痔になりやすい生活習慣とは?

12月25日、会社の普通預金Bから普通預金Aへ資金100万円を移動するために、振り込みを利用しました。
 12月2×日  A行 1,000,000  B行 1,000,000
ところが、B行営業時間終了間近に手続きしたため、A行に着金するのは12月26日です。
会計ソフトを利用しています。B行での処理にあわせて日付を12月25日にするとA行に未入金の12月25日ですでに残高が100万円増え、A行に着金する12月26日に合わせると、B行での残高100万円減も12月26日に、自動的になり、日付が事実と異なってしまいます。

 12月25日  現金 1,000,000  B行 1,000,000
 12月26日  A行 1,000,000  現金 1,000,000

にしようかとも思いましたが、現金を引き出しわけでもなし。上記「現金」を「仮払金」にしたらいいでよしょうか。それとも他のよい科目や仕訳のしかたがあればおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#1です。


実際のところ、誰のための処理かを考えるべきでしょう。

自社での資金移動ですから、取引先や税務署、顧問税理士や経営者からもケチはつきません。

お礼欄を見るかぎりでは、ただ質問者さまが納得できるかどうかしかないので、「お好きにどうぞ」としかいいようがないです。
    • good
    • 1

厳密に考えすぎでしょう。


どちらの日付でも問題ないと思います。

私であれば、先の日を使って処理をします。
心配であれば、摘要欄へ11/26振込扱いや翌営業日扱いなどとしていれば、B銀行の処理の際も困ることはないでしょう。

税理士事務所で多くの顧客の処理を補助者として行いましたが、誰もそのようなことを気にしませんでしたし、顧客から聞かれることもありませんでしたね。

この回答への補足

ありがとうございます。

では、期中ではなく、こともあろうに決算日(末日)に同様のことをしてしまいました。

残高証明の金額とも一致しませんし、社長ならどんな科目でこの100万円を表示せよとアドバイスなさいますか。

補足日時:2013/12/26 10:41
    • good
    • 1

 銀行取引にはタイムラグがつきものです。



 銀行の取引記録と帳簿の処理日の違いが1日違っていても、何ら問題になる事はありません。

 小切手の取引にもありますよね?

 当方で切った小切手が、実際に口座より支払われる(相手が銀行に持ち込む)のが、
 降り出した日よりだいぶ後だったり・・
 このような取引は未達取引となります。


 難しく考える必要はありません。
 実際の取引内容で、帳簿を作成すれば良いだけです。
 (銀行の取引明細はあくまで第三者証明となる・・というだけです)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

質問をしながら自分でも考えてみて、ほぼ納得いく方法が見つかりました。

お騒がせしてすみせん。 皆様の意見も参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/26 18:23

解決方法は、



1) 25日で仕訳入力し、摘要欄に 「入金処理12/26」 とでも記載しておく。
   PCデータ上の問題なので、A行の入金については、気にしないことです。

2) 質問者様のご意見の通り、
  「仮払金」などの勘定で処理し、摘要欄にその旨記載する。


事実関係が間違っているわけではないので、どちらでもよいと思いますよ。

小切手などでもありますよね。
12/25 に小切手で 10万円 仕入の支払い 

   12/25 仕入 / 当座預金 10万円

なのに、相手が小切手を精算したのが 1/7 みたいな・・・

会計ソフトは便利ですが、ちょっと融通が利かない部分もあるので、最終の貸借・損益が合っていれば、期中のこのような不整合は問題にしなくても良いと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

重要事項でないのは承知していますし、難しく考える必要もなし。簡単に処理しようと思えばこんな質問もしませんでしたが、 遊び(といっては語弊があるかもしれませんが)の要素も含め、理論的にいちばん納得できる方法 を求めます。

お礼日時:2013/12/25 18:51

No.2です。



25日にBの口座から引かれていたのなら、おそらくその銀行の別段預金に「仮受金」(あなたから見ると仮払金)として移動されていたのでしょう。

なので厳密にいえば、

25日 仮払金 1,000,000 B行  1,000,000
26日 A行  1,000,000 仮払金 1,000,000

面倒臭ければ、

26日 A行 1,000,000  B行 1,000,000
でも良いのでは。
    • good
    • 0

25日に送金手続きした段階では、翌日扱いの「予約」状態だったのではありませんか? とするとその日のBの残高は前のままで、26日の朝になってから1,000千円支払われたようになってませんか?



もしそうならAもBも26日の処理になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

しかしB行の通帳でしっかり25日で100万減の記帳がされています。

お礼日時:2013/12/25 17:03

「預け金」を使うかですね。


資産の科目に適当なものがあれば、それでいいかと。

まぁでも、月内でのズレなら、送金した日、または着金した日の同日の処理で構わないと思うのですが…
日をズラした方の通帳の摘要欄に但し書きをしておけば、トラブルもないでしょう。

あとは上司に相談ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この場合の1日のずれは実質的はほととんど問題ありませんし「備考」として「営業時間まじかの処理のため日ずれあり」とでも書いておこうかとも思いましたが・・・、なんとなくすっきりせず。

なるほど、預金(よきん)とは異なる預け金(あずけきん)ですね。そういう類の資産科目をつくって処理しようかと思います。あとは、上司にあたる人はいませんので顧問会計士に相談してみます。(「そんならはじめから会計士に相談しろ」っての’はナシでお願いします。)

ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/25 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q預金出納帳に日付の異なる出入金

個人事業で複数の口座を事業用に使用しています。

去年の3月1日に事業用A銀行から同じく事業用のB銀行に振替をしました。


A銀行から3月1日にB銀行に振り替えた残高が、B銀行の通帳には3月4日に記帳されている状態となっていました。

ソフトで記帳をしているので、上記を預金出納帳にそれぞれ入力したのですが、日付がどうしても振り込んだ日、もしくは入金された日に揃ってしまいます。

A銀行の3月1日の取引、B銀行の3月4日お取引と、2行に分けることにより取引日付通りの預金出納帳はできるものの、相手勘定科目をそれぞれ、B銀行、A銀行とするため2重に振込金額が記帳されます。


ソフト制作会社に質問したところ、有料サポートを受けていないと回答できないと言われましたが、有料サポートを受けるよていはありません。


相手勘定科目を変えれば無事希望通りの日付の取引になりそうなのですが、まったくわかりません。

どうかお助け下さい。

Aベストアンサー

通帳の記載に合わせるのであれば、例えば次のような仕訳が考えられる。
1日 仮払金/A行
4日 B行/仮払金

金額的に多額でなければ、仮払金勘定を通して構わない。


なお、簿記としては、3月1日付で借方B行、貸方A行の仕訳を切るのが正しい。B行口座への入金が4日付となったのは銀行側の事情であり、あなた側は1日付で資金移動の処理を終えているためだ。

1日にB行口座で生じる差異は、原則として「銀行勘定調整表」で理由を明らかにすることになる。ただ、仕訳の摘要欄で、資金移動の実行日は1日だがB行口座の通帳に反映されたのは4日であったことを記載するだけでも十分だ。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q【個人事業主】口座間送金の仕訳と振込手数料

個人事業主で、これから青色申告します。

事業用の銀行口座を2つ使っています。

その口座同士で、例えば、A銀行からB銀行へ30,000円移動した場合、
仕訳はどのようになりますでしょうか?

また、そのお金の移動で発生した振込手数料は、
経費にできるのでしょうか?
この手数料の仕訳もお教えいただけると助かります。


ご教示、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

事業用の銀行口座を2つ持つ場合は、勘定科目の「普通預金」にサブ科目(枝科目、枝番)を付けて、例えば

・普通預金(A銀行
・普通預金(B銀行

というように科目を設定します。

仕訳は、

〔借方〕普通預金(B銀行30,000/〔貸方〕普通預金(A銀行30,000


>そのお金の移動で発生した振込手数料は、経費にできるのでしょうか?

事業に必要な資金移動であれば、振込手数料は必要経費になります。

〔借方〕支払手数料315/〔貸方〕普通預金(A銀行315

※(1)手数料をA銀行の普通預金から払った場合。
(2)税込経理方式の場合。

Q総合振込の資金引落し 仕訳方法について

先月から、インターネットバンキングを導入し、それにより、月末や給与の一括総合振込をしているのですが、例えば月末の31日指定で振込依頼をすると、30日に一括振込資金を銀行から引き落とされます。その場合、30日に引落をされたので、以下のように30日に振込資金が引落をされたということを仕訳するのですが、適当な勘定科目が分かりません。先月は前払金で処理をしたのですが、どうもしっくりきません。

30日【前払金/普通預金】
31日【○○○/前払金】

この様な場合、どのような仕訳をすればよいのでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一括振込の利用が多い場合、次のように処理すると便利かと思います。ただしこれはパソコン等で会計ソフトを利用している場合です。
現金預金の区分の中に「一括振込勘定」という仮勘定を設定します。
一括振込勘定/普通預金
これで、実際に振込がなされたときに
給与 / 一括振込勘定
買掛金
家賃
こうして、一括振込勘定に残高がなくなれば、この振込に関しては正しく処理されたということになります。
通常の総合振込でも同様に処理しています。
当然のことながら、一括振込勘定に残高があったとしても2,3日のことであり、月をまたいで残高があることはないはずです。

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q保守契約の勘定科目

個人事業主です。

仕事で使用しているPCの保守サービス契約が期限切れになりました。
延長する場合、勘定科目は何で切ればいいでしょうか。

検索したところ「消耗品費」「修繕費」「支払保険料」など諸説入り乱れ、どれも「これが正しい!」とばかりの記述だったので、かえってわからなくなりました。

購入時は本体込みで「消耗品費」としていました。

Aベストアンサー

>青色申告用紙(手書き)に転記する時にどうしようかと悩んでいるのですが

損益計算書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2011/pdf/33.pdf

のことであれば、経費の項目に「保守料」と記入すればいいです。

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q銀行間資金移動の記帳

引越しのためA銀行からB銀行に預金を移動したのですが、青色個人で複式簿記の記帳方法を知りたいのです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

A銀行と B銀行とが一緒にあるのは今年だけですか。
それなら今年に限り、貸借対照表の「普通 (or当座) 預金」科目を 2つ作ればよいです。

口座間移動なら、
【普通預金A ○○円/普通預金 B ○○円】

いったん現金を引出して預け替えなら、
【現金 ○○円/普通預金 A ○○円】
【普通預金B ○○円/現金  ○○円】

来年からは 「普通預金 B」のみで B の添え字は付けなくてよいです。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング