痔になりやすい生活習慣とは?

こん○○は。
高校生の男です。

私は根っからクルマ好きで、エコラン部に所属しております。
50ccですが、4stのエンジンは、友達を2人でエンジン担当をし、クランクまで割ってオーバーホールしたことあります。
ほんの氷山の一角しかエンジンはわかならいですが、その気になって勉強すれば、キャブ搭載車の旧車でも困ることは少ないですか?

できれば性別、ご年齢、クルマの保管場所、旧車乗りになるためにはこれだけはやっておけ・ココが対策・ココに手を焼くとか教えて頂けませんか?

知り合いの解体屋さんも30年前の旧車乗りですが、
「とにかく旧車に強い知り合いを作れ」
「お金はドリフトするよりかはかからないような気がする」
「多少面倒見がたいへんだが、何より旧車に尽くせばいいクルマにできるだろう」
「多少不便だが、それが旧車の醍醐味であるからがんばれ」

などなどおっしゃっておりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私ではありませんが,当時のゼロヨン仲間はL型28改ばかりでした。


現在はそろそろ30半ばで,その当時は20台半ばの男性です。

旧車で困るのはまずパーツの入手です。
「とにかく旧車に強い知り合いを作れ」と言うのは知識とかもそうですが,パーツのやりとりの点でも圧倒的に有利です。
プライベーターでも構いませんが,必ず相談できる仲間・ショップがあった方が良いですよ(場所や工具を借りて作業もさせて貰える・みんなでワイワイ作業できる様な関係が理想です)。

次に「錆との戦い・元の姿に戻す」ですね。
コレばかりは一度ドンガラにして徹底的に行った方が良いです。
ここでどれだけ頑張ったかによって,その後の維持のし易さ・寿命が大きく変わり,最初に頑張ってしまえば後の手入れは普通の車とさほど変わらないくらいです(キャブのセッティングや錆対策等の手入れの点で労力は今時の車よりも大変ですが,維持費は初期投資を除けばそれほど掛からない)。
当然ながら,車は湿気対策を施した車庫での保管が原則です。

最後にキャブのセッティングでしょうか。
ECU制御のインジェクション車とは違い,山登り等を代表とした気圧の変化に合わせて人間の手でジェットを交換して調整しなければなりません。
これも,「とにかく旧車に強い知り合いを作れ」と言うのがやはり生きてきますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり知り合いは大切なようですね。
しかし、独身の場合は、一軒家なんか持つことは到底厳しいですし、アパートだと青空車庫になってしまいますね。
lucky-RX-7さんのお友達の方々は、全員結婚とかされていたのでしょうか?
それとも賃貸ガレージでしょうか?

お礼日時:2008/02/22 12:26

Zの旧車乗りです。

古い車にのるなら、日産かホンダが良いでしょう。
トヨタは古い車の部品が共販から出てきません。<キッパリ
車の維持には、消耗部品の入手が大問題となります。
日産・ホンダで人気車種ならそれなりに部品は出てきます。
ヤフーオークションも要チェックです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私が乗りたいと思うのは、ハコスカ系、ケンメリ系、S30(Gノーズ無し)です。

旧車でもそうでなくても日産車(スカイラインが大好き)が好きなので、日産以外に乗ろうとは思わないです。
ちなみにその解体屋さんも日産がオススメとおっしゃっておりました。
ニッパチは頑丈だから壊れない、トヨタ71系だったら、日産に比べると壊れやすいとかおっしゃっておりました。

S30Zのロングノーズ、ショートデッキたまらなく好きです。
高校生で分かってくれる奴かなり少ないですから…

お礼日時:2008/02/23 15:40

カバーは逆に湿気が溜まるので不可です。


それなら今の技術でしっかり錆対策・雨に強い塗装を施して青空駐車した方がよいです。
とりあえず、AUTO-WORKSという雑誌と、その出版社で出しているレトロカーという専門誌を見つけて立ち読みしてみて下さい。
かなり参考になると思います(私がお世話になった方々もよく掲載されています)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

カバーはやはり湿気がこもりダメなのですか…
しっかり防錆対策をしなければならないですね。

その雑誌は立ち読みしてます。庭先でエンジン載せ換えしてる方もおられました。すばらしいです。

お礼日時:2008/02/23 00:43

ほとんど独身でしたね。


結婚していたのはショップの人くらいです。
車庫は自宅でガレージがある人は完全に独占状態,アパート暮らしは屋根付き物件もしくは屋根付きガレージを借りていました。

ちなみに,普段乗りでは別の車を持っている人間も多かったですね(アパートの青空駐車はその車にして旧車用に別途ガレージを借りている)。
生活が裕福なわけでなく,彼女だってなかなか出来ないし,服もいつ車が故障しても地面に寝っ転がれるような服装,とにかく車中心の生活で給料の半分以上が車に回っていましたが,仲間とワイワイやったり好きな車を思いっきり走らせる楽しさでホントに充実した毎日でしたよ(何より尽くせとはそう言う意味であり,それくらいの意気込みを持って望まなければダメです)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはりガレージ付きとか屋根付きに保管のようですね。
私は進路先は寮なので、もし買った時は厳しいですね;(カバーでもかけるか…;;)

私のしたい事は、特にレース出場まではないですが、走行会や、楽しむためにサーキットへ行く事はあるかもしれません。
ですのでボアアップなどのハードチューンはしないで、外見・中身ともレーシーだけど、エンジンは末永く付き合いたいのでライトチューンくらいでしょうか。
音は気にしますね。

お礼日時:2008/02/22 19:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QフェアレディZ 初代S30を買いたい!

今年高校一年になったものです。
私は高校3年生の4月に18歳になります。そしたら車の免許を取りたいと思っています。

私は普段F1やWRCを見たりします。車は好きですが、そこまで詳しくは分かりません。まぁグランツーリスモやっているぐらいです。
詳しいスペックやホイールがどうやらマフラーがどうやらなんてことは
分かりません。(でもこれから雑誌や実用書で勉強します)

そんな私は良く若い人が軽車両を買っていますが、(ダイハツのMOVEとか)それよりも自分の好きな車を買いたいと思うのです。
そこでZのS30を買いたいと思っています。現行の33は予算が・・・
それにフォルムなんかはS30が滅茶苦茶カッコイイと思いますし。

でもやっぱ2、30年昔の車両です。
購入する際の諸注意などありましたら教えて欲しい思います。
例えば故障しないようチューンするべきだとか、S30特有のトラブル、
予算、改造(修繕)すべきこと、燃費やらといった、またオススメのショップなど
皆さまの暖かいアドバイスが頂ければ嬉しいです。

よろしく御願いします。

今年高校一年になったものです。
私は高校3年生の4月に18歳になります。そしたら車の免許を取りたいと思っています。

私は普段F1やWRCを見たりします。車は好きですが、そこまで詳しくは分かりません。まぁグランツーリスモやっているぐらいです。
詳しいスペックやホイールがどうやらマフラーがどうやらなんてことは
分かりません。(でもこれから雑誌や実用書で勉強します)

そんな私は良く若い人が軽車両を買っていますが、(ダイハツのMOVEとか)それよりも自分の好きな車を買いたいと思うのです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 免許取立てで、湾岸を300km/hオーバーで走るかぁ!?とゆぅ様な冗談はおいといて。

>購入する際の諸注意などありましたら教えて欲しい思います。
>予算、改造(修繕)すべきこと、燃費やらといった・・・

 自分も太古車に乗ってますが・・・これほど古いと、具体的な諸注意など問題ではありません。
 あくまでも『まずはクルマを買い、その後時間をかけて問題箇所を抽出・修復する』スタンス(覚悟と言い換えてもよいかも)が必要です。

>例えば故障しないようチューン

 そんなチューンがあったら教えてほしいぐらいです。
 どんなチューンも、確実に車両の寿命を縮めます。ツインターボのL28が何千kmも走れるはずはありませんし、そもそも車体に補強など入っていたら(しかもその補強が何年も前に追加されたモノだったら)サイコーにヤバい。(ロールバーを入れるだけでもヤバいぐらいです。何故車体の補強がヤバいか?は今後勉強しましょうネ。)

 また、これほど古いと予算などあって無い様なモノです。
 田舎で納屋に放置されたいた、『とりあえず自走出来る』程度のモノならタダでも入手出来そうですが、一方S30は既にレストア対象車となっており、フルレストア済みなら\400万でも買えないでしょう。(そして、例えフルレストア済みでも金属疲労は確実に進行しています。新車以上の見た目に仕上がっていても、新車当時と同じ様に走らせるのは不可能です。)

・・・というワケで、S30購入はかなり無謀だという点は他の御回答者の皆様と同意見ですが、しかし自分は『買うな』とは言いません。
 最初は誰でも初心者、欲しいなら買えばよいだけです。恐らく最初の1台目は『ドブにカネを捨てる』様なことになるでしょうが、その1台が色々なことを教えてくれるのも確かです。
 そして、もし最初の1台目で折れなければ、次の2台目はこんなところで無謀な質問をしなくても、自身で判断して確実なモノを購入出来る様になるでしょう。

 免許取立てで、湾岸を300km/hオーバーで走るかぁ!?とゆぅ様な冗談はおいといて。

>購入する際の諸注意などありましたら教えて欲しい思います。
>予算、改造(修繕)すべきこと、燃費やらといった・・・

 自分も太古車に乗ってますが・・・これほど古いと、具体的な諸注意など問題ではありません。
 あくまでも『まずはクルマを買い、その後時間をかけて問題箇所を抽出・修復する』スタンス(覚悟と言い換えてもよいかも)が必要です。

>例えば故障しないようチューン

 そんなチューンがあっ...続きを読む

Qアメリカではどうして古い車が平気で走っているの?

かな~り古い車が大きな顔をしています。大事にのっているのかな?と思いきや、結構『廃車』ぽい雰囲気で。燃費も悪いだろうし、修理や、部品の交換だってお金かかるのに、なんで買い換えないのでしょうか。新車のほうがトクだと思うんですけど。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うものの、とても、新車はおろか、適当な年式の中古車すら買えない低所得者層があまりにも多いという。
 ちょっとオーバーに言えば、錆び錆びのプリムスやフォードくらいになるとさすがに価格はあって無いようなもの、だから、彼らはとりあえず動けばこの程度のクルマで我慢するしかない。とにかくガソリンは高騰したとはいえまだ安いし、これだけは仕方がない。
 ちょっと張り切ってローンで買うと、一度でも支払いを滞納すると、アッと言う間にクルマを持って行かれてしまうから、これも恐い。

 動かなくなったらそれまでのことだけれど、これほどまで使い込まれたアメ車なら、訳の分からない故障はむしろ少なくなって、交換部品とオイルさえ手に入れば、構造も簡単で、仲間内でなんとか修理できるから安上がりで、だから、部品も比較的潤沢で交換フリマにもユニットごと沢山出てきやすいアメ車はこの階層には特に人気があるという。一部の州を除いて車検はないに等しいし、ボディーが錆びて駄目になるほどの湿度もないし、とまあ、こんなことを聞きました。

 彼らにとっては、シビックなど小型の中古日本車は故障は少なく燃費もいいいが、週末にスーパーで買い溜める食料や雑貨が入りきらない車格の割には中古価格も部品も高い。それに、昼食のためだけに100kmも走るような土地柄では、なにしろ精密過ぎて、一旦トラブルが発生すると時と場合によっては生命にかかわりそうで心配が耐えない...と不思議なことも言っていました。夢のクルマと言えば、そうだねえ、カムリなんかが欲しいねと言ってはいましたが。

 これと逆にうらやましいのがレストアード・ヴィンテージ。60年代のピンクのフリートウッドなんかは今見るとなんともドリーミーでいいですねえ。すごいのはハドソン・ワスプやエドセルがまだピカピカで生きていること。アメリカは大きいです。

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うも...続きを読む

QフェアレディZってなぜ重たくてスポーツエンジンじゃないんですか

フェアレディZに乗ったことすらありません。しかも日産車も乗ったことはないです。しかしフェアレディZのデザインがかっこよく惹かれるものがあります。それでネットで調べていたらZは重たくてエンジンもホンダみたいなスポーティなエンジンじゃないと書かれていました。なぜZはスポーツカーなのにスポーティーなエンジンと軽いボディに仕上げなかったんでしょうか?車の方向性が走りバリバリを目指していなかったと言われればそれまでなんですが、車体まで重たい必要はないかと思います。何か安全のために重たくしてるとかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで、手に入ったパーツをパコパコっと組み立てて、自分で楽しんだものです。
そのうち、「その車を譲ってくれ」という人が現れるようになって、ビジネス化していきました。
ロータスセブンやヨーロッパは、商業的に最も成功した軽量スポーツです。

しかしモータースポーツを楽しむ人の性で、どうしても「モアパワー」ということになります。
そうすると、大きくて重いエンジンを積む必要があり、高出力がかかってもボディがねじれないように鉄板を使って補強する必要があり、サスも「きちんとしたもの」を組む必要があり、そうやって車はどんどん重くなっていきます。
そうした方向性の先にあるのが、Zであり、スープラであり、さらにその延長線上には、ポルシェやアストンマーチンがあります。
F1マシンの重量が軽自動車と同じというのは、走ることだけに特化した車で、しかも湯水のようにカネを使うからできることで、市販車はまだ「鉄の時代」です。

もうひとつは、「スポーツカーのゆううつ」と呼ばれる現象があります。
新しいスポーツカーがデビューした時、最初はスポーツカーというものを理解した人しか買いません。
ところがそのスポーツカーが評判になり、売れ出すと、普通の人たちが、大量に買いに入ってきます。
彼らは、そもそもスポーツカーを理解していませんから、クイックなステアリングや、固いサス、高回転を維持しないとまともに走らないエンジンに、大ブーイングを起こすことになります。
自動車メーカーも商売ですから、営業サイドからの要求で、車はどんどん「改良」され、「乗用車化」していきます。
同時に、高い値段で売るために、(逆にいえば高い値段でも売れるために)いろいろなアクセサリーが追加されていきます。
「元」スポーツカーは、どんどん重くなっていきます。

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで...続きを読む

Q【L型のエンジン】ってなんですか? 日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

【L型のエンジン】ってなんですか?

日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

いま買えるL型エンジンの車種を教えてください。

なぜL型エンジンは改造出来るんですか?

あとL型以外にどういうタイプのエンジンがあるんでしょうか?

L型エンジンの改造って何が出来るんですか?

Aベストアンサー

>日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

Yes
昭和40年代半ば以降の日産の主力エンジンでした。
ライバルのトヨタがOHVエンジンを搭載していた1600cc以下にも
高級(とされていた)OHCエンジンを搭載したのが、L型エンジンです。
L14:サニー1400ccなど
L16:ブルーバード1600ccなど
L18:ブルーバード、シルビア1800ccなど
ここまで4気筒
L20:当時の2000ccのほぼ全てに搭載(6気筒)
L24:フェアレディーZ2400cc
L26:フェアレディーZ2600ccなどの輸出車
L28:フェアレディーZ2800ccや、セドリックなど

>なぜL型エンジンは改造出来るんですか?

2000cc以上は、シリンダーブロックが共通なので、2000ccから2800ccへの換装が容易だった。
2000ccからのボアアップ後L24・・・の純正パーツを使ったチューニングが可能。
日産の主力エンジンだった事から、スポーツ(レース)用途に色々なパーツが開発されていたので、
それを流用する形でのチューニングが(比較的)容易、且つ安価に出来た。
当時2000cc以下(5ナンバー)と超(3ナンバー)の税金は、2倍以上違っており、
殆どの人は2000cc以下(5ナンバー)を購入していたので、L20からのチューニングの
容易性で人気になっていた。

>あとL型以外にどういうタイプのエンジンがあるんでしょうか?

A型
A10:サニー1000cc
A12:サニー、チェリー1200cc
後(公害対策車および輸出仕様)に
A14
A15
などあり

S型
S20:スカイラインGTR、Z432に使われていたDOHCエンジン

L型は、昭和50年代半ば(前半だったかな?)まで使われていましたが、以降多種なエンジンが開発されて販売終了しました。

>いま買えるL型エンジンの車種を教えてください。

新車では買えません。
旧車マニアならいざ知らず、何十年も前の自動車をプレミアム価格で購入するのは。。。。

>日産のエンジンの種類にL型というタイプがあるんでしょうか?

Yes
昭和40年代半ば以降の日産の主力エンジンでした。
ライバルのトヨタがOHVエンジンを搭載していた1600cc以下にも
高級(とされていた)OHCエンジンを搭載したのが、L型エンジンです。
L14:サニー1400ccなど
L16:ブルーバード1600ccなど
L18:ブルーバード、シルビア1800ccなど
ここまで4気筒
L20:当時の2000ccのほぼ全てに搭載(6気筒)
L24:フェアレディーZ2400cc
L26:フェアレディーZ2600ccなどの輸出車
L28:フェアレディーZ2800ccや、セ...続きを読む

QAE86などの旧車の錆、塗装について

AE86の限らず古い車が錆るのはわかるのですが、フルレストア車両などのように
しっかり錆を削り塗装をし直せば現代の車のようにある程度は錆ないようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

>しっかり錆を削り塗装をし直せば現代の車のようにある程度は錆ないようになるのでしょうか?

 塗装し直せばしばらくは持ちますが、『現代の車のように』というのはまずムリです。

※クルマには、車体全体の剛性を確保する為に袋状になった部分(閉断面部分)が存在しますが、板金塗装では閉断面部分の内側はどうにもなりません。
 自動車メーカでは『ディッピング』という下処理をしてから塗装しているので、ハチロクなど防錆鋼板(後述します)を使っていない古いクルマでもある程度錆を防げますが、外側をいくらキレイに磨いて塗装しても、閉断面部分の内側からのサビはどうにもなりません。
 尚・・・ディッピングとは、カチオン電着とも言いますが・・・防錆剤のプールに車体をジャブ漬けすることで、閉断面部分にも防錆剤を流入させます。
 この時、防錆剤が閉断面部分にスムーズに流れ込む様に、更に不要な防錆剤が閉断面部分に溜まらない様に、防錆剤の出入りの為の細いルートが車体に設けられています。このルートから水分やホコリが入り、やがて閉断面部分の内側がサビます。
 車体のレストアでは、ジャブ漬けした防錆剤を抜く為の狭いルートを使い、逆に閉断面内部に防錆剤を吹き入れる方法もあるにはありますが・・・とてもジャブ漬けのように、隅々まで防錆剤が行きわたることはありません。

※今日のクルマでは、ほぼ例外なく溶融亜鉛メッキ鋼板という、サビにモーレツに強い『防錆鋼板』を使っています。ハチロクなどの様な古いクルマではこの鋼板が全く使われてなく、例え新車のハチロクがあったところで『現代の車のように』サビないという事はありません。
 尚・・・溶融亜鉛メッキ鋼板とは、その名の通り亜鉛メッキが施されている鋼板のことですが、この亜鉛メッキ層は塗膜と違い犠牲電極(鋼板の代わりに犠牲となってサビる材質)として働いているので、6年とか10年とかの長いスパンではメッキ層がサビて崩壊します。
 そうなるともうフツーの鋼板と同じで、フツーにサビが進行します。
 こんなクルマを板金屋で塗装し直しても・・・亜鉛メッキ層までは再生出来ないので、新車と同等の防錆能力など期待出来ません。

>しっかり錆を削り塗装をし直せば現代の車のようにある程度は錆ないようになるのでしょうか?

 塗装し直せばしばらくは持ちますが、『現代の車のように』というのはまずムリです。

※クルマには、車体全体の剛性を確保する為に袋状になった部分(閉断面部分)が存在しますが、板金塗装では閉断面部分の内側はどうにもなりません。
 自動車メーカでは『ディッピング』という下処理をしてから塗装しているので、ハチロクなど防錆鋼板(後述します)を使っていない古いクルマでもある程度錆を防げますが、外側を...続きを読む

Qボディカバーは車の為に良いのでしょうか?

私はほとんど土、日、休日にしか車に乗らないので平日はボディカバー
をしています。駐車場は屋根が有りません。

カバーを掛けないと週末になると車はほこりだらけになり、雨が降ると
ドロドロになってしまい掃除が大変です。ところがカバーをしておくと
汚れが少なく掃除も雑巾で拭くだけで簡単に終わります。
しかも冬場は朝早くて霜がついていても、カバーを取ればすぐ出発できます。(窓ガラスに霜が付かない)

そういう理由でボディカバーを使用していますが、これって車の為には
良いのでしょうか?。(塗装面とか)
ボディカバーは使用しないほうが良いと言う人もいますが・・・。

カバーをする前には毛ばたきで埃を払ってから掛けています。

Aベストアンサー

トータルで判断すると「カバーをした方が良い」ではないでしょうか。
確かにカバーをしているとカバーの内部が換気不足になり結露していることがあります。
しかし、窓があいているならば別ですが車の内部には影響は無いはずです。
雨にずぶぬれになることと比べると結露の水滴など無視できるのではないでしょうか。
夏の日差しの影響を考えると、塗装を保護するという観点のメリットがすべてに勝ると思います。
ゴム部品も日射の影響で劣化速度が速まります。
タイヤも同様です。
カバーと塗装面の間の埃によって傷つくという点についても
>カバーをする前には毛ばたきで埃を払ってから掛けています
これだけの配慮をされているなら問題にならないと思います。
さらに冬期の霜予防には効果が絶大ですから、
メリット>>デメリット
という式が成り立つと思います。

QフェアレディZS30とS31のちがいについて

以前から好きで、古いタイプのフェアレディZを購入しようとしています。自分でも調べているのですが、型式S30とS31の詳しい違いについて教えてください。

Aベストアンサー

S30は1969年から発売されたモノで
1976年にマイナー(?)チェンジされたモノがS31ですね。

S31は排ガス規制対策のためにNAPS仕様になっていたと記憶してます。
NAPSにより燃費悪化と走行性能悪化で評判ガタ落ちでしたね・・・
今では純正エンジンのままのモノも少ないと思いますが。

あとはS13になってリモコンミラーが付いたような・・・

私も旧車好きで以前ハコスカなどに乗ってましたが
お金かかりますよ(ニガ笑
あと 旧車に強いショップ探しも重要になってきます。
エンジン関連は社外メーカーでも発売されてるモノもありますが
細かい部分などは 経験と言う名の知識がだう時になってきますから。

過去にこんな質問もありましたので 参考までに・・・

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=740150

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=740150

Qクーラー無し車の暑さ対策

いわゆる「日本の名車ベスト10」なんかに必ず入るような旧車に乗ってます。
いよいよ本格的に夏に突入ですが、こういったクーラーの無い車に乗っている者にとって最も憂鬱な時期。まあこれまでなんとか根性で我慢してきたとはいうものの、正直言いますと「そりゃー少しでも涼しいほうがいいに決まってる」のがホンネです。

大きな扇風機をつけてますが、ある温度を超えると気化熱で涼しく感じるなんて域を超え、車内で加熱された熱風が直接肌に当たるようになりよけい暑くなります。サウナで息を吹きかけると熱いのと同じですね。

走ってるときはまだいいのですが、炎天下でうっかり渋滞に巻き込まれたりしたら洒落にならず、熱中症寸前で「あ、ヤバ、死ぬ?」と思ったこともあります。加熱したドアの内張りで肘をヤケドしたことも(笑)

この手の車に乗られてる方は、夏、どのような対策をとっておられますでしょうか。
何でも結構ですのでご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通の車ですけど、鉄板の箱だから暑いですよね。エアコンつけると言ってもどこかに行ってちょっと停めておいたらアチチです。私は水をかけます。もったいないけど、前のガラスとなんだろう、エンジンのフタのところ?あそこらへんにざばーっとやるとしばらくとても涼しいです。
もったいないけどコンビニで板氷を買って、お出かけ先までは食材、向こうで飲み物に入れて、残った融けかけ氷いりの冷水も天井からざー。こうすると普通の送風にしてもすごく涼しいですよ。なんででしょう。車も暑かったのかもしれません。

Q入門的な国産旧車を教えてください。

チンク→ゴルフ→ミニとヨーロッパの旧車に乗り続けてきました。国産旧車にも興味がありますが、入門的な旧車というとどんな車種がありますか?
車両価格の予算は80万円程度です。
回答お願いします。

Aベストアンサー

旧車とはどの程度のレベルを考えているのでしょう?
自分でレストアするのか、もしくは単に少し古いだけで普通に走るのとか?
ゴルフと書かれても現行車種ですし。ミニもプレミアが付くのは主にレースで活躍した1300でしょう。一般の1000は単にカッコだけの問題で。
相場的なものは分かりませんが、排ガス規制前のスポーツタイプが旧車と言えるのかな?昭和40年代以前。1975年以前ですね。
27レビン、シビックRS、ダルマセリカ(LBでもいいけど)、スカGのケンメリ以前(主にGTR)GT-Bとか、フェアレディの432とか240とか、RX-3、ロータリーは他にもいくつかありましたね。ジェミニZZ、117クーペ、、、あんまし入門用じゃないね。
じゃ、サニーのGX、ツインキャブでちょっと面白い。A12でどうって事ないエンジンだけど、チューニングベースとして超有名。

Q車体電子防錆装置って、本当に効くの?

私は今乗っている車を、錆が発生しないように末永く大事に乗りたいと考えています。
そこで質問ですが、電子防錆装置は本当に効くのでしょうか?
ぜひ実体験まじえて教えていただきたいとおもいます。
また、ご使用になられた商品名などもご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 これは電子を供給して、鉄が酸素と仲良くなるのを防ぐ装置の事ですね。それなら、ディーラーオプションとしている自動車メーカーもかつてはありました。

 厳密に申しますと、どこもかしこもさびなくなるワケではありません。鉄が酸化鉄となるのを防ぐ代わりに、車体に電流を流す部分(=端子)がモーレツに腐食します(これを犠牲電極と言います)。
 船舶では結構常識的に使用されており、また、プラント(石油や水などのパイプライン)でも利用されています。

 現在のクルマは例外なく亜鉛メッキ鋼板が広範囲に使われており、電子防錆装置が必要なほどさびませんが、この亜鉛メッキ鋼板も考え方としましては同じです(亜鉛の層が犠牲電極となり、鋼板が酸化鉄となるのを防ぎます)。
 電気を流さず犠牲電極とは?と不思議に思われるかもしれませんが、実は種類の違う金属をピッタリ密着させると、電位差が発生して電位差腐食が起こります。かつてイタリア製スポーツカーの車体として有名だったスーパーレジェッラボディ=鋼管にアルミパネルを直接リベット止めした車体では、当時のまま残っているモノは現在では極めて稀です。これは、アルミと鉄で電位差腐食が起こり、アルミが犠牲電極となってボディだけがボロボロに崩壊したからです。

 いすゞ自動車でかつてアクセサリ扱いだった電子防錆装置は、乗用車なら上流1コ/下流1コ、大型車なら各2コ以上使う事になっていました。一応個数を増やして長いクルマにも対応していた様で、逆に考えますと、これから乗用車は1組で隅々まで届いた、と言えるでしょう。

 また、電極は両面テープで貼る様になっていましたが(接着面に穴があり、そこから細い電極がボディに接触する様に出ていました)、施工説明書によると「電極を接着する箇所のボディの塗膜及び下塗り膜は、完全に剥離せよ」と書かれていました。さすがにブ厚い自動車の塗膜は、微弱電流など流す余地はないのでしょう。

 さて、いすゞ自動車がオプション設定していた電子防錆装置は、『ラストアレスター』とゆぅ商品名だったと思います。確か北米製で、プラントの防錆などに既に実績のあるメーカーのモノでした(乗用車用で¥5万ほどと、結構高価でした)。

 アノード(電極)はブ厚いアルミの板で、腐食してもカンタンにはなくならない容量を持っていました。そしてこの板の中心をクリ抜いて湿度センサを組み込み、雨天などでぬれている時にはバッテリから流している電流値を下げ(雨水が電解液として働きます)、乾燥すると電解液が不足するのでバッテリからの電流を増やすとゆぅ制御をしていました。また、バッテリ電圧が11.8Vを切ると、バッテリ保護の為湿度とは関係なく電流を切ります(これらの制御の為、バッテリ~アノード間にコントローラがありました)。
 アノードは車体の代わりに腐食するモノなので、アノードだけのスペアも販売されていました。ただ、実験した結果を伺ったところ、走行5万kmぐらいではアノードはまだまだ使えるほど残っていたそぅです。

 現在ではこの商品は廃止となっている様ですが、それはアルミ板の代わりの犠牲電極が標準装備となり(=亜鉛メッキ鋼板が当たり前になり)、サビのクレームが極端に少なくなったからの様です。

 これは電子を供給して、鉄が酸素と仲良くなるのを防ぐ装置の事ですね。それなら、ディーラーオプションとしている自動車メーカーもかつてはありました。

 厳密に申しますと、どこもかしこもさびなくなるワケではありません。鉄が酸化鉄となるのを防ぐ代わりに、車体に電流を流す部分(=端子)がモーレツに腐食します(これを犠牲電極と言います)。
 船舶では結構常識的に使用されており、また、プラント(石油や水などのパイプライン)でも利用されています。

 現在のクルマは例外なく亜鉛メッキ鋼...続きを読む


人気Q&Aランキング