良いアイデアがあります。特許として申請しようかと思っていますが、実際に実現できることを確かめたわけではありません。特許として認められる見込みがあるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>実際に実現できることを確かめたわけではありません


実際に確かめていなくても、具体的にこのように構成すればこうなる筈だと言うことを論理的に記載できていれば認められる可能性があります。

一昔前は、企業が出す特許の実施例は「頭の中で実施した例」と言うのが当然でした。しかし、何年か前に、大学の先生の出した特許でデータねつ造が社会的問題となったため、最近は企業も実施していないことを実施したかのごとく書くことは少なくなりました。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/2006 …

表現も「実施例」とは言わず「実施の態様」と言う方が多くなりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。評価をするのにかなり迷いました。
外の方の意見も大変に参考になったのですが、2人の方しか評価できないのが残念です。

お礼日時:2008/06/26 06:23

適切な知識を持った人間が特許明細書の記述に従えば実現できるのならば、実際に実現してなくても認められる可能性はあります。



ただし、このような「思いつきだけ」特許の場合には以下のような不都合があります。
・自分の中でも具体化できてないので拒絶査定されたときに十分な反論が出来ないかもしれない
・周辺特許の抜けや回避策が見いだされ、有効な特許にならないことがある
・無効審判を起こされ、そこで実現できないことが明らかになった場合、無効になることがある
    • good
    • 0

>特許として認められる見込みがあるでしょうか?


特許庁の審査官が実現可能かどうか見分けることができず、かつ新規性と進歩性を具えていると判断すれば特許は取れる可能性はあります。
しかし、特許を受けられる発明の要件は、産業上利用することができる発明(特29)となっていますので、実現不可能な架空のアイディアは産業上利用できませんので特許は取れません。というか、登録できても意味がありません。
    • good
    • 0

こんばんは。



特許でも実用新案でも、どちらでもいけると思います。

自然法則に反しているなどの不適格要因がなければ(ぶっちゃけ、自然法則に反していても、それが証明されなければ)、現実問題、特許として成立します。

ところで、
いらぬお世話かもしれませんが、
特許のアイデアが思い浮かんでも、ほとんどの場合、同じことを考えている人は世の中にいるものです。
よって、従来の特許に対して新規性を持たせるため、たとえば「技術の付け足し」が必要になったりします。
まずは、こちらの「11.公報テキスト検索」で検索してみては。
http://www.inpit.go.jp/info/ipdl/service/index.h …
    • good
    • 0

それは実用新案ですね。


アイデアだけでもOKですよ。
特許は『発明』ですが実用新案は『考案』と少しレベルが下がります。
http://homepage3.nifty.com/tecfuji/page011.html
実用新案で検索してみてください。
    • good
    • 0

全くありません。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書有効期限

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和50年に日本の特許庁に登録されております。

ここで質問したいのは、この契約書は今でも有効なのでしょうか。特許の有効期限は20年ですが、有効期限のない契約書しかも債権の話でもない契約書がいつまで有効なのか知りたいです。
いわゆる、「解除申し込み」による解除をしなければならないのでしょうか。そうなると、「寝た子を起こす」ことになり、到底、受け入れてはくれないと予想されます。

契約書を締結したA,Bの社長は現在では在籍しておらず、またこれらの問題にかかわった関係者も会社を去っています。

昨今、海外からの対象製品に関する引合いも多く、いつまでも「契約書があるから。。」で断っているほど、弊社も余裕はない状況です。できれば正々堂々、商売をしたいと思い、質問させていただきました。

回答をお願いいたします。

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和5...続きを読む

Aベストアンサー

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、おそらく大丈夫だろうと突っ走ってしまうと、
あとで、B社から訴訟などを起こされてしまった場合、
(誰かに変な知恵をつけられて裁判を起こす可能性もあります)
仮にあなたの会社が勝ったとしても、
そのためにかかる労力や手間、
さらには企業の信用力への影響は
計り知れないものがあります。
(銀行からの融資で難色を示されたり、
 取引相手から訴訟が落ち着くまで
 しばらく取引を見送りたいと言われることもあります)

会社間の契約というのは
一部の社員の独断で反故にしたり、
勝手に無効という判断をするにはリスキーすぎます。

もし、会社に顧問弁護士という立場の人がいるのであれば、
責任ある上司の方を通じて、
穏便な解決方法について
相談するのがベストだと思います。
そのために顧問料を払っているわけですしね。

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、お...続きを読む

Aベストアンサー

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の中身はわかりませんから、いくら専門家と言えども発明者の本当の意図通りの絵は絶対に描けません。

特許というのは、クレームで明確に言及されているもの以外にも、
発明者本人がきちんと認識していなかったor重要だと思っていなかった(当然だと思っていた等)の隠れた発明がひそんでいて、
実はそっちのほうが重要だった、なんてことはよくあるんですが、
この場合でも明細書や図面にその隠れた発明が表現されていれば、後から分割出願して権利を主張できます。
で、図面には、文の10倍くらいの情報がつまっています。
また、文は書いた人が書いた時点で重要だと思っている部分しか書かれないのにたいして、図には頭の中で当然視している事柄も含めて図示されますから、
基本的には、発明の本質は図面に表れることになります。

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の...続きを読む

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q特許申請中のアイデアに実施権は設定できるか?

みなさんにいつもお世話になっています。
実は、特許申請中のアイデアがあるのですが、それに対して、
特許実施権の設定は可能なのでしょうか?

特許実施権を設定する契約書式はいろいろ目にするのですが、
申請中の段階で実施権を設定する契約書を見たことがありません。

可能か否か教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 全く問題ありません。し、そういう契約は(も)普通です。どんな契約でも可能です。(公序良俗違反や、嘘・矛盾などが無限り。)

 特許されるまで何年も掛かるので、その間に技術が陳腐化する可能性も有り、発明者も実施者も早く商業化したいと考えるのが普通です。

・特許申請中
・特許後
・特許申請却下後

などで条件を設定する場合が普通でしょう。発明者/申請者側に有利な方法は、

●将来の特許性(特許化)は保証しない。(が、)
 ・特許時には一時金を払う
 ・特許後は各種条件を上げる
 ・特許申請却下後も同じ条件
 ・外国特許の場合は条件を付ける

 更に、「第三者の特許を侵害しない事」の保証をしない事も、場合によっては必要です。

 

QCPC

「消化器疾患CPC」
この場合のCPCの意味を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

Clinico Pathological Conferenceの略です。
ある患者さんの臨床症状と解剖から得られる病学的所見から、治療がどうであったかなどが検討されます。

Q試作品なしでアイデアだけで特許をとれますか

ある発明品のアイデアはあるけれども、試作品を作る設備や資金が無い場合は、特許をとることは不可能なのですか。

もし不可能ならば、試作品を作れる設備や資金のある会社等に売り込んで、試作品を作ってもらって特許出願をするのでしょうか。
その場合は、特許の権利はその会社のものになってしまうのでしょうか。

詳しくご存知の方は、教えてください。

Aベストアンサー

アイデアだけでも特許は取れます。ただ、具体的な記述は必要ですので、どの段階までのアイデアかが問題です。
メカ系であれば、少なくとも全体組立図程度のラフスケッチは必要で、出願原稿はそれに沿って内容を説明していくことになります。
それぞれがどんな機能の部品で、それらによりどのような効果が得られるかの記述が求められます。
ソフトであれば、フローチャートや画面イメージ等が必要です。
そこまで具体化していないと特許化は無理です。

Qセリウムの錯体

BZ反応に硝酸セリウムアンモニウムを触媒に用いた場合。溶液中でセリウムイオンの状態はどうなってるんでしょうか?お知りの方はいらっしゃいますか?着色の原因である4価のセリウムが無色の溶液のときにどうなっているかを知りたいのですが・・・

Aベストアンサー

セリウムは、3価と4価の状態があり、4価イオンが着色しています。 しかし、Ce4+の色は、余り強くありません。
 無色の場合は、Ce3+でしょう。

Q特許庁で特許申請(自分で考案したもの)

まず、おはずかしながら・・・特許申請と実用新案とあまり違いが分かっていません。

教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?
それとも、設計図のようなものを申請書と一緒に申請するのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、手順などを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?

試作品は要りませんが、当業者が発明の構成を理解できる程度に詳しく説明した書類を特許庁に提出することが必須です。
また、それで足りない場合には図面を添付します。

その辺の基本的なことは、特許庁のHPにも解説があるでしょうし、発明協会及び弁理士会の無料相談も有効です。
是非下記URLをご覧ください。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
http://www.jiii.or.jp/
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1278615

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作っ...続きを読む

Q国内特許出願でIPCとFIとFタームは必ず必要?

特許の国内出願に関して教えてください。
国際分類の「IPC」と、国内分類の「FI」および「Fターム」の3つは、出願する際には必ずコード選択されているものなのでしょうか。それとも省略可能なものもあるのでしょうか。
特許検索をする際に、これらのコードで検索しようと思っているのですが、もし省略されているとすると、取りこぼしが発生してしまうのでは、と懸念しております。

Aベストアンサー

大前提として、コンピュータ検索では取りこぼしは「必ず発生します」。
IPCやFタームを使ってもです。

ただ、キーワード検索を行うより、IPCやFIなどの分類記号を使うことでヒット率を少しでも上げようとするシステムです。

IPC、FI、Fタームは、特許庁の分類担当官が付与します。願書には一応IPCの記載欄がありますが、IPCを普及させるために出願人自身にできるだけ調べてもらおうという趣旨で記載欄が設けられているだけで、担当官は多くの場合無視します。また、Fタームは、あくまで先行技術文献調査の目的で作成されたコード体系なので、既に同じ技術についてFタームが付与されている場合などは後から出願されたものについては意図的に付与されていないこともあります。

各分類体系などについて、まずは詳細な知識を得ることが肝要です。

コードが付与された年度などによっても、実際に付与した担当官によってもばらつきがありますし、Fタームも数年後との改訂などで一律ではないのですが、キーワード検索よりはマシという感覚を持つことが大事です。漏れのない調査をするには、やはり時間と人を費やしてマニュアル検索しかなく、その場合の調査費用は数十万~百万以上になることもあるので、うまくコンピュータ検索を使って少ないコストで最大限の結果を生み出せるように頑張ってください。

大前提として、コンピュータ検索では取りこぼしは「必ず発生します」。
IPCやFタームを使ってもです。

ただ、キーワード検索を行うより、IPCやFIなどの分類記号を使うことでヒット率を少しでも上げようとするシステムです。

IPC、FI、Fタームは、特許庁の分類担当官が付与します。願書には一応IPCの記載欄がありますが、IPCを普及させるために出願人自身にできるだけ調べてもらおうという趣旨で記載欄が設けられているだけで、担当官は多くの場合無視します。また、Fタームは、あくまで先行技術文献調査の...続きを読む

Q特許申請について先日質問させていただき、未婚の未成年者は、特許法7条の

特許申請について先日質問させていただき、未婚の未成年者は、特許法7条の「独立して法律行為をすることができるとき」を満たしておらず、特許に関する手続きができないとわかりました。

回答の中に、未婚の未成年者と成年被後見人は、特許申請ができないと書かれていたのですが、そこで疑問に思った事があります。

市役所の非課税の人の記述の中に、障害者、未成年者、老年者で前年の合計所得が125万以下という記述がありました。

身体障害者や精神障害者や老年者は成年被後見人となり、特許申請できないとなるのでしょうか?

この考え方だと、障害者や老年者が全て、成年被後見人となってしまうのですが…。
どう考えたらよいのでしょうか?

知っている方いらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法定代理人によらなければ手続(特許出願も手続の一つ:特許法3条)できないということは、逆に言えば、法定代理人を通して手続できる、という意味になります。
具体的に、願書では、【特許出願人】未成年者A、【法定代理人】Aの親等(法定代理人)、となります。
弁理士や弁護士を代理人(委任代理人)にする場合には、法定代理人(未成年者ではなく)から弁理士・弁護士への委任する、ということになります。
このまま特許になれば、未成年者Aが特許権者になります。
ただ、他人にライセンスしたり権利を譲渡する際は、法定代理人が契約書に署名・捺印することになります。
出願段階の出願人の変更も同様です。
なお、出願に際して特許庁から委任状は要求されません。
出願の取り下げ、審判請求などの特定の手続を行うときだけ要求されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報