【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

管理建築士は、いわゆる「専任」ですが、どこまで制限されているのでしょう?行政にきいても相手が悪かったのか、「場合による。」との回答しか得られません。それぞれのケース、どうなると考えますか?

ケース1 管理建築士が他の設計事務所で、設計を行い給与所得者として働く。→×でしょう
ケース2 管理建築士が他の設計事務所で、資格なくできる業務(例えば図面のトレース)を行い、給与所得者として働く。→○と思います
ケース3 管理建築士が他の設計事務所で、設計業務委託を受けて働き報酬をもらう。→○と思います
ケース4 管理建築士がコンビニ店長となり、給与なり報酬をもらう。→○と思います
ケース5 管理建築士が新聞配達のバイトをして報酬をもらう。→○と思います。
ケース6 管理建築士が、ネットショップを開き報酬をもらう。→○と思います。
ケース7 管理建築士が帰宅後自宅でデイトレーダーとして収入を得る。→○と思います。

要約すると、建築士でなければしてはいけない業務を、他の事務所で「委託契約を交わさず」行う場合は×。だれでもできる仕事を行う場合は、○。ということなのですが、解釈はどうなるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です。



>請負でやるなら別」ということは、コンビニオーナーと店長の職に関する「委託契約」を結び、行うことは○。と考えるということでしょうか。

建築設計事務所としての本来の業務以外の請負内容では×だと思います。もっぱら建築設計などに携わらねければなりませんので。


>個人事業主の建築士は、仕事が暇でもバイトもできない。ということになりますが、士法上はそのようなリスクを背負わせるのですか。

そうです。日本の法律上の原則では建築設計をすることは原則として禁止されており、それを特別許可されたのが建築士・建築設計事務所です。
国民の安全性確保、公共の福祉などの点から管理建築士は重責を負わされていますので、安易に兼業することを禁止しています。

>大げさな話、憲法22条の「職業選択の自由」に抵触し、争いが起こるような気がしますけど。

建築士法自体職業選択の自由を制限しています。何しろ建築士を持っていないと設計をすることはできませんので。他にも弁護士、医師など公共性と専門性を求められる職業は資格という制限がついています。運送業でさえ自動車運転免許が必要という制限が付いていますので、誰でも自由に職につけられるわけではありません。
同様に建築基準法は集団規定などにより個人の土地利用権利を制限しています。

一般に、個人の権利は公共の福祉により制限されており、それは認められています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

法律上は、建築設計は原則禁止というのは、盲点でした。建築士免許により解禁されるのですね。
管理建築士の重責に対しての世間の評価は、その報酬額に表れていますね(少なすぎる)。
長年の年配の建築士による不作為(評価されるよう努力してこなかった)が大きいのでしょうか。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/02 10:13

先の回答と同じです。



要約すると、専任とはその事務所において業務のほとんどを建築士として働いているものになりますので、他の会社に勤務して給与をもらうようなことは×、また、同じ会社でも宅建業における専任の宅地建物取引主任など専任が求められるものをかねることも原則できません。
あと、事務所と自宅住所が遠隔地の場合も専任として業務不可能なので、なれません。

あまり詳しくはありませんが、ネットショップも量とか金額で別な法律(特定商法)で表示に関する規制があってそれにかかるような規模になるとだめだと思います。
あと営業時間が勤務時間にかかるとだめだと思いますし、事務所自体が自宅など建築士事務所以外の場所となると、2つの事業所に勤務することは専任として認められませんので、だめだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/06/02 10:15

専任とは?専門的に、専属して任にあたる、任務に就くという事です。


ケース1:他で給与所得者→× 
ケース2:他で給与所得者→×
ケース3:委託請負で→○ 
ケース4:他で給与所得者→×
ケース5:営業・勤務時間外で→○
ケース6:此処が曖昧でグレーです。ネットショップが忙しくなれば管理建築士として専念できなくなる可能性があります。一応営業・勤務時間外でもできるのですが、判断の分かれる部分です。
ケース7:営業・勤務時間外で→○
ご参考まで

この回答への補足

「勤務時間外で→○」とありますが、時間で区切るのは疑問が生じます。

個人事業主である建築士は、「いつ出勤して、いつ退社するのか」、自由裁量で決めることができますが、「明日は打合せも何もないから、日雇い労働に行こう」と考え、現場作業に従事することはできないでしょうか。(実際は営業に出るでしょうけど)

また、事務所登録時の申請書にも、営業時間を書く欄がありません。客観的に「時間外」を証明できないと思われます。行政の担当課には運用基準があるのでしょうか。そうでないと個別案件に対応できないと思うのですが。

補足日時:2008/05/29 10:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/06/02 10:15

管理建築士です。



前出で違うと思われるのは、

2→×:そもそも他から『給与』をもらう職には就けません。資格が必要な職種かは関係ありません。請負でやるなら別です。
4→×:同上です。

管理建築士は給与体系のほかに、現場・役所等に行くのを除けばその設計事務所に常勤できる状態でなければいけません。新聞配達のバイトは通常の設計事務所の営業時間と重ならないのでよしと考えます。

と思われます。

この回答への補足

「請負でやるなら別」ということは、コンビニオーナーと店長の職に関する「委託契約」を結び、行うことは○。と考えるということでしょうか。

個人事業主の建築士は、仕事が暇でもバイトもできない。ということになりますが、士法上はそのようなリスクを背負わせるのですか。
大げさな話、憲法22条の「職業選択の自由」に抵触し、争いが起こるような気がしますけど。

補足日時:2008/05/29 10:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現役の方の意見参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/02 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q管理建築士の副業

管理建築士の副業
管理建築士は「専任」でなければならないということですが、副業は一切ダメということでしょうか?
例えば自分の設計事務所以外で建築設計業務をしたりするのはダメなのは解るのですが、設計業務以外のアルバイトをしたりもダメですか?
また、法人の管理建築士になった場合は、その会社の正社員じゃないとダメですか?会社役員とかでも良いのでしょうか?
会社役員の場合は他の会社の役員になったらダメですか?

Aベストアンサー

法人の管理建築士になった場合について
法人で事務所登録する際に添付書類の一つとして管理建築士の健康保険証の写し等の本人の所在が分かる書類を添付する事に成っています。
また、会社登記簿謄本、定款の写し、会社役員名簿一覧も添付書類の一つとなっています。
他の会社役員が自会社の管理建築士とする場合は、両会社の代表取締役の委任状が必要となります。

isf さんが他の会社の役員に成る場合は、現在登録している設計事務所運営に支障が出なければ問題無いでしょう。
とどめのつまりは、学校関係の特別講師として行く程度であれば問題無いと言う事です。

ご参考まで

Q管理建築士の専任とは

建築士事務所の管理建築士が学校の非常勤講師などになったりしているかたがおられます。これは建物の設計、監理以外の副業みたいなものだと思うのですが、違法にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

管理建築士の専任と認められない場合

1) 住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠距離にあり、常識上通勤不可能な者
2) 建設業において専任の技術者となっている者及び専任の宅地建物取引主任者等他の法令により特定の営業所又は事務所において専任を要することとされている者(建築士事務所が、他の法令により専任の者を要する営業所等と兼ねている場合において、その営業所等において専任を要する者を除く。)
3) 前記1)及び2)に掲げる者のほか、他の営業等について専任に近い状態にあると認められる者

ご質問の【学校の非常勤講師】がこの中に該当する場合は、違法と思います。
特に、(3)他の営業等について専任に近い状態であるかどうか?

【学校の非常勤講師】の活動が、月曜~金曜まで、ほぼ毎日の勤務で、
建築士事務所に、電話をかけてもいつも、非常勤講師の仕事に従事して不在であれば、管理建築士の専任と認められないと思います。

大学では、非常勤といえども、常勤と同様の勤務のようです。
(ワーキングプアの問題にもなっているようですネ)

どの程度の勤務状態かによって、違法とも合法とも言えるのでは無いでしょうか?
(経済的に建築士事務所ダケでは、食っていけない建築士が増えてる?)
私の知り合いで、夕刻から、大学の図書館管理人に変身していた建築士さんを知っています。(毎週2日間、深夜までの管理人さん)

管理建築士の専任と認められない場合

1) 住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠距離にあり、常識上通勤不可能な者
2) 建設業において専任の技術者となっている者及び専任の宅地建物取引主任者等他の法令により特定の営業所又は事務所において専任を要することとされている者(建築士事務所が、他の法令により専任の者を要する営業所等と兼ねている場合において、その営業所等において専任を要する者を除く。)
3) 前記1)及び2)に掲げる者のほか、他の営業等について専任に近い状態にあると認められ...続きを読む

Q建設業と1級建築士事務所の建築士の兼務

建設業の許可を受けているあるA建設で「監理」技術者として勤務している1級建築士がBさんしかいない場合、同じA建設でBさんを「管理」建築士として新たに1級建築士事務所として登録することはできるのでしょうか。建築士法には1級建築士の管理建築士は専任の者、とあるのですが、同じ会社の場合で業務の内容によって設計業務と施工業務がある場合はどうなるのでしょうか。1人の建築士はどちらかにしか登録、業務はできないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

私は両方兼務しています。
ちなみに両方とも同一の事務所で私自身は現場には出ません。現場事務所に常駐するような方だと「設計事務所」と「現場事務所」の2ヶ所が勤務先となるためこの場合は難しいでしょう。

Q友人の2級建築士が名義貸しを頼まれ悩んでます。

私の友人に2級建築士を取得しながら、全然関係のない会社で働いてる者がいます。昔通ってた資格学校の友人より、2級建築士でOKなので名義を貸してくれる人を探している、月8万円報酬でと言われ、低賃金の彼はとっても受けるかどうか、迷ってるようです。どなたか専門家の方、メリット&デメリット両方の面からアドバイスお願いします。法にギリ触れるかもという点は彼も充分承知の上でのお話ですので、それ以外の点でのアドバイスお待ちしております!

Aベストアンサー

長文になります。
偽装問題発覚の話題の渦中、お友達もお金のためにとよくそんな人でなしな話を検討する気になりますね。
NO.1さんが仰るように、法にギリ触れるのではなく、名義貸しは完全な犯罪ですよ。お金で犯罪を引き受けた元建築士と同じですね。

犯罪の話を持ちかけてくる人が、まともな仕事をすると思いますか?依頼してきた人は差し詰め、既に自分の免許を剥奪されて今後仕事が出来なくなった人か、犯罪は他の人に責任転嫁しようという企みかもしれません。絶対に迷惑を掛けないからと言って人に何か借りて迷惑を掛けなかった人など、希少価値ですよ。

月8万円報酬の話も、後に言いがかりをつけて払わなくなったりする事も想定しないといけませんよ。一時だけ通れば、後は揉めて支払わなくてもいい話にしてしまえることです。一度通してしまうと、依頼して来た人がする行為の全責任が資格を貸した人にかぶさってくるんですよ。常識的に考えて、1物件8万円でも建築士責任は負えません。

お友達も、2級を持っているとはいえ、建築士法を理解していないのではないのですか?軽く受け止めすぎです。
もし管理建築士としての資格者の名義が欲しいのなら、法定講習を受講するので、その辺の所を懇々と講義を受けます。法に関することだけでなく、経営のお金に関することも責任を負うことになります。登録する時には実印で誓約書を書いて提出しますから、名義を貸して欲しい人から、勤務実態がなくても良いといわれても、責任を持つ事に実印を押すのだから、行為をしないといけません。何かあった時にはそこをつつかれます。それで8万円では割に合いません。月収を貰ってちゃんと管理する話に持ち込むべきです。

くどくなりますが、
免許剥奪だけで終わる話ではなく、人の生命や財産を守ることを第一の目的に掲げている建築士法に則った資格です。お友達は被害者の命をも危ぶまれることに印鑑をつくのでしょうか?そんな人、友達ですか?
名義しか要らないと言われたのなら、そういう内容もチェックさせてもらえないと言うことですよ。名義を貸すなら、名義に付いている責任行為をもセットにすべきです。
月にたった8万円でそんな責任を被せられて一生を台無しにするより、真っ当な仕事をして、その10倍の報酬を稼ぐことに精進努力した方が、その「お友達のため」ではなく、「世間のため」です。
国家資格を取得した者の最低限の勤めです。本人だけの問題なら逮捕され様がひどい目に遭おうが放って置けばいいですが、犯罪を犯す人は慢性的に被害者を生んでいきます。被害者を作らないために建築士が要るのだと言う事をお忘れなく。

長文になります。
偽装問題発覚の話題の渦中、お友達もお金のためにとよくそんな人でなしな話を検討する気になりますね。
NO.1さんが仰るように、法にギリ触れるのではなく、名義貸しは完全な犯罪ですよ。お金で犯罪を引き受けた元建築士と同じですね。

犯罪の話を持ちかけてくる人が、まともな仕事をすると思いますか?依頼してきた人は差し詰め、既に自分の免許を剥奪されて今後仕事が出来なくなった人か、犯罪は他の人に責任転嫁しようという企みかもしれません。絶対に迷惑を掛けないからと言って人に...続きを読む

Q実務経験の無い建築士事務所の管理建築士講習

管理建築士講習についての質問です。
当方、個人で工務店を経営し、19年の一級建築士試験に合格しすぐに一級建築士事務所の登録を行なったのですが、建築士事務所でなければ出来ないような職歴がまったく無く、今後もする予定もないのですが、その様な場合建築士事務所の登録を抹消されるのでしょうか?また、みなし講習とは私の場合いつ受ければいいのでしょうか?又、受けられないのでしょうか?
ちなみに2級は7年前に合格しています。(建築士事務所登録はしていません。)
ただ単に客観的に建築士事務所登録をしていた方が客受けがよく営業的に有利だとただそれだけの理由です。又、依頼があればやりたいとも思っています。

JAEICのサイトをみてもいまいちピンと来なかったもので・・・・

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
管理建築士みなし講習の受験資格は、過去3年以上の実務経験が必要です。
貴方の場合は、二級建築士の資格を得てから現在に至るまでの期間に実務経験があれば良い事となります。
現在設計事務所の管理建築士をしている方については、今回の講習を含め3年以内に講習を受けると良い事となっています。
何年後かは分かりませんが、現在お持ちの一級建築士事務所登録の更新時に管理建築士の資格証が必要となります。
この時点で管理建築士の資格が無いと一級建築士事務所登録の更新が出来なくなります。
JAEICのサイトのQ&Aに受験資格などが書いていますので見て下さい。
今年がダメでしたら、来年受けるようにして下さい。
せっかく手にしている資格ですから、手に負えない物件以外はご自分で設計・監理しましょう。
工務店経営でしたら、基本設計と工事監理の受験資格があるのではないですか?
まずは箇条書きして実務経験年数を計算して下さい。
管理建築士講習の受講は、来年でも出来ますから。
ご参考まで

Q建築士事務所の支店について

建築士事務所の本店とは別に支店というか
本店以外の所在地の異なるその他の営業所をつくりたいのですが
本店で建築士事務所登録をしていれば
支店(その他の営業所)には別に事務所登録をする必要はないのでしょうか?
しなければならないでしょうか?
目的は週末は支店で仕事をするため、とか、
他府県で仕事をするにあたって営業所があると有利などの理由です。
建築士法を読んでも書かれていないというか、
解釈によるような感じもします。
解釈としては一つの事務所の所在地が2カ所あると考えると
選任の管理建築士は一人でいけるようにも思います。
管理建築士以外にも支店(その他の営業所)をつくるに
必要なことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

同一県内に複数の建築士事務所を設けたことはないのですが(この場合は登録県担当課にきいてください)、他県の支店を登録事務所として設ける場合、1個の事務所ごとに登録が必要です。開設者は同一人ですが、管理建築士は事務所ごとに一人で十分なものの、「専任」性が問われるので他の事務所と兼務できません。事務所ごとに別人をたてます。

あとは、本社登録したときと同じ手間が、新規登録でもかかります。また法人代表者の範囲は県により違い、変更手続きがかわります。(代取だけでいい県もあれば、取締役の一部でもかわれば、変更手続きが必要な県も)

建築士法
第二十四条  建築士事務所の開設者は、…事務所「ごと」に、それぞれ当該…事務所を管理する「専任」の一級建築士、二級建築士又は木造建築士を置かなければならない。

Q建築士の兼務について

当方一級建築士と2級建築施工管理技士を所持しており
現在管理建築士として建築士事務所を開設していますが,建築士事務所をのこしたまま
住宅メーカーなどの会社に建築施工管理技士資格のみでの就職した場合
管理建築士の兼務ということにはならないのでしょうか。

Aベストアンサー

管理建築士は事務所・営業所ごとに専任であることが必要なので、同じ会社でも異なる営業所などの場合兼務できないことになっているほか、設計事務所登録をしているような建築会社において、事務所の管理建築士になっていると、建築士としてではなく、例え同じ営業所管轄の現場代理人(施工管理)などとして建築作業所に勤務する場合でも、専任の条件を満たさないことになります。
また、住所地と勤務先の距離があり、通勤上専任と認められないなどの場合も専任として認められていません。

だから、会社が違う以前に、勤務地が異なるだけで、管理建築士の専任条件を満たしていないので、管理建築士として問題となります。

Q皆さんの資格手当て教えてください。

現在の二級建築士の手当てが2,000円しかありません。現在の法律で請負契約に建築士が必要になり、役割が重要になり、負担も増えたと思うのですが、安すぎると思います。
会社に言うと、妥当という解答しかかえってきません。
皆様の会社はどうでしょうか?
ちなみに、私の会社は、九州を中心にやっている500人規模の注文住宅の会社です。

Aベストアンサー

知人が全国展開している住宅メーカーに
勤めており以前聞いた事ありましたが、
二級建築士で5,000円~8,000円
一級建築士で10,000円~13,000円
管理建築士ですと上記+10,000円
という事でした。
(役職に応じてちがうそうです)
あとは、500人くらいとのことですが
そのうち設計に従事する方と
そのうち建築士有資格者数がどのくらい
いるかにもよりますよね。

当然、会社によって規模や経営方針など
またこういった不況下のこと踏まえて
それぞれ経営状況が違いますので
一概には否定できません。

貴方様が少ないと思っているのであれば
ダメもとでもどんどん言った方がよいと思いますよ。
但し、自分が経営者だったらどういう回答をするか
どういう内容の嘆願書がよいのか相手(経営者)の立場になって
みるべきだと思います。
もっと事前の情報を仕入れる事と
同じ境遇の仲間を作るべきだと思います。
がんばってください。

Q一級建築士の名義を貸すとは?

知人が、
「一級建築士を貸してくれないか?」
と頼まれたそうです。

言い方がおかしいかもしれませんが、
その人は、建設会社(規模は不明・・・)を設立しようとしていて、
一級建築士の資格の人が必要だそうです。
知人が会社に勤務していることにしたい
(一級建築士が勤務しているようにしたい)
とのことなのですが、
これは、俗に言う、「名義貸し」ですか?
ちなみに、当事者の私の知人は、今は建築関係の仕事ではないので、
一級建築士は使っていません。

名義貸しは、姉歯事件の時だったか、いろいろ言われていたと思うのですが、(あまり覚えていませんが)
名義貸しは、違法行為ですか?

頼まれた私の知人は、まだ電話でしか話を聞いていないので、
これから直接会って話を聞くらしいのですが、
もし、違法なら「違法だからやめたほうがいい」と、伝えたいと思っています。

素人ですが、ご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

よく不動産屋なんかにもありますね。

不動産屋さんには宅建主任者を5人につき1人の割合で置かなければいけない事になってます。
しかし、資格を持ってる人がやめたりすると業務に支障が出ます。
そのため資格を使ってない人に頼んで所属している形にするのです。
もちろん、一時的なものですから勤務実態はありません。
中には週に1~2度、顔を出させる場合もあるみたいですが。
これが名義貸しの一例です。
もちろん、報酬は発生します。
私も以前に名義貸しを頼まれましたが断りました。

一級建築士の事も同じで、名義があれば仕事が増えたり、仕事がやりやすくなるから頼むのでしょう。
もちろん、これは違法行為です。
貸してくれと頼む方はいい条件を並べますが、これが周囲に知れたら大変ですよ。  特に同業者は許さないでしょう。
資格を取り上げられるだけならまだいいのですが、へたをすれば刑務所行きですよ。

名義貸しが合法なら、いろんな資格を過去に取得した私は今頃、大金持ちですよ。

Q大学教授と建築士を兼任?

この前ご相談に乗って頂いた建築士の方ですが
設計事務所を運営されている上に
某私立大の建築学科で教授をなされているそうです。
このような「兼任」は合法なのでしょうか?
からくりなどあるのでしょうか?

Aベストアンサー

建築士は職業というより単なる資格ですから問題はないですし
特に大学の教授とかだと自分の事務所を持ってる人も多いですよ

他の方にもありましたが
もしお勤めの大学が副業を認めていなければ
法律上問題はなくても大学とは問題は起きるかも知れませんし
また公務員として先生をしながら、特例として認められていないで副業をしていたら問題です

もしちゃんと確定申告等してなければ問題なるかも知れませんけどね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング