今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

直線性(リニアリティー)という項目で、0.5%F.Sというものを見かけます。これは、どのようなことを意味するのですか?
また、これはどのようにして求めるのですか?
教えて下さい。お願いします。

A 回答 (4件)

#3です。

指名されてはいませんが、よろしく。

>実験などで得たデータにおいて、グラフ化したときに、理論的には直線になるべき物がずれていた場合

と、ありますが、この場合の判断の結果はふたつあります。
1、理論が間違っている
2、測定機器に誤差がある。
1の場合はおいておいて、2の場合です。この誤差を非直線性といいます。

入力と出力の関係を直線とするもの(発信機、測定器、AD変換機、なんでもいいのですが出と入のありもの)で、入力を変化させた場合に理論的な値と出力の値がどれだけ外れているかを示すものが<直線性>です。
と、#2さんのHPと同じ返事になりました。

装置の性能をあらわす時にも使うものです。
    • good
    • 0

指示計の場合です。

精度や誤差の意味合いを含みます。

0~100Vを測る電圧計です。
0.5%FS(フルスケール)だから0.5Vになります。
10Vの入力で、9.5Vから10.5Vの指示
50Vの入力で、49.5Vから50.5Vの指示
100Vの入力で、99.5Vから100.5Vの指示

入力に対して常に指示値がプラスマイナス0.5%FS(この場合0.5)になります。
    • good
    • 0

F.S.はフルスケールの略です。



直線性については下記URLの非直線性をご覧ください。

参考URL:http://microscience.co.jp/page/databook/faq/qa3_ …

この回答への補足

ありがとうございます。
URLを拝見しました。
例えば、実験などで得たデータにおいて、グラフ化したときに、理論的には直線になるべき物がずれていた場合などには、このデータの直線性は、いくらであるか?というようには、直線性というものを使わないのですか?
もし使うのなら、どのように直線性を求めるのですか?
また、直線性とは、AD変換のときのみに使用する要素であって、この場合には使用しないときには、この場合どのような要素でこのデータのひずみ具合とか直線性みたいなものを表現するのですか?
変な質問してすみません教えて下さい。

補足日時:2002/12/02 21:09
    • good
    • 0

たぶん、factor of safety(安全率)の事じゃないでしょうか?


非直線性が0.5%まで保証されてますよ、って事だと思います。

モノがわからないんで何とも言い様がないのですが、例えばスペクトルアナライザとかだったら、許容入力電圧の最大値のほうで、実際にテストパルスを入力してずれが0.5%だった、とかでやっているんじゃないんでしょうか。

自信なくてすみません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直線性の求め方

数値Xと数値Yと乗数Kとして、Y=KXのとき、
数値の組数をnとしたとき、
ΣΔ^2=Σ(logeYi-logeXi-logeK)^2が
最小になるようなKは、どのように求めればいいか
誰か教えてください。

Aベストアンサー

失礼!
最後の方を以下のように訂正します。
n・logeK=Σ{loge(Yi/Xi)} より
loge(K^n)=Σ{loge(Yi/Xi)}
K^n=Π(Yi/Xi)

∴ K={Π(Yi/Xi)}^(1/n) となります。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q風速から風量の計算方法

風速から風量の計算方法

風速10m/sでダクトの表面積が500平方cmだとしたら、どういった計算方式で風量(m3/min)が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

10m/s×500cm^2=10m/s×0.05m^2=0.5m^3/s=0.5×60m^3/min=30m^3/min


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング