マルシェル新規登録で5000円分当たる

建築士って先生と呼ばれているんでしょうか?
例えば、企業とかで建築職?のようなかんじで普通の社員でも先生と呼ばれるんですか?
建築士で先生と呼ばれるのは、どのような場合ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

3です、仕事前ダッシュで、ご了承下さい。


事務員からは役職で呼ばれます。
「課長」とか。
役職がない場合苗字「吉田さん」とか。
先生は有り得ません。

「先生」が飛び交うのは小学校等教職に限られるでしょう。
生徒が「先生」と呼ぶ以上先生同士も「先生」、この方が一貫性があり生徒も混乱しないでしょう、そんな理由からでしょうか?。
他には建築関係の場合先に書いた営業の「おだて」の類。
それと一般の方から専門家として見られる場合。

>個人の設計事務所で、建築士の仕事をしている場合は先生ということですね。
いや、やはり「先生」の定義の問題でしょう、物を教える立場であれば「先生」もしっくり来ますが先述の様に様々なパターンがあると考えます。

急いでますので読みづらいでしょうがとにかく事務所内で同所員や事務、会計、アルバイトが「先生」と言う事は有り得ません。
部外者が電話なんかで「先生お電話です」なんて聞いたら「ひどい社員教育!」と馬鹿にされるでしょうね。
    • good
    • 1

ものすごく多い例ですと・・・クロス屋さんや、建材メーカーなどの営業の方が設計事務所(私の場合)に来ます。


半分位は私の名前を呼ばず「先生」と言いますね、まあおだてているつもりなのですよ。
「先生」と呼ばれて気分を害する人は少ないとでも思っているのでしょうかね?、少なくとも私は違います。
営業戦略の基本であると分かっている以上嫌味に聞こえることが多い、どちらかと言うと気分は良くないですよ。(実際先生なんて柄ではありませんし)

まとめますと営業は仕事柄、馬の骨でも「先生」と呼ぶ、設計依頼される一般の方は専門知識が有ると言うそれだけの理由で「先生」と呼ぶ、一級であれ二級であれ無級であれ、そんな程度のお話だと捉えております。

付け加えますとさすがに20代前半位、若さ丸出しの建築士には一級であろうとそうそう言わないでしょうね。
経験不足が顔に書いてあれば先生なんてイメージは到底沸かないでしょうから、言えばさすがに嫌味丸出しになりますから。

と、徒然思い付くまま書いてみました、ご参考まで。

この回答への補足

個人の設計事務所で、建築士の仕事をしている場合は先生ということですね。
事務所内の事務職員から「先生、お茶です」とか、そういう会話はありますか?

補足日時:2008/06/18 20:25
    • good
    • 2

>建築士って先生と呼ばれているんでしょうか?


一般に先生と呼ばれるのは、一級建築士の資格者が対象です。
同じ会社内では、先生とは呼ばれませんが、他社から来た方に「先生」と言われる事がよくあります。
私が20代後半に一級建築士を取得した時に、「仕事が出来なくてもこれで先生だね。」と冷やかされた記憶があります。
建築士の全てが先生ではありません。
ご参考まで

この回答への補足

建築企業の設計部門で働いている、社員も外部の人間には先生と言われるということですか?

補足日時:2008/06/18 20:27
    • good
    • 0

会社では先生とは呼ばれません。

事務所で指導を受ける職員は先生と呼びます。

この回答への補足

指導を受ける職員って、普通の事務員のことですか?

補足日時:2008/06/18 20:29
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先生と呼ぶ

私は設計事務所に勤めてます。

一応一級建築士(女)ですが、まだ会社に入って何年かです。

所長と、もう一人の所員(10年くらい在籍中に一級建築士を取った30代男性)は、

よく「先生」と言われています。

私は、その、「先生」という呼び方が、とても嫌です。

みなさん、どう思いますか?

Aベストアンサー

>よく「先生」と言われています。
私もそう呼ぶでしょうねえ。
他の回答者さんもおっしゃっていますが、
質問者さんも、いずれ「先生」と呼ばれる事になると思いますよ。
裏ではすでに呼ばれている可能性もありますしね。

>私は、その、「先生」という呼び方が、とても嫌です。
で、ご自身がそう呼ばれるのが嫌だと言うのであれば、
一生懸命修行して、早く独立して自分で事務所を構えちゃってください。
で、その事務所では「一級建築士も『先生』とは呼ばない」というルールを作っちゃえばいいんです。

少なくとも、今の事務所で「先生」と呼ばれるのは仕方ないことです。

「先生と呼ばない事務所」の立ち上げを目指して、頑張ってください。

Q「先生」と呼ばれることがある職業

よろしくお願いします。

「先生」(誰それ先生)と呼ばれる、あるいは呼ばれることがある職業について、
たとえば
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2383740.html
のようにネット上でQ&Aが色々あります。

私が知っていることも含めて整理しますと、
---------------------------------------------------
1.他人に物事を教えることをメインとする人
・教師、保育所・幼稚園・学童保育の先生
・予備校講師、塾講師、家庭教師
・研修・セミナーの講師(講師を務めることを本業とする人)
・料理教室やテレビの料理番組で指導を行う人
・スポーツインストラクター(スイミングスクール、エアロビクス、・・・)

2.高度な専門知識を有し、かつ、さらに深く研究を行うことをメインとする人
・大学・大学院・高専などの教授・准教授・講師
・評論家

3.高度な専門知識をもって他人にサービスを提供することをなりわいとする人
・医師、歯科医師
・弁護士、弁理士、税理士、会計士、司法書士
・美容院、理容店、エステティックサロンの店主・店長などリーダー格
・占い師

4.芸術家
・茶道師範、華道家、日本舞踊家
・画家、漫画家、写真家、映画監督
・作家(小説家、歌人、俳人)
・音楽作家(作詞家、作曲家、編曲家)
・日本の伝統音楽の演奏の師範・専門家(箏曲師範、三味線師範、浪曲師、・・・)
・その他の演奏(指揮者、有名な楽団の団員、有名なソリスト)

5.強い人(=その道で力や技術が抜きん出ている人)
・囲碁棋士、将棋棋士
・柔道家・柔術家、剣道家、空手家、合気道家
・(時代劇に出てくるような昔の)用心棒

6.例外
・国会議員、地方議員
---------------------------------------------------

【質問】
A、Bのいずれか一方でもよいので教えてください。
A)上記で不足、もしくは問題があれば教えてください。
B)実際に「先生」とは呼ばれていない職業で、「先生」の要件を満たしていると思われる職業があれば教えてください。

私はBの例としては、
・シンガーソングライター(作詞・作曲して歌まで歌っている)
が思いつきます。

よろしくお願いします。

「先生」(誰それ先生)と呼ばれる、あるいは呼ばれることがある職業について、
たとえば
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2383740.html
のようにネット上でQ&Aが色々あります。

私が知っていることも含めて整理しますと、
---------------------------------------------------
1.他人に物事を教えることをメインとする人
・教師、保育所・幼稚園・学童保育の先生
・予備校講師、塾講師、家庭教師
・研修・セミナーの講師(講師を務めることを本業とする人)
・料理教室...続きを読む

Aベストアンサー

ずれているかもしれませんが、競馬場の厩舎では調教師が馬主のことを「先生」つけてよんでますね。

Q一級建築士って難しいの?

今、話題の一級建築士ですが、この資格の難易度ってどんなものですか?
受験資格や合格率はどんなもんなのでしょう?
また、この資格を持っていると、どんなことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

資格の難度についてはいろいろな見方があります。
受験資格、合格率、試験制度

合格率からすると他の国家試験では、もっと低いものがありますので(10%を切るもの)、試験自体の難度はそれほど高くないと思いますが、2段階に試験が行われること、受験資格を有するには実務経験が必要なことなどから、国家試験の中では、難度は高いといえると思います。

でも実務経歴だけで受けられる道もあるので、学歴がないと受けられない資格と比べれば受験資格はそれほど困難なものではないと言えますし、3段階の試験がある試験や、1次試験合格後実務経験を必要とする資格もあるので、それらと比べれば、試験システム自体も最高難度のものとは言えません。

だから、他の資格と比べると上の下か、中の上ぐらいの難度ではないかと思います。

また、1度取得してしまうと、生涯有効なので、更新を必要とする資格に比べて維持するのは楽だと思います(これが問題なので、今後は修正されると思います)。

どんなことができるかというと、先の回答にあるように一定規模の建築物の設計や施工監理(図面通り造られているかを監理すること)を行うには必要な資格です。

ただし、建築士は偽造問題がらみのニュースによると、約30万人いるそうで、そのうち設計業務を行っているのは、3万人程度で、他は建設会社などで現場監督など施工管理(図面通りに造るようにしていくこと)を行っている人が多いようです。

ちなみに、業界では一級建築士のことを「足についた米粒」などと卑下していうこともあります。取らないと気持ち悪いし取っても食えないので。
話題の事件の張本人も得意先の圧力を述べていましたし。

まあ職業のための資格としては、資格だけで食っていけるほどの希少価値のある重要な資格ではなく、実力が必要なのは他の多くの資格と同様です。


ちなみに件の事件では、法律上必要な手続きである確認申請の多くは他の建築士の名前で行われています(この書類にサインするには建築士の資格が必要)。
これは設計上の最終的な責任者を明示しています。

現在の建築設計は高度に複雑になりすぎて、専門分化が進んでいることもありますが、外注先から納品された構造図面を元請の建築士がもっと検査していれば、イーホームズをはじめとする検査機関に提出されることなく、偽造件数は低減できたのではないかと思います。

すなわち、試験難度にもまして、責任の度合いの大きい資格であると思います。

資格の難度についてはいろいろな見方があります。
受験資格、合格率、試験制度

合格率からすると他の国家試験では、もっと低いものがありますので(10%を切るもの)、試験自体の難度はそれほど高くないと思いますが、2段階に試験が行われること、受験資格を有するには実務経験が必要なことなどから、国家試験の中では、難度は高いといえると思います。

でも実務経歴だけで受けられる道もあるので、学歴がないと受けられない資格と比べれば受験資格はそれほど困難なものではないと言えますし、3段階の...続きを読む

Q2級建築士の勉強方法について。

はじめまして。よろしくおねがいします。

去年、独学で受けたのですが、全く駄目で今年もうけようと思ったのですが、自信がなく来年にしようと思っています。

今まで独学で勉強をしてきたのですが、各学科をある程度までは理解ができたとしてもある一定期間1学科をして(例えば法規かた計画へなど)次に違う学科をしても忘れてしまって、なかなかうまくいかなんです。

みなさんどのように繰り返し勉強されているのでしょうか?

また過去問は最低何回されていますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

学科試験は基本的に問題集を解きましょう。一日時間くらい毎日やれば大丈夫でしょう。試験問題を覚えるくらいやれば通るでしょう。

例えば、AはBである。という問題が一度出たとします。しかし、その次の年以降に、AはBではない。とい問題が出ることも有るのです。つまり、焼き直しがよく出るのです。ですので♯3さんの言うとおり何度も解きましょう。そうすれば通りますよ。

頑張ってください。

Q税理士への呼びかけは「先生」ですか?

税理士と話をするとき、「先生」という呼びかけは、普通に使われている言い方ですか?
わたしは、医者や弁護士に対しては、「先生」という呼びかけは普通だと思っているのですが、税理士もそうでしょうか?
なら、司法書士も「先生」でしょうか?

今まで、税理士に相談するような用件がなかったので、全く関心を持っていなかったのですが、一昨日税理士事務所へ電話をしたところ、留守番の女の子が(多分事務員)、「先生は・・・」といわれたのでビックりしました。

用語上の正否(適不適)をお尋ねしているのではなく、社会慣習をお聞きしているのです。
相手さえその言い方を”不自然と思わなければ”、何とでも言おうと思っています。

Aベストアンサー

教師、医師、弁護士を先生と呼ぶのは尊敬の念から自然に出てきますが、政治家、税理士、司法書士、理美容師の場合は、「お世話になる「先生」のご機嫌を損ねないため。」という思いが強いのではないでしょうか。

Q建築家で建てる家のデメリットは?

現在、マイホームをどこで建てようかを悩んでいます。
予算の都合上、大手ハウスメーカーは困難ですので、主に
中規模の工務店の話を聞いていました。
しかし、思ったような間取り、デザインがなく、何か物足り
なさを感じていたのですが、たまたま建築家と建てる家という
雑誌を見ていたら、気に入るものがたくさんありました。
いくつか気に入った建築家の方の話を聞いてみようと思うの
ですが、建築家と建てる家にはデメリットとしてどんなこと
が挙げられるのでしょうか?
一番気になるのは、構造・断熱などの基本性の面と、建った
後のアフターに関してです。

Aベストアンサー

デメリット
1ローコスト住宅には向かない。建築費の1割程度の設計管理料がかかると言われていますが、ローコスト住宅ですと、1割以上かかる場合もあります。

2デザインを気にする・・・・偽物を使いたがりません。サイディングやら木目調のアルミなど。またオーダー品が好きですね。天井まで、すっきり伸びた扉などなど。このあたりはよく打ち合わせする必要が有ります。

3打ち合わせ時間がかかる・・・・自分の好みを必ず設計士に伝えておくひつようがあります。設計士の仕事の半分が打ち合わせですよ。

4意外と金銭感覚がない・・・・一応設計士は総予算を言いますが、結構はずれます。実際に仕入れて売っている訳では有りませんので。工務店の見積にもばらつきが有るというのも現状ですが。

5アフターは無いと思って下さい・・・弱小の設計事務所が多いので、自腹を切って、(設計ミスによる)不具合を修理したり要求することは無理です。リフォームとか、インテリアなどの相談には乗ってくれます。

6たまにとんでも無いミスがある・・・・例えばトイレに換気扇を入れ忘れたとか(笑)←経験者語る

そう言う私は設計事務所派です。いい家を出来るだけ安くたたいて工務店に建ててもらうには設計事務所が必要なんです。合い見積もりをとるためにはどうしても、基準となる図面が必要なんです。私からすれば、よく概算のプランなどでHMと契約出来るな~っって思ってしまうんです。これでトラぶった人は多いと思いますよ。

デメリット
1ローコスト住宅には向かない。建築費の1割程度の設計管理料がかかると言われていますが、ローコスト住宅ですと、1割以上かかる場合もあります。

2デザインを気にする・・・・偽物を使いたがりません。サイディングやら木目調のアルミなど。またオーダー品が好きですね。天井まで、すっきり伸びた扉などなど。このあたりはよく打ち合わせする必要が有ります。

3打ち合わせ時間がかかる・・・・自分の好みを必ず設計士に伝えておくひつようがあります。設計士の仕事の半分が打ち合わせです...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q建築士を持って働ける公務員の仕事は何がありますか?教師以外でお願いします。

建築士を持って働ける公務員の仕事は何がありますか?教師以外でお願いします。

Aベストアンサー

元公務員です、
国家公務員でも地方公務員でも探せばいくらでもでてきますよ。

国土交通省の技術職
http://www.mlit.go.jp/saiyojoho/event/synthesis_tech.html

東京都職員採用(技術職員)(他の自治体もある)
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験(他地区もある)
施設系技術職員
http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/job/technology_index/

Q女性に質問です。結婚する時貯金いくらありましたか?

こんばんは。
1年後をめどに結婚を予定しているのですが、
正直なところ、恥ずかしながら貯金がほとんど
ありません(今のところ10万円くらいです…)。

彼の方は、正確な額はわかりませんがかなり貯金が
あるようで、「お前の金はあてにしてないからいいよ」
と言ってくれています。

とはいうものの、結婚するにあたって色々お金がかかる
のに全て彼に任せてしまっていいものだろうかと
思っています。

今から少しでも貯金をしようかとも考えているのですが
お給料が安い上に一人暮らしなのでなかなか貯めるの
も大変で…。

結婚された方または結婚を控えている方、
正直なところ貯金はいくらくらいありましたか?
参考にさせていただきたいので宜しくお願い
致します。

Aベストアンサー

ご婚約おめでとうございます。
頼もしい彼氏さんで心強いですね。

18歳から9年一人暮らしをして27歳で結婚しましたが
300万円くらいでした。
夫は実家暮らしで600万円くらい。

私は計算が苦手なので、公共料金等の口座引き落とし用の口座と、生活費用の口座と、貯金用の口座を分けて使っています。給料日の翌日に引き落とし用の口座にはその月に引き落とされる金額だけ、貯金用には毎月定額を、残りは生活費用の口座に預け入れをしています。

貯金額はいつまでにいくら貯めたいかを決めてから、それを月で割るようにしています。一年後に30万円貯めたいとしたら月2万5000円づつ貯金って感じです。
月の決めた額だけは必ず貯金するようにして、臨時収入があったら交際費に当てるようにしているので、貯金用の口座ではなく生活費用の口座に入れて
使ってしまいます(^^ゞ

具体的な目標があれば頑張れるのではないでしょうか。無理し過ぎないよう彼氏さんと協力して準備期間を楽しんで下さいね。新居を決めたり新しく電化製品を買ったりする時期が一番楽しいと思いますので。
お幸せに。

ご婚約おめでとうございます。
頼もしい彼氏さんで心強いですね。

18歳から9年一人暮らしをして27歳で結婚しましたが
300万円くらいでした。
夫は実家暮らしで600万円くらい。

私は計算が苦手なので、公共料金等の口座引き落とし用の口座と、生活費用の口座と、貯金用の口座を分けて使っています。給料日の翌日に引き落とし用の口座にはその月に引き落とされる金額だけ、貯金用には毎月定額を、残りは生活費用の口座に預け入れをしています。

貯金額はいつまでにいくら貯めたいかを決めてから、それを...続きを読む

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む


人気Q&Aランキング