AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

人は何のために生きているのでしょうか?
誰もが1度は考えたことのある悩みを抱いている大学生です。このことを考えていると、他のことなどどうでもよくなり、こんなことをして何の意味があるのか?とすぐ考えてしまいます。何か打ち込める趣味でもあればいいのですが、こんなものにハマっても仕方がない、と考えてしまい、自分でも何がしたいのかよく分からなくなります。この悩みの答えを見つけ、この状態から早く抜け出して昔の様に楽しく1日1日を過ごしたいです。
このことを考え始めてから自分では相当勉強(特に物理学)し、考えたつもりです。
まず、現在の僕の考えを箇条書きで書かせていただきます。
・やはり答えというものは普遍的で誰もが納得するものであるべきで、自分が納得できる答えもそういうものだと信じています。
・科学的根拠のない神や死後の世界、魂が出てくるような仮想的な話は馬鹿らしいです。
・宗教的な話も全く納得できません。
・答えなどない。人は悩むために生きている。といった回答は答えになっていません。
他の同じような質問も見たのですが、上のような回答が多いと感じます。

ここでこの悩みの答えが見つかることは思っていませんが、答えに近づけると考えています。
みなさんの考え、この悩みのヒントになると思われる本や思想を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (107件中101~107件)

唯一の実在、創造意識の中にその当為(立脚根拠と価値理念)はあるのです。

創造者においては究極ですから、それ以上の、それから先もない。そこにおいて無目的である。
 私たちは創造意識にいくためにあるが、目的はそこまでで(向上だけで)それ以上の目的はない。
 というわけです。
 これはアプリオリの要請課題というわけです。

という回答をhttp://kikitai.teacup.com/qa4291956.htmlにおいて致しました。
    • good
    • 0

一般論あるいは抽象論になってしまいますが、まず「何のために生きるか。

。。」という言い方は生きていることが何かの手段であるという前提があって初めて成立すると思います。もし生きているということが手段ではなく目的だったらこの質問は成り立たないと思います。なぜならば目的には何のためにという質問に対する答えがないからであす。あるとすれば目的が別の目的を達成するための手段あるいは前提に変わったときです。目的には意味がないということを少しじっくりと考えてみてはどうでしょうか。人間は目的が達成されると直ちにそれを別の目的を達成するための手段に変えてしまうのではないでしょうか。たとえば平和などは目的と言っていますが、いざ実現したら平和の意味など誰にもわからないことがはっきりしてきます。平和だから云々というのはすでに平和が手段に変わってしまっています。どうも人間は目的に対面すると不安になるのではないでしょうか。

この回答への補足

>目的には何のためにという質問に対する答えがない
そうかもしれません。
ただ、今僕は生きていることは手段であると考えています。仮に生きていることが目的であるとすると、それはつまり僕のいう答えでしょう。しかし、生きているコトが目的であるというのは仮定であってそれを答えにすることはできません。僕が納得のいく証明があれば、僕の悩みは解決します。

補足日時:2008/09/02 00:29
    • good
    • 0

人は生まれると同時に生きる権利と義務を有します。


ですから、わたしは「何のために生きているのか」ではなく、「生きる為に何をするか」と常々考えて居りました。
が、以前、テレビで難病で苦しむ小学生の放映を観、彼が「生きているだけでも人の役に立つんだね」と言う言葉に痛感させられると同時に考え方が少し変わりました。

ただ“生きる”と言う事が我等生き物としての本質ではないでしょうか?

動物は刹那的に“生”を全うしてます。
だが、人間であるから「生きる為に目標を見出さなければならない」とはならないと思うのです。

質問者さんが「ここでこの悩みの答えが見つかることは思っていません」と否定的な偏った考えをお持ち続ける限りは、どんな回答が寄せられようが結して答えを得られるとは思うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>人間であるから「生きる為に目標を見出さなければならない」とはならないと思うのです。
人間も他の生物と同じだと考えると回答者さんの言うと通りな気はしますが、それで自分が納得いかないところを見ると、今のところは、それは僕の求めている答えではないようです。

お礼日時:2008/09/02 00:06

人生に意味を求めても無駄でしょう。

だからこそ今のような状態に陥っているはず。

私はどうしているかというと、至高の死を得るために人生を使っています。なぜなら死を最高の贅沢だと考えているからです。
この「死」を豪奢なもの、官能的なものとして捉える思想は、ジョルジュ・バタイユの『エロティシズム』という本を読めば触れることができます。
また寺山修司などが好んで使う「一点豪華主義」というのも共通点があるように思えますので、『書を捨てよ町に出よう』というエッセイを読まれるのも良いかもしれません。

「至高の死」とは、幸福の絶頂にいるときにその生を捨てるところにあるものだと私は考えています。
つまり、生命になんらかの価値が宿った(ように見える)ときにそれを無駄にする、ここに美学があると思うのです。
この思考は九鬼周造の『いきの構造』に近しいものがあるかもしれませんね。

しかしそういえば深沢七郎という小説家は「生きているのは暇つぶし」なんてことも言ってましたっけ。
私の場合前段までのように考えていますが、この言葉を取ると、結局暇の潰し方は人それぞれなんだとも言えるんですよね。

まあ自分が楽しいと思える人生を過ごせれば良いじゃないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
無駄ですか、そう考えることも多々あります。

お礼日時:2008/08/31 13:07

なんで「わからない」と言うことを受け入れようとしないの?


負けた気にでもなるのかい?
    • good
    • 0

私の生きている意味は


生きていることに意味がないように
死ぬことにも意味がありません。
ならば生きていようということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/31 10:13

物理学(自然科学)を勉強しても答えが出るようなものではありません。


自然科学とは、すなわち実験や観測から得られる結果を論理的に考察し、仮定を立て、さらに実験や観測で確認し、と進んでいくものです。
それはすなわち、実験や観測といった過去の経験を元に世界の仕組みを理解しようとする行為です。
こういった行為で分かるのは、形而下の事象、つまり我々が認知していること、結果、そうなっているのだからそうであるということだけです。
自然科学の世界に、“意味”なんてものはありません。ただ原因があって結果がある。という世界です。
そして、形而下の事象をすべてとするならば、我々は宇宙の熱が均質化していく過程の一片にしかすぎません。

生きている理由、人生の意味、そういったものは形而上のことで、科学が不可知として切り捨てている部分のことです。
ですから質問の答えとしては、科学的根拠を持ち普遍的な生きる理由、という文章自体が矛盾しているので存在し得ないということです。

こういったことへの洞察が深い学問は、なんといっても哲学です。
自然科学と人生の意味というところならカントあたりを勉強すると良いかもしれません。

この回答への補足

まずはこの世界がどうなっているか知ることが答えに近づくコトと考え、物理学は勉強していました。
na10wさんの言う通り、自然科学だけを勉強していても答えが出ないとも思っています。
最近、よりそう思うようになり哲学も勉強しようとしています。
カントですか、勉強してみます。
よろしければ、na10wさんのお薦めの本を教えてください。

補足日時:2008/08/31 10:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

←前の回答 6  7  8  9  10  11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人はなぜ生きるのか?

タイトルの通りです。人はなぜ生きるのでしょうか?
古くから考えられているテーマだとは思いますが、皆さんの意見をお願いします。

また、私が働いている塾の中学生に同様の質問をされたのですが、つまらない回答しか出来ませんでした。
哲学的でなくともウィットにとんだ回答がしたかったのですが、どんな回答がうけるでしょうか?

両方でも、どちらかでも色々な方のご意見お待ちしております。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

チャップリンのたしか『ライム・ライト』だったと思います。
足を痛めたバレリーナが老人(チャップリン)に、同種の質問をする場面があります。その答えはすばらしいものです。またバックに流れているメロディも一度聴いたら忘れらないものです。いまでもつい口をついて出てきます。ぜひ観てくだささい。きっと何かのヒントになります。

ここでは無粋にこう述べておきます。

花の種に水をかけます。すると芽がでて、花が咲き、種をつけます。

種はなぜ芽を出し花を咲かせるのか。

不思議といえばこれほど不思議なこともありません。
水が浸透圧の原理によって種皮にしみこむ、細胞内のどこかにスイッチがはいり、厳密な物理・化学原理に支配された世界が展開されます。
質問者さまの問いが、「生命」とは何かという問いに重点があるならば、分子生物学から進化論哲学までふくめた一大研究のテーマです。

ここでは少し違う角度から。

花は花になるために生きている。

「人はなぜ生きるのか」でした。
「人」が問題なんですね。
花がそうであるように、「人は人になるために生きる」でどうでしょう。
では「人になる」とはどういうことか。
ここからはたいへん難しくなります。答え方が多様化するといってもいいい。
たとえば夢中でリンゴをほおばっているとき、「なぜ、食べるのか」という問いが入りこむ隙間はたぶんありません。「食べる」ことが即「目的」なのです。目的を実現しつつあるときに「目的は何か」という問いはナンセンスですから。
どかへ向かって歩いているとき「なぜ、そうするか」と問えば「~へ行くため」という「理由」「目的」が有意味になります。ここでの「歩く」ことには「なぜ歩くか」という問いが可能です。どこへも行かない動きが「踊り」の本質であると言ったのはフランスの知性派詩人ヴァレリーでしたが、まさに「踊り」とは「動く」ことが目的であります。

「なぜ生きるか」の問いが有意味に思えるのは、それ自体が「目的」になっていない「生き方」をしているからだと思われます(ちょっと身も蓋もない言い方ですみません)。

そういう生き方はどこにある?

わたしは、「道徳」がその答えに近づく道だという気がしています。では「徳(virture)」とは何か。「徳」は英語では「生きる力」を意味します(語源的に)。
わたしたちは、ややもすると、生きていたって仕方ないやと弱気になりがちですが、「徳」とはわたしたちの生の根底でわたしたちを支えてる「力」である。
これはちょっと普通の「道徳」観とは違いますが、西洋にはギリシアの昔からこんな見方があったのだと思います。

チャップリンのたしか『ライム・ライト』だったと思います。
足を痛めたバレリーナが老人(チャップリン)に、同種の質問をする場面があります。その答えはすばらしいものです。またバックに流れているメロディも一度聴いたら忘れらないものです。いまでもつい口をついて出てきます。ぜひ観てくだささい。きっと何かのヒントになります。

ここでは無粋にこう述べておきます。

花の種に水をかけます。すると芽がでて、花が咲き、種をつけます。

種はなぜ芽を出し花を咲かせるのか。

不思議といえばこ...続きを読む

Q人間って何のために生きてるんだと思いますか?

人間って何のために生きているんだろうとか考える
事ありますか?食べるため?お金を稼ぐため?
恋をするため、子孫を残すため、遊ぶため、
仕事をするため、より良い人間になるため?
自分磨きをするため?
それぞれ違うのだろうけど。皆さんは
こういう事意識する事ありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私の知る限り、その昔、この質問に明確な回答を出したひとがひとりいます。
それがお釈迦様ですね。

人間が何のために生きるのかは、そのひとの価値観によって決まります。
全ての生命にとって「行動の動機」とは「欲求の実現」です。そして、欲求というのは価値観によって産み出されるものです。つまり、何が欲求なのかはその価値観によって決まるわけですね。
我々は、そこに発生した欲求を実現するために行動の選択をします。ですから、当然、その行動選択は価値観に従ったものでなければなりません。従って、人間が何のために生きるのかは、価値観を持った時点で決定してしまうということになります。

価値観には、本能と理性のふたつがあります。
本能の価値観とは、遺伝子にプログラムされた「神経の反応基準」であり、自分の意思で変更することはできません。この価値観に従って食欲や性欲などの欲求が出現しますので、我々はその欲求を満たすための行動を選択しなければなりません。そして、このような価値観は遺伝子の中にプログラムとして組み込まれているものですから、全ての生物にとって、何のために生きるかは生まれる前から決まっていたということになります。
それに対して、理性の価値観というのは生まれる前から決まっていたものではなく、生後の生活環境の影響を受けてあとから作られるものです。こちらは変更が可能で、個人によって違いがあります。このようなものが、そのひとの体験に基づく「個人的価値観」であり、生まれた社会の慣習に従った「文化的価値観」ですね。
このような価値観によって、より豊か生活がしたいとか、有名になりたいとか、世の中の役に立ちたいなどといった、人間には様々な、また複雑な欲求が出現します。そして、我々はそのために生きることになります。
因みに、本能と理性、このふたつの価値観の食違いを、大脳を発達させてしまった人類の苦悩、即ち「悩み」と言います。

さて、ここで問題になるのは、ならば我々は、自分の意思で生きているのではなく、価値観によって生かされているだけではないかということです。
ひとたび価値観を持ったならば、それに対して欲求というものか決定されてしまいますので、我々はその欲求に対する行動しか選択できなくなります。まして、本能の方の価値観は自分の意思では決して変更できません。
もちろん、我々人間は論理的な思考によって複雑な行動の選択をすることができます。ですが、それが如何に論理的であろうとも、ひとたび価値観というものを持ってしまったならば、我々はそれに反する結果を選択するということはできませんよね。つまり、YESかNOかの内、常にYESしか選択できないというのですから、そこに自由意思はないということになります。
このように、人間は価値観に対して選択の自由を持っていません。何のために生きるのかは価値観によって決定されてしまうのですから、このメカニズムがある限り、人生に自分の意思が反映されることはありません。

では、行動選択に自由意思を反映させ、自分の意思で生きるためにはどうしたら良いかということになります。そのためには、価値観の持ち方を変えなければなりません。
我々は、価値観に対する判断をYESからNOに変更することはできません。ならば、価値観の方を自分の意思で変更すれば良いのです。本能の価値観は変更できませんが、理性の価値観は変更が可能です。自分の意思によって価値観を持てるのであれば、それに基く行動選択には自分の意思が反映されているということになります。我々が自分の意思で生きるためには、自分の意思で価値観を持ち替えなければなりません。
ということなのですが、さて、そんなことは当たり前だ、誰だってそうしている。
果たしてそうでしょうか。

個人的価値観というのは、そのひとの体験によって作られるものです。その体験とは、価値観によって選択された行動の結果の積み重ねに他なりません。そして、文化的価値観とは、自分がその社会に生まれ育つことによって、長い間に掏り込まれたものですよね。果たして、そこに自分の意思というものがあったのでしょうか。
人間が何のために生きるのかというならば、ひとつには、より高い価値観を持ち、自分を成長させるためだという考えもあるでしょう。ですが、より高い価値観、この「より高い」という判断基準はいったい何処にあるのでしょうか。それは自分にとってより高い人間なのでしょうか、それとも、その社会で認められている価値観なんでしょうか。
このように、価値観には絶対的な基準というものがありません。我々は自分の意思で価値観を選択しなければなりません。ですが、その選択にはまた基準が必要になります。それが個人的な評価や、その社会の慣習に従うものであるならば、我々は価値観を持つのではなく、持たされているということになってしまいます。
さて、何やら悲観的な話になってしまいましたが、ここで結論を申し上げますと、我々が持つべき価値観とは、より高い価値観ではなく、個人の考に捕らわれたり、周りの動きに惑わされることのない「客観的な価値観」である、ということになります。

この極めて客観的で、人間が持つべき究極の価値観とはいったい何かを論理的に追及したのがお釈迦様でした。
この世の全ての現象に拘らない客観的な価値観を「無我の境地」と言い、その絶対的な価値観を「平等の境地」と言います。このような価値観を持つことによって、初めて客観的な行動の選択というものが可能になります。これを、慈悲の動機に基く行動選択と言います。
先に申し上げましたが、欲求というのは価値観によって決定されるものであり、行動の動機とは、その欲求の実現です。そして、このような客観的な価値観によって産み出される客観的な欲求が「永遠の幸福」です。
価値観が主観的である限り、幸福という欲求はひとそれぞれで変わってしまいます。ひとによって幸福が異なるのであるならば、そこには争いが発生します。争いとは苦しみであり、苦しみがある限り永遠の幸福は実現しません。
永遠の幸福とは、この世の全ての生命にとって平等の欲求でなくてはなりません。そして我々は、その欲求を実現するために生きなければならないわけです。さもなくば、我々は自分の意思で生きているのではなく、主観的な欲求によって生かされているということになってしまいます。因みに仏教では、このような主観的欲求を煩悩と言います。

訳の分からない話を長々と済みませんでした。このようなことは誰でも考えますし、偉いひちたちも昔からたくさん考えていました。人間が何のために生きるかという問題を整理してゆくと、私は概ねこのようになるのではないかと思います。
とはいえ、我々は逆立ちしてもお釈迦様のようにはなれませんよね。価値観によって欲求が生まれ、欲求によって争いが起こるのが世の中です。ならばせめて、より多くの見識を持つことによって自分の価値観を広げ、周りの動きに無闇に惑わされることのない、おおらかな生き方をしたいものだと思います。

こんにちは。
私の知る限り、その昔、この質問に明確な回答を出したひとがひとりいます。
それがお釈迦様ですね。

人間が何のために生きるのかは、そのひとの価値観によって決まります。
全ての生命にとって「行動の動機」とは「欲求の実現」です。そして、欲求というのは価値観によって産み出されるものです。つまり、何が欲求なのかはその価値観によって決まるわけですね。
我々は、そこに発生した欲求を実現するために行動の選択をします。ですから、当然、その行動選択は価値観に従ったものでなければ...続きを読む

Q人間は何のためにこの世に生まれてくるのでしょうか?

人間は何のためにこの世に生まれてくるのでしょうか?
つまり、人生の目的は何なのか? 
人は自分の一生をどの様に生きるべきなのか?

Aベストアンサー

あなたの答えがここにあるかもしれません。

●「ブッダの智慧で答えます」(Q&A)
http://www.j-theravada.net/qa/index.html
特に59番 「なぜ生きるのか」 その他

●幸福の道は友情で完成する 動画
http://www.j-theravada.net/index.html

●「37の菩薩の実践」
http://www.tibethouse.jp/culture/37.html

●「四つの聖なる真理」
http://www.tibethouse.jp/culture/37_02.html#12

この世は無常、この世は苦です。
どんなことにも必ず裏には苦しみが存在します。
コインの裏表のように・・・すべては「苦楽表裏」です。

●よく「今が楽しければいい」「一度きりの人生 楽しまなければ損だ」という人がいます。
それは童話「アリとキリギリス」でいう、キリギリスタイプの人の考え方です。
そしてそれは、結局、後で苦しむのは自分だ、ということです。
理由はわかりますよね?

●43番「喜ぶ」と、徳を消費するか
http://www.j-theravada.net/qa/gimon43.html

楽しんだり、楽をしたりすれば、持っている徳を減らすことになります。
それは、徳という貯金を使って楽しんでいる状態、使ったら当然なくなります。
無くなったら・・・
楽しむんだったら、常に貯金し続けなければなりません。
無くなって困るのはあなたですから。
次に人間界以上への転生は無理で、人間界以下(地獄、動物、餓鬼)です。
高い世界へ転生するためには膨大の徳が必要ですから、
もし人間界に生まれても、貧乏で貧しく苦しい人生で願い事も叶いません。
容姿が良いのも徳の表れと言われています。だから徳がないと・・・

よって、知恵ある者は、徳をすり減らす生き方はしません。

徳はいわば、願い事を叶えるエネルギーです。
車にたとえるとガソリン(燃料、エネルギー)です。
どんな高級車でもガソリン(燃料、エネルギー)がなければ走らないのと同じです。

人生で成功している人(ビジネス、スポーツ、億万長者等)は徳がある証拠です。
過去世で徳を積んだのでしょうね。
その徳を何に使うか、人生の成功に使うか、来世高い世界へ転生するために使うか、
よく考えて使いたいですね。

あなたの答えがここにあるかもしれません。

●「ブッダの智慧で答えます」(Q&A)
http://www.j-theravada.net/qa/index.html
特に59番 「なぜ生きるのか」 その他

●幸福の道は友情で完成する 動画
http://www.j-theravada.net/index.html

●「37の菩薩の実践」
http://www.tibethouse.jp/culture/37.html

●「四つの聖なる真理」
http://www.tibethouse.jp/culture/37_02.html#12

この世は無常、この世は苦です。
どんなことにも必ず裏には苦しみが存在します。
コインの裏表のように・...続きを読む

Q生きるってなんでしょうか。人生って結局辛いことに耐えてる方が多くて、疲

生きるってなんでしょうか。人生って結局辛いことに耐えてる方が多くて、疲れてしまいました。

いつもお世話になっています。以前「死にたい」という旨の相談をし、様々な方からの励ましをうけ今、元気とは言えなくともなんとか生きながらえている私です。今回も皆様の見解をお伺いしたく参りました。

私は今年22歳になります。統合失調症の診断を受け、この歳で情けないのですが親にすべての面倒を見てもらいながら療養中の生活を送っています。
今だに死にたいという気持ちは消えません。私は14歳の頃からそう願って生きてきました。子供の頃から家庭不和に悩まされ(両親の不仲が大本で、私自身は存分に愛されて育ちました)、部活動で先輩や顧問にいじめられたり様々な要因があり病気を発症したに至ります。
思えば人生、手放しで楽しかったのなんて小学生の頃まででした。思春期に入ってからは自己嫌悪との葛藤で、素直に「青春」と呼べる時代を過ごしたことなんて一度もありません。(高校も病気でまともに通えませんでした)
成人してから、少し調子が良くなりいろいろなバイトにチャレンジしてみましたが、結局どこも自分の能力が低く一ヶ月も続きませんでした。どれも全部辛く、苦い思い出です。

こんな私ですが、たまに楽しいことはあります。趣味と呼べるものもたくさんもっていますし、食事に誘ってくれる友達もいます。好きなアニメ見たり、友達とプリクラ撮ったり、電話したり…確かに楽しいです。でも、それ以上に苦しくて。いつも苦しいって思っています。友達と遊ぶのだって、病気じゃない友達の輝かしい未来や恋人の話題で自分と比べちゃって鬱な気分になったりして、帰ってから結局死にたくなります。アニメでもそうです。画面の中で元気に制服姿で青春する主人公のようには、私は絶対になれないのです。

人生って辛いことばかりな気がします。病気ももう治らないみたいですし…。みなさんはご自分の人生をどう思って生きられていますか?皆様のご見解をお聞きしたいです。

生きるってなんでしょうか。人生って結局辛いことに耐えてる方が多くて、疲れてしまいました。

いつもお世話になっています。以前「死にたい」という旨の相談をし、様々な方からの励ましをうけ今、元気とは言えなくともなんとか生きながらえている私です。今回も皆様の見解をお伺いしたく参りました。

私は今年22歳になります。統合失調症の診断を受け、この歳で情けないのですが親にすべての面倒を見てもらいながら療養中の生活を送っています。
今だに死にたいという気持ちは消えません。私は14歳の頃からそう...続きを読む

Aベストアンサー

懐かしい… 私は21歳なのですがそんな生意気ことを思ってしまいました。
このカテゴリにいらっしゃる方の半数以上が貴方の今の状況と同じ経験をしているはず。

私も16歳頃から鬱状態が続いてました。
楽しいことは確かにあるけど、その楽しいことを差し引いても辛さが残るから死んでしまいたい…何年も心の淵でジレンマがぐるぐるしていて自傷が唯一の救いでした。
半年前に失恋が拍車をかけたかのように私は衝動的に首を吊って危篤状態になったのです。奇跡的にも発見が早く助かりましたが、後入院中の1ヶ月程は死んだはずの命がまだある!?何故!?といったそれはそれは不思議な体験でした。
その時の見たことも無いような両親の心配や悲しみようを目の当たりにして私は無理矢理でも生きてあげないとなと悟りました。自殺願望は消えましたが未だに答えの無い生きる意味を模索して毎日を歩んでいて、正直生きたくない願望はあります。

私は躁鬱病と診断されていますが、カウンセリングか入院かなにが発端かは分かりませんが以前のような辛く重い足を引きずって歩む一日一日や自殺殺願望はありません。
良くなってるのか、その時が偶々酷かっただけなのか分かりませんが、今は少なくともゆるゆると模索しながら流れに任せて生きているのでマシになってるのは事実。
いつになったら「生きたい!!人生ってサイコー」って思えるのか考えると自分には見込みが無さそうで落ち込みますが、今はこれでいいのだ(byばかぼんのぱぱ)と思って歩むも止まるもなく時間に身を任せています。


これは、貴方の状況を乗り越えたからこそ言えることなのかもしれません。
私が判断できることではありませんが、貴方は抗欝薬が必要なのではないかと思います。

懐かしい… 私は21歳なのですがそんな生意気ことを思ってしまいました。
このカテゴリにいらっしゃる方の半数以上が貴方の今の状況と同じ経験をしているはず。

私も16歳頃から鬱状態が続いてました。
楽しいことは確かにあるけど、その楽しいことを差し引いても辛さが残るから死んでしまいたい…何年も心の淵でジレンマがぐるぐるしていて自傷が唯一の救いでした。
半年前に失恋が拍車をかけたかのように私は衝動的に首を吊って危篤状態になったのです。奇跡的にも発見が早く助かりましたが、後入院中の1ヶ月程は...続きを読む

Q人生60年・60歳を過ぎての生き方

昔、織田信長は人生50年と言っていましたが、今の時代、人生60年という方が多いです。

やしきたかじんさんも60歳で死にたいと言っていた(でも実際その歳になると、好きな女性ができもう少し生きたいと願っていたらしいが)。マツコデラックスさんも60歳を節目にした発言をしている。

60歳ってどういう年齢なのでしょうか?60歳までにやっておいた方が良いことを調べても、60歳以上の人の生きがいを見てもピンときません。自殺する人も60歳以上で急増します。

定年延長されても希望する職でなければ生きがいが無くなり、起業するにしても体力落ち根気があるかどうか、ボランティアと言っても自分の会社生活で培った技術を活かせるところは自分の会社でないと求めてくれそうにないし、旅行三昧したところで虚しさが募るだけに感じます。

自分の会社では管理職は55歳で役職者定年で、その後は自力で見つけるか関連会社で過ごすことになります。現在40代後半でまだ60歳までには時間がありますが、みなさんのご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

昨日の「おしトピ」で話題になっていましたが、
生活保護を受けて29万円/月 支給額でも足らないという家庭が有るそうです。
母親と 中学生 小学生の3人家族 当然、税の優遇を受けて引かれるものは1円もない。

私ら年金を満額貰っていても夫婦で25万円
お金を使わない趣味を探して何とやっていますが・・・

若い人が汗水流して働いてお給料の半分近く差し引かれる現状。
私の現役の頃でも10万円以上 ・・・引かれていた記憶が・・・ある。
そして消費税で 手に入ったお金から又1割のお金が消えて行く。

「安楽死」を選べることが出来るのなら、
若い世代に「負の遺産をこれ以上背負わせ無い政策」を日本のある県で実践すれば、そこに移住してそれを選ぶことが出来るのではないか?「死」への自由もあってよいと思います。

考えてみれば 「胃癌」も摘出した、「高血圧症」で有る 「前立腺肥大症」も手術した、親の遺伝でもあるかも判らないがパーキンソン病の症状すら見え始めた。

その昔で有れば此の世に居ないはずの人間である私が、未だ薬で生かされている現状。
それに甘えて生きて行くことに対して、子や孫に申し訳ない気さえ起ります。

「男の子で無くなった今」、「長い道のりを歩いて来たたものだ」 と、つくづく思う70歳男子です。

昨日の「おしトピ」で話題になっていましたが、
生活保護を受けて29万円/月 支給額でも足らないという家庭が有るそうです。
母親と 中学生 小学生の3人家族 当然、税の優遇を受けて引かれるものは1円もない。

私ら年金を満額貰っていても夫婦で25万円
お金を使わない趣味を探して何とやっていますが・・・

若い人が汗水流して働いてお給料の半分近く差し引かれる現状。
私の現役の頃でも10万円以上 ・・・引かれていた記憶が・・・ある。
そして消費税で 手に入ったお金から又1割のお金が消えて...続きを読む

Q何のために働いているのか分からなくなりました。

30歳独身会社員(男)です。

仕事をして働くことは当たり前だと思ってきました。
働くというレールを踏み外すことにずっと恐怖心がありました。
何のために働くのかなんて考えずに働いてきました。

そんな考えで目的意識もなく働いてきた人間なのに、
何故か評価されてハードルの高い仕事に抜擢されました。

20代の頃は評価されハードルが上がることを喜んでいた、
それで自分の価値が上がることで、自分の価値が上がると
辛くとも、これが仕事なんだと思いながらやって来ましたが、
最近、何のために働くのか分からず、働くのが嫌になってきました。

今まで働くのが嫌なんて考えがありませんでした。
それは当たり前のことだと思っていたので、無職とかニートとか、
そういう発想がなかったのですが、ここ最近急にそう思います。

働かなければお金も稼げない、国民の義務も果たせない。
むしろ働き盛りになるべき年齢、抜擢された時はやる気があったのに、
実力以上の仕事に対して、昔なら「やるしかない」と思えたのに、
投げ出して遠くに行きたいと思うことが多々あります。

本来なら仕事に対してそういう感情は年を重ねるごとになくなるはずなのに、
期待されたり、頑張ってと言われるたびに辛くなります。
「そんな人間じゃない」と思います、ずっと自分を大きく見せようとしてきたツケです。

「仕事を通して他人を幸せにする」のが社会人のあるべき姿だと言います。
営業としてビジネスの社会でやってきたのに、そういう気持ちがありませんでした。
そういう気持ちもないまま、働くことが当たり前だからという感覚でやってきたら
何のために自分が働いているのか分からなくなってきました。

仕事があるだけ、飯が食えるだけマシだと自分に言い聞かせますが、
働くことが、何だかとても息苦しく、戸惑うことが増えてきました。
昔はそんなことは思わなかったのに、歳を取ったら分からなくなりました。

今まで普通に仕事してきたのに、歳を重ねてこう思った方はいらっしゃいますか。
今日も何もやる気が起きず、布団に入って何も考えない時が幸せです。
働くのが当たり前だったのに、何だかとても嫌で仕方がないです。
甘えなど卒業しているはずなのに、自分で自分が分からなくなりました。

30歳独身会社員(男)です。

仕事をして働くことは当たり前だと思ってきました。
働くというレールを踏み外すことにずっと恐怖心がありました。
何のために働くのかなんて考えずに働いてきました。

そんな考えで目的意識もなく働いてきた人間なのに、
何故か評価されてハードルの高い仕事に抜擢されました。

20代の頃は評価されハードルが上がることを喜んでいた、
それで自分の価値が上がることで、自分の価値が上がると
辛くとも、これが仕事なんだと思いながらやって来ましたが、
最近、何のために働くのか...続きを読む

Aベストアンサー

お礼回答ありがとございます。

自分のために生きる・・・いいんじゃないですか・・・・・・?

ひとつ目標ができたじゃないですか!

わたしだってこうやってかいてますが何のために俺はいるんだろうなんてしょっちゅうおもいますよ。

それでいいんじゃないですか・・・・・

ひとつずつクリアしておいけば・・・・・

仕事が本当に嫌ならやめてもいいんじゃないですか・・・・・・・なんとかくいつないではいけますよ・・・・

自分をせめないでください。

Q本当の本当に浮気しない男性っていますか?

浮気しない人はいる!って信じている私ですが、
まわりは、そりゃ100人に2人くらいはいるかもしれないけど、たいていの男は浮気するよと言います。
ここでは、風俗以外で、しかも、別れを覚悟で本気になる浮気じゃなくて、その場限りの&数回の浮気、です。
自分が付き合ってるor結婚してる相手を騙してor嘘をついての浮気、です。
特に、旅行先や出張先なら、開放感からほとんどの人が浮気すると聞かされます。
そうじゃない誠実な男もいると信じたいけど、みんなに口を揃えてそんなこと期待してたら傷つくだけだよ、などと言われ自信がなくなってきました。
最悪な状況を考え、疑ったりセーフな恋愛するよりも、傷ついても”そういう人は絶対いる!”と信じ通した方が幸せだとは思うけど
こうもまわりが現実にチャラチャラしてると、そういう勢いもしぼんでしまって・・。

本当のところはどうなのでしょうか。
浮気しない人はいますか?

Aベストアンサー

 数ある回答の中に俺は浮気をしないぜ!という意見がないので投稿します。

 私は他の回答者がおっしゃるような浮気をしたことがない(しようとも思わない)偏屈な既婚者です。私がしない理由は「相手に同じ事をされたらいやだ」からです。もっと変な話「俺の○○○、嫁さん以外の女に触らせないぜ!」とわけのわからないプライドまで持っております。

 もし絶対にばれない状況で理想の女性にアプロ-チされたり、会社の付き合いで風俗に連れて行かれたとしても何もしないと思います。後日必ず後悔しますから。

 皆さん浮気は楽しいのでしょうか?私だったら嫁さんのことが(どんなにばれない状況でも)頭から離れずちっとも楽しめないと思うのですが・・・

 もちろん願望が全くないと言ったら嘘になります。町で綺麗な人、かわいい女性を見かければ「おっ!」って思いますが、それだけで何か具体的な行動等は全く考えません。嫁さんだけで十分満足してますから。

 私の周りでは浮気してない(これからもしないだろうと思われる)人の割合は一割いるかどうか位だと思います。偏屈な男の立場からの意見、参考になりましたでしょうか?

 数ある回答の中に俺は浮気をしないぜ!という意見がないので投稿します。

 私は他の回答者がおっしゃるような浮気をしたことがない(しようとも思わない)偏屈な既婚者です。私がしない理由は「相手に同じ事をされたらいやだ」からです。もっと変な話「俺の○○○、嫁さん以外の女に触らせないぜ!」とわけのわからないプライドまで持っております。

 もし絶対にばれない状況で理想の女性にアプロ-チされたり、会社の付き合いで風俗に連れて行かれたとしても何もしないと思います。後日必ず後悔しますから...続きを読む

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf

Qユダヤ人はどうして嫌われているのでしょうか?

映画「ホテル・ニュー・ハンプシャー」で、
「このホテルにユダヤ人がいるんじゃあるまいな」という
発言がありました。
シェイクスピアの「ベニスの商人」もユダヤ人です。
チャップリンの初期の映画にもユダヤ人をばかにする人種差別的ギャグがあるそうです。
ヒットラーにも嫌われました。
どうしてユダヤ人は嫌われるのでしょうか?
イエス・キリストがユダヤ人なのですが、白人はそう思ってないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様です。気をつけたいものです)。

さらには独自コミュニティを形成してそれを崩そうとせず、あくまで頑なにユダヤであるということを固持してきました。
これは、キリスト教という緩やかなつながりでつながっていた西ヨーロッパ圏では、ユダヤという存在は異端という点がその場に存在しているようなものです。
日本でもそうですが・・・自身たちとは違う風貌、習慣を持つ人は少なからず煙たがられる傾向があります。
さらには、銀行業などの当時「卑しい」とされていた職業で設けていました。余所者に自身たちの金を吸い上げられるのですから、決して面白いわけはありません。

もう一つが、政治的要因。
政治で、国民の不満をそらす方法に、悪役をつくる、というのがあります。
簡単に言えば、こじつけでも「~が悪い」というのをつくれば、そこに国民の不満がいきますから、政府とかそういったお上に攻撃がこなくなります。
で、ユダヤはキリストを十字架送りにしたというのがありますから、非常に悪役に仕立てやすいのです。上に書いた民族的な特徴も仕立てやすい理由です。

大体、嫌われる、あるいは嫌われている人、民族には共通項があります。
1.お金にうるさい(理由はともあれお金をためる人全般)
2.異文化的である。または異文化の性質を強く持っている
3.異郷の地でがっぽり稼ぐ人
4.郷に入らば郷に従えを実践しない人
5.自分たちのほうが偉いと少なからず思っている人
などなど・・・
ただ、こうやって見るとわかるように、どこぞの民族も似たようなことをやっています(車をアメリカで売りまくって、ご当地の車会社から白い目で見られたりする国です。まあ、いまはあまりやらないのかな・・・?)。
結局、嫌われる民族か、そうでないかというのは、ある意味紙一重なところがあります。
ユダヤが嫌われているのは、これらを満たしてしまっているせいと、国を持たなかったという地政学的悲劇のためと考えています。

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様で...続きを読む

Q「人生に無駄なことなんてない」ってほんとですか?

「人生に無駄なことなんてない」ってよく聞きますが、本当ですか?なにを根拠にそう言えるのかぜひ教えていただきたいです。

私の人生は無駄だらけです。
大学受験も浪人して(しかも失敗)、
大学卒業してからもプーたろう(公務員試験専念のため)です。つまり、浪人しまくっています。しかも今年も惨敗(私の頭の悪さがいけないんでしょうが・・・)。そろそろ年齢もあるので、就職活動します。
よって、公務員浪人期は人生の無駄。
★「ほかのことに有意義に使えたであろう時間を損をした」ってところが悔しいです。。

「人生に無駄なことなんてない」んでしょうか?。

公務員試験のために大学卒業後2、3年も浪人していた私のこの時期は無駄以外のなにものでもないです。
(受かったら話は別ですが・・・)

ひきこもりの人の決め台詞
「あの時期があったからこそ今の自分がある」
というのは意味がわからないです。
そうでも言わないとやってられないから、そういうのではないでしょうか? 

質問:何年も浪人したあげく失敗した場合の
   この浪人期を今後どのようにとらえていけばよいでしょうか?

ぜひアドヴァイスおねがいします

ここまで読んでいただきありがとうございました

「人生に無駄なことなんてない」ってよく聞きますが、本当ですか?なにを根拠にそう言えるのかぜひ教えていただきたいです。

私の人生は無駄だらけです。
大学受験も浪人して(しかも失敗)、
大学卒業してからもプーたろう(公務員試験専念のため)です。つまり、浪人しまくっています。しかも今年も惨敗(私の頭の悪さがいけないんでしょうが・・・)。そろそろ年齢もあるので、就職活動します。
よって、公務員浪人期は人生の無駄。
★「ほかのことに有意義に使えたであろう時間を損をした」ってところが...続きを読む

Aベストアンサー

「無駄なことがない」のではなく、
「無駄にしない」という意志があるから、「無駄にしないためので努力(考えの持ち方)」をし、「無駄にならない」のです。

ちなみに、
★「ほかのことに有意義に使えたであろう時間
って、なんですか?
そのことでは絶対に失敗しなかった、時間を無駄にしなかったと言い切れるものなのでしょうか?
私には「逃げ」のように感じます。きっと「その有意義なこと」に就いていたら、やっぱり公務員を目指さなかったのは失敗だったって言っていそうな気がします。

厳しいことをいえば、
受からなかったら無駄になると言い、無駄になるような努力しかしないから、受からないのでは?
解釈の仕方だと思いますが、世の中、白か黒か、成功か失敗かの2つに分類できるような簡単なものでは無いです。直接、又は間接的に私たち住民のために働いてくれる公務員が、両極端な考え方しかできなかったら、すごく生きにくい国ですよね。
「現状を客観的に分析し、良いところを残して伸ばし、悪いところを改善し、でも、過去は否定しない。」以前役所の仕事をしていたことがありますが、公務員に求められる資質のひとつだと思います。


質問:何年も浪人したあげく失敗した場合の
   この浪人期を今後どのようにとらえていけばよいでしょうか?

どうやったらその失敗を《有意義な時間》として位置づけることが可能か考えてみたらいいのでは。
公務員目指して勉強してきたとのことですが、なぜ公務員がいいのか、明確な志望動機がありますよね。公務員ではありませんが、民間でなにかその動機を満たせるような職業をさがしたり、逆に失敗した経験を生かせる職業を考えてみるものいいと思います。
失敗を有意義に位置づけることが出来れば、公務員に限らずどのような職業でも大丈夫でしょう。
逆をいえば、浪人した時間が失敗だったとしか考えられないなら、他の職業も難しいかも知れませんね。私が経営者なら、失敗を生かせない人は採用したくありません。

無駄にするかどうかは、紙一重、です。

「無駄なことがない」のではなく、
「無駄にしない」という意志があるから、「無駄にしないためので努力(考えの持ち方)」をし、「無駄にならない」のです。

ちなみに、
★「ほかのことに有意義に使えたであろう時間
って、なんですか?
そのことでは絶対に失敗しなかった、時間を無駄にしなかったと言い切れるものなのでしょうか?
私には「逃げ」のように感じます。きっと「その有意義なこと」に就いていたら、やっぱり公務員を目指さなかったのは失敗だったって言っていそうな気がします。

厳しいこ...続きを読む


人気Q&Aランキング