硫酸第一鉄を六価クロムの還元剤として用いています。
ところがこの溶液をしばらく放置しておくと茶褐色の沈殿が生じます。
この沈殿が生じたままの状態で六価クロムの還元剤として使用しても効果があるものなのでしょうか?
それと、この茶褐色の沈殿は何なのでしょうか?出来れば硫酸第一鉄溶液からこの茶褐色の沈殿が生じる反応式を教えていただければと思います。
周辺に化学に詳しい人がいないものですから、よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

 硫酸鉄(2)水溶液は、結晶を水に溶解させて直ぐは、淡緑色ですが、しばらくすると、水に溶解している酸素によって酸化され、黄色となります。

さらに、空気などに触れると自然酸化して、黄色に濁り、赤褐色の沈殿を生じることがあります。
この沈殿の正体は水酸化鉄(3)です。
 つまり、Fe2+ → Fe3+ → Fe(OH)3 と変化したのです。
溶液が黄色い状態でしたら、まだ、Fe2+ が残ってしますから使用可能ですが、定性分析用で、定量分析は無理です。さらに、沈殿が生じるほど長い間放置されていたモノは使用できません。
 このような溶液は酸化されやすいので、使用直前に作りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンの故障により返事が遅れて申し訳ありませんでした。
お教えいただいたように使用直前に作った硫酸第一鉄溶液で六価クロム廃液の処理を行ったら、今までに比べて少量で還元を行うことが出来ました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/15 21:31

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


ご存知かもしれませんが、少し基本的なことを・・・・?
Fe(II)SO4(数字は下付け文字):硫酸第一鉄
この容器に酸化剤等が入ってなければ、空気中の酸素により酸化されて
Fe(II)⇒Fe(III)
になって茶褐色の沈殿が生成したと考えられます。

不明の点は補足おねがいします。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~konan/waku/a-0814.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

パソコンの故障で返事が遅れてしまいました。
申し訳ありません。
URL及び回答 たいへん参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/15 21:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸ピッチの組成

硫酸ピッチの主成分は、硫酸イオン(36%:未反応の硫酸を含む)、タール分(34%)、油分(7.7%)であり、タ-ル分に含有さる有害物質は、主として芳香族炭化水素(フェノ-ル類、ピリジン類)であるということは特許文献や東京都のホームページでしらべたのですが、硫酸ピッチの具体的な組成がわかりません。どなたか、硫酸ピッチの組成を教えていただけないでしょうか。


硫酸 A mol%, ベンゼン B mol%
硫酸 C wt%(重量パーセント)、ベンゼン D mol%

できれば、情報源も教えていただけるとうれしいです(本、特許、ホームページ、文献)。 パーセンテージでなく、molやgを記載してあるものでも問題ありません。英語の文章でも問題ありません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原油というのは、産地などによって、かなり成分や組成が違います。

ですから、硫酸ピッチの一般的な組成というのは、決まっていないと思います。

Q塩化第二鉄溶液と塩化鉄(III)溶液

塩化第二鉄溶液と塩化鉄(III)溶液の成分に違いはあるのですか?

Aベストアンサー

同じものです。
昔は、鉄には2価と3価が一般的に知られていて、少ないほうを第1、多いほうを第2と称していましたが、今は価数を書くことで示しますから、鉄(II)=第1、鉄(III)=第2

Q化学成分の英語、教えてくださ~い!

下記化学成分の英語が分かる方、教えてください!宜しくお願い致します。
1.硫酸ナトリウム
2.ムコ多糖類
3.プロテオグリガン
4.グルコサミン
5.硝酸チアミン

Aベストアンサー

硫酸ナトリウム
sodium sulfate [sulphate]


酸性ムコ多糖類
acid mucopolysaccharide〔〈略〉AMPS〕
酸性ムコ多糖類
acidic mucopolysaccharides
硫酸ムコ多糖類
sulfated mucopolysaccharide

グルコサミン ;《化》
glucosamine

硝酸チアミン
thiamin mononitrate // thiamine nitrate

http://www.alc.co.jp/

Q6価クロム・塩化鉄・苛性ソーダの反応について

どなたか教えてください!!
6価クロムと塩化鉄、6価クロムと苛性ソーダ、苛性ソーダと塩化鉄、この3つをそれぞれ混ぜたらどのようになるか、教えてください!!
どのようになるかというのは、例えば「何かのガスが発生して有害」とか、「反応してどのくらいの熱が出る」とか「こういう物質ができる」といった感じに知りたいのです。化学式も教えていただけると大変助かります!!
実はかなり至急知りたいのですが、どなたかご存じの方、教えてくださ~い!!

Aベストアンサー

6価クロムというのでは物質が特定できていませんので、厳密な議論はできませんし、溶媒の種類(あるいは有無)や温度によって、結果が異なってくることもあります。一応、水溶液と仮定して、不足部分を常識的に補って考えます。

塩化鉄はFeCl3と考えます。6価クロムは硫酸酸性クロム酸とします。
Cr2O7^2- + 14H+ + 2FeCl3 → 2Cr3+ + 3Cl2 + 2Fe3+ + 7H2O
塩素が発生

Cr2O7^2- + 2NaOH → 反応せず または 2CrO42- + H2O + 2Na+

FeCl3 + 3 NaOH → Fe(OH)3 + 3NaCl
Fe(OH)3の沈澱が生じます。濃度が高ければ、それなりの発熱はあるでしょう。

なお、3番目の反応は確かでしょうが、それ以外は「自信なし」です。

Q成分名を英語に訳したい

仕事上以下の歯磨き粉の成分を英語に訳したいです。以下の英語名を教えてください。かなり専門的ですがよろしくお願いします。お願いします。
1.リン酸2Ca
2.水酸化Al
3.グリセリン
4.ソルピトール
5.ラウリル硫酸Na
6.セルロースガム
7.ピロリン酸4Na
8.安息香酸Na

Aベストアンサー

スペースアルクの英辞郎で引くと大体答えが出てくると思いまよ。例えば
2.水酸化アルミニウム
aluminium hydroxide
3.グリセリン
glycerine
5.ラウリル硫酸ナトリウム
sodium lauryl sulfate [sulphate](英だと括弧の中のスペリングになります)
8.安息香酸ナトリウム
sodium benzoate

イギリスで化学を習ったものですが、sodium chloride や sodium hydroxide など単純なものはともかく、複雑なものは化学式のままでも良い気がするのですが、いかがでしょう?<皆さん
1番のリン酸2CaってCaHPO4のことですか?
ならcalcium hydrogen phosphateなんですが。

参考URL:http://www.alc.co.jp/index.html

Qステンレス調理器具から六価クロムが出る可能性

少し前に火葬場で六価クロムが大量に検出されステンレス製台が原因ではと言われていますが、だとしたらステンレスの調理器具で誤って空焚きしたりとかある食材で調理したりとかした時に六価クロムが出ることは考えられないでしょうか?

Aベストアンサー

<六価クロムが大量に検出されステンレス製台が原因ではと言われていますが>
これは六価クロムを検出した研究者の単なる憶測で、その後実証的な研究も
行われていないようです(未だ発表が無いので)。

ステンレスや焼成炉を取扱う者としては、1000℃を越えても安定な鉄・ニッケル・
クロムの合金状態から800℃を僅かに越える温度でクロムが遊離し、しかも
それが六価クロムだと言うのは考えられないことです。
もしそうなら、アレルギー物質であるニッケルは検出されなかったので
しょうか(極微細ニッケル粉塵は発ガン物質でもあります。)

下記URLのWikiにある様に、人体に2mg程度含まれるクロムが焼却された際に
出たと考えるのが妥当でしょう。焼却灰と焼却場の煤から検出されているのも
この可能性を強く示唆しています。

皆が心配している結果に対し、単純な連想ゲーム感覚でものを言い、それを
報道し、その後のフォロー報道や実証的な研究が無いのは無責任な感じがします。

<ステンレスの調理器具で誤って空焚きした>程度では問題有りません。

次に、クロムメッキですが、世界的に三価クロムに置き換えられたか、クロムから
他の材料への置き換え「脱クロム」が完了しています。これは中国でさえも
完了しています。

新聞や雑誌印刷へクロム系インキは使われていません。
クロムやカドミウム等の金属を含む顔料は無機顔料としてとても高価なもので、
絵の具や耐候性(色あせしない)の要求される極めて限られた高級印刷にだけ使われています。
超高級紙や高級グラビア印刷ポスターで揚げ物の油取りをする場合なら心配でしょうが。
新聞や雑誌に使われているのは染料系の有機材料インキです。安価ですがすぐ色あせします。
最近はインクジェットプリンタにも高価な顔料タイプのインクが販売されています。
三価クロム対応はここでも済んでいるはずです。

<六価クロムが大量に検出されステンレス製台が原因ではと言われていますが>
これは六価クロムを検出した研究者の単なる憶測で、その後実証的な研究も
行われていないようです(未だ発表が無いので)。

ステンレスや焼成炉を取扱う者としては、1000℃を越えても安定な鉄・ニッケル・
クロムの合金状態から800℃を僅かに越える温度でクロムが遊離し、しかも
それが六価クロムだと言うのは考えられないことです。
もしそうなら、アレルギー物質であるニッケルは検出されなかったので
しょうか(極微細ニッケ...続きを読む

Q分析法の英語名を教えてください

いくつかの分析法の英語名を調べていますが、まだわかりません。助けてください。明日までに調べて報告しないといけないので。

分析法は
・吸光光度法
・ICP発光分析法
・蛍光光度法
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
・クロム酸バリウム吸光光度法
・チオ硫酸ナトリウム滴定法

の7つの分析法の英語名を、誰かわかる方教えて下さい。「英語」のカテゴリーかなとも思ったのですが、専門用語なのでこちらに投稿させて頂きました。すみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次からは 断片的でもいいから自分で調べた努力を書いてください。

・吸光光度法
(Visible) Absorption Spectrophotometry
・ICP発光分析法
Inductively Coupled Plasma - Atomic Emission Specryometry
・蛍光光度法
Fluorescent Photometry
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
Lanthanum/Alizarin Complexone Method
Alizarin Complexone and Lanthanum Nitrate Photometric Method
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
Spectrometric Method using 1,5-Diphenylcarbazide
・クロム酸バリウム吸光光度法 比濁法
Barium Chromate Colorimetric Method (比濁法)
・チオ硫酸ナトリウム滴定法
Titration Method using Sodium Thiosulfate

次からは 断片的でもいいから自分で調べた努力を書いてください。

・吸光光度法
(Visible) Absorption Spectrophotometry
・ICP発光分析法
Inductively Coupled Plasma - Atomic Emission Specryometry
・蛍光光度法
Fluorescent Photometry
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
Lanthanum/Alizarin Complexone Method
Alizarin Complexone and Lanthanum Nitrate Photometric Method
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
Spectrometric Method using 1,5-Diphenylcarbazide
・クロム酸...続きを読む

Q硫酸第一鉄アンモニウム溶液の規定度の求め方

1.0.4N二クロム酸カリウム溶液10mlに濃硫酸10mlを加える。
2.0.2%のフェニルアントラニル酸溶液を指示薬として0.2N硫酸第一鉄アンモニウム溶液で滴定する。

以上の過程を踏んで硫酸第一鉄アンモニウム溶液の標定を行いたいのですが、硫酸第一鉄アンモニウム溶液の規定度:Nの求め方がわかりません。

本ではN=NCr×10/Vで求めていますが。。。
NCr:二クロム酸カリウム溶液の規定度(N)
V:硫酸第一鉄アンモニウム溶液の滴定値(ml)

このような式が成り立つ理由を詳しく教えていただきたいです。
化学に関する知識がほとんどありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 まず、モルは理解していますか?例えば、塩化水素と水酸化ナトリウムの中和反応を考えると、反応式は
HCl + NaOH → NaCl + H2O
です。反応式中のHClとNaOHの係数はいずれも1なので、HClの分子1個とNaOHの分子1個が反応するということです。ところが分子1個というのは扱いづらいので分子をいくつか集めたものをひとくくりとして考えようというのがモルです。1モルは分子が6*10^23個集まった集団のことです。なぜこの数かというと、ちょうど1モルの質量(g)が分子量と同じ数になるようにするとこうなるのです。上記の「HClの分子1個とNaOHの分子1個が反応する」を言いかえると、「HClの分子6*10^23個とNaOHの分子6*10^23個が反応する」であり、「HCl 1モルとNaOH 1モルが反応する」でもあります。これらはどれも同じことを表しています。
 では次に、硫酸と水酸化ナトリウムの反応を考えます。
H2SO4 + 2NaOH → Na2SO4 + 2H2O
NaOHの係数が2になっています。これは硫酸が二価だからです。これは
0.5 H2SO4 + NaOH → 0.5 Na2SO4 + H2O
と書くこともできます。硫酸0.5モルと水酸化ナトリウム1モルが反応するわけです。この「硫酸0.5モル」のようにモルを価数で割ったものを「当量」と呼びます。硫酸1当量は0.5モルです。水酸化ナトリウムは1価なので、水酸化ナトリウム 1当量は1モルです。上記の「硫酸0.5モルと水酸化ナトリウム1モルが反応する」は「硫酸1当量と水酸化ナトリウム1当量が反応する」と言い換えることができます。当量という考え方を取り入れることによって、価数を気にせずに「1当量のAと1当量のBが反応する」と単純に考えられるので便利なのです。
 ご質問中の規定度というのはまさにこの当量に基づく濃度で、当量/Lのことです。硫酸第一鉄アンモニウムと二クロム酸カリウムの反応でもそれぞれ1当量ずつが反応するので、
N=NCr*10/V  を変形した
N*V=NCr*10
が成り立つのです。

 まず、モルは理解していますか?例えば、塩化水素と水酸化ナトリウムの中和反応を考えると、反応式は
HCl + NaOH → NaCl + H2O
です。反応式中のHClとNaOHの係数はいずれも1なので、HClの分子1個とNaOHの分子1個が反応するということです。ところが分子1個というのは扱いづらいので分子をいくつか集めたものをひとくくりとして考えようというのがモルです。1モルは分子が6*10^23個集まった集団のことです。なぜこの数かというと、ちょうど1モルの質量(g)...続きを読む

Q硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムが溶けている中性の溶液に水酸化バリウムを加えるとどうなるのでしょうか

硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムが溶けている中性の溶液に水酸化バリウムを加えるとどうなるのでしょうか?
問題集にはバリウムイオンと硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムの両方の硫酸イオン(表現がおかしくてすみません)と反応しているように書いています。
硫酸アンモニウムは弱塩基の塩だから遊離するとおもうんですが、強塩基の塩である硫酸ナトリウムも遊離したりするんですか?
もしそうだとしたら理由をわかりやすく教えてくれると嬉しいです。(>人<;)

Aベストアンサー

けっきょく、「イオン同士の反応」です。

ということで、
まずは
・水溶液にとけている塩が溶液中で「どのようなイオンになっているか」
・加える塩基が「どのようなイオンから構成されるか」

を考えよ。

硫酸アンモニウム->硫酸イオン + アンモニウムイオン
硫酸ナトリウム->硫酸イオン + Naイオン
水酸化バリウム->Baイオン + 水酸化物イオン

---

次に
上記の全イオンのうち、
「どのイオンとどのイオンが反応するか」を考えよ。

(1)アンモニウムイオンと水酸化物イオン
(2)硫酸イオンとBaイオンが反応し、
水に不要の塩BaSO4を形成する(※高校化学の基本知識)

---
1,2の反応の理由がわからなければ
先生に質問。

Q硫酸鉄(II)とニクロム酸カリウムの酸化還元滴定

初めまして、学校の実験授業で硫酸鉄(II)中の鉄の定量という実験をやりました。
硫酸鉄(II)とニクロム酸カリウムの酸化還元滴定で行い、式を用いて鉄の含有率を求めるものです。
ニクロム酸カリウムの酸性溶液中での酸化作用は
Cr2O7(2-)+14H(+)+6e(-)→2Cr(3+)+7H2O
だと教科書に書いてあります。(分かりづらくてすみません、かっこ内の数は価数です。アルファベットのあとの数字は右下の小さい数字です。)
ニクロム酸カリウムの式は分かったのですが、硫酸鉄(II)の式がわかりません。どのようにして考えれば分かるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

硫酸鉄(II)の式の考え方の基本は、硫酸イオンがSO4(2-)であることと、硫酸鉄(II)がFe(2+)であることです。
( )内に示した、+と-が釣り合うような割合で両者を組み合わせればよいわけです。
したがって、Fe(2+)とSO4(2-)を1:1で組み合わせればよいことになります。
硫酸鉄(III)であれば、Fe(3+)とSO4(2-)について考えればよいことになり、2:3の割合になります。

ところでニクロム酸カリウムと書かれていますが、二クロム酸カリウムです。つまり、はじめの「二」は漢字です。・・・仮に間違えても、読む人は気づかないかも知れませんが(笑)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング