dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

彼の乾燥肌について。

最近寒くなってきて、彼の乾燥肌がひどくなってきました。
乾燥肌対策として、保湿クリームを塗ったりしていますが、かゆみ、ひりつきが収まりません。
薬局で相談してメンソレータム(市販)を塗りましたが、余計にひどくなりました。
症状を調べたところ、接触皮膚炎のような感じでした。
メンソレータムはかゆみやひりつきを抑えるもののはずですが、炎症(塗ったところが熱を帯びて赤くなり膨らんだ感じ)、かゆみ、ひりつきがひどくなりました。
20-30分ほどはひどかったみたいです。
皮膚科に行こうといっているのですが、本人は毎年のことだ、めんどくさいといいます。
でもかゆいし痛いみたいです。
本人が行く気ないのでこのまま苦しんでもらおうと思ってるのですが、接触皮膚炎やアレルギー反応を起こした肌を抑える保湿クリーム、塗り薬は市販でなにかありますでしょうか。
皮膚科に行くしかないですか?

同じ症状の方いれば教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

A 回答 (5件)

本人が無気力ならあなたが過保護しても、あまり意味ないかもですけど。



一応、乾燥肌の持ち主として言えることを言うと、「毎年のことだ」というレベルの人は、食事に問題がある人が大半です。
次に睡眠・入浴に問題があります。
場合により寝具や衣類、洗剤類なども肌に合っているのかどうか全部調べるべきですが、「毎年、寒さによって肌荒れが悪化する」法則がハッキリしているなら、最初に改善すると良いのは食事です。

逆に言えば、他を少しいじくりまわしても食事内容を改めないなら、来年も再来年も問題は出ると思いますし、塗り薬に依存しすぎると悪化するお添えれが多いうえ、お金も凄くかかります。

応急処置的には、腸内環境を整えるサプリメントや栄養剤をガンガンぶっこんでみるのがおすすめです。

コスパがよく、長期的に飲んでも副作用などの恐れがあまり無いのは、ビオフェルミン・パンラクミンなどです。ただし、それらは長期的に少しずつ飲み続けることで効果が発揮されるもので、短期的に目立った効果が出ることはあまりないので、1か月以内に辞めてしまったら意味ないですし、本人にやる気がないなら、続けられないかもしれません。

腸に良い菌は、ヨーグルトや納豆などの発酵食品に多く含まれるので、そういうものを毎日少しずつ食べる事でも良い効果が期待できます。発酵食品は個人による好き嫌いが割とあるので、嫌いだったらサプリで取る以外たぶんどうしようもないんですが。

腸内に良い菌を増やしたら、次は食物繊維を大目にとると、腸内の良い菌を増やせます。でも腸内環境が悪いタイミングで食物繊維を大目にとると、かえって便秘になったりガスが発生したりするので気をつけてください。

腸内環境に良い食事・悪い食事(食材)の例は、ネットにいくらでも紹介されているので、それらを参考に毎日の食事を組み立てるといいと思います。

また、肌荒れを比較的すばやく修復してくれるのはビタミン類です。
それらも進んで摂取するといいです。私自身の経験では、特にビタミンC、ビタミンB群は、サプリや食事で多めに取ると、翌日以降、すぐに効果を感じやすいです。ただし、たいていのビタミンは、十分すぎるほどの睡眠とワンセットで効果を発揮するようです。寝不足だと、ビタミンを沢山とっても、あまり効果は感じられないかもしれません。

入浴は、肌荒れが酷い時は、全身浴を毎日しない方がいいと個人的には感じています。汗や汚れは、レンチンしたタオルを絞ったものなどで、優しくぬぐうだけでも普通に落ちると思います。絵具や塗料などの特殊な汚れがついた部位だけ弱めの石鹸やオリーブオイルなどで落とします。他の場所は石鹸も不要です。石鹸や洗剤は、既に乏しくなっている皮脂をさらに奪ってしまうので避けてください。

お湯の温度も高温だと炎症を悪化させますので、全身浴をする場合は40℃前後のかなりぬるめのお湯にしなければ、お風呂を上がった後、大変なことになると思います。

でも冬場に40℃のお湯で全身浴をすると、逆に冷えてしまうので、皮膚炎がある程度おちつくまでは、お風呂は全身浴を避け、部分湯にするのがいいです。

大きめのたらいに43℃~45℃ぐらいのやや高温のお湯をはり、そこに腕だけ、足だけ、という風に、部分的に体をひたして、部分的に温めて血の巡りを良くします。

特にアトピー肌や乾燥肌の改善には、塩化マグネシウム×ビタミンCをお湯に溶かしたものに患部を浸したり、末端(手のひら、足)をしばらくつけると、血のめぐりが改善されていくことが多いです。個人差があるのですが、治る人は1か月以内に治るようです。重度の人でも3ヶ月ぐらい続けると、大半の人が良い効果を実感するようです。ただ、食事で不摂生をしまくっていたら、入浴に気配りするだけでは治らないと思います。

非常に炎症や乾燥が酷い場合は、肌にオリーブオイルを塗り、皮膚に油膜を作ってから入浴します。そうすると薬浴の効果は下がるのですが、お湯が患部に沁みて痛くなるのを緩和できるし、お風呂上りに水分が蒸発して一気に肌の水分を奪われることも防ぎやすいです。

お風呂上りには、出来るだけシンプルな成分の保湿剤を大目にスプレーしてから、またすぐにオリーブオイルなどで油膜を貼って蒸発を防ぎ、さらに冷えないように、綿100%の長袖を着たりして、皮膚全体を保護します。

冬は特に、お風呂が鬼門です。お風呂にはいったがばっかりに、悪化しやすいので気をつけてください。

こまめに衣類を交換し、レンチンしたタオルおしぼりで体を拭きとる、あとは部分湯を組み合わせて、なるべく、全身浴をしなくても体の清潔さを保てるようにすると、最初は手間ですが、その方が皮膚炎のしんどさを確実に改善出来るので、結局は楽になる筈です。

他にも色々ありますが、本人のやる気がないならどういうアドバイスも無駄になるのでこのへんで。あと、メンソレータムは狂気の沙汰ですね。絶対に塗ってはダメです。
    • good
    • 1

現在の皮膚の状態がみれませんので、どの薬がいいかはわかりません。

受診がベストだと思われます。
メンソレータムは【虫刺され】などの痒み止めや保湿オンリーのメンソール入でないですよね?皮膚炎の薬の方なら合わなかったかもしれませんね

化膿性湿疹がなければ、リンデロンVS軟膏やレスタミンコーワはどうでしょうか?
大きな違いはステロイドインか、なしです。
上記は市販薬ですが、全てのドラッグストアに売っているかは ? であり、通販にもあります。

私の経験と知識でご提案させて頂いただけなので、アレルギーの可能性があるならやはり受診です。彼は敏感肌のようですね。拒否されるならそれは仕方ないです。
彼が同意された時に受診して下さい。
お大事にしてください。と、お伝え下さい。
    • good
    • 1

私は、(ヒルドイドのような)ヘパリン類似物質が入っているものを使っています。

乾燥を防ぐためには入浴後に塗るのが効果的です。
    • good
    • 1

私は尿素の入ったニベアをつけています


皮膚の免疫力をつけるため寝る前にヨーグルトを100cc取るようにしてください
お風呂は石鹸をよく泡たてて 部分だけを洗って疾患の出ている所は触れないようにしましょう
皮膚は自然治癒して直すものです薬などはそれを補うだけで自分の免疫力で治すしかありません
疾患にあった薬を処方しないと アトピーなどになって治りにくくなります
皮膚科でちゃんと直してください
触れると貴方も移ることがありますから注意してください
    • good
    • 1

本当に乾燥肌なのか、あるいはアトピー性皮膚炎などアレルギー性のものなのか、あるいはそれ以外が原因なのか、の判定は必要ではないかと思いますよ。


原因によっては対処の方法が全く違ったりしますし、やり方を間違えれば逆効果である事もあるみたいですから。
素人判断で対処するよりは一度病院を受診して、対処の方法を考えた方が良いと考えます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!