約束手形¥300,000が不渡りになり、満期日以降の利息¥12,000とともに、当座預金から引き落とされた。
不渡りとなった手形は、ただちに得意先秋田商事へ償還の請求をした。
不渡手形312,000/当座預金312,000
(この仕訳は理解できました)
不渡手形で処理されていた受取手形¥300,000が償還され、満期日以降の法定利息¥15,000とともに、本日当座預金口座に振り込まれた。
当座預金315,000/不渡手形312,000
              受取利息3,000
2つともつながりがあります。どうしてこうなるのかさっぱり分かりません。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問の内容からすると


秋田商事から受け取った受取手形を、"A社に対して裏書譲渡してる"
という取引が前提にあるはずです。

<手形の流れ>
秋田商事(支払人)→ 当社(裏書人)→裏書譲渡→ A社(受取人)

参考URL
http://www.jusnet.co.jp/business/siwake4.html
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/hirokida/boki3/2text/ …

上記、参考URLを見てもらえるとわかるかと思いますが、支払人が
不渡を出すと、
(1)裏書人である当社に支払義務が生じるので、支払を行う。
(2)当社は支払人に不渡の償還請求(遡及)を行う。(今回の場合入金された)

という順番になります。 従って、

(1)不渡手形312,000/当座預金312,000(内利息12,000)
 ※A社に対する仕訳

(2)当座預金315,000/不渡手形312,000
               受取利息3,000
 ※秋田商事(支払人)に対する仕訳

という仕訳になります。

<まとめ>
秋田商事から受け取った手形を"A社に裏書譲渡した"が、その手形が不渡
となったため、当社に支払義務が生じ、A社にその金額を支払った。
当社は、不渡に対して、支払会社である秋田商事に償還請求を行い入金された。

以上、こんな感じです。 疑問点があれば補足してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
よく分かりました。
勉強がとまっていましたが、先へ進めます。とてもうれしいです。

お礼日時:2008/07/20 12:14

こんにちは。

税理士をしています。

No.1さんの仕訳を理解して下さい。
簡単に言うと不渡手形は31200あります。
2つ目の仕訳は利息分も含めて315000です。
満期日以降の法定利息の内3000を多く貰ってます。
利息だから帰還が長いと多くもらえます。
3000は利息なので「受取利息」になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

受取利息が3000円になる理由が分かりませんでした。
ですが、やっと理解できました。
私は利息を2つたして27000円で計算してしまっていて、
3000円は?と思っていたのです。
どうもありがとうございます。すっきりしました。

お礼日時:2008/07/20 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建設仮勘定と仮払消費税について

初めて質問させていただきます。

現在建設仮勘定の仮払消費税の仕訳について調べているのですが、
はっきりとわかりません。

(1)建設仮勘定を計上の際、仮払消費税はたたず内税扱いとなりますか?
 建設仮勘定 10500(税込) / 前払金 10500(税込)
 もしくは
 建設仮勘定 10000     / 前払金 10500
 仮払消費税 500      
 上記(2)パターンの仕訳だとどちらが正しいのでしょうか。

(2)建設仮勘定の相手勘定を前払金ではなく、仕入先未払金として計上できますか?

Aベストアンサー

下の方の引用しているタックスアンサーについてやや説明不足なように思いますので、追加説明させてください。
仕入れにかかる消費税を認識するのは「資産の譲受けや借受けをした日又は役務の提供を受けた日」です。
したがって建設仮勘定に計上した支払い対象が、一契約によって完成したものに対して支払われるか、部分完成基準で引き渡しを受けたものに対して支払われるのであれば仮払消費税を認識します。これにたいしその支払いが着手金であればサービスの提供をまだ受けていませんから仮払消費税を認識することは誤りです。
具体例で説明します。
簡単な建物を建設するとします。
・建築材料315万円(税込)は自社手配し、工事着工前にすべて入手しました。
 建設仮  300 / 設備未払金 315
 仮払消費税 15
・工務店に建築を315万円で依頼し、工事前に着手金105万円を支払った。
 建設仮  105 / 預金  105
ここではまだサービスの提供を受けていないので消費税を認識できません。
・工事が完成し建物の引き渡しを受け、残金を支払った。
 建物   600 / 預金  210
 仮払消費税 15 / 建設仮 405
このように原則通りで処理すると、建設仮勘定のなかにすでに消費税を認識済みのものと、まだ認識できないものとが混在していて処理が混乱するので、完成後に一括して認識するという方法が普通に行われており、税務もこれを追認しているのが引用されているタックスアンサーの答えです。

※支払い時に直に建設仮勘定に記入すると、上記のように消費税抜きのものと消費税込みのものが混在して、完成時の振替仕訳が面倒になってしまいます。どうも質問者さんの会社ではこれを避けるため、着手金の段階では会計的には間違いであることを承知の上で前払金として処理しているように思われます。そうすると建設仮に集計されているのは税抜き金額だけですから、完成振替仕訳が簡単です。

(2)に対する答えは、契約完成時(部分完成含む)の支払いについては未払い金として計上すべきです。

下の方の引用しているタックスアンサーについてやや説明不足なように思いますので、追加説明させてください。
仕入れにかかる消費税を認識するのは「資産の譲受けや借受けをした日又は役務の提供を受けた日」です。
したがって建設仮勘定に計上した支払い対象が、一契約によって完成したものに対して支払われるか、部分完成基準で引き渡しを受けたものに対して支払われるのであれば仮払消費税を認識します。これにたいしその支払いが着手金であればサービスの提供をまだ受けていませんから仮払消費税を認識する...続きを読む

Q手形が不渡りになったときの仕訳は「不渡手形/受取手形」ではないのでしょうか?

京浜商店より売掛金の決済のために受け取り、
過日、港北銀行で割引に付していた、
同店振り出し、当店宛の約束手形\600.000が満期日に支払拒絶されたため、
同銀行より償還請求を受け、小切手を振り出して決済した。
また、期日後利息\2,000は現金で支払い、手形金額とともに京浜商店に対して請求した。

答え
(借)不渡手形 602,000(貸)当座預金 600,000
               現金  2,000

ですが
私は不渡手形が発生した場合は
「不渡手形/受取手形」と暗記していたため
(借)不渡手形 602,000(貸)受取手形 600,000
               現金  2,000
と回答してしまいました。

でもこの場合
「小切手を振り出して決済した。」はどうなるんだろう?とは思いましたが。

質問は
なぜ「受取手形」ではなく「当座預金」なのでしょうか?
問題文に「小切手を振り出して」と書いてあるからですか?

教えてください。

Aベストアンサー

下の方が書かれているように手形割引時に
(現預金)/(受取手形)
の仕訳がされていますので、不渡となったときに貸方に受取手形はきません。
手形割引は銀行に譲渡した手形が決済されることを前提として前受しているので、振出人が不渡を出した場合には受取人が代わりに一旦銀行に払います。
このとき、受取人から振出人への求償権が発生しますので
(不渡手形:振出人に対するもの)/(現預金:銀行への支払)
となります。

Q建物の建設仮勘定について教えてください。

当社は、これから自社建設で新しい建物を取得しようと動いています。そのためこれから支出する費用を建設仮勘定に計上し、完成→引き渡し時に建物または構築物に振替しようと考えています。そこで、質問なのですが・・・
建設仮勘定からの振替ですと、
(借方)建物・構築物(貸方)建設仮勘定
(借方)雑費・修繕費
の仕訳が考えられると思いますが、
建設仮勘定からの振替時に雑費や修繕費とは具体的に
どのような物があるのでしょうか??
またその時に気をつけなければいけないことは、
あるのでしょうか??
教えていただきたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
 ご質問の件ですが、できなくは無いですがやめたほうがいいでしょう。
 というのは、皆様の話のように建仮は資産(建物等)に振るのが前提の科目です。ここでその一部を修繕費に振り返れば、何の目的で振り替えたのか説明が必要になります(たとえば新築の電球は一体で発注している限り建仮です)。
 税務署は費用の過重計上を否認して、税金を取るのが仕事です。一体発注でも内訳書を分けるぐらいの気持ちが必要です。わざわざネタを作ることはないのでは、と思います。

Q不渡手形【貸倒損失か貸倒引当金どちら?】

貸倒れ引当金の残高があり、売掛金が回収不能になった場合、
(1)その売掛金が前期に発生したものならば貸倒引当金を充当
(2)今期発生分なら貸倒損失 になりますよね。

不渡手形の場合に、どう処理するのが正しいのか悩んでいます。

(例) 貸倒れ引当金の残高があり、受取手形が不渡りになった場合

不渡手形 XX 受取手形 XX
           現金等 XX

 【回収できなかった場合】
 (A)貸倒損失 XX 不渡手形XX
   OR
(B)貸倒引当金 XX 不渡手形XX

 【回収できた場合や間に裏書人が入っていた場合】
 現金等 XX 不渡手形XX



貸倒引当金残高がある場合、(A)、(B)どちらが正しいのでしょうか?
(売掛金の場合と同じく不渡手形が発生したタイミング等で異なるのか否か、、etc)

できれば理由も合わせて教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 売掛金の場合と同じく不渡手形が発生したタイミング等で異なるのか否か
貸し倒れ引当金を計算する際に対象となる債権に含まれていたのであれば『貸倒引当金』。その後に発生したものであれば『貸倒損失』。
ですから、3月決算法人だとすれば
・3/31現在所有していた手形
・3/31現在の売掛金
・3/31現在の売掛代金に対する手形
この3つに対しては『貸倒引当金』となりますが、4月以降に発生した売上代金に対する手形が不渡りになったのであれば、『貸倒損失』です。

Q建設仮勘定からの振替について

当社製造業を営んでおります。製造機械の機器部品や高額消耗品(1個40万円程度)を建設仮勘定で仕訳しております。ただ何時使うか決定しておらず(故障時や消耗時に交換するため)1年以上建設仮勘定にあがったまま決算(6月)も超えております。このようなものはこのまま建設仮勘定で置いておいても問題ないのでしょうか?また貯蔵品などに振替が必要なのでしょうか?もし必要であればどのタイミングで振替ればよいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建設仮勘定は、建設中の固定資産を計上すべき勘定科目です。交換部品や消耗品は、建設仮勘定ではなく棚卸資産に計上したほうがよろしいかと思います。

振替は、決算仕訳でおこなえば十分です。

Q満期保有目的債券の満期日の仕訳

社債は満期償還日に
借方に社債を持っていく仕訳

(借) 社債 (貸) 現金など

をしますが
満期保有目的債券も満期日に

(借) 現金など (貸) 満期保有目的債券

という仕訳をしますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

満期保有目的債券は、売買目的有価証券と違って評価がえをしないので
満期を迎えたら決算仕訳は
(借)満期保有目的債券 (貸)当座預金(もしくは現金)
(借)満期保有目的債券 (貸)有価証券利息←ここで帳尻をあわせる

この有価証券利息は(額面-取得原価)×当期の所有月数 / 満期までの月数、で計算します。

Q建設仮勘定振分

社会福祉法人で経理をしています。建設仮勘定を固定資産(建物)に振り返る時に、資金収支計算書(貸方)に、建設仮勘定取得支出の計上をするのですか?(建物取得支出と二重計上になるので、建設仮勘定取得支出を減少させたほうがよいのでは)教えて下さい。

Aベストアンサー

建設中の建物が完成しました。この場合の仕訳。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定

建物建設を依頼し,契約金として一部を小切手で払った。
(借方)建設仮勘定  / (貸方)当座預金

建設中の建物が完成して,残りを小切手で支払いをした。
(借方)建物  / (貸方)建設仮勘定
                  当座預金

建設中の建物が完成したが,残り残額支払いを後日払いとした。
(借方)建物  /  (貸方)建設仮勘定
                   未払金

建設仮勘定取得と言う言葉は?。建設仮勘定は振替では?。後は建設仮勘定増加・建設仮勘定減少と言う考え方になるでしょう。

Q約束手形と為替手形と裏書譲渡のあたりで

約束手形の裏書き譲渡の問題がでると、問題文の意味を理解することに時間がかかるばかりで何も書けなくなります。
また為替手形の3人の登場人物の整理もうまくできません。
当然のこととして、問題がでても解けません。
どうやって理解すればいいんでしょうか?なんとなくおぼろげーに分かったようなかんじがするところから抜けられません。
皆さんは問題文を読んだとき、どう理解するのですか?
また、為替手形や約束手形のケースバイケースの問題の要点整理の方法または法則を教えてください。

Aベストアンサー

おぼろげーなところを狙ってくるのが、問題と言うもので、完全制覇したいですよね。
私は、問題文を読みながら図を描いてました。

ただ、問題文での登場順に描いていってはダメです!自分なりの型を決めましょう!
振出人は右端、受取人は左端とか、手形の流れは実線矢印、金銭の流れは波線矢印とか…。記号だけでなく、位置関係も徹底します。

そしてまず、テキストにあるような正しい取引を何度か図に描きましょう!そして図のイメージを頭に叩き込みます。

それが出来たら、さぁ問題にとりかかりましょう。
問題文に流されず、自分流の図解に置き換えていきます。正しい取引の図解と何処か違ってませんか?そこが解答の鍵です。

約束手形はまだしも、為替、裏書となると、実際に使ってないとイメージがわかないのは当然のことです。私も勉強してた頃は同じような思いを一杯しました。
実感できなくても、ここはひとつ割り切って、手形の問題が出た時の「解き方」として、図を描きましょう。描いて、描いて、描きまくって、パブロフの犬のように、反射で解答できるようになってください。その頃には手形取引のイメージがきっと貴方のものになっていると思います。

おぼろげーなところを狙ってくるのが、問題と言うもので、完全制覇したいですよね。
私は、問題文を読みながら図を描いてました。

ただ、問題文での登場順に描いていってはダメです!自分なりの型を決めましょう!
振出人は右端、受取人は左端とか、手形の流れは実線矢印、金銭の流れは波線矢印とか…。記号だけでなく、位置関係も徹底します。

そしてまず、テキストにあるような正しい取引を何度か図に描きましょう!そして図のイメージを頭に叩き込みます。

それが出来たら、さぁ問題にとりかかりまし...続きを読む

Q公益法人の建設仮勘定を使った会計処理について

公益法人の建設仮勘定を使った「収支計算書」の会計処理について質問です。
-前提-
建物の改装費用300の内、前期の契約時に100を支払い、建設仮勘定で処理して当期に繰り越ししています。
当期に残金の200を支払い、同様に建設仮勘定で処理し、合計300を建物150、付属設備100、修繕費50を建設仮勘定から振り替えようと思います。
前期に支払った100は、前期の収支計算書上、投資活動支出の「勘定支出」として処理しています。

質問1.当期に支払った残金の200は収支計算書上どの様に処理すればよいのでしょうか?(建設仮勘定支出?それとも他の科目?)
質問2.前期に支払った100の建設仮勘定は当期に支払った200と合わせて、上記のように振り替えますが、この場合、前期に支払った100分の建設仮勘定減少部分については、当期の収支計算書には考慮しなくても良いのでしょうか?

ちょっと、頭の中がこんがらがっています。
良いアドバイスをお待ちしています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ここにyo-hanchanさんの処理と同じ場合の仕訳例がありました。
こちらの事業年度をまたぐ場合が参考になると思います。
http://www.tabisland.ne.jp/qa/QAai.NSF/d5b6dc37a0825f45492564a0001a01fc/63ee1ed29f0d0e0d492572220018e86e?OpenDocument

Q不渡手形と貸倒金

不渡手形と貸倒金の違いはなんですか?
不渡手形は貸倒金の一歩手前ですか?
回収できない訳ではないけど受取手形は回収できなくなった場合は不渡手形で
不渡手形が回収できなかったら貸倒になるということですか?
混乱しているのでご回答お願いします!!!!

Aベストアンサー

手形の不渡りの要件は法律で定められており、その判断を会社が恣意的には判断できません。
手形小切手法に基づく不渡事由があります。
(1)0号不渡事由
形式不備や裏書不備、引受の無い手形小切手等。破産法等による事由
(2)1号不渡
資金不足(手形が呈示されたときにおいて当座勘定取引はあるがその支払資金が不足する場合)
取引なし(手形が呈示されたときにおいて当座勘定取引のない場合)
(3)2号不渡
0号不渡事由および第1号不渡事由以外のすべての不渡事由
契約不履行、詐欺、紛失、印鑑(署名鑑)相違、偽造、変造、取締役会承認等不存在、金額欄記載方法相違等
参考にしてください。
なお、手形の不渡り手形への振り替えと債権に対する貸倒引当金の設定とは別に考えてください。貸倒引当金の設定は企業がその判断で設定します。
一度貸倒処理した手形が後日再生手続きの中で弁済を受けることもあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング