マンガでよめる痔のこと・薬のこと

・当社が輸入した貨物を輸入通関後にコンテナごと国内の会社(当社のグループ会社)に販売したところ、コンテナから荷物を出した際に袋が破損している商品が見つかったという連絡を販売先から貰いました。
・破損があった貨物は輸入保険に加入していましたので保険会社に請求し(輸入貨物の保険請求は、例え商品を販売していた後でも輸入者がしなければいけないので)、当社に保険代の入金(貨物代金×10%)がありました。
・破損があった商品はそのまま販売先の会社で廃棄処理し廃棄費用も負担してくれます。
・当社は保険会社から入金された代金を販売先の会社に全額振込みます。

上記をふまえ、次の2点について教えてください。
(1)保険求償の入金時、勘定科目は何が適正でしょうか
(2)破損品はあくまでも販売先の名義で廃棄されるので、当社としては売上金 額を減額する必要はあるのでしょうか

慣れておらずわかりづらい文章かと思いますが、どなたかご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちはANo.1です。


ANo.2様の回答を拝見し、自己の確認のためにも「貨物海上保険」の経理処理について調べてみましたが、ジェトロや各保険会社等にも今ひとつ具体的な説明がありませんでした。

私としては、一般的な考えとして、貴社が当該保険料を負担し経費処理しているのなら貴社の収入にしなければなりませんが、保険料を負担することなく販売先に立ち代っての請求事務のみ行っている形であれば、損益に影響させない仮受金処理でよいと考えます。
契約内容や保険会社に御確認下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答本当にありがとうございました!
uozanokoi7さんからのご意見を拝見し最初は仮受勘定を使おうと思いましたが、海上保険代を当社が負担し経費処理しているという事で当社が収益計上すべきという見解をお聞きしましたので他の経理担当者とも相談し、同額ではありますが保険金収入は雑益計上とし販売先に払う損害補償金は雑損失という形で計上する事に致しました。
会計の仕事に就いてまだ2年ですが、一つの事に対していろんな見解やいろんな会計方法があり難しい仕事だと日々実感しています。
これからも勉強します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/06/05 13:05

(1)について


損害保険金収入があるときは、経済的には損失を填補するものであっても、会計上はその全額を収益として計上し、税務上も全額を益金としなければならなかったかと思います。

したがって、特別利益(ないし営業外収入)の「保険金収入」として計上するのが良いものと思います。

(2)について
値引等が生じないのであれば、減額する必要はなく、むしろ減額すべきでないといえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答本当にありがとうございました!
ok2007さんからのご意見を元にいろいろ他の経理担当者とも相談し、同額ではありますが保険金収入は雑益計上とし販売先に払う損害補償金は雑損失という形で計上する事に致しました。
会計の仕事に就いてまだ2年ですが、一つの事に対していろんな見解やいろんな会計方法があり難しい仕事だと日々実感しています。
これからも勉強します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/06/05 12:59

こんにちは。


質問文から判断出来得ることのみにもとづいて記します。

・請求権者が貴社であっても、それが輸入貨物保険という契約上のことであって、保険金額を受け取るべき立場が「販売先」であって貴社は保険請求という手続きの便宜を図ったに過ぎないこと。
・受取保険金を全額振り込むということ。
以上を考慮すると、

>(1)保険求償の入金時、勘定科目は何が適正でしょうか
入金時は仮受金勘定処理し、振込時も当該勘定を消します。
損益ゼロということです。

>(2)破損品はあくまでも販売先の名義で廃棄されるので、当社としては売上金額を減額する必要はあるのでしょうか
破損があったとしても、貴社の売上が取り消された訳ではありませんので減額は不要と思います。
販売先にとっては、仕入れた商品にかかる損失が保険金という収入で補填されることになりますので、それで宜しいかと。

上記処理で宜しいと考えますが、契約上はこのようなケースにおける規定があるなら、それに従うことになりましょう。
なお、今請求の結果、今後の保険料の増額等貴社に不利益が生じるようなことは無いのですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運送中の破損保証の仕訳

ネットショッピングを運営しています。
輸送中に運送会社が商品を破損しました。

商品原価代を補償していただくことになっていますが、
仕訳け方がよくわかりません。
これは雑収入になるのでしょうか?
借方、貸方は何になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その破損商品がもうお手元にないことを前提としますが。

(1)全く商品としての価値がないほど破損し、「弁償」として受け取るのであれば、

(借方)現金/(貸方)雑収入

となり、消費税法上は課税対象外取引になります。

(2)運送会社がどう処理するかに関わらず、若干の修理を行えば商品として通用する状態のものを引き取ってもらったのであれば、消費税法上は課税売上高となります。
仕訳は上記と同じで結構ですし、単に(貸方)売上でも良いと思います。

(蛇足)雑収入で処理した場合、利益率を正しく把握したいのであれば、期末商品棚卸高の前に「他勘定振替高」と言う項目を作り、引き渡した破損商品の仕入原価をもって

(借方)雑損失/(貸方)他勘定振替高

とすれば売上原価が正確に算出されると思います。
ここまで処理しなくても勿論結構です。

(3)商品として再利用が可能で、ご自身が引き取られたのであれば、単に

(借方)現金/(貸方)雑収入

のみの処理になります。

余分な点まで述べましたが、あしからず・・・。

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q運送中に商品が破損。消費税の扱いは?

毎日の納品は、出入りの運送業者に委託しています。
運送中に商品を壊され、商品価値がなくなりました。
通常、この様な場合、「得意先売上」を「運送業者売上」に切替え、補償して貰っています。
この度、納品量が多いため、有名な大手の運送業者を臨時に使いました。
破損請求を従来とおり行ったところ、消費税分を払ってくれません。

この様な補償の場合は、消費税の対象外になるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

損害賠償金は消費税の課税対象外です。
ただし、その商品が運送業者に引き渡され、そのまま、または軽微な修理で使える場合は課税対象となります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/6157.htm

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。

Q損害保険金受入の処理(仕訳)

いつもお世話になります。

当社工場の屋根が台風被害により破損しました。
申請により保険会社から50万円が振り込まれましたが
業者からの実際の請求額は48万円でした。

この場合、まず修繕費としての計上は必要でしょうか?
また浮いた2万円はどのように処理すれば良いのでしょうか?

表向き・裏向き(?)色々な処理の仕方をご教授くださいませ。

Aベストアンサー

総額で両建て仕訳を立てるのがよいのではと思います。

一例として

保険金入金
現金預金500,000 雑収入500,000

修理業者への支払
修繕費480,000 現金預金480,000

Q仕訳について

輸出運賃の仕訳について教えて下さい。
請求書には以下が記載されております。
・取扱手数料(免税)
・通関料(免税)
・保険料(非課税)
・書類作成料(課税)
・航空運賃立替金
これらの項目は何費で計上したらよろしいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

経理規定ではどうなっていますか?
以前の輸出の時の処理は?
このような費用にについては「適当な科目に分類して営業損益区分に記載し」と規定されているだけで、
企業が適切な科目を決め、常に同じ処理を行うことが要請されています。
企業外部者では
通常、販売費及び一般管理費の
・取扱手数料(免税)・通関料(免税)・書類作成料(課税)
は「支払手数料」「業務委託手数料」等
・航空運賃立替金
は「荷造運賃」「運送料」「発送費」等
・保険料(非課税)
「保険料」等

が使われますが、これが特殊な業務でめったに行われず
企業の勘定科目設定に適切な物がなければ「雑費」と言う選択肢もあります・・・としか言えません。

Q事故による修繕費と受取保険金の課否判定

事故があり、会社で修繕費用を払い、後日保険会社から保険金を受けます。
その時の仕訳と修繕費を払った時、保険金を受けた時の仕訳と消費税の課否
はどうなりますか?

修繕費を払った時
修繕費(税込み) ××/現金 ××
保険金を受けた時
現金 ××/雑種収(不課税) ××

で良いのでしょうか?これでよければ会社としては、仕入税額控除できるの
お得のような気がするのですが。

Aベストアンサー


修繕費を払った時
修繕費(税込み) ××/現金 ××
保険金を受けた時
現金 ××/雑種収(不課税) ××

でOKです。仰る通り、支払う修繕費には消費税が課税され、受取る損害賠償金は消費税不課税ですので、会社としてはお得になります。

Q商品が破損していた場合の仕訳を教えて下さい

個人事業主です。
棚卸で商品100万円のうち、50万円が売れたので
50万円在庫のはずですが
7万円が破損していて、3万円をサンプルに使ったので
40万円しか残っていません。
そういった場合もどの様に仕訳すればよいか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

◇破損した商品は売れないので廃棄します。

〔借方〕棚卸資産廃棄損70,000/〔貸方〕他勘定振替高70,000

仕訳しないで放っておけば、自動的に売上原価に算入されます。
仕訳するかしないか、好きな方を選んで下さい。
どちらでもいいです。


◇商品を無償見本(サンプル)として顧客に渡した場合。

〔借方〕見本費30,000/〔貸方〕他勘定振替高30,000

仕訳しないで放っておけば、自動的に売上原価に算入されます。
仕訳するかしないか、好きな方を選んで下さい。
どちらでもいいです。

Q保険会社が支払う保険金の消費税

こんにちは、
例えば、
自損事故をして、保険会社が修理費を支払う場合の保険会社の消費税の処理ですが、

・契約者に修理代相当額支払った場合は、課税対象外

になると思いますが、

・契約者の指示で修理工場に直接修理代を支払った場合は、
課税仕入になるのでしょうか?
課税対象外になるのでしょうか?

もちろん、修理工場側の経理は、「課税売上」が立つと思いますが、
保険会社の処理はどうなるのでしょうか。

ご存知の方お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

>契約者の指示で修理工場に直接修理代を支払った場合は…

契約者を介さず、保険会社が修理工場へ直接修理代を支払ったとはいえ、保険会社側の支払要件は、あくまでも「保険契約者」への「保険金」です。
出金先が「契約者」でも「修理工場」でも、保険会社の支払要件は変わりようがありません。
保険会社が契約者へ支払う保険金は「課税対象外」ですから、この場合、保険会社の支払う修理代金相当額は「課税対象外」の経費ということになります。

質問者様は「課税売上」の相手方の「課税仕入」がどこに発生するか疑問に思われているようですが、「課税仕入」は、「保険契約者」が支払う「修理代」に発生します。

仕訳を起こすと解りやすいですよ。

(例)
社用車が自損事故を起こしたため、修理したところ修理工場から代金105,000円(税込)の請求が来た。
修理代金は契約している保険で賄うこととし、請求額を保険会社に知らせ、修理工場へ直接振り込んでもらえるように依頼した。

・保険会社
保険契約者から破損した車両の修理代金が105,000円との報告があった。
依頼により、保険金は直接修理工場へ振り込んだ。
保険金105,000円/現預金105,000円

・修理工場
保険会社から車両の修理代金105,000円が振り込まれた。(内5,000円は消費税)
預金105,000円/売上100,000円
      /仮受消費税5,000円

・保険契約者
保険会社から車両の修理代金105,000円(税込)を修理工場へ振り込んだとの報告があった。
修繕費100,000円 /雑収入105,000円
仮払消費税5,000円
(損害保険金は原則非課税)

至極大雑把ですが、三者の処理は概ねこんな感じになります。
二者間のやり取りですとシンプルですが、三者間になるとちょっと面倒くさいですね。

以上、少々解りづらいかもしれませんが、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

>契約者の指示で修理工場に直接修理代を支払った場合は…

契約者を介さず、保険会社が修理工場へ直接修理代を支払ったとはいえ、保険会社側の支払要件は、あくまでも「保険契約者」への「保険金」です。
出金先が「契約者」でも「修理工場」でも、保険会社の支払要件は変わりようがありません。
保険会社が契約者へ支払う保険金は「課税対象外」ですから、この場合、保険会社の支払う修理代金相当額は「課税対象外」の経費ということになります。

質問者様は「課税売上」の相手方の「課税仕入」がどこに発生する...続きを読む

Q不良品処分の会計処理について

衣料品小売店において、不良品(自己)や売れ残り品を廃棄処理した際の仕訳を教えてください。初歩的な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

商品の廃棄に関しては、本来棚卸資産の費用化なので、期末棚卸高から控除されていれば、売上原価として費用化できます。
しかし、売却したわけではないので、売上原価から除き、営業外費用や特別損失として別建てする必要があります。
会計では、このようなケースを「他勘定振替」といい、PL表示上はグロス計上された当期商品仕入高から間接的にマイナスし、別勘定で改めて計上することになります。
帳簿上の仕訳としては、商品廃棄損とか雑損失として、仕入勘定から振り替えます。
いずれにしても、本質は、「本来、売上原価計算の対象となる仕入物が、本来の売上原価計算からはずれて、他勘定へ振り返られる」ということです。
そこが明示できれば、ある意味、勘定科目は「雑損失」でも「廃棄損」でもかまいません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報