出産前後の痔にはご注意!

小さなお店経営してますがここで質問です
当店は生中はアサヒスーパードライを使用しています
樽生で最近しぶしぶ値上がりにて10リッターの樽なら5100円で
               19リッターの樽は 9600円で
仕入れています

一杯400ミリ入って小樽なら25杯とれます
1杯あたりの原価は204円です これを税込み490円で売っています
正直お値段据え置きもしくわ1杯400円で売りたいし仕入れをもっと安くしたいですが他店様はどれくらいの価格で仕入れておられるでしょうか?

ちなみに酒屋に配達してもらっていますが・・・実際私にも情があり以前アサヒの問屋に卸をしている営業マンに近くの卸場まで取りにくるならもっともっと安くで仕入れさしてあげるよと言われました
電話番号も知っています・・・・これでもし1杯100円切るならじか引きしたいですが私も血の通った人間ですので間の酒屋がかわいそうだし付き合いもあるし・・・・どうしようか迷っています

簡潔にいうと酒屋の問屋の卸値で分けて頂けるのですがそんなにガツガツして儲けてもなんか罪悪感で一杯になりそうだし・・・ほっておくと儲けが減るし・・・板ばさみ状態です

実際どれくらいの価格で売買されているのでしょうか?
皆さんの経験体験談などお聞かせ下さい

100円もしくわ下回るのであれば私はお客さんのためにも自分のためにも酒屋を泣かしてでも行動にでます

ただ営業マンには嫌らしいので価格までは聞きませんでした・・・どうやら私の卸してもらっている酒屋にもこの方は生ビールの樽を卸しているようなので酒屋と契約切って卸し場に取りにいって今の酒屋と偶然出会うなんて事あったら罪悪感あるし・・・・・

どうしたらいいんでしょうか・・・2年くらいこの悩みを抱えて悩んでいます    どうかアドバイス下さい
いろんな意見お聞かせ下さい
    ではどうかよろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ビール以外の付き合いは全くありません


焼酎などはイオンなどで買っております

ってあなたがNO1の回答で書いたんですけど(笑)
なんで、ビールは直接取引にして焼酎とかをって意味です。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

情けないし恥ずかしいです・・・
自分で吐いた言葉もろくに覚えていませんでした
どうもすいませんでした

お礼日時:2008/04/21 03:36

もしかしたら19リットルかもしれませんね。


メールで聞いてみただけなので(^^;)

飲んだ事があるので、絶対にアサヒスーパードライです。
ちなみに発泡酒を置いているような店ではありません…
(グラスで1杯1000円で出しているので(笑))

系列店が沢山ありますが、そのお店は2店舗が近いので一緒の酒屋から仕入れているそうです。
焼酎やリキュール類なども酒屋から仕入れています。

今お付き合いのある酒屋からビールしか仕入れてないんだったら、直接にしちゃってもいいんじゃないですか??
その代りイオンとかとあまり価格が変わらないものを仕入れるとか。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

やはりそうですか
人情と利益どっちもほしいですが・・・9000ちょいなら変わらないんで酒屋にしときますね
そんでイオン???ってどっから?でてきた話なんですか?

またイオンってジャスコですよね?なんでこの話がでてきたんですか?

お礼日時:2008/04/20 04:20

友人がお酒を扱ってるお店で働いているので聞いたところ、25リットルで9000円ちょっとだそうです。



販売価格は普通の居酒屋さんと比べて倍以上に高いので参考にならないと思いますので、書きませんが・・・

ビール以外にもその酒屋さんから卸してもらっているのではないですか??
もしビールだけなら、お客さんの為に切るという選択も間違いではないけれど、他にも卸してもらっているなら付き合いを大事にしたほうがいいかなって思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます
正直えーーーーーーーーーーって感じです
25リッターの樽なんて見た事ありません19リッターが最高です
確かにもっと大きいのあったと思いますが25じゃなく40リッターくらいのだったような・・・まぁそんなのは
売れなかったらまずくなるんでリスクが多いので私の小さな店では使用しませんが・・・笑
ビール以外の付き合いは全くありません
焼酎などはイオンなどで買っております

1つ聞きたいのですがあなたの友人の店のは発泡酒じゃないんですか?
もしくわサッポロとかキリンでは無いですか??
私は アサヒスーパードライの10リッターか19リッターの樽の卸値がしりたかったのですが・・・・・

もしかして私が疑うくらい私のお店は高くとられていたんでしょうか?
あなたの友人のお店だと1杯あたり原価150円くらいではないでしょうか?・・・・そんなに安く仕入れられるのですか?友人さんはかなりの大きな店展開されているようですね・・・もしくわかなりの安値で仕入れられているのですね・・・本当にアサヒスーパードライですか?

お礼日時:2008/04/17 03:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瓶ビールの仕入れ値段。

飲食店の経験者かご存じの方、是非教えてください。
アサヒのスーパードライなどの瓶ビールを出している店は多いと思いますが、
だいたい1本あたりどのくらいの値段で仕入れておられますか?
瓶代を除いて。
店や仕入れ方によって差があるのは理解しているつもりです。
その差は気にしませんので、あなたの知っている情報を是非知りたいです。
また、樽生ビールのサーバーを無料で店に置きたいのですが、
酒屋と契約すれば、サーバーを無料レンタルしてもらえる可能性はありますか?
どんな些細な情報でも構いません。ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

飲食店経営者です

店で出す瓶ビールということなので、多分、一番メジャーな中びんのことかな…

だとしたら、スーパードライだったら250円切ったら安いほうだと思います

基本的に酒類は利幅が少ない商品なので酒屋さんによっての差もさほど大きくはありません

地域によっても多少、異なってきます

むしろインターネットで幅広く探したほうが安くなることだってあるくらいです

ネットでの最安値に近ければかなり安いと考えてよいと思います

ただ、これは私の考えですが、商品ごとにより安いものを探して原価率を抑えたとしても、その労力に見合うだけのコストカットにはならないと思っています

むしろ、トータルで考えて安いほうの酒屋さんを選んで一括で頼んだほうが、管理もしやすく、すぐに持ってきてくれたり、定休日以外はいつでも注文できたり…などメリットもたくさんある上、一応なるべく安い酒屋さんを選んでいるので、個々の商品別に探したときと大きな金額の差も出てはきません

もちろん個々の商品価格も大切ですが、商品によっては少し高かったり安かったりしても、自分の店の使う種類や小から考えて全体的に安い酒屋さんを選ぶほうが私はよいと思います

酒屋さんを決めていないなら、いくつかの店に見積もりを出してもらって比べてみるという手なんかもあります

余計なアドバイスでしたらすみません、少し本題とずれてしまいました

それから、ビールサーバーですが酒屋さんと契約というほどでもなくて、お店であれば主にとっている業務店販売をやってる酒屋さんに言えば問題はありません

基本的に4大メーカーのどこにせよそういったやり取りはメーカー直ではなく酒屋さん経由になります

どこでもビールーサーバーや定期メンテナンス、グラスやジョッキは無料で支給してくれます

場合によっては冷蔵ショーケースなんかも…

あとは販促用のPOPなんかもいっぱいくれます

飲み放題メニューをラミネート加工までしてつくってくれるメーカーとかもあります

一応、全部無料で…

結論は…

あなたのお店で生ビールを出すという前提でそのメーカーのサーバーを酒屋さん経由で出してもらうことは可能です

長々と失礼しました

飲食店経営者です

店で出す瓶ビールということなので、多分、一番メジャーな中びんのことかな…

だとしたら、スーパードライだったら250円切ったら安いほうだと思います

基本的に酒類は利幅が少ない商品なので酒屋さんによっての差もさほど大きくはありません

地域によっても多少、異なってきます

むしろインターネットで幅広く探したほうが安くなることだってあるくらいです

ネットでの最安値に近ければかなり安いと考えてよいと思います

ただ、これは私の考えですが、商品ごとにより安いものを探して原価...続きを読む

Q焼酎一杯の量について

はじめまして。居酒屋さんで飲むショット売りの焼酎(芋、麦、米、黒糖など)は一杯何ミリリットル入っているのでしょうか?私はいつもロックでオーダーしておりますが、つい先日居酒屋さんで飲んでいる時にふと疑問に思いました。私の勘ではロックの場合、ロックグラスに氷が入って、焼酎が60ミリリットル(ダブル?)位かなと思いました。という事は一杯60ミリリットルとして一升瓶で30杯とれる計算になるのでしょうか?是非教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

水割り、ロック、お湯割りなどオーダーに関係なく、焼酎の分量は90ml前後が基本ラインです。水割りであれば10オンス、お湯割りであれば、氷を入れないので8オンスの容量のグラスを基準にして、焼酎が美味しくいただける目安の分量です。ただし、お店の方針(低価格提供、原価管理)や、各々のお店で使っているグラスの大きさがマチマチであること、客側の要望(濃いめ、薄め)、などの要因から絶対的な数字ではありません。、現状は70ml~80mlが一般的だと思います。グラスの大きさにも寄りますが、それ以下の分量になると、物足りなさを感じるお客さんが多くなると思います。

Q業務用樽生ビールの賞味期限

業務用ビールサーバーを家庭で使用しております。ビールを飲むのは一人ですので消費量は多くは無いのですが、業務用の樽生ビールの賞味期限は一般的にどの位なのでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
現役飲食店勤務者に聞いてみました。
店舗工事などで一時閉店する場合は使いかけは原則廃棄、
または低温冷蔵(冷凍厳禁)で1週間未満期限、
となっているそうです。
(但しこれはお客様にお出しする立場での場合です。)

それと、なさっておられるかもしれませんが、
ディスペンサーの注ぎ口も解体して洗浄なさると良いかと思います^^
(内部にオソロシク汚れがたまりやすい箇所です^^;;)

Q飲食店で実際に掛かる経費

20坪で7~8テーブルの飲食店を開業しようとしています。
下記は私の計画ですが、「3.その他」の経費は実際どの程度掛かるか、また他にかかる経費等のアドバイス頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

1.人件費
  正社員2人、月給20万円
   20万円×2人=40万円
  アルバイト2人、時給850円
  延べ10時間
   850円×10時間×26日=22.1万円

2.家賃25万円

3.その他
  水道高熱費 15万円
  ごみ処理   2万円
  通信費  0.5万円
  広告宣伝費  5万円
  他雑費    5万円
  駐車場    2万円(通勤用)

合計 116.6万円

Aベストアンサー

#2です。
売上予測もちゃんと立てていらっしゃるようで、安心しました。
となると、おそらく損益分岐点売上高なども計画されている事だと
思います。
あとは、飲食店ですので味やサービス次第といったところでしょうか?

ここまで計画が進んでいらっしゃるのであれば、あとはオープンするのみ
ですね。
とは言え、やはり経費の部分が気になっておられるようなので、
私なりに焼肉店の経費等を調べてみました。
やはり一番ネックになるのは、水道光熱費でしょう。
同規模焼肉店での水道光熱費は売上のおよそ5%ほどのようです。
あとの諸経費は、計画されている金額くらいで大差ないと思います。
ですので、経費の部分も計画通りで問題ないのではないかと思います。

事業が成功すると良いですね!頑張って下さい!!

Q日本酒の卸値ってどのくらい?

一般的に日本酒のメーカー(酒蔵)の卸値って販売価格の何%ぐらいなんでしょうか? どなたか教えてください!

Aベストアンサー

ピンからキリまで。

税率も「清酒」と「合成酒」で違うし、アルコール度数でも違う。
http://sakuhana.sakura.ne.jp/japan-mono/archives/2005/11/post_13.html

まったく同じように作った酒でも、度数がちょっと違うだけで、払う税金が違ってしまうのです。

なので、税率を下げる為にアルコールを薄めて度数を下げたりして、安く売ったりします。

税率だけでも色々あるのに、卸値となったら、もっと色々あります。

「稀少なお酒」は税率が高いせいで卸値が高くなっても売れますし。

また、酒類は「製造」「流通」「販売」と、色々な業者を通るので「中間業者の数」や「仕入れ数」によっても卸値が変わるのが普通です。

なので「A店とB店で卸値が違う。でも、価格競争があるから、A店とB店で、販売価格が同じ」って事だって起きます。

蛇足ですが、普通「卸値」ってのは「企業秘密」ですよ。

卸値を知りたいなら「蔵元」か「酒類流通業」か「酒類販売店」に勤務するしかありません。

Q樽生ビールの空樽の返却先について

お世話になります。

隣町に住む知人に、樽生ビールを送ろうと考えております。
空樽を返却すると、樽代が戻ると聴いたのですが、これは購入した店舗へ返却した場合のみでの話なのでしょうか?

例えば、A市で購入した物の空樽を、B市の別店舗(樽の扱いがある店)で回収して貰う事は可能なのでしょうか?
また、その際に樽代も受け取る事は出来るのでしょうか?

因みに、サーバーは自前です。

御教示お願い致します。

Aベストアンサー

店によりますよ。
ご購入される前にご確認ください。

ですが、ほとんどの場合購入した店に返却、その時に返金という流れです。
(たまに回収に来てくれる場合もあります)

Qお店を開店させるためには消防の許可はいるのですか?

雑貨と飲食のお店を開店させるために現在不動産屋と保健所を行ったりきたりをしています。何とか保健所の許可がおりたのですが開店に際して他に許可を取らないといけないところはあるのでしょうか?保健所にオーケーをもらえたらもう開業可能ですか?心配なのは店舗のまどりが入り口に広い間口があるだけで店内には窓が1つもありません。これで営業可能なのでしょうか?保健所の人はそこまではわからないそうです。消防の査察とか開店した後に来たりするのですか?営業するためには保健所の許可だけでいいのでしょうか?しってたら教えてください。消防にも許可がいるのでしょうか? 飲食店を経営する時に消防の人に店舗をみてもらって営業可能か聞くんじゃないの?と友人に言われ困惑しています。誰か知っている人いたら教えてください。

Aベストアンサー

どのような内容・規模の店舗かが判然としませんが、概ねこれまで寄せられている皆様の回答のとおりです。
ただ建物の構造や、そのお店の階層・種類にもよりますが・・・窓がないというのは気になりますね。

届け出後、防火管理者や消防設備に関しては消防署が検査に来ます。また消防設備は有資格者(消防設備士)が毎年点検し、その報告をする必要があります。また査察も、場合によってはあります。

いずれにせよ不安があれば、消防署に聞くのがいちばんです。消防はたいてい親切なので、アドバイスしてくれると思います。出張所クラスではなく、本署クラスへいくと間違いがないです。

Q原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

原価と原価率から売価を出す計算方法を教えてください

Aベストアンサー

原価÷原価率=売価
例えば原価840円、原価率75%なら、
840÷0.75=1120円(売価)

Q生中は何mlですか?

居酒屋などで出される『生中』は一般的に何mlですか?

Aベストアンサー

酒屋です。一般には「中」と言うと中瓶500mlと同じと思われがちですが料飲店での「中」の定義は大中小のランク付けでしかありません。普通は各ビールメーカーが作っているジョッキを使用します。中ジョッキでは容量が435mlのものが一般的です。このジョッキに8分目程のビールを入れてあとは泡で満杯にしてお客さんの元に運ばれることになります。他に中身容量で400mlのジョッキもありますので、実際に飲めるビールの量は小瓶程度のものだと考えるほうがいいですね。

Q飲食店の経理について

こんにちは。
近々夫婦二人で中華料理屋をはじめることになりました。
二人とも飲食店で働いていたり、知り合いに中華料理屋を営む方がいたりでだいたいのことはなんとかなりそうなんですが、経理に関してが全くわかりません。
旦那は楽観的で「まぁ適当にやればなんとかなるでしょ」という感じなのですが、私は不安でたまりません。あまりお金も使いたくないので本を読んだりネットで調べたり、独学で頑張ろうかとも思ったんですが本当になんとなーくしか理解できません。
本当に適当でなんとかなるのか、
個人飲食店の経理をはじめるにあたって、まず何からするべきなんでしょうか。
最低限この帳簿がいるとか、なんとか…
やっぱり青色申告会とかを活用したほうがいいんでしょうか?
何もわからない人でも青色会計ソフトを使えばなんとかなりますか?
もしくはこんなバカな人でもわかる本とかありますか?
悲しくなるほど本当に何もわかりません、焦る一方です。

それと、私が青色専従者になるのか、子供と扶養に入り続けて控除を受けるのか。
どちらが良いのかもわかりません。

自分の理解力の乏しさが嫌になります…
どなたかどんな些細なことでも構いませんのでアドバイスをお願いします。すみません。

こんにちは。
近々夫婦二人で中華料理屋をはじめることになりました。
二人とも飲食店で働いていたり、知り合いに中華料理屋を営む方がいたりでだいたいのことはなんとかなりそうなんですが、経理に関してが全くわかりません。
旦那は楽観的で「まぁ適当にやればなんとかなるでしょ」という感じなのですが、私は不安でたまりません。あまりお金も使いたくないので本を読んだりネットで調べたり、独学で頑張ろうかとも思ったんですが本当になんとなーくしか理解できません。
本当に適当でなんとかなるのか、
個人飲...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
相当お困りのように感じましたのでお答えしてみようともいます。
まず、知識は全くないという前提でお話しします。

お商売を始めたならとにかく、お商売に関する物は全て保管しておいてください。
これは全てのお商売の基本です。
領収書、請求書、レシート、商売に関する物全てです。
中には商売で使うものと個人(自分)で使うものも一緒に買ったりすると思いますが、レシートにお商売で使った金額に丸をしてわかりやすくしておきます。
そして出来るだけ『領収書』をもらってあて名書きにお店の名前を書いてもらって下さい。(金額が細かいものは結構です)

次に会計帳簿を付けていきます。
会計帳簿を付けるソフトはいろいろありますが、まずは手書きで帳簿を付けてみましょう。
会計ソフトが使えるならそちらでチャレンジしてみてください。
付け方は簡単。家計簿の付ける要領と同じです。

本来は振替伝票というものに仕訳を書いていくのが正しいやり方です。

1日の収入と支出を1日ごとに現金出納帳とういうノートを文具屋で買ってきてその日のうちに書きましょう。

具体的には、

収入…お店の1日の売上合計→「売上」

支出…お店の材料の仕入れ→「仕入」
    アルバイトの給料→「給料」
    仕入れなどに使った交通費→「旅費交通費」
    お店の広告、チラシ代→「広告宣伝費」
    お世話になった人へお歳暮などを贈る進物代など→「接待交際費」
    作業服、エプロンなど→「福利厚生費」
    お店の火災保険など(養老保険や生命保険は経費になりません)→「保険料」
    携帯電話など→「通信費」
    税金などに関する支払い→「租税公課」
    お店の調理器具や1年未満で消耗するもの→「消耗品費」
    お店の家賃やガレージ代→「地代家賃」
    その他上記に属さないもの(新聞代や税理士さんへの決算料など)→「雑費」   

  「」書きは勘定科目といって、1年間分をその分類ごとに集計する物です。
  その詳細「相手先、購入先」「何を買ったのか、使ったのか」を摘要という欄に記入します。
  そしてその買い物ごと、使った金額ごとに書いていきます。
  これを取引といいますが、取引はまとめないで事細かく書いていきます。

そしてお店のお金で自分の物を買った、生活費のために出金した、お店の為のでないものは→「事業主貸」という科目でまとめます。

また売上以外でお店のお金を返したら→「事業主借」という科目で入金欄に書きます。

『日付』 『勘定科目』 『摘要』 『金額』 という具合に書くように現金出納帳は線引きしてあります。

これが一般的な書き方です。

そして奥様の給料ですが、お店の経費にしようとおもえば「給料」若しくは「専従者給与」という勘定で処理します。
しかしこの給料をとれば「所得税」が掛かります。
1月88,000円以下であれば所得税はかかりませんが、これを超えると税金が発生します。

なので(給料)80000(現金)80000 という感じで88000円以下で月末に仕訳を記入します。

これより欲しいというのであれば「事業主貸」という勘定で出金します。
「事業主貸」はいくら引き出してもよいですが経費になりまん。

この所得税については割愛しますが、申告納付が遅れたら延滞税がかかってきますので給料をとるには注意が必要です。

経営者さん(ご主人さん)には給料として経費にする事はできませんのでご注意を。

そして支出では無いけど費用(経費)になるものとして→「減価償却費」というものがあります。
これは固定資産(機械や備品)などを使って価値が下がるものを費用として計上できます。
たとえば、飲食店であれば30万円以上の業務用冷蔵庫、エアコン、自動ドア、仕入れのための車両とかをいいます。
決算時には必ずこの言葉出てきますので備品の領収書や購入日、金額がわかるのを保管しておいてください。


まずここまでができれば初めてにしては立派です。
あとは、来年の確定申告(3月15日)までにすべて金額を集計して、税務署に申告するわけです。

税理士さんに頼めば決算料で5万円~8万円くらいは報酬として取られると思います。

またお店の経営がよくなってきて売上金額が1000万円を超える事になれば消費税の申告が掛かってきます。消費税の申告が発生したら慎重に経理をしなければいけませんよ。

補足ですが、売上金額も含め、すべての金額は税込経理として処理します。(租税公課は非課税です。)

一連の流れを書きましたが、お分かりいただけましたか?

それと事業を開業したら所轄の税務署長に開業届を届けないといけません。
開業届をだしたら青色申告という申請の手続きもありますが、これは正規の簿記の原則にしたがって帳簿を付けないといけないので初めての方は白色申告となります。

まだよくわからなければ質問してください。


 

こんにちは。
相当お困りのように感じましたのでお答えしてみようともいます。
まず、知識は全くないという前提でお話しします。

お商売を始めたならとにかく、お商売に関する物は全て保管しておいてください。
これは全てのお商売の基本です。
領収書、請求書、レシート、商売に関する物全てです。
中には商売で使うものと個人(自分)で使うものも一緒に買ったりすると思いますが、レシートにお商売で使った金額に丸をしてわかりやすくしておきます。
そして出来るだけ『領収書』をもらってあて名書きにお店の...続きを読む


人気Q&Aランキング