ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

地方公務員と独立行政法人のラスパイレス指数を比較すると
平均年齢や平均年収は同じくらいなのに
地方公務員のラスパイレス指数は低く、
独立行政法人のラスパイレス指数は高くなっています。

これは何故でしょうか?
算出方法が違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2の回答者です。


すみません。質問文をちゃんと見ていませんでした。

改めて回答ですが、国家公務員の給与との比較とされていますが、実は基本給だけを比較しています。各種の手当や残業代は、ラスパイレス指数には入っていないのです。

残業代はともかく、公務員の手当には支払いが常態化しているもの=事実上の基本給のようなものまで存在します。職種別の手当や都市手当などです。

一方で独法ではこうしたものが、最初から基本給に含めている場合が多くあります。独法でも都市手当がありますが、一部は基本給に組み込み、残りを独法独自の都市手当[もちろん、率は少なめ]としています。

これが、年収は同じでも、基本給の比較であるラスパイレス指数が異なる理由だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラスパイレスの計算には手当が入らないんですね。
それと独立行政法人の年収は所定内給与+賞与なので
時間外手当は入ってないみたいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/06 01:37

私が知っているのは、国家公務員と独法の比較ですが、ラスパイレス指数は当然、比較する独法によって異なります。

独法の方が高い理由は、様々です。
・公務員宿舎などの福利がない分を補う。
・公務員のような身分保障がない分を補う。
 (独法職員は失業保険に加入しています。)
・業務上、高卒がおらず、大卒や院卒しかいない。
 あるいは、資格者や高度なスキルの保有者が多いため。
 (大学や病院、研究所などは、特にそうです。)
・過去に法人と労働組合の交渉の結果。

地方公務員の場合は、上記のような違いがないことや、地方財政が厳しくなったため、引き下げられているのではないでしょうか?
実際、ラスパイレス指数の高さが問題視されたのは、地方公務員の方が先だったと思います。独法は2000年代になってから、話題にのぼるようになり、実際給与は引き下げが続いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が聞いているのは
年収や平均年齢が地方公務員と独立行政法人で
そんなに違いがないのに、何故独立行政法人の方が
ラスパイレス指数が高く出るのかということなんですが・・・

ある地方公務員は100くらいでしたが、
ある独立行政法人は115くらいでした。
でもこの両者に平均年齢や平均年収に
大差はありませんでした。

お礼日時:2008/08/27 20:56

単純平均値と加重平均値の違いでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/06 01:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q就職先についてとても迷っています。皆さんならどちらを選ばれますか?

就職先についてとても迷っています。皆さんならどちらを選ばれますか?
どうしても決められず、どういう基準で決めたらいいのか混乱しています。皆さんのご助言を頂けると幸いです。

今大学4年生で、郵便局株式会社の一般職(窓口営業)と日本年金機構の総合職に内定を頂いています。
以下、私が考えるメリット・デメリットについて少し挙げさせて頂きます。

●郵便局
【メリット】
・自宅から通勤可能。

・結婚してからも働き続けることが可能。

【デメリット】
・営業があるところ。

じゃあなんで受けたの?と言われそうですが、正直なところ郵政グループで選考に残ったのがそこしかなかったとしか言い様がありません。しかし、進ませて頂いたことに感謝し、選考では本当に頑張る意志を伝えたため、内定を頂けたのかなと思います。
私はもともと控えめな性格で、自分が人にあまり勧めたくない商品をノルマ達成、ひいては自分の成績のために売ることを心苦しく思ってしまうような性格です。
ですので、郵便局の一般職(窓口営業)はこのような性格の場合、辛いのかなと心配しています。

・噂を完全に鵜呑みにするわけではないですが、薄給だといわれるところ。


●日本年金機構
【メリット】
・郵便局一般職にはない、全国転勤ならではの人脈、経験の広さ

・「年金」という特殊な専門知識がつくところ。

・新卒一期生。

【デメリット】
・女性総合職で全国転勤というところ。

就活当初は全国転勤は現実的ではないと考えていました。けれど、日本年金機構の仕事に意義を感じ、例外的に受けたというのが実情です。この内定を辞退するのはもったいないと思う気持ち、一方では転勤におびえる自分、今
ここで一番悩んでいるかもしれません。

今結婚を考えてお付き合いしている彼氏は社会人で、地元の企業なので異動はありません。
今後は転勤の度に了承してもらうか、もしくは別居婚を選ぶことになります。そんなので家庭が維持できるのでしょうか。
分かっていても、この内定を蹴るのは・・・とまた悩んでしまうのです。

こんな私にどうかアドバイスを頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

就職先についてとても迷っています。皆さんならどちらを選ばれますか?
どうしても決められず、どういう基準で決めたらいいのか混乱しています。皆さんのご助言を頂けると幸いです。

今大学4年生で、郵便局株式会社の一般職(窓口営業)と日本年金機構の総合職に内定を頂いています。
以下、私が考えるメリット・デメリットについて少し挙げさせて頂きます。

●郵便局
【メリット】
・自宅から通勤可能。

・結婚してからも働き続けることが可能。

【デメリット】
・営業があるところ。

じゃあなんで受けたの...続きを読む

Aベストアンサー

半分くらい答え出ていませんか?

結婚後も現役で、という考えが前提にあるとして考えてはみたのですが
全国転勤があるとはいえそれが何時かなんてのは判りませんし
世の中には遠距離恋愛をしている人なんてのもゴマンといます。
結婚してからも単身赴任している夫婦はそこらへんに掃いて捨てるほどいます。

もし距離が離れることで関係が変わるのであれば、あえてキツイ言い方をすると
その程度の「縁」でしかなかったのです。
それに、年金機構の総合職で年金関係には詳しいです、となれば最悪結婚後退職→地元で再就職も十分可能だと思いますよ。

なので、自分なら即答で後者を選びます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報