ビールに塩を入れたときに泡が出てくるようですが、なぜ泡が出てくるのでしょうか?
化学は高校レベルまでなら理解可能です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

タイトルに化学的説明とありますが、発泡は化学反応の結果ではありません。

やったことはありませんが、砂糖や何かの固形物でも同じ事が起こります。
ビールにはご存じのように二酸化炭素がとけ込んでいますが、ふたを開けると圧力で押し込まれた二酸化炭素が出てきます。ふたを開ける前は溶解度以上の二酸化炭素がとけ込んでいるのです。
それでビールはいつも泡を出しているのですが、泡を出すときに表面積の大きいものがあるとその速度が速くなります。ビールと塩の境目が増えるので、ここに二酸化炭素が集まりやすくなり、発泡するのです。かき混ぜても泡が勢いよく出てくると思いますが、これはビールと空気の境目が増えるからです。通常はビールの上面の空気との境目しかありませんが、異物が入ることにより勢いよく出てくるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても分かりやすくて勉強になりました

お礼日時:2001/02/08 14:30

MiJunさんのご質問ですが、myeyesonlyの回答が分かりやすくて良いんではないでしょうか?



>例えば、上記の塩の結晶表面(界面?)で
「二酸化炭素が吸着」→「単位表面積あたりの二酸化炭素吸着量が飽和」→「泡としてジョッキーから溢れる」
でしょうか?

吸着量が飽和というよりは、吹き出てくる大きさになったというほうがいいのでは。塩を入れたときにその表面から小さなあぶくが出て、大きくなったら上昇するのが見られると思います。蛇足ですが、割り箸をつっこんでも同じ現象が見られますよ。
    • good
    • 0

これは化学的な反応などではありません。

発生した泡は溶解していた炭酸ガス(約0.3%)が、塩を加えることによって、平衡状態が崩れ、大気中に放出されたものです。
水は溶媒としては最高のものですが、純水に近いほどいろいろなものを溶かす能力があり、反対に不純物を含むほどその能力が低下します。この場合ビール内の物質は溶けているのではなくコロイド粒子として存在します。炭酸ガスはそれと異なって溶解していると考えられ、水が塩水になったため追い出されたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つまりコロイドはこの際無視して考えて、
溶解度の関係から考える必要があるわけですね。

お礼日時:2001/03/05 19:56

活性炭は表面積はむちゃくちゃ大きいですが、泡がついちゃうと表面積の大半は空中にでるので、思ったほどの効果は期待できません。


そのほか、泡といっしょに浮かんでしまうものも、やはり効率は悪いです。
食塩は、ちゃんと沈むので泡がつきやすいのだと思います。

昔、キリンレモンに「カルミン」を入れたらすごい泡がでたことがあります。あれは、水中で固まりがバラけますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/02/08 14:36

これは、過飽和という状態で起こる過渡的な(安定状態に戻るまでの一時的な)現象です。



過飽和とは、飽和、つまり、その状態で溶けうる以上に溶けている状態で、非常に不安定な状態です。あらゆる溶けるもので起こりうるのですが、気体が溶けてる場合は非常に起こりやすいです。
ですから、ビールを開けて常圧にさらした場合は、常圧で溶けるより沢山の二酸化炭素が溶けています。この不安定な状態は、ちょっとした刺激で急激に解消されます。ですから、一気に二酸化炭素が吹き出すような反応になるのです。
塩の粒が投入されるということは、その刺激を与えるのと、泡を発生する核になるものができるという二つの働きをします。また、砂糖なんかなら少量だとすぐ溶けちゃって核がなくなって、泡ができにくくなるけど、塩はあまり水に溶けないので少量で効果がつづくということもあります。ですから、全然水に溶けないで、表面積の大きい、活性炭の粉や鉄の錆びの粉なんかを入れるともっとすごいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

砂糖では起りにくいと言うことはとても参考になりました。今度実験してます。

お礼日時:2001/02/08 14:33

最近日テレの「おもいきりTV」で「みのもんた」がビールのジョッキーに塩を入れて泡を出していました。



便乗質問(?)で申し訳ありませんが、、atichingさんの回答に関して、もう少しご教示ください、
例えば、上記の塩の結晶表面(界面?)で
「二酸化炭素が吸着」→「単位表面積あたりの二酸化炭素吸着量が飽和」→「泡としてジョッキーから溢れる」
でしょうか?

更に、この吸着界面(?)では二酸化炭素のみではなくビール成分(糖類等)の関与も考えられるのでしょうか?
それとも二酸化炭素分子が直接吸着しているのでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【食品化学・塩】色付きの塩は余り塩っぱくないのはミネラルが余り含まれていないから。 赤い岩塩には鉄分

【食品化学・塩】色付きの塩は余り塩っぱくないのはミネラルが余り含まれていないから。

赤い岩塩には鉄分が、白い岩塩にはカルシウムが、黄色い岩塩にはマグネシウムが多く含まれているという。

普通の塩は透明なんでしょうか?

日本のノーマル岩塩は白色なのでカルシウムが豊富な世界的に見て珍しい潮なのでしょうか?

ずっと塩=白色と思っていたので世界で見たら塩は普通は透明で日本の白い塩は色付き岩塩の中では赤い岩塩の鉄分が豊富な岩塩の次に貴重な岩塩だと思いました。

Aベストアンサー

んんん?!
ナトリウムもカルシウムも鉄もミネラルですよ。


日本の元の専売公社販売の塩が白いのは、精製されているからでしょう。
日本の場合、海水からつくる塩が多いので、塩化ナトリウムや塩化カルシウムが多いのかもね。
外国では、海水からでなく岩塩が多く、
ピンクなのは、鉄分といわれていますね。
塩化物より他のミネラルの割合がおおければ、塩味は薄く感じるでしょう。

Q有機化学の構造決定ができません。有機化学演習も化学の新演習も理解できません。どうすればいいですか?(

有機化学の構造決定ができません。有機化学演習も化学の新演習も理解できません。どうすればいいですか?(T0T)

Aベストアンサー

#1です。レス有り難うございます。
中途半端だなー。その際は構造決定はあきらめなさい。なぜなら構造化学に限った参考書など全く売れないから無いし……、ネット上の「教え魔」のHPやブログをあさる程度。

Q単塩・複塩・錯塩の違い

現在大学で有機化学の講義を受講しているのですが、単塩・複塩・錯塩の違いが微妙にうまく説明することができません。。。できましたらその構造等を含めて詳しく説明してもらえたらうれしいです。

Aベストアンサー

単塩:単塩という化学用語は特に定義されていませんが、複塩に対する言葉として使われているのでしょう。「塩」の定義:「塩基の陽性成分と酸の陰性成分からなる化合物」において、各「成分」が1種類のものを指すといえるでしょう。例:KCl(つまりK(+)Cl(-))。有機化合物の場合も同様RNH3(+)Cl(-)。
複塩:2種以上の塩が結合した形式で表し得る化合物のうち、それぞれの成分イオンがそのまま存在するもの。例:KCl・MgCl2(つまりK(+)Mg(2+)Cl(-)3)。
錯塩:(わかりやすい表現:2種以上の成分イオンが結合したままで1個のイオンとして行動し成分イオンの性質を示さないようなイオン(錯イオン)を含む塩)
(正確な定義:錯イオンを含む塩。例:[Co(NH3)6]Cl3、K4[Fe(CN)6]。錯イオン:錯体が陽イオンまたは陰イオンとなっているもの。[Co(NH3)6](3+)、[Fe(CN)6](4-)。錯体:中心となる原子(金属が多い)に別の原子または原子団が配位結合してできた分子またはイオン。)

Q4級アンモニウム塩やスルホン酸塩などの配位結合での塩は、どのくらい結合

4級アンモニウム塩やスルホン酸塩などの配位結合での塩は、どのくらい結合が安定なのでしょうか?

私はアミンとハロゲン化アルキルにて4級アンモニウム塩を合成しています。

アンモニウム塩が遠心分離などの強いエネルギーせん断により、解離してしまうことはありますか?

Aベストアンサー

配位結合というものを誤解なさっていませんか?
おまけ的結合ではありません。
共有結合と同じ結合です。
実際、NH4^+の4つのN-H結合は一切区別ができません。
アンモニウムイオンの成り立ちとしてはNH3に対してH^+が配位結合するというものですが、
結合したあとはほかのN-Hと等価なのです。

結合電子を1個ずつ提供するのか、片方の原子がすべて提供するかの違いです。

また、スルホン酸には成り立ち上、配位結合とされる結合がありません。

Q化学(熱力学)で出てくる偏微分記号について

 偏微分は、多変数関数の変数のうち一つの変数に着目し、他の変数を一定とするのですよね。
 熱力学でよく偏微分が出てきますが、例えば要素粒子Bの化学ポテンシャルμ(B)の定義は、手元の本で
(∂G/∂n(B))T,P,nj≠B
(T,P,nj≠Bは下付き文字)
とされていますが、単純に
∂G/∂n(B)
だけではだめなのでしょうか? この記号だけで、他の変数T、P、njが一定である、ということが宣言されていると思いますが。
 ほかにも、
(∂V/∂P)T
(Tが一定のときの偏微分)
とか、
(∂V/∂T)P
(Pが一定のときの偏微分)
は、それぞれ
∂V/∂P
∂V/∂T
でそれぞれ自動的に「Tは一定」「Pは一定」と決まるのでよさそうな気がしますが、化学熱力学では、下付き文字を慣行として書くようです。偏微分の記号を使った時点で、「他の変数は一定」と考える、というだけで済ましてはいけないのでしょうか? 書かないと間違いなのでしょうか? 化学と数学の知見を合わせ持った方の見解を伺いたく、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足です。
定温条件下で体積を変化させる場合、系の圧力が変化する場合があり、また
低圧条件下で体積を変化させる場合、系の温度が変化する場合があります。
そこが数学と異なる所です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報