軍ですね。
大名が将軍に楯突いていいんですか?
それで、切腹とかにならないんですか?
大名が寺に命令できたんですか?

教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本来の上下関係で言えば将軍が上であって、大名はその下ということになります。
しかしながら、この時の信長と義昭では全く状況が異なります。

足利義昭は将軍家に生まれましたが、長男ではないため子供の頃からお寺に預けられて育った人です。
つまりは元々将軍を継ぐべき人ではなかったのですが、兄の将軍が暗殺されて自分自身も身の危険があった時に細川藤孝などに助けられて脱出して、各地の戦国大名を頼った揚句、最終的に信長を頼り、信長の後ろ盾によって朝廷から将軍の官位を授かった人です。
足利将軍家は義昭の兄である将軍が松永や三好に暗殺されるくらいですから、当時は既に足利将軍の威光はほとんどなく、将軍といっても有名無実という状態です。
足利将軍をトップにその下で各地を納める守護大名がいるという図式は既に崩壊しており、各地に戦国大名と呼ばれる新しい勢力が伸し上がった頃は足利将軍の威光よりも、戦国大名同士の力関係の方がものを言う時代になっています。

将軍義昭は、信長によって名目上の将軍にしてもらっただけの実際には全く力のない将軍であり、そのことは他の大名たちも皆解っているので誰も文句など言える状況ではなかった筈です。

つまりはこの二人の実際の力関係はあくまでも信長が上です。

大名が寺に命令できたかどうか?という疑問ですが、信長を他の大名たちと同列には語れません。
信長は日本国の王になろうとしていた人であり、信長にとっては戦国大名であろうと将軍であろうと巨大な寺であろうと、自分に歯向かうものは全てが抵抗勢力に過ぎないのです。
自分に歯向かうから叩き潰す、というそれだけのことです。
信長は本能寺で殺されなければ、どうやら朝廷まで滅ぼしかねない人でしたので、将軍や寺などどうでもいいレベルの話ですよ。

本来の上下関係で言えば将軍が上であって、大名はその下ということになります。
しかしながら、この時の信長と義昭では全く状況が異なります。

足利義昭は将軍家に生まれましたが、長男ではないため子供の頃からお寺に預けられて育った人です。
つまりは元々将軍を継ぐべき人ではなかったのですが、兄の将軍が暗殺されて自分自身も身の危険があった時に細川藤孝などに助けられて脱出して、各地の戦国大名を頼った揚句、最終的に信長を頼り、信長の後ろ盾によって朝廷から将軍の官位を授かった人です。
足利...続きを読む

Q信長・秀吉・家康のホトトギス

上記三人の人柄をホトトギスを用いて表現した文句は有名ですが↓

信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

これらは彼らの人柄をわかりやすく例えるために後世に詠まれた、とこのサイト内の他の質問から知りましたが、これらを考えた「誰か」というのは特定の人物として存在するのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

作者不明だそうです。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~gokuh/ghp/think/zakki_08.htm

Q戦国時代の征夷大将軍

戦国時代の征夷大将軍って今でいう、内閣総理大臣みたいな地位ですか?

Aベストアンサー

征夷大将軍というのは、源氏にのみにゆるされた令外官(りょうげのかん)としての称号です。
令とは朝廷の定めた法令です。
正式な治安維持の役職としては検非違使というのがありました。

皇族の子弟が増え過ぎたために、子弟に領地を持たせて自立させると同時に皇族から外しました。
源と平いう苗字でした。
この源氏平氏のなかから武装した一族が現れ検非違使に替わって全国の治安維持に乗り出しました。
東国の平定にあたった源義家に論功行賞として「征夷大将軍」という名称を下賜しました。
このとき以来、征夷大将軍というのは源氏が名乗るの称号とされました。
平清盛がいかに権勢を誇っても征夷大将軍という称号は下賜されませんでした。
鎌倉幕府も源実朝が死んだ後、実権を握った北条氏は平氏だったために、征夷大将軍はお飾りに藤原氏の一族を呼んできて置いておきました。(藤原氏はかつて源氏のスポンサーでした)
信長は当時の足利氏が征夷大将軍の称号を持っていたことから、敢えて平氏を名乗りました。
秀吉はどこの馬の骨とも解らないので、征夷大将軍の称号はもらえずに、関白とされました。
家康は当初藤原氏を名乗っていましたが、後に源氏を名乗るようになり、結果として征夷大将軍の称号を手にしました。

ということで、
戦国時代の征夷大将軍は京都でウロウロしていた挙句、信長の庇護下にはいった足利義昭が持っていましたから
何の実権もありませんでした。

征夷大将軍というのは、あくまでも称号ですから、朝廷での序列は正一位とか四位下とか呼ばれる官位で決められました。
朝廷の役職名である、関白や右大臣、左大臣のような正式な役職ではありません。(令外官)
征夷大将軍という称号が絶対的な実権を持ったのは江戸時代です。

征夷大将軍というのは、源氏にのみにゆるされた令外官(りょうげのかん)としての称号です。
令とは朝廷の定めた法令です。
正式な治安維持の役職としては検非違使というのがありました。

皇族の子弟が増え過ぎたために、子弟に領地を持たせて自立させると同時に皇族から外しました。
源と平いう苗字でした。
この源氏平氏のなかから武装した一族が現れ検非違使に替わって全国の治安維持に乗り出しました。
東国の平定にあたった源義家に論功行賞として「征夷大将軍」という名称を下賜しました。
このとき以来、...続きを読む

Q武士と侍の違いについて

今歴史の勉強で侍のことを勉強しています。
勉強していて思ったんですが、侍と武士の違いはなんですか?
わかりやすくお願いします

Aベストアンサー

侍というのは、中世に発生したもので貴族や将軍に仕える
人達を指しました。
つまり、数ある身分の呼称の一つです。

その侍が戦国時代を経て、軍役を担当するように
なったため、侍のことを武士と呼ぶように
なったのです。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q水戸黄門ってどれくらい偉いの?

歴史に疎すぎる質問を致します。

今日水戸黄門をたまたま観ていたのですが、助さんと角さん(でいいのかな?)が紋章みたいな物を見せたら全員抵抗を止めてハハーッと膝まづきますが、悪代官なら全員殺して死体隠して知らんぷりをするようなそぶりを見せてもよいと思います。

何故悪代官はあの紋章を見せられると全く反抗しようとしないのでしょうか。


水戸のご老公って今の社会でどのくらいの地位なんですか?

Aベストアンサー

> 悪代官なら全員殺して

残念ながら、これができないんです。
なぜなら、助さんや格さん、その他の黄門様の部下にコテンパにやられるちょっと前に、黄門様が「助さん、格さん、もういいでしょう」と声をかけるのです。
すると、悪代官や悪徳奉行の元で戦っていた下っ端は、彼らを捕縛する側に回ってしまいます。(彼らも宮仕えなので格上の方の言うことを聞くこととなる)
そもそも、武力でも負けている上に、身分でも負けているのです。

さて、先の副将軍・・・というので、副将軍だったわけですが、まあ、今までの回答にあるとおり、ナンバー2とまではいかなくても、かなりの身分ですね。
少なくとも、将軍に謁見できるでしょうから、大名・上級旗本並みの身分であったと思います。
実際の幕府のナンバー2は大老(臨時職)か筆頭老中ですから、副将軍は名誉職です。
そして、現在の日本で言うと将軍は内閣総理大臣とすると、副将軍は与党であれば代表代行とか野党第一党であれば副総裁といった所でしょうか。
ちなみに、現在の日本のナンバー2は、内閣官房長官です。

※※ Wikipedia「内閣官房長官」より
2000年4月以降は原則として内閣総理大臣臨時代理予定者第1位に指定されている(別に副総理が置かれる場合を除く)。

> 悪代官なら全員殺して

残念ながら、これができないんです。
なぜなら、助さんや格さん、その他の黄門様の部下にコテンパにやられるちょっと前に、黄門様が「助さん、格さん、もういいでしょう」と声をかけるのです。
すると、悪代官や悪徳奉行の元で戦っていた下っ端は、彼らを捕縛する側に回ってしまいます。(彼らも宮仕えなので格上の方の言うことを聞くこととなる)
そもそも、武力でも負けている上に、身分でも負けているのです。

さて、先の副将軍・・・というので、副将軍だったわけですが、まあ、今...続きを読む

Qトリュフって何ですか??

とある中2です!

ときどきテレビとかでトリュフという黒いものをみますよね?
あれって・・・何ですか?
高級食材で料理にちょこ~っと乗ってるだけで
『ワーすごい!!』
とか言ってるケド・・・

何がすごいんですか??
味はどうなんですか?
動物性ですか植物性ですか?
おいしいんですか?
なんでちょこ~っとだけで食べるんですか?

いつか私もたべれますかねw?

教えてくださーい!!

Aベストアンサー

世界三大珍味の1つでキノコの仲間です。
キャビア、フォアグラと同じく高級食材です。
味は人によってですね。
松茸のように香りはいいけど椎茸のほうが美味しいという方は少なからずいます。

余談ですが「白トリュフ」もあります。
http://allabout.co.jp/gm/gc/78026/

Q旗本と大名

昔の日本で、旗本と大名どっちが偉かっんですか?
例えば、道ですれ違ったときに道をゆずるのはどっちとか

Aベストアンサー

それぞれが『殿様』と呼ばれていた階級です。大名は石高1万石以上で、格の高さは大名が上です。旗本から出世して大名になった者として吉宗時代の町奉行・大岡忠相です。綱吉時代に柳沢吉保も下級藩士から側用人を経て大名になりました。
江戸初期では旗本にはなるには直参であることが必要でした。しかし、幕末になると旗本株をお金で売買するようになりました。江戸城の無血開城談判で有名な幕格の勝海舟は祖父の代に旗本株を買った家系です。
旗本の中では書院番や幕格の旗本は格が高いのです。将軍のお側近くにはべるので特別なのです。外様大名は将軍に近づくことも出来ませんでした。江戸城松の廊下で『殿様』同士が出会うと格式の差でいろいろとあったでしょうね。
格から言うと徳川御三家、徳川御三卿家、松平家、親藩大名、外様雄藩大名、幕格旗本、外様小藩大名、旗本の順です。


人気Q&Aランキング