出産前後の痔にはご注意!

転職先で、管工事施工管理技士の資格が必要になりました。
2級を受けようと思っていましたが、難易度にそれほど差がないのなら、いきなり1級を受けようかとも考えています。
1級と2級の難易度はどれ位違うのでしょうか?
勉強量はどれ位必要ですか?
実務経験は、住宅やアパートの施工管理位しかありません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どちらを取得しても、業務に支障がないなら簡単な2級を


受験してみたらいかがですか。
全く経験のない方が1級をいきなり受けて、
不合格になり、1年間受験を待つリスクとの兼ね合いと思います。
ところで1級の受験資格はあるのでしょうね?
難易度では、学科は2級が4択のところ1級が5択になるような
感じと思います。
しかし、その裏には計算の根拠がないと理解できないような問題が
多くなったり、法規も管理面の問題が多くなるような気がします。
実技1級は相当難易度が上がります。実務経験のない方が
あてづっぽで受かるようなことはないと思います。
工事の経験を記述する問題や、工程を詰めるチャートの問題など
理解が深くないと難しいと思います。
2級は数年前までは試験を受けなくても、3日間の講習のあとで、終了試験をうければ、もらえるようなレベルでした。
1級の合格率は2割程度と思われます。そうとう現場を経験した方が
受けてもこの程度です。
わたしは1級を1回で合格しましたが、
学科は過去の問題10年分をパーフエクトにできるまで、
繰り返しやりました。出題はほとんどが過去問の類似ですので
過去問を繰り返しやるのが効果的です。
実技の記述は、どのような問題がでるかわからないので、
想定されるすべてを全く暗記できるまで何度も書いて覚えました。
どのような問題傾向かは、業者が行なう講習会を受けるのが、
よいと思います。ネットで管工事、講習とでも引っ掛ければ
引っかかるとおもいます。これ受講するのが一番合格に近いと思います。
勉強の時間は、その人の物理、化学、数学など理系の素養次第と思います。
建設業法や労働安全の知識などは文系の素養も必要です。
8月が学科試験ですので、正月から始めて、半年くらいは
すべての余暇を勉強につぎ込む「覚悟」が必要と思います。
今から(5月)では遅いのかな?
あくまで“覚悟”です。自分を追い込むためには覚悟をしなければ
なりません。
私は1級電気施工管理技士も持っていますので、管工事の専門以外の
学科は、経験がありましたが、それでも半年は、昼休み、自宅での自由時間、休日、正月、盆休みなどすべての時間を過去問題に費やしました。
過去問10年分は完璧に計算根拠まですべて数値を変えられても
出来るまで理解しました。
今思えば、学科は6割出来れば合格ですので、そこそこの勉強でも
良かったのですが、気概は大切だと思います。
それでも過去問にない問題も出ますし、もはや現場ではありえない、
過去の技術(例えば蒸気の暖房、蒸気配管や木製のタンクなど)も試験ゆえに出題されます。
実務ではだれも知らないような過去の技術でも出ることがあります。
このような問題は捨てることになりますので、過去問で点数を
稼いでおく必要があります。
ですから、勉強はやりすぎるということはありません。
受かったあとで「簡単だったな」と思えるほど勉強はしたほうが
よいと思います。落ちてから、もっとやっておけばよかった・・では
いけません。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難うございます。
今の時期から1級を受けるのは難しそうですね。
少しあまく考えていました。
試験の内容を調べてみたいと思います。
ちなみに一級建築士と1級建築施工管理技士は取得しています。
daiteiさまの貴重なご意見に感謝します。

お礼日時:2008/04/20 11:24

No.1で回答したdaiteiです。


他の施工監理の資格や1級建築士をお持ちなら、
工事や、その他の素養は十分にあるので、
1級を受験してみても大丈夫と思います。
ただし先に書きましたが、取得を失敗できない
リスクと難易度のかねあいで言えば、
2級は簡単でしょうから、2級で済むものを無理して
1級を取得する必要もないかも知れません。
過去問を主体に9割できるレベルに繰り返して、
とりあえず、8月の学科をクリアしましょう。
建築の知識があれば、大丈夫です。
法規なども建築の施工監理とほとんど同じはずです。
学科がクリアしたら、12月の実技に向けて管工事独自の
施工体験の記述を練習すればよいと思います。
これは、その手の実技対策の講習会がありますので、
添削もしてくれると思います。
試験のためだけという勉強の仕方も有りますが、
どうせ勉強するなら、とことんというやり方もあります。
しかし、時間もないので、過去問中心で、受かることを
目標にするということでよいと思います。
がんばってください。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

たびたびのご回答有難うございます。
いろいろ大変参考になりました。
daiteさまに感謝します。

お礼日時:2008/04/22 20:52

no.1さんとは反対の意見になります。


1級建築施工管理技士持っていらっしゃるなら重複問題が結構ありますのでそう難しくないと思います。
過去問テキスト購入して3回くらい全部やれば合格できるレベルだと思います。
1級電気、1級管、1種電工、1級計装士とりましたが学習期間は1ヶ月くらいですが集中的に学習しました。

電気工事施工管理と電気工事士は下位資格から受験しましたが両方とも時間の無駄だったとおもいます。
受験資格があるならば集中的に学習して上位資格を取得したほうがいいと思います。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答有難うございます。
1級資格を沢山お持ちなのですごいですね。
自分は今年40歳で資格勉強もきつい年になってしまいました。
おすすめの本等はありますか?
ちなみに1級電気と1級管ではどちらが難しかったですか?

1級と2級どちらを受けるか迷いますがもう少し考えてみたいと思います。
tomikenbohさまの貴重なご意見に感謝致します。

お礼日時:2008/04/20 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼロから始める、2級管工事施工管理技士ってどうでしょうか?

始めまして、
将来の為
資格を取ろうと思います。(施設管理でも就職できれば、60歳まで安心かと)
そこで、
2級管工事施工管理技士を持って居ると、就職が多いみたいです。
(電気主任はレベルが高すぎて断念しました)

問題は 消防設備士の4,6,7を落ちてしまう程度の学力です。
(結局、消防設備士は、お金を払って、点検資格者になればイイと
思いました)
なお、ビル管理は将来、講習を受けて取得の予定です。

今から1年かけて勉強しても受かるものでしょうか?

Aベストアンサー

連続投稿失礼します。

>やはり、講習会に出たって試験の答えを事前に教えるのとは
>違うのですよね

一応国家資格なのでそこまでルーズではありません。
講習会の近似した内容の問題が結構出るので参考にはなりますが
勉強をしっかりやらないと確実に落ちますので気分を切り替えて
集中して学習するしかないです。

1年かけてゆっくり勉強するのも一つの方法です。
ご自分に合った学習方法で頑張ってください。

2級だと実務上はあまり役に立ちません。(これから法規を学習するとわかります。)
1級取得が必須です。

Q2級管工事管理技士の難易度

御世話になります。会社から2級管工事管理技士を取得しろと命令があり、現在勉強中です。自習勉強中ですので結構不安があります。今まで会社に入って取った資格は危険物乙4、第2種電気工事士です。この2つと比較して管工事は難易度的にはどうなのでしょうか??ちなみに私の業務は工場内の生産設備の開発です。大学では電子を勉強しておりました。できるなら実体験で分かる方が良いのですが(電気工事士と管工事を両方取得している等)ちなみに管工事には受験資格が必要なので合格率との比較はあまり参考にはならないと考えています。

Aベストアンサー

難易度は同じだと思います、問題集を2~3冊2~3
回繰り返し記憶になると思います

実地試験は実際の実地ではなく体験談を書くことになります、実際に体験してないと書きづらいですが実地試験用の問題集の模範回答をみて学科で勉強したことと矛盾なく想像して回答することになります。

心配するより問題集をできるかぎりするのがベスト

Q一級管工事施工管理技士と相性のいい資格は?

父が一級管工事施工管理技士を取得し、配管、断熱系の小規模な自営業をしております。

現在私は25歳、大学中退後東京で働いています。
しかし、父の健康の不安、また私の将来への漠然とした不安から実家に帰って事業を継ぐ決心をしました。

そこで父の持つ一級管工事施工管理技士を活かしつつ、さらに事業を発展させていくにはどのような資格を取得すればよいでしょうか?
ご意見をお願い致します。

自分で調べてみた時点での考えでは、取り合えず働きながら夜間の専門or大学に通い、二級建築士を目指そうかなと思っているところです。

Aベストアンサー

※個人経営ということで、ご自身で作業される職業なら

■技能士関係
1級配管技能士(配管工事の施工)
1級熱絶縁施工技能士(絶縁工事の施工)
1級冷凍空気調和機器技能士(冷却及び空気調和機器の据付及び整備)

■特定ガス消費機器の設備工事の監督に関する法律
ガス機器設置スペシャリスト

■浄化槽法関連
浄化槽設備士

■電気関連
第一種電気工事士

※工事監理・監督を主体とするならば

■国家資格・その他
1級管工事施工管理技士
甲種消防設備士
ガス消費機器設置工事監督者
給水設置工事主任技術者

※設計業務を主にされるのであれば
■建築設備に係る設計・工事監理
建築設備士

ご自身の受験資格を踏まえて、頑張ってくださいね。

Q2級管工事施工管理の経験記述試験についての質問です。

2級管工事施工管理の経験記述試験についての質問です。
11月におこなわれる2級管工事施工管理試験を受けるののですが、経験記述試験で自分が経験した工事の内容には規模に制限とかあるのでしょうか?
普通の一般住宅程度の規模例えば、延べ床面積120~140m2・VUVP50~100φ50m・洗面器2・洋風便器2程度の給排水給湯設備工事について記述してもいいのでしょうか?
記述試験の記入例を見てみるとどれもビル工事や工場の改築など延べ面積2000m2以上、配管延べ200mくらいの工事しか書かれていないので規模に制限があるのか?と思ってしまいます。
管工事受験経験者のかたご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

他の技術検定試験でも言えると思いますが、

1.施工計画
2.安全管理
3.施工管理

の3つの論点が柱となると思います。
「安全」に「品質のよい」工事をする「計画を立てられる」かが問われていると思われます。

品質においては、小規模工事なりの品質確保の要請がありますから構わないと思いますが、
安全管理を考慮する場面が少なくなるので、「書きにくい」ということになると思います。

例えば、「工期が短く、他業者との輻輳した作業になり、……の点で問題が発生する恐れがあったが、……の点を工夫し工期短縮(コストを下げた)した」ということであれば、(どの程度かは断言できませんが)評価もしうるかも知れません。

ですから、みなさんは公共工事のような、公衆災害の恐れのある例をだして、「管理した事柄」を多く書ける事案を取り入れるのだと思います。

Qパッケージ形空気調和機とユニット形空気調和機の違いを教えて下さい。 2級管工事の記述に 【パッケージ

パッケージ形空気調和機とユニット形空気調和機の違いを教えて下さい。
2級管工事の記述に
【パッケージ形空気調和機はユニット形空気調和機を用いた場合と比べて、広い面積が必要とする。】
とありました。
パッケージはコンパクト化されたものと考えていました。ユニットも一体化したみたいな同じイメージです。
パッケージ形とユニット形の空気調和機の違い教えて下さい。

Aベストアンサー

ユニット型空気調和機とは、いわゆるエアハンドリングユニットの事で、冷水コイルもしくは、冷温水コイル、再熱コイル、温水コイルと加湿器、エアフィルター、送風機等を1つのユニットにしたものです。(熱源機は、別に用意する必要があります)
パッケージ空調機とは、これと熱源機をパッケージにしたものになります。
パッケージ空気調和器は、空冷式の場合は、熱源機もしくは放熱器が別体となるものがほとんどです。
水冷式の場合は、熱源機が内蔵されます。
ユニット型空気調和機の場合は、大風量のものが多いですが、コンパクト型などの大型ファンコイルと大差ないものも存在します。
パッケージ型空気調和機の場合は、いわゆるビルマルチなどの室内機を分散設置できるものもあります。
ユニット型空気調和機とパッケージ空気調和機の大きな違いは、パッケージ空気調和機は熱源機が含まれる事です。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q水道・配管工事の資格は???

水道などの配管工事の資格があれば教えてください。
本管工事ではなく、一般家庭や工場などの屋内工事を想定しています。

ちなみに資格取得が目的ではなく、配管や継ぎ手の方法・種類・材質・注意点などを勉強したいと考えています。
そのため、お薦めの書籍やサイトも教えていただけると幸いです。

水道以外でも、温水(ボイラー技師?)、エアー、ガスなど共通点があると思いますのでその辺でも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資格がなくてもできないことはないですが、
最低限として2つの資格は取得されることをお勧めします。

厚生労働省所管の国家資格である給水装置工事主任技術者試験に合格すること
(受験資格で実務経験3年以上)

都道府県別で実施される下水道排水設備工事責任技術者試験に合格すること
日本下水道協会の各県支部や各県の下水道公社などで実施されています
(実務経験が必要)

各自治体などの水道(給水装置)、下水(排水設備)それぞれの工事するためには
工事業者が指定店申請して指定を受けている必要があり
工事を行うにあたっても申請が必要となります。

税込みで500万円以上の工事(機器や材料代金を含みます)を請け負う場合は
会社として建設業許可を受ける必要があります。今回の業種の場合、管工事業
この許可取得には条件があります。

管工事業の分類に含まれるものとして、浄化槽の工事を行うために
浄化槽工事業者の登録(建設業許可がない業者:税込み500万円未満までしか請け負えない)、土木工事業、建築工事業、管工事業の建設業許可がある場合は浄化槽工事業者の届出が必要
浄化槽設置工事を行うためには、登録か届出済みであって、浄化槽設備士でないと行えない。
浄化槽設備士は、環境省と国交省所管の国家資格であり、試験に合格する必要があります。


余計なことを長々書いてすみません。


最後に、資格がなければ、どこかの会社の従業員として働くか、自営の場合どこかの会社の下請け(協力業者)として働くしかありません。

直接、一般家庭や企業と取引しようと思えば、資格は必要です。

資格がなくてもできないことはないですが、
最低限として2つの資格は取得されることをお勧めします。

厚生労働省所管の国家資格である給水装置工事主任技術者試験に合格すること
(受験資格で実務経験3年以上)

都道府県別で実施される下水道排水設備工事責任技術者試験に合格すること
日本下水道協会の各県支部や各県の下水道公社などで実施されています
(実務経験が必要)

各自治体などの水道(給水装置)、下水(排水設備)それぞれの工事するためには
工事業者が指定店申請して指定を受けている必要があり
工事を...続きを読む

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q配管設備に使用されるベローズ形伸縮継手について教えて下さい。ベローズ形伸縮継手には単式と複式があり

配管設備に使用されるベローズ形伸縮継手について教えて下さい。
ベローズ形伸縮継手には単式と複式がありますが、どこが違うのでしょうか?
写真で見るとベローズと言われる部分が複式は2個ありベローズとベローズの間に短い管がある様な作りに見えます。
ベローズ形伸縮継手を使用する場合は単式と複式をどう使い分けるのでしょうか?
特に疑問に思うのが、伸縮継手なので自在に動くのだからベローズ部分を増やす必要が無いと思うのです。
もし大きな振動が予想されベローズを増やすならベローズ部分の長い継手を開発すれば良いと思いますし、単式を2個繋げても良いと思うのですが、なぜ複式という製品を作ったのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的な建築設備配管の場合は、伸縮量によって単式(伸縮量35mm以下)、複式(伸縮量70mm以下)を選定します。
プラント配管などの工業配管の場合は、JIS規格で規定する種類の中から目的に応じた種類を選定する事になります。
なお、複式の場合は、中間支持点の両側がヒンジとして作用出来ます。(伸縮以外に両側の角度変化にも対応できます)
単式の場合は、ヒンジは一か所なので、伸縮以外は角度変化だけの変位に対応します。
なお、建築設備配管の場合は、ベローズ継手は基本的に伸縮に対応するだけで、変位対応が必要な場合はフレキシブルジョイントやボールジョイント(2箇所利用)、スイベルジョイントなどを利用します。

QHI、HT、TS、DV継手 これって何の略か分かりますか?

配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。

Aベストアンサー

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。 
60℃位なら内面の劣化はほとんどありません。
色は濃い茶色に着色されています。

最近は給湯管には、架橋ポリエチレン管、ポリブデン管等が多く使われているようです。

TS  普通の塩化ビニール管、継ぎ手、 昭和三十年代の終わり頃から、使われ出した物で、化学的に安定で水質、埋設土壌の影響をほとんど受けないので寿命は半永久的、初期に埋設された物を掘り出して調べて見ても内面は平滑で、浸食された形跡は、ほとんどありません。
色は灰色に着色されています。給水配管用。

DV継ぎ手  塩ビ排水管用の継ぎ手です、普通灰色ですが、最近は透明な製品もあります、

いずれの製品も日光には弱く、有機溶剤、防腐剤のクレオソートには、特に弱いので注意が必要です。

以上、簡単な回答ですみません。
 

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング