【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

81歳の母が大腿骨骨折で入院してから、もうすぐ2ヶ月になります。入院してすぐに人工骨に置き換える手術をして、その後、その下にヒビが見つかり、2度目の手術をしました。今は2度目の手術から1ヶ月が経過しています。先日リハビリを見せていただきました。バーにつかまって歩いていましたが、それ以上はまだ先生の許可がおりていないそうです。母はリハビリをどんどん進めて1日でも早く家に帰りたいようですが、高齢者の場合は、治るまでに時間がかかるのでしょうか。ご家族やお知り合いの方で、母のように骨折で入院されて、その期間がどのぐらいだったかなど、体験談をお寄せいただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

身内に同じような方がいるわけではないのでどのくらいの入院期間


になるかはわかりませんが、
高齢、女性である場合、骨粗しょう症がほとんどの方にあるので大腿骨骨折のリスクが高まります。
(すでにご存知かもしれませんが・・)
まして一回目の術後にひびが入って再手術になっていることを考えると
リハビリも慎重になっているのかもしれませんね。
リハビリは段階的に進めていくので、できそうだから頑張ってやっちゃえというのは、
結局体や患部に負担をかけ無理させてしまうことになってしまいます。
大腿骨はどの部分で折れたかにもよりますが、普通に体重もかかりますので無理は禁物です。
高齢者では骨折をきっかけに寝たきりとなり、肺炎などを併発してそのまま亡くなる方もいる位なので、
痛みもあるでしょうし、81歳のお母様は十分頑張っていらっしゃるんだと思います。
早くお家に帰りたいでしょうが、先生の指示を守ってリハビリを進めてください。
2ヶ月の入院は2度の手術もしてますし別に長くはありません。もっとかかるのではないかと思います。
早い回復をお祈りしています。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。回りからいつ退院するの?という質問が最近多くて、私もいろいろ考えこんでいましたが、もうしばらくの辛抱で、明るい希望が待っていると思うようになりました。回答を読ませていただき、勇気がでました。

お礼日時:2008/05/17 00:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者の大腿骨骨折の手術について

93歳の祖母が左大腿骨を骨折しました。
病院で診てもらったところ、高齢であること、痴呆があり術後のリハビリが困難、手術部分を勝手にいじったりする恐れがあること等から手術は止めた方がよいと言われました。今後、骨の折れた部分はそのままの状態になると思います。
出来れば手術をして少しでも回復して貰いたいと思うのですが、この場合手術は諦めるべきでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腿骨頚部骨折なのか、大腿骨骨幹部骨折なのかで変わると思いますが、
病院の対応、おばあさまの年齢を考えると、頚部骨折なのでしょうね。

大腿骨頚部というのは、血流の非常に悪い場所で、
そのために骨癒合が困難な部位ということになっています。
年齢が高齢であればある程、癒合は難しくなります。
手術というのは、折れた骨と骨を寄せるだけですから、
実際に骨をくっつけるのは、自分自身の力なわけです。
そういう意味で、骨癒合自体が困難な可能性があることがひとつ。

それから、リハビリというのは機能回復訓練のことですが、
これは患者さん自身が、リハビリの意味を理解していないとうまくいきません。
怪我を克服して、自分はこうなりたいというモチベーションがないと、
リハビリの効果というのは出ないと思います。
効果が出なければ、それはただの苦痛という事になってしまいます。

さらに痴呆があると、体に付いている固定器具やチューブなどの意味が
全く理解できない可能性があります。
そうなると、それらを勝手に外してしまったりしかねません。
傷口をいじったりして、感染でも起こしてしまったら、
病院は責任を問われかねないので、手術に二の足を踏むのだと思います。

ずいぶん前の話ですが、僕の祖母も大腿骨頚部骨折になりました。
祖父に突き飛ばされて、転倒し骨折してしまいました。
その時には、祖母はかなり進行したアルツハイマー型の痴呆で、
僕の両親や、僕はもちろん、自分の夫さえもわからない状態でした。
それでも病院は手術をしました。

手術自体はうまくいったのですが、そのあとが大変でした。
点滴はすべて引き抜いてしまって、そのたびにベッドはびしょびしょ。
自分の汚物を手でいじり回したり、無茶苦茶でしたよ。
でも、不思議と痛がるということはあまりありませんでした。
結局、そういう不衛生が原因なのか、感染症で亡くなりました。
ボケてはいましたが、骨折がなければ、もう少し長生きできたと思います。
ただ、痴呆の介護で家族はヘトヘトになっていましたから、
どっちが良かったかはわかりませんけど。

おばあさまをどうにかしてあげたい気持ちはわかりますが、
手術はしてもしなくても、寝たきりになる可能性が高いです。
痴呆のある人は、不思議と骨折をしてもあまり痛がりません。
ですから、手術をして余計な負担をかけるよりも、
このまま余生を送らせてあげた方がいいのではないかと思います。
あくまでも、参考まで。

大腿骨頚部骨折なのか、大腿骨骨幹部骨折なのかで変わると思いますが、
病院の対応、おばあさまの年齢を考えると、頚部骨折なのでしょうね。

大腿骨頚部というのは、血流の非常に悪い場所で、
そのために骨癒合が困難な部位ということになっています。
年齢が高齢であればある程、癒合は難しくなります。
手術というのは、折れた骨と骨を寄せるだけですから、
実際に骨をくっつけるのは、自分自身の力なわけです。
そういう意味で、骨癒合自体が困難な可能性があることがひとつ。

それから、リハビリというのは...続きを読む

Q高齢者の入院期間と費用

私の母親(83)が外出中自転車から降りようとしたさい左足から崩れるようにコケて左大腿骨の出っ張り部分を強打、肘と手首は軽症でしたが左大腿骨部分を強打した為に救急車で入院しました。
救急病院でX線で医者が言ってたのは骨粗鬆症に大腿骨部分的骨折で小さい剥離骨折したようで、手術は入院1週間後に金具を入れる(手術時間2時間)ようです。
そこで質問なんですが、手術して退院するまでどのくらいかかりますか?
また費用はどれくらいかかりますか?(医療保険加入なし)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
まぁ患者さん毎の状況にもよりますが、「入院期間は出来るだけ短く!!」が最近の医療機関の大原則です。似たところで大たい骨骨頭置換術(股関節を人工関節に変える手術)を例にすると、手術前日に入院→手術→翌日よりリハビリ開始(長くて1週間?)→退院 で、合計で1週間~10日程度だと思います。今回は手術の一週間前の入院ということなので合計2週間(最短)程度でしょうか?
費用は後期高齢者なら、また差額ベッドを使用しないなら、保険適用分は月額44400円以上かかりません。差額ベッドを使用するとそれに日額1万~2万が上乗せされます。
あと、テレビやパジャマや寝具はレンタルするなら実費です。どれも一日数百円程度だと思います。

お大事にどうぞ

Q大腿骨骨折

母が転んで大腿骨骨折をしてしまいました。
病院の先生によると、入院は3か月程度と言われました。
いくつか質問なんですが、まずこの入院期間は適切ですか?(病院があまり信用できないところなので)
また、僕は学生で、姉はいるのですが(保母・月20万)母子家庭ではっきり言って低所得です。
この時、入院費減額などの処置はしてもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

お母様大変でしたね。

医療のことはあまり詳しくありませんが、大腿骨骨折ならリハビリも必要ですから相当期間入院されると思います。

医療費のことですが、母子家庭で医療費補助を受けられるのであれば、既に受給者症が交付されていると思います。それが無いのであれば、補助対象ではないと思われます。
母子家庭であっても子供の年齢が18歳又は20歳(市町村によって異なります)以上であれば対象外です。

一般的な入院の医療費の計算は回答2の方の説明の通りです。
お母様は就労されておられたのでしょうか。就労先で社会保険に加入されていましたか?
それとも国民健康保険の加入者でしょうか。

「医療費の負担限度額認定証」というのがあります。
3割負担で手術などをすると、一ヶ月の医療費が〇十万になることもあります。
高額療養費として申請したら後日還付されますが、一時的に高額のお金を準備する必要があります。
そのような負担を避けるために、事前に病院の窓口に「負担限度額認定証」を提示しておくと、一定額以上(回答2の方の説明にあります)は請求されません。
国民健康保険加入者なら市町村窓口で交付が受けられます。
お母様が国民健康保険以外の加入者なら、勤め先に問い合わせていただくと良いと思います。

国民健康保険の場合、入院期間が91日を超えると更に減額されます。その場合は、市町村窓口で再度申請が必要です。国民健康保険以外では独自に基準があるようです、ホームページで調べられますよ。

ご注意として、対象になるのは医療費のみで差額ベッド代や食費は全額自己負担です。
低所得とおっしゃっていますが、市町村の基準で言うところの低所得(非課税世帯)であれば、申請によって食費の減額も受けられる場合もありますが・・・お姉さんが同一世帯なら課税所得がありますから対象外だと思います。

医療費の減免処置は医療機関では取り扱いません。患者様が提示された受給者証によって計算されます。
市町村窓口で申請して受給者証を交付してもらうか、就労先で手続きしてもらって交付してもらうか、社会保険事務所で手続きして交付してもらって医療機関に提示します。


また、お母様が就労されており、厚生年金を納付されているのであれば、4日以上の休業に対して傷病手当が支給されます。診断書や申請書の手続きが必要ですが、検討されてはいかがでしょう。


長々と失礼しました。お母様お大事に。

こんにちは

お母様大変でしたね。

医療のことはあまり詳しくありませんが、大腿骨骨折ならリハビリも必要ですから相当期間入院されると思います。

医療費のことですが、母子家庭で医療費補助を受けられるのであれば、既に受給者症が交付されていると思います。それが無いのであれば、補助対象ではないと思われます。
母子家庭であっても子供の年齢が18歳又は20歳(市町村によって異なります)以上であれば対象外です。

一般的な入院の医療費の計算は回答2の方の説明の通りです。
お母様は就労されておら...続きを読む


人気Q&Aランキング