実は三年前から勤め先の社会保険に入っています。

督促状がきていたので、国民健康保険はちゃんと退会しないとダメだと知ってはいたのですが、怠っていました…

そして、今日差押調書を受取ったのですが、今までの3年間社会保険と重複してた事を役所に言えば、差し押さえられたお金は返ってくるのでしょうか?

A 回答 (6件)

補足を読みました。



「口座から引き出されている」とのことなので、差し押さえられたのは「現金」ではなく、あなたが銀行に対して持っている預金の「払出請求権」という「債権」であると思います。おそらく、お手元に届いた差押調書は「債権差押通知書」というタイトルになっているのではないでしょうか?
これは、あなたが銀行に行って所定の用紙に金額と氏名を記入し銀行印を押せば(またはATMにカードを入れて金額と暗証番号を入力すれば)預けてあるお金を引き出す事ができるという「権利」を役場が差し押さえて、あなたに代わって引き出した…という考え方になります。

この後あなたが取るべき手続きは、まずは国保の離脱手続きです。
現在加入している社会保険の保険証と、念のため印鑑をお持ちの上、役場の国民健康保険の担当部署へ行ってください。

その後、お手元の債権差押通知書にある税金の徴収担当の部署へ行って、国保をさかのぼって離脱した旨をお話ください。
おそらく、国保離脱の(役場内での)手続きが済んで税額の更正が決定したら、差し押さえた金額を返すことについての説明があると思います。
この決定は、他に国保の資格に異動(出生・死亡・社保加入や離脱、転出入…)があった人たちの分を月ごとなどにまとめて行うので、1~2,3ヶ月ほどかかります。お金が返ってくるのはその後ということになりますね。

基本的に、あなたがその後何かをする必要は無く、差し押さえた金額から(もしあれば)社保加入以前の滞納額(延滞金を含む)を差し引いた金額が元の口座に戻され、役場からその通知が来るという流れになるはずですが、そのあたりについて担当者に確認してみてください。

差し押さえられた口座は、場合によってはこれら一連の手続きが終わるまで解除されない可能性もあります。法律の規定で、差押にかかる税額が完納される(か、納税義務の消滅が確定する)まで解除できないことになっていますので…。
そうなると、その間は現在の口座からお金を引き出したり、自動引き落しの公共料金などを引き落したりする事ができなません(給料など、その口座に入ってくる分には問題ない)。なので、別に口座を作るか、役場に差押の解除を交渉するかしなければなりません。
国保離脱の手続きをすれば税額が減額になる事は確実なので、場合によっては国保離脱の手続きをしたことで差押解除してもらえる可能性もありますが、もしかしたら社保離脱以前の滞納分(延滞金込)を現金で納めれば解除…などの条件をつけられるかもしれません。
口座が凍結状態になっていると困るようでしたら、そのあたりもご相談ください。 

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

送られてきた謄本を見たところ、ご説明のとおりいわゆる債権が差し押さえられているという事が理解できました。
差し押さえられたのは口座の一部で、残りの残金はまだ引き出せる状態だと思います。

国保の離脱手続きなどが済みましたらまたご報告致します。
重ね重ねありがとうございしまた。

補足日時:2008/01/27 17:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

問題が解決しました。
本当に説明が分かりやすくて助かりました。
この度はありがとうございました。

お礼日時:2008/01/28 16:12

他の方の回答ともカブりますが、ご説明します。



国民健康保険(国保)に入っていた人が社会保険など他の健康保険に移った場合、住所地(住民登録地)の市町村役場で切り替えの手続きをする事になります。
国保の資格異動は基本的に本人からの申請によって行われるので、これをしなかった場合、国保に加入し続けているものとみなされて、国保税は課税され続けることになります。

あなたの様なケースの場合、市町村役場で手続きをすれば、社保に加入した時点にさかのぼって国保を脱退する事になります。
そうなると、当然課税についてもさかのぼって「更正」(この場合は課税の取り消し)されます。
地方税法第17条の5の規定により、課税の更正は3年前までさかのぼることができますので、あなたの場合はおそらく社会保険に入ったときからの課税については全て取り消されると思います。


この際問題になるのは、あなたがいつからの国保税を滞納していたかです。
もし社保に入った時以前の国保税に滞納が無ければ、差押にかかる税金の納税義務が「最初から無かった」ことになるため、国税徴収法第79条第1項第1号の規定により解除されます。
今回差し押さえられたあなたの財産が何なのか、また差し押さえられた財産が現在どういう状況にあるのかはご質問からは読み取る事ができませんのでどういった手続きによるか説明する事ができませんが、社保加入以降の国保税に滞納が無いのであれば、差し押さえられた財産は結果として戻ってきます。

ただし、もし社保加入以前の分にも滞納がある場合、今回差し押さえられた財産の一部がその滞納分(とその延滞金)に充てられ、あなたにはその残りが返されます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
丁寧な説明でわかりやすいです。

いくつか補足しますと、まず、差し押さえられた財産は現金で、すでに口座から引き出されています。
いつから滞納していたかは覚えていないのですが、もし社保加入以前に滞納があれば、その分とその延滞金に関しては支払うつもりでいます。

すでに処分は下って(引き出されて)いるのですが、今後はどういう手続きをすればよいかお分かりでしょうか?
よろしければご教示お願いします。

とりあえず明日役所に電話してみようとは思っているのですか・・・

補足日時:2008/01/27 12:32
    • good
    • 0

>差し押さえられたお金は返ってくるのでしょうか?



戻ってくる可能性は限りなく低いですね。
先ず、(色んな回答がありますが)勤務先の社会保険に加入した事実は、市町村の国民保険担当部署では把握できません。
ですから、当事者が「社会保険に加入したので脱退する」旨の届出を行なう必要(義務)があります。
残念ながら、質問者様の過失が非常に大きいです。

重複していた3年間も、市町村役場としては「あなたの保険証書も、正規加入者と同様の業務」を行っていて必要経費を使っています。
使っていないから返金要求!は、通用しないでしようね。
例えば外資系銀行で、基準口座残高を下回る場合には口座保管料が必要という場合。
預金が0円でも「口座解約するのを忘れていた。だから払わない」は通用しません。しっかり利息を付けて請求が届きます。

では、何故「戻ってくる可能性は限りなく低い」であって「可能性はゼロ」でないのか?
今回の場合、市町村毎に対応が異なるのです。
「駄目もと」で交渉する価値はありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>今回の場合、市町村毎に対応が異なるのです。

明日にでも役所に電話してみようと思います。

お礼日時:2008/01/27 12:51

 この場合は、3年間も国保と健保に二重加入していて、それをわかって国保の喪失の届出を怠っていた質問者さんの過失が重いので、1番さんの主張は通らないと思いますが。

そもそも収入が上下するのは国保の方でも自営業の方でしたら普通にありえることですし、役所は本人が健保に加入したかどうか通常は知りえないので、役所に過失は無いか、あっても少ないはずです。

 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、退会しなければいけないと認識しつつ放っておいた自分に非があると思います。
問題は取り返せるかどうかなのですか…

お礼日時:2008/01/26 19:32

>役所は社会保険に入っていたことを知っていたはずです。



はずれ。

社会保険料等の金額が会社から、市役所の課税課に送られますが
誰の何についての金額かはわかりません。

その課税課が算出した市民税額から自動的に健保保険料が
計算されてるだけで、どういった収入があるといった
個人情報にあたることは、健保の係員は知るよしもありません。

ともかく、折衝してみてください。
裁判費用は負担ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、手続きをしてはい終わり、というわけにはいかなそうですね…

お礼日時:2008/01/26 18:03

国民健康保険は前の年の収入に基づいて計算するので、当然役所は社会保険に入っていたことを知っていたはずです。


その上で国民健康保険の請求をしているとは、どのようにして国民健康保険の請求金額を計算したのか役所に怒鳴り込んで聞いてください。
重大なミスを犯していると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にしてみます。

お礼日時:2008/01/26 18:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【期限の利益を喪失】したらなぜ、一括返済or住宅差押なんですか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
銀行で住宅ローンを組んでいて、返済が遅延したために期限の利益を喪失すると、なぜ、一括返済や住宅を差押できるのですか?

期限の利益を喪失すると、銀行は期限到来日前(返済日前)に請求できる権利が発生するだけで、喪失したからといって、残金一括or住宅や給料の差押にはならないのではないでしょうか?

例えば、毎月25日返済の12月分を延滞したから、同利益を喪失するとしたため、銀行は1月分を25日前に請求できるという話なら理解できます。

Aベストアンサー

既に多くの回答がありますが、住宅ローンにおける期限の利益について少し書きます。

例えば、1000万円を借りたときに、分割で20年かけて払ってもいいという約束になっています。正確な金利計算はさておき、毎月6万円を25日に支払うこととなっているとして、その中には元本部分も含まれています。

その最終支払は、20年後の12月25日の支払期限が設定されています。20年後まで払わなくてもいい、銀行も請求できない、それが期限の利益です。すべての毎月支払にはそのときまでの期限が設定されています。

そこで、滞納が生じれば期限の利益を喪失するわけです。すべての分割返済金に設定されている毎月の期限がなくなるわけですから、全部を一気に請求されてもしょうがないし、債権確保のために抵当権を設定しているのが普通ですから、銀行は(というか保証会社でしょうが)実行しますね。

法律論はともかくとして、それはひどすぎないかという問題なのでしょうか。私は借りた金は返すのが当然と思っており、返せないなら金は借りない主義です。今住んでいるマンションも即金で買いました。

もちろん、永い間には状況も変わりますので、返せるはずが返せなくなったということもあるでしょう。それについては銀行や保証会社も一定の相談には乗ってくれます。1回だけの延滞で即座に家を競売にかけるわけではありません。

それでもだめなら、家を取られるということは約定なんですから、わかっているはずのことであり、説明は受けているはずでしょうね。

既に多くの回答がありますが、住宅ローンにおける期限の利益について少し書きます。

例えば、1000万円を借りたときに、分割で20年かけて払ってもいいという約束になっています。正確な金利計算はさておき、毎月6万円を25日に支払うこととなっているとして、その中には元本部分も含まれています。

その最終支払は、20年後の12月25日の支払期限が設定されています。20年後まで払わなくてもいい、銀行も請求できない、それが期限の利益です。すべての毎月支払にはそのときまでの期限が設定さ...続きを読む

Q市・区民税の滞納で差押調書が届きました。

市・区民税の滞納で差押調書が届きました。

納税は国民の義務なので早急に支払いをしようと思っています。

そこで一点気になったのですが、
差押債権欄を見ると「金融名・口座番号・残高」全て表示されているのですが、
こちらからその金融に口座がある事すら伝えていないのに、残高まで開示されているのは個人情報保護法などそういった内容に触れたり、問題にはならないのでしょうか?

ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

 
税金未納という犯罪に対して税を徴収する機関が裁判所に差し押さえの申請と同時に金融機関への口座情報開示請求を出します。
裁判所により金融機関への情報開示命令が出て、金融機関は裁判所の命令に従い情報を開示します。

個人情報保護法は一切の公開を禁止してるのではなく、合理的目的以外の公開を禁止してるだけです。
 

Q期限の利益喪失

ひとつの銀行で保証会社が違うろーんを2つ契約していますが、ひとつのローンが遅れてしまい期限の利益を喪失すれば、片方のローンも当然に期限の利益を喪失するのでしょうか?

Aベストアンサー

一つのローンが遅れて期限の利益を喪失しても、二つ目のローンに影響はないです。
ないですが、一つ目ローンの回収のため、財産の差押えなどあれば、二つ目のローンも期限の利益は喪失し、両方とも一括で、即、弁済しなくてはならないことになります。

Q差押調書の謄本の交付先の相違

国税徴収法54条の場合は差押調書の謄本の交付の相手は滞納者となっているのに対し146条では相手は第三者及び立会人となっています。この違いはどうしてでしょうか?差押財産の種類により滞納者には交付しない場合があるのは54条で分かるのですが・・・・

Aベストアンサー

>国税徴収法54条の場合は差押調書の謄本の交付の相手は滞納者となっているのに対し146条では相手は第三者及び立会人となっています。

 「第54条(差押調書)の規定により差押調書を作成する場合」となっているのですから、当然、滞納者にも第54条の規定に基づいて差押調書の謄本を交付します。

Q期限の利益喪失の基準について

銀行への支払いをリスケし、銀行がそれを容認ている場合でも、銀行は期限の利益を喪失したことになるのでしょうか? 

Aベストアンサー

リスケは契約の変更なので、期限の利益を喪失したことにはなりません。

Q差押調書(謄本)というのが着ました。

区役所より、差押調書(謄本)というのが簡易郵便により到着致しました。

内文としては、

次のとおり、滞納市税等を徴収するため、財産を差し押さえましたので、国税徴収法54条の規定により、この調書を作ります。
なお、この債権の取立て、その他の処分を禁じます。

とあり、下記に債権者氏名や住所、差押債権による銀行口座などが記載されております。

履行期限 即時





この内容は、どのように捉えるべき事なのでしょうか?。
【差し押さえた】とあるので、期限内の支払いは済んだという事になるのでしょうか?。


なお、この書文は10月27日付にて着ています。

Aベストアンサー

>差押調書(謄本)

滞納者へ(謄本)が送付される。

>銀行口座などが記載されております。

○○銀行○○支店
普通預金
口座番号○○
の全額を差押と言うこと

>履行期限 即時

普通預金は差押調書が金融機関に
到達した時点(即時)と言うこと。

滞納税額が10万円で
預金が20万円の場合
10万円の配当がありますので
配当通知の郵送後に受け取りに出向きます。
また、滞納10万、預金5万の場合
即時に5万差押え
今後また預金が差し押さえられます。

Q期限の利益と支払督促と強制執行

12万の貸金について
債務者と毎月3万計4回の分割弁済契約を交わしました。
(私が甘かったのですが、期限の利益喪失特約は盛り込んでいません。)

しかし、第1回・第2回と入金が無かったので、
内容証明郵便で12万円全額一括弁済の請求書を送り
12万円全額一括弁済の支払い督促を申し立てました。
債務者がこれを無視したために
仮執行宣言付き支払い督促を申し立てて
第3回目の入金日後、
給与差押の強制執行をし、初月分として4万円を回収しました。

第4回目の入金日が過ぎ、債務者が異議申立をし現在に至ります。
これから裁判に入るのですが
被告は「残金は全額支払済みだ。領収書は出したいのは山々だが無くしてしまった。」
と答弁書を提出し
この疎明を根拠に強制執行の一時停止が決定しました。
ちなみに被告が支払済みというのは大嘘です。
このウソは被告側に立証責任があると言うことなので
大丈夫だと思います。

しかし、期限の利益喪失条項が抜けた最初の契約書と支払い督促・強制執行のタイミングの件で
裁判の行く末が私にはわかりません。
この場合、私の全額請求は裁判で認められるのでしょうか?
また、概に行った強制執行は不法行為になるのでしょうか?

12万の貸金について
債務者と毎月3万計4回の分割弁済契約を交わしました。
(私が甘かったのですが、期限の利益喪失特約は盛り込んでいません。)

しかし、第1回・第2回と入金が無かったので、
内容証明郵便で12万円全額一括弁済の請求書を送り
12万円全額一括弁済の支払い督促を申し立てました。
債務者がこれを無視したために
仮執行宣言付き支払い督促を申し立てて
第3回目の入金日後、
給与差押の強制執行をし、初月分として4万円を回収しました。

第4回目の入金日が過ぎ、債務者が異...続きを読む

Aベストアンサー

契約書で分割返済を規定していて、その返済日に約定分の返済がなかったのですから、債務者が契約条件どおりに債務を履行していないことは明白です。

したがって、債権額全額に対して一括弁済を請求することにはもともと違法性がありません。期限の利益喪失条項がなくても、債務不履行があれば、公序良俗に反したり、権利の濫用でない限り、契約解除権が発生します。

また、これに基づく強制執行も、裁判所か認めた手続きですから、不法行為には該当しません。

問題の全額返済の件は、債務者が弁済の挙証責任を負っているとのことですが、領収証を提示できない以上弁済事実の立証は困難でしょう。

何も心配はいらないと考えます。

Q税金の滞納処分としての差押

税金の滞納処分としての差押は、裁判所が行うものではなくて、行政の自力執行力として行われるのでしょうか?

Aベストアンサー

  No.1です。

  質問の趣旨が正確に理解できていないように思われるので回答として適正かどうか判りませんが、例えば 「土地」 「家屋」 などの不動産に対して差し押さえがなされた場合、それらの登記簿には、差し押さえの根拠の種類に係わらず法務局が差押登記依頼を受けた順にその旨の登記か行なわれます。
  差し押さえ解除時の順位の取り扱いについては、民事執行法による差し押さえについては、申し訳ありませんが承知していません。
  公租公課にかかる差し押さえの場合、国税徴収法を根拠とする差し押さえが全くなされていない場合は債権者である官庁は 「差押 (いわゆる 『本差押』)」 の登記を行ない、既に差し押さえ手続きが行なわれた以降に差押を必要とする官庁は、当該の差し押さえに対して 「参加差押」 を行ないます。 参加差押を行なった官庁は、本差押を行なった官庁が換価により得た金員に滞納処分額を超える余剰が発生した場合、当該余剰額の中から参加差押を行なった額について配当を受けることとなります。
  また、本差押を行なった官庁が差押解除を行なった場合、1件目の参加差押が自動的に本差押として取り扱われることになり、この場合の差押としての効力は参加差押を行なった期日に遡及して適用されます。

  No.1です。

  質問の趣旨が正確に理解できていないように思われるので回答として適正かどうか判りませんが、例えば 「土地」 「家屋」 などの不動産に対して差し押さえがなされた場合、それらの登記簿には、差し押さえの根拠の種類に係わらず法務局が差押登記依頼を受けた順にその旨の登記か行なわれます。
  差し押さえ解除時の順位の取り扱いについては、民事執行法による差し押さえについては、申し訳ありませんが承知していません。
  公租公課にかかる差し押さえの場合、国税徴収法を根拠とす...続きを読む

Q期限の利益

「期限の利益」とはなんですか?

最近よく期限の利益喪失事由がどうたらこうたら聞くのですが‥

なんなんでしょうか?

借金の問題とかでよく聞きますが

Aベストアンサー

簡単に言います。

期限の利益とは、借主側では支払期日(これが期限)まではあれこれ言われないということです。
あれこれとは早く返せとか、何に使うんだ、とかです。

支払期日を過ぎれば(これが喪失)、早く返せ、一括で返せ等言う権利が貸主に発生します。
詳しく知りたいなら下記を参照。

http://ja.wikipedia.org/wiki/期限の利益の喪失
http://sim.fc2web.com/rooba/tie/kigen.html
http://creca1.net/shouhishakinyuu/505.html

Q税等の滞納処分の差押について

税等の滞納処分で、滞納者が無資力者だったら、滞納処分手続きはどうなるのでしょうか?
その時点で作業は止まってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

滞納処分の停止が、徴収職員の判断でされます。

参考条文 国税徴収法代153条


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング