過去の質問を探しましたが、
見つけられなかったため、質問させて下さい。

冷蔵庫を処分しようと思い、
近くの廃棄物収集業者さんへ依頼しました。

家電リサイクル券を郵便局で購入することも含めて、
手続きをすべて依頼して、
「家電リサイクル券(1)排出者控」というものと一緒に
請求書が届きました。

請求書の明細は下記のとおりでした。
(1)冷蔵庫リサイクル券 4830円(消費税含む)
(2)振込料 120円
(3)運搬料 5000円
(4)消費税 497円((1)+(2)+(3)に消費税)

ここで、質問です。
(1)冷蔵庫リサイクル券には、すでに消費税を含んだ金額で、
4830円なのに、
さらに、(4)で、消費税が課税されるのでしょうか。

(2)振込料 120円にも、(4)で消費税が課税されるのでしょうか。

税金に関して、ど素人ですので、
わかりやすく教えていただけませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>(1)冷蔵庫リサイクル券には、すでに消費税を含んだ金額で、4830円なのに、


>さらに、(4)で、消費税が課税されるのでしょうか。
されません。(1)は消費税の2重取りなので、(1)は4600円で計算しないといけません。

>(2)振込料 120円にも、(4)で消費税が課税されるのでしょうか。
ゆうちょや銀行の振込料金は、120円の中に消費税も含まれています。これも114円で計算しないといけません。

従って(4)の正しい料金は
(4)消費税 250円((3)に消費税)
です。

支払い総額は(1)4830+(2)120+(3)5000+(3の5%)250=10200円です。

業者が「消費税は497円だ」と言って曲げない場合は「じゃ、お宅の言う通りの金額払いますけど、税務署に、不正に消費税を2重取りされたと相談しに行って、お宅の名前出しますけど、構いませんね?」って言いましょう。
    • good
    • 1

消費税の原則は内税です



(1)冷蔵庫リサイクル券 4830円(消費税含む)
(2)振込料 120円(消費税含む) 注意・・・・
(3)運搬料 5000円(外税)

消費税対象額 5000円
消費税     250円


となるのが正しいと思います
だた(2)振込料 120円は外税か内税かは不明です

2重に税金をとることは許されません

近くの税務署に苦情を申し立てれば良いです

私ならば税務署に電話しますね
    • good
    • 1

2重に消費税を請求されているみたいですね。


振込手数料120円も税込みです。

参考URL:http://www.jp-bank.japanpost.jp/ryokin/rkn_furik …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100円の消費税がエクス円 500円の消費税がワイ円 合計は?

100円の消費税がエクス円
500円の消費税がワイ円
合計は?

Aベストアンサー

消費税の合計は、エクス円+ワイ円

Q年収1000万円以下の個人事業主って消費税非課税な

年収1000万円以下の個人事業主って消費税非課税なんですか?

Aベストアンサー

>年収1000万円以下の個人事業主…

事業所得者に「年収」の言葉はなじみません。
「売上」です。
しかもその年ではなく、2年前の売上高で判断します。
「基準期間」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6101.htm

>消費税非課税なんですか…

非課税ではなく、「免税事業者」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm

非課税・・・消費税をもらってはいけない
免税・・・消費税を国 (および自治体) に納めなくて良い

の違いがあります。
免税事業者は、もらった消費税を売上に含めて所得税の計算をする限り、法律上の問題はありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q制作した国の消費税?消費した国の消費税?

はじめまして。この度、海外で起業ビザを取得し、来月より納税を開始します。
日本ではすでに住民票を抜き、非居住者となっています。
私の仕事はフリーランスのグラフィックデザイナーで日本の企業のパンフレットやポスターを
制作しています。
すでに日本で何年もやっているので、今までの顧客からの依頼を海外でやることになります。

そこで、所得税は住む国の決まった税率がありますので、
その分をその国で納税することはわかっているのですが、
消費税については、日本(8%)とその国(21%)で異なります。
ネット上で消費税はそのものが消費される国の税率を適用する見つけたのですが、
それは本当なのでしょうか?
実際、そうでなくては、中級クラスの収入であっても
税金がかなり高いその国では私の収入は半分以上が税金となってしまいます。

私の条件をまとめます。
・日本国非居住者
・作業(制作)は海外、実際に私の納品物が使われるのは全て日本国内

この場合、居住国である海外でどちらの消費税分を申告して納税するのでしょうか?

Aベストアンサー

>住民票を抜き、非居住者と…
>日本の企業のパンフレットやポスターを制作…

要するに、税法的には“外国人”が日本へ輸出するってことでしょう。

>この場合、居住国である海外でどちらの消費税分を申告し…

あなたは、その国の法律に従ってください。

どこの国かもお書きでないのでこれ以上の言及はできませんが、もし逆の立場、すなわち日本から輸出する場合は、消費税は「免税取引」となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6551.htm

一方、日本であなたの商品を輸入する人は、輸入時点で関税とともに日本の消費税が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6563.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q音楽家と消費税納税義務と演奏依頼者の源泉徴収税納税義務について

こんにちは。
ミュージシャンの納税義務について教えてください。

フリーでミュージシャンをして、生計を営んでおり、いわゆる納税義務の種別(?)でいうと、個人事業主になると思います。自ら法人を設立してはおらず、毎年確定申告をして、年収は1000万円以下です。

今年5月より毎週あるバー(有限会社N)で演奏しており、その演奏料は月末に私の銀行口座に振り込んでもらっています。他の演奏依頼者(バーや会社等)の方々には、源泉徴収税10%を税務署に収めていただいているのですが、この度改めて有限会社Nに確認したところ、源泉徴収ではなく、消費税の支払義務は私にあり、雇用関係に無い私に対する源泉徴収を有限会社Nが支払う義務はない、というような回答を得ました。

以下、有限会社Nからのメールを抜粋します。「(あなたと有限会社Nは)雇用関係はなく、あくまでもNという会社から(あなた)個人商店に対し、LIVEパフォーマンスを発注しており、それに対するギャランティー3万円(消費税込)をご請求いただき、速やかにお支払いさせていただいております。」

 ネット等で調べたかぎりでは、1000万円以下年収の個人事業主には納める義務がないので、納税しないでよい、のはわかるのですが、消費税込みのギャラ(演奏料)だからといって、雇用主であろうと無かろうと、演奏依頼主が演奏料の源泉徴収税を納税しないですむのでしょうか?
 納税義務があると仮定したとして、それでも、源泉徴収税の納税義務がない、と言い張る会社Nに対して、どのように説得すれば、源泉徴収税を納めてもらえるでしょうか?

 また、こちらとしては、消費税うんぬんの話をN会社と一度もしたことはありません。

何卒よろしくお願いします。

こんにちは。
ミュージシャンの納税義務について教えてください。

フリーでミュージシャンをして、生計を営んでおり、いわゆる納税義務の種別(?)でいうと、個人事業主になると思います。自ら法人を設立してはおらず、毎年確定申告をして、年収は1000万円以下です。

今年5月より毎週あるバー(有限会社N)で演奏しており、その演奏料は月末に私の銀行口座に振り込んでもらっています。他の演奏依頼者(バーや会社等)の方々には、源泉徴収税10%を税務署に収めていただいているのですが、この度改...続きを読む

Aベストアンサー

>個人事業主になると思います。自ら法人を設立してはおらず、毎年確定申告をして、年収は1000万円以下…

個人事業主として「年収」という言葉は曖昧です。
「売上」はどのくらいありますか。
仕入や経費、税金や保険などを払う前のお金です。
消費税をもらっているなら、消費税込みの金額で、1,000万円を超えるか超えないかが、一つの判断材料になります。

>他の演奏依頼者(バーや会社等)の方々には、源泉徴収税10%を税務署に収めていただいているのですが…

源泉徴収の対象になる職種だからですね。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
5 第204条第1項第5号の報酬・料金
「映画、演劇その他の芸能又はラジオ放送やテレビジョン放送の出演や演出又は企画の報酬・料金」
に該当するでしょう。

>この度改めて有限会社Nに確認したところ、源泉徴収ではなく、消費税の支払義務は私にあり…

消費税は、前述の「売上」が 1,000万円を超えれば、超えた年の 2年後から課税事業者となり、自分で消費税の確定申告をする義務が生じます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6531.htm
支払い側が天引きして国に納めてくれることはありません。

>雇用関係に無い私に対する源泉徴収を有限会社Nが支払う義務はない…

話が混線していますね。
消費税はもちろん源泉徴収とは無縁ですが、「所得税」の源泉徴収義務は、支払い側にあります。
個人だからといって何でもかんでも源泉徴収されるわけではありませんが、質問者さんのような職種は、源泉徴収の対象になります。

「雇用関係に無い」
と言っているのは、「給与の源泉徴収」と取り違えています。
『報酬・料金等に対する源泉徴収』
として、支払い側に義務があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>消費税込みのギャラ(演奏料)だからといって、雇用主であろうと無かろうと、演奏依頼主が演奏料の源泉徴収税を納税しないで…

だから、消費税と所得税とはまったく別物なのです。
消費税が別枠でもらえるか、内枠かで、所得税の源泉徴収があったり無かったりするわけではありません。

>どのように説得すれば、源泉徴収税を納めてもらえるでしょうか…

ひるがえって、源泉徴収など無理にしてもらわなくとも、受け取ったほうが罪に問われることはありません。
そもそも、源泉徴収されたところで、サラリーマンの給与とは違うのですから「年末調整」はなく、それで納税が完結するわけではありません。
確定申告が必要なのですから、本来は後払いでよい所得税を、分割前払いしてほしいなどと考える必要はありません。

>また、こちらとしては、消費税うんぬんの話をN会社と一度もしたことは…

消費税について、支払い側と話をする必要などありません。
消費税の課税要件を満たしている取引ですから、消費税をもらうのは当然です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm
ただ、消費税は消費税としてはっきり区分して支払われるか、消費税込みの額で支払われるかは任意です。
N社は 10,000円の請求に 500円をプラスして支払ってくれるようですが、10,000円しか支払ってくれない会社もあります。
10,000円しかもらえない場合は、正味の売上 9,524円に消費税 476円がプラスされているという解釈になります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>個人事業主になると思います。自ら法人を設立してはおらず、毎年確定申告をして、年収は1000万円以下…

個人事業主として「年収」という言葉は曖昧です。
「売上」はどのくらいありますか。
仕入や経費、税金や保険などを払う前のお金です。
消費税をもらっているなら、消費税込みの金額で、1,000万円を超えるか超えないかが、一つの判断材料になります。

>他の演奏依頼者(バーや会社等)の方々には、源泉徴収税10%を税務署に収めていただいているのですが…

源泉徴収の対象になる職種だから...続きを読む

Q消費税が10%になったらうまい棒や10円菓子って11円になるのですか?

消費税が10%になったらうまい棒や10円菓子って11円になるのですか?

Aベストアンサー

本体価格が10円のままなら11円にせざるを得ない
10円の8%は、1円未満なので消費者が実質的な税負担が発生しないだけで実際には課税されている
※1 30本程度まとまった袋があるがアレはキチンと8%分プラスされる
※2 他の商品と一緒に会計した場合には、総額に対して課税される
このことから考えても、今課税されていないとは言えない


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報