AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

困っているのでご意見をください!
去年の年末ごに日焼けをしていないのに全身の皮膚にひりひり感を感じ、
それから日による強さの差はあるのですが、基本的にいつもひりひり感に悩まされています。
アレルギー系か自己免疫疾患系か難病かわかりませんが、
ネットで調べてもなかなかわかりません。
地元の病院に行ったのですが、様子を見ましょうになってしまいます。
見た目は何ともありません。
まさしく日焼けした日の夜のような皮膚の表面がひりひりとしている感じです。

何卒よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

シーブリーズがいいと思います。

体にピシャピシャと軽くなぜる。
スーとして気持ちがいいですよ。だいぶ痛みを緩和できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。
また何かあればご指導よろしくお願いします。

お礼日時:2008/09/05 03:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外傷は無いのに皮膚がヒリヒリします。

3週間ぐらい前から右の肩甲骨から脇下にかけて皮膚がヒリヒリします。思い当たる原因もなく、発疹や赤い腫れなど一切無く、見た目は普通となんら変わりありません。
ホットカーペットの上で寝ちゃうこともあったので始めは軽い低温火傷かなぐらいにしか考えてませんでしたが、赤く腫れてもいないし違うようです。肋間神経痛ということも考えましたが皮膚がヒリヒリする以外は痛みはありません。ただ、痛いところをかばう為にへんな体制を知らずにとっている様で背骨のあたりが筋肉痛に似た痛みがでて来ました。もしかしたら、これも何かの病気の症状でしょうか?
最近急に心配になってきました。
何かこの様な症状でご存知の方いらっしゃいましたら、是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、私が似たような経験をした時の話をします。私も思い当たる原因の無い時に変な皮膚の異常を感じました。その時皮膚科の病院等に行ってみましたが、一向に直る気配すらなく、何かもっと重大な病気かも?とも思いました。
私の場合は、もともとかなりのヘビースモーカーであった為のビタミン不足が原因でした。結局ビタミンの錠剤を飲み続けることで克服し、今は何ともない状況です。先に回答されておられた方の言われるように素人考えで対処してはイケナイとは思いますが、深刻に考えずに皮膚科のお医者さんに相談されてみてはいかがでしょうか?大げさに考えずに気楽に対処するほうが精神的にも良いと思います。

Q発疹のない帯状疱疹もありますか?

左側の肋骨周辺、横腹、背中にかけて
筋肉痛に似た痛みが発症し、辛くなって
病院へ行きました。
レントゲンをとり、肋骨や背中の骨には
異常がないことを確認してもらい、
医師からは「帯状疱疹の初期症状かもしれないですね」
と言われました。
ただ、発疹の確認ができないため断定は出来ないと
言われ、発疹が出てきたらまた来るようにと言われました。
その後、足首と手の甲にも痺れるようなピリピリした
痛みが出始めたのですが、相変わらず発疹はありません。

胸や背中の痛みを感じはじめてから5日がたちます。
未だに発疹はないのですが、発疹がでない帯状疱疹など
あるのでしょうか?

背中の痛みが特に気になるため
このまま痛みが引かなかったら
別の病院へ行こうかとも考えています。

同じような経験をされた方、または帯状疱疹に詳しい方
ご意見をいただけたらと思います。

Aベストアンサー

同じ症状でした。
最初から最後まで、ほとんど発疹が出なくて、わからなかったです。

痛くて痛くて、左半身で、いつもの腰痛と筋肉痛だと思っていたので、ずっと気が付きませんでした。
でも、あまりに痛くて、自分でネットで調べ、もしかしたらと整形外科の先生に話をしたら、念のため血液検査をして、案の定、帯状疱疹だとわかりました。

発疹は、最後の方に、ほんのちょっとだけ左腕に出たくらいです。

その後、皮膚科にもかかっていたので、皮膚科の方で薬を出してもらいましたが、
発覚が遅れたせいか、左手に痺れが残り、神経の方の治療をすることになり、完治に3か月かかりました。

薬は飲んでいますか?
発疹が無くても、血液検査でわかるし、薬は早く飲んだ方が良いですね。

何とも言いようもないくらい、すごく痛かったです。

Q全身のあちこちを移動する痛み

私はここ4ヶ月半程度、全身のあちこちを移動する痛みに悩まされています。
腕や足がにぶく痛んだり、背中や首筋やリンパ節に沿ったするどい痛み、土踏まずの張ったような痛みなど色々です。
痛みの継続時間はそれぞれ数秒から数分と、同じ所が継続して長時間痛む事はあまりありません。
肋間神経痛を患った事があるので、その一種かと思い病院に行っても、ロキソニンを処方されただけで、全然薬は効きませんでした。
痛くなり始めたのが、公私ともに大きなストレスを感じ始めた時だったので、かかりつけの心療内科に行った所、ストレスからくるものかもしれないとの事で、抗うつ剤を処方して貰っています。
ロキソニンなどの痛み止めに比べると、抗うつ剤や抗不安剤を飲んでいるときの方が痛みは和らぎますが、完全に痛みが無くなることはありません。
時間があれば、内科的な検査を十分にしてもらう事が出来るのでしょうが、まだそこまでの余裕がありません。
大きな病気の前兆でなければいいと心配しているのですが、この様な症状についてご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲の疼痛とは左右半身、
体幹中心部(頸~胸~下背)の全てに存在するもの。

2.類似の症状を呈する他の全身性疾患が除外出来る。
3.18ヶ所の圧痛点が確認できる。
【判定】
上記第一項および第二項を満たし圧痛点が11ヶ所以上存在すれば
確実と診断する。
上記第一項および第二項を満たしても圧痛点が11ヶ所に
満たない場合は可能性あり又は疑いと診断。

線維筋痛症を知らない医師は検査データーしか信じない。
基準も知らない。
医療の限界を知らない。線維筋痛症を認めない。医師は
どんな医療上の検査を行っても原因に結び付ける異常数値、
徴候は無く、患者の主訴を精神疾患、気のせいだと誤った診断
を信じ治療が遅れる。医療者の見逃しが重症化に移行する
原因不明の詐欺病です。

私は発症例の極めて少ない組合せでシュグレン症候群を併発。
互いに自己免疫疾患と免疫、血液、内分泌代謝内科にて
線維筋痛症のセカンド、オピニオンを厚生省線維筋痛症研究班、
認定病院にて専門医の診察を受け線維筋痛症と確定。

患者団体、線維筋痛症友の会ホームページ及び、
リウマチ財団のホームページにアクセスするのも良いかも知れません。

http://www.marianna-u.ac.jp/ims/topics/1network.html
難病治療研究センターに線維筋痛症相談窓口が
約一年前、開設。その後、問合せが殺到する。
対応に限界が生じて
【線維筋痛症医療機関ネットワークの構築について】
を掲載した。

全国推定、200万人の線維筋痛症患者が存在して
医師も本人も分らない患者は全国に点在治療を受け
続けている。

有効な治療薬が無い為、痛みの「指圧点」が全身に存在。
私は有効な対症療法を麻酔科にて施術を受けています。
鎮痛補助薬処方も最悪なケースを辿り今日に至ります。

【WHO】 3段階徐痛ラダー;WHO three-step analgesic ladder
の第三段階に基き第三段階の対症療法を受けています。
治療法が見つかる迄、疼痛抑制を麻薬鎮痛剤に依存して生活を
続ける事に承諾して投薬中です。

第一段階---非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬、非オピオイド鎮痛薬

第二段階---軽度から中等度-の強さの麻薬性鎮痛薬±非麻薬性鎮痛薬
±鎮痛補助薬。軽度から中等度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階---中等度から強度-の麻薬性鎮痛薬
±非オピオイド鎮痛薬±鎮痛補助薬。
中等度から強度の麻薬性鎮痛薬。

第三段階の最終段階まで到達して線維筋痛症と遅すぎる確定診断が
下されるケースから最近、線維筋痛症の医療相談で早期発見。
早期治療を受けて適切な処置を施せば快復するケースもあり
症状が色々で痛みの表現に幅が広くて移動する痛みも含まれる
と思います。痛みが移動する。痛みの感じ方に広範囲の痛みが
治まり今迄、隠れて感じなかった痛みが現れ動いた感じ?

各個人に適合した治療で除痛するのが良いと思います。

現在、前に述べた通り治療(対症療法)に携わる診療科は
麻酔科が除痛の柱。
精神状態を和らげる精神科、痛みの信号は神経に伝わり脳で受止め
疼痛を感じる?神経内科、身体に起る各種症状の改善に
眼科、皮膚科、口腔外科。対症療法で日々の生活。整形外科は
装具の修理、作成のみ関節の保護以外は何も施術しない。
一つの総合病院で複数の診療科により対症療法(投薬)を
受けています。

線維筋痛症患者です。
闘病生活は21年を過ぎました。

大きな病気を心配されて生活に支障を起こす状態は
精神に負担をかけて良くないと思います。
それに勝手な自己診断に思い込みによる間違いは避けたいので
線維筋痛症の診断基準(米国1990)を掲示します。

米国は線維筋痛症の先進国。リウマチに分類された疾病です。
【線維筋痛症の診断基準】
線維筋痛症は特定の圧痛点が存在します。
1.指圧で18ヶ所のうち11ヶ所以上の痛み少なくても三ヶ月以上続く
広範囲にわたる疼痛の既往がある。広範囲...続きを読む

Q自律神経失調症の体の痛み

自律神経失調症と診断されて2年くらいになります。症状はさまざまです。体の冷え、うつ状態、不眠症、ふらふらするなどですが、一番ひどいのは体の痛みです。主に、首、肩、背中、腰です。それが右半身だけが異常に痛いのです。かなりの痛みがほとんど常にあります。
整体では、右も左半身にも凝りがあると言われましたが、自覚があるのは右側だけです。痛みは2年前に比べると、少しづつはよくなっているようですが、ちょっと疲れたり無理をするととたんに激痛になります。
内臓系の病気かと疑ったことも何度かありますが、そういういう診断もないし、ストレスはこの2年間も続いていましたので自分でも何となくやはり心因性が大きいような気がします。
それにしてもこんなに体が痛いものなのでしょうか。
それも右半身だけ。
同じような症状の方はいるのでしょうか?
またなにかアドバイス等があればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

突然なのですが、整体に通うのはやめたほうがよろしいかと思います。無免許でしょうから。整形外科や、もしくは、マッサージ治療院、接骨院などをお勧めします。

さて、本題に移りたいのですが、神経性の病気で、自律神経失調症という病気は、総称なのです。いくつかの精神性疾患をまとめて、「自律神経失調症」と言っています。本症はほかの病名がついているはずです、

自律神経は、頭のてっぺんから手・足の先まで、皮膚から筋肉・内臓とあらゆるところに分布しています。ですからどこが、おかしくなっても、不思議ではありません、右側だけがおかしくなることもあれば、手・足だけがおかしくなることもあります。偏頭痛などがいい例で、頭だけが痛くなります。あらゆる症状がでます不定愁訴と言います。

心療内科や精神科などの医師に相談し、筋弛緩作用のある薬を処方してもらうのが適切ではないかとおもいます。一般的なのは、テルネリンと言う薬があります。副作用はありません。少し口の渇きがある程度です。

専門医の指示をしっかりを守ることが重要だと思います。

Q体がヒリヒリ痛みます

体の皮膚がヒリヒリして痛みます。一日で治る時もあるのですが、2、3日ひりひりしている時もあります。痛む場所は、足の一部であったり腕の一部であったりと、色々変わります。いつもいつもそうなる訳ではありませんが、時々なります。治ったら忘れるのですが、これは、いったい何なのでしょうか。気になります。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

私も以前に似たような症状がありました。
私の場合は色々検査した結果「神経過敏症」でした。
ストレスと極度の疲労からなってしまったので、投薬と休養でなんとか治りました。
あまり気になるようなら、一度受診した方がいいと思いますよ。
出来れば総合病院などの大きな病院の方がいいと思います。
私も大学病院の神経科でやっとわかりました。
早く治るといいですね。

Qお腹と背中が日焼けをしたようにヒリヒリ痛みます。

実は一週間ほど前から微熱が続いていたのですが、金曜の夜になるとどうも体がだるくなり38度くらいまで発熱してしまいました。
普段熱は上がらないほうですが、微熱が続いたこともあって慣れてしまったのか市販の頭痛薬と昨日(土曜日)の睡眠で良くなってきました。
風邪をひいた時のように、のどやお腹は痛くなく、頭痛も無かったので熱だけ上がったようでした。
今朝になると36度9分くらいになり気分も良いのですが、どうも昨日からお腹と背中がヒリヒリ痛むのです。
まるで日焼けをしすぎて痛むように・・・。
もちろん日焼けなんてしてませんし、服もいつも着ている物なのでかぶれるなんて事は無いと思います。
熱が上がる前は節々が痛みましたけど、ヒリヒリって感じでは無かったです。食欲や便通は普段通りですので、お腹の中より表面が痛い感じなんですけど・・・。
同じような症状を知っている方、教えてください。
どこか悪いんでしょうか?

Aベストアンサー

も、もしかして、そのあたりに、発疹はありませんか?

あなたがそうかどうかはわかりませんが、帯状疱疹という病気があります。
からだの免疫力が落ちた、病気の後や、くたびれている時なんかに、なります。
昔、水疱瘡になったと思うのですが、あのウィルスが神経のなかに隠れていて、免疫力が落ちてきたら押さえ切れなくなって、発病します。
発疹が出てくる前から、ヒリヒリかなり痛みます。
神経はからだの真ん中で支配領域が分かれているので、偏っていることが多いです。
首筋や、背中、わき腹なんかによく出来ます。
もし、そうなら、いいお薬がありますから、今日中に病院へ行きましょう。
早い方がよく効きます。
放っておくと、頑固な神経痛が残ることがあります。
薬代が高いですが(一万円あれば、おつりはあります)、もしそうなら早いめがいいですよ。
酷くなった人は、{ナイフで刺されているようだ」なんて、言う人もいて、入院してしまう人もいますよ。
それぐらい、酷いと痛いです。

ネットで検索して、確かめてみませんか?

Q上半身にヒリヒリとした痛みが・・・。

 36歳の男性ですが、ここ2週間ほど前から、上半身の皮膚に軽いヒリヒリとした痛みを感じています。
 1.乳首に痛みを感じたのが、自覚症状の1番最初でした。
 2.その後腹部にも同じようなヒリヒリした痛みを感じるようになりました。
 3.背中の筋肉部分にも同じようなヒリヒリとした痛みと筋肉痛に似た痛みも感じるようになりました。
 4.お風呂に入ると痛みがやわらぐ気がします。
 通常の生活には支障はなくすごせますが、今までに経験したことがない痛みなので気になります。
 もし、経験されてことがある方がいらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ヒリヒリ感というか、痺れというかの現象は、極めて厄介な現象で、何が原因なのか、特定できないことも多いのです。単なるストレス性疾患だったりするケースから、治療が困難な難病・奇病系である可能性もあるほどです。

まず、問題の現象が、左右対称か非対称かによって、アプローチが大きく分かれます。今回は左右対称に見えますが、左右対称のほうが、厄介です。

近所で神経内科のある総合病院をお奨めします。神経内科は神経科とは別物です。神経を精神活動として診るのではなく、純粋に物理的臓器として診る専門家であり、神経内科のいる病院は少数派です。神経内科が無ければ、病院に電話で質問して聞いてみましょう。「神経内科的な病気の対応は出来ますか」と質問し、「膠原病外来で、ひろく神経内科的な病気も扱っています」とか、「お年寄りのケアをする部署に、パーキンソン症を診ている医師がおり、そちらで対応可能です」とか、「婦人科の中に自己免疫性の病気を診る医師がおり、神経内科的な病気にも精通しております」とかいう返答もありえるかと思います。

通常、痺れが左右対称に発生する現象には、整形外科から診療をスタートします。首の後ろで神経が骨で圧迫されているケースが想定されるためです。また、ヒザの下をゴム製のハンマーで叩くと足が跳ね上がることはご存知かと思いますが、整形外科はこれを、足だけではなく腕にも行います。手足共に激しく跳ね上がり、常人の反射を超えたレベルでの動きが見られると、反射が亢進していると言って、整形外科が嫌がるタイプの症状です。他方、症状が上半身だけなら、整形外科がさらに詳しく症状を分析してくれます。なお、左右対称のしびれは糖尿病によっても発生するので、尿検査の結果を最初に伝えておくと、有益です。

整形外科がギブアップすると、神経内科に回されます。神経内科の担当する病気には、難病・奇病系が多く、場合によっては体を動かすことが出来なくなるなどの、恐ろしい病気もあります。だから、しびれを診断するにあたっては、神経内科が重要なのです。

神経の栄養剤はビタミンB12で、こいつはビタミンのくせに動物性という不思議な栄養素です。通常の食生活で不足することはありませんが、菜食主義者は要注意です。整形外科、神経内科共に、ビタミンB12の錠剤を投与することで、神経の自己回復能力に期待するという行動をとることがあります。しかし、世の中には、腸の病気でビタミンB12を吸収できなくなっているというケースもあり、なかなか一筋縄ではいきません。

私の場合は、整形外科、神経内科とも異常を見つけることは出来ず、精神科送りになりました。精神科は、大病院においては、他の医師がさじを投げた時の最後の砦という性格を持っています。大病院の精神科は、精神科に送られる患者の中には、別の病気の見落としが混ざっていることを知っており、例えば、私は甲状腺機能検査を受けています。また、精神科医は薬理学のプロフェッショナルという特性を持っており、他の医療分野における新薬情報にもアンテナを高くしておき、薬本来の目的を無視して、使えるものは何でも使うという傾向があります。よって、正体不明の病気に対応するためにはどのような薬が良いのかという点のプロフェッショナルでもあるのです。

例えば、私が毎朝、服用しているβブロッカーというタイプの薬は、本来は心臓の病気のための薬です。なぜそんなものが精神科で処方されているのかというと、脳神経系の薬の副作用にありがちな、手の振るえを止める効果があるからです。これは、例えば主婦にとっては非常にありがたい話で、手が震えていると恐くて台所に立てなくなってしまいます。また、通常の精神安定剤では全く通じないとつげたところ、主治医は精神安定剤の替わりに、てんかんの薬を出してきました。これは全く格がちがうほど劇的に効きましたが、昼間の眠気という副作用があるため、病気の回復状況を見ながら、半分に減らしました。

お大事にどうぞ。

ヒリヒリ感というか、痺れというかの現象は、極めて厄介な現象で、何が原因なのか、特定できないことも多いのです。単なるストレス性疾患だったりするケースから、治療が困難な難病・奇病系である可能性もあるほどです。

まず、問題の現象が、左右対称か非対称かによって、アプローチが大きく分かれます。今回は左右対称に見えますが、左右対称のほうが、厄介です。

近所で神経内科のある総合病院をお奨めします。神経内科は神経科とは別物です。神経を精神活動として診るのではなく、純粋に物理的臓器とし...続きを読む

Q風邪をひくと皮膚が敏感になるのはなぜですか?

風邪をひくと皮膚が非常に敏感(痛く)になります。

普段多少の痛みにしか感じない血液検査の注射の針が
数十倍の痛みに感じます。

今日は乳がん検診で胸の触診があったのですが
痛くて痛くて・・(涙)

そこで調べてみたところ、私のように風邪をひくと
皮膚が敏感になると感じる人が少なからずおりました。

そこで質問なのですが、風邪をひくとどのような理由で
皮膚が敏感(痛く)になるのでしょうか?
メカニズムが知りたいです。

よろしくお願いします。。


※6日ほど前から風邪を引いています。

最初の3日は頓服も効かず高熱が続き、動くことも難儀でしたが
今は一般的な風邪の症状はあるものの
日常に戻れるよう努めているとことです。

Aベストアンサー

風邪のウィルスと闘うためにリンパ球が活性化、副交感神経が優位になりますが、このときアセチルコリンというホルモンが分泌されます。このホルモンの作用で痛みや発熱を起こすプロスタグランジンという物質が増加しますが、知覚過敏になるのです。
質問者さんがどういう方なのかわかりませんが、もともと穏やかな性格、ぽっちゃり、ふくよか、色白、みずみずしい皮膚のタイプだとなおさらかもしれません。知覚過敏になりやすい体質です。

Q皮膚の痛みが移動する

6月のはじめから皮膚がヒリヒリ、初めは右手の上の方から始まって、だんだん下の方へ広がって行きました。前にもヒリヒリする事は有りましたが2、3日で治っていたので気にしなかったのですが、今回はどんどん痛みが移動するので、さすがにおかしいと思い皮膚科に行った所、神経内科を紹介されMRI 検査をしました。異常無し!
次は大学病院整形外科を紹介されました!分からない!その頃は左指から上の方まで痛くなっていました。移動すると最初ヒリヒリ痛かった所から治って行くのです。新薬を飲んでいます。いまだに移動してます。皮膚の見た目は全く異常無しです。

Aベストアンサー

ヒリヒリ感は免疫力が上がってきて、免疫細胞が皮膚付近にいるヘルペスウィルスを見つけ出して、排除しようと攻撃し出したときに、神経が感じる感覚の一つです。
ヒリヒリ感が下がっていく感覚は、下のほうへ行くに従い、免疫力が上昇していることになります。だからヒリヒリ感が移動しているように感じるのです。
ヘルペスは免疫細胞から攻撃を受けると、やがて神経節に隠れます。免疫細胞は神経節に隠れたヘルペスまでは攻撃できませんので、ヒリヒリ感は消えます。
漢方煎薬と抗ヘルペス剤で完治できます。

詳しくは高槻市にある松本医院のホームページをご覧ください。
http://www.matsumotoclinic.com/

Q太ももがひりひりとして痛い

太ももがひりひりとして痛い

私はPCなどする時ずっと足を曲げて(あぐらなど)座ってるんですが夏休みもあって長時間その状態でした。そのせいか左太ももの上側の皮膚がひりひりと火傷したときのように痛むようになりました。
しかし皮膚をみてもこれといって普通なので痛む原因がわかりません。
医者に行こうと思っているのですが、皮膚科、整形外科、内科のどこにいけばいいですか?

Aベストアンサー

私もまったく同じ原因と思われる、同じ症状で去年の冬から1年近く痛みに悩まされました。私も左側です。私も足が疲れてくると足を曲げてもう片方の足の上に乗せてしまい、その上前かがみになってしまう癖がありました。
整形外科で良いかと思います。
しかし、私の場合、整形外科では異常が見つからず、すぐに治るでしょうと言われ、痛み止めを処方されましたがどんどんひどくなるばかり。そのときは原因もわかりませんでした。
皮膚科、内科をはしごしましたがやはりわからず、その後、神経内科で外側大腿皮神経痛ではないかと言われ、神経を修復するビタミン剤を処方され、数ヶ月間飲みました。
しかしとにかく痛くてたまらないので麻酔科で痛んでいる場所の候補である、腿の付け根の前の出っ張った骨の内側付近と神経の根元の腰の部分に1週間ごとに交互にブロック注射をしてもらい、体を温める漢方薬も処方され飲みましたが、なかなか効き目を実感できませんでした。
今年の春に事情があり、PCの前に座っての仕事をほとんどしなくなったところ、痛みが引き始め、一日に1、2度ビリビリと感じる程度にまで回復しました。
最近、また仕事が忙しくなり、長時間座るようになったところ、痛みが戻ってきてしまったので、しばらく仕事をしたら立ち上がって体操したり、猫背にならないように、足も組まないようにしています。
無理な姿勢を長時間続けて腿の付け根のあたりの血の巡りが悪くなり、神経を痛めてしまったことによる神経痛かと思います。

私もまったく同じ原因と思われる、同じ症状で去年の冬から1年近く痛みに悩まされました。私も左側です。私も足が疲れてくると足を曲げてもう片方の足の上に乗せてしまい、その上前かがみになってしまう癖がありました。
整形外科で良いかと思います。
しかし、私の場合、整形外科では異常が見つからず、すぐに治るでしょうと言われ、痛み止めを処方されましたがどんどんひどくなるばかり。そのときは原因もわかりませんでした。
皮膚科、内科をはしごしましたがやはりわからず、その後、神経内科で外側大腿皮神経...続きを読む


人気Q&Aランキング