フランス語初心者です。
あるフランス人のダンサーにファンメールを送ったところ、返事をいただくことが出来ました。
そのメールの返事の最後に
「amicalement」
とありました。
amicalementは本来親しい友人へあてた手紙の文末に使う言葉で、友情を込めて、という意味だと辞書にあったのですが、
実際にはどんなニュアンスで使われているものなのでしょうか?
日本語でいう敬具に近いのでしょうか?
返事をもらったのは2回目で、前回はA bientotと書かれていました。
今回、amicalementと書いてくれたと言うことは、少なくとも私のメールに嫌な思いはしていない、と思っても大丈夫でしょうか?
なんだか変な質問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ファンレターに嫌な思いはしていないのではないですか。

返事をくれるくらいですから。
外国のファンに喜んでいると思いますよ。
フランス人ですとモダンダンスとかバレエとかでしょうか。。。
amicalementで気持ちはわからないです。
じつに無難な結びです。自由・平等・友愛のお国柄ですからね、建前は。
損得の関係や上下の関係がないときの略式の敬具ですから、
ごきげんようみたいなニュアンスで使う決まり文句です。
深い意味もなく、突き放した感じもなく、適当な丁寧さが伝わります。
一般的に毎回変えることが多いので、ほかに、
Bien a vous
Cordialement votre
Cordialement
Toutes mes amities
などを使うことも。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
良く分かりました。
別に過剰な期待をしているわけではないのですが、
お国が違うと言葉のニュアンスが良く分からないので、
質問させていただきました。
たとえ、直訳すると「友情を込めて」であっても、
決まりきった言葉であれば、私のメールにどういう感情を
抱いているか分からないし、少なくとも「amicalement」は、
嫌な感情を抱いているときには使わない言葉だったらいいなあ、
と思い質問させていただきました。
メールの内容はここには書けないですけど、本人は私を認識して
メールをくれています。
嫌な思いをしていないとのでは?と仰ってくださって安心しました。
とてもやさしい人なので、迷惑になっていたら申し訳ないなあ、
と思っていましたので。
「では、またね。 ごきげんよう」という感じなのですね。
ありがとうございました。(^-^)

お礼日時:2008/10/19 18:15

bientotもamicalementも手紙の結びの言葉のひとつであり、日本語のまた近いうちに、とか敬具、早々、かしこ、などに匹敵します。

数多くの表現があるので今後もいろいろな挨拶言葉を書いてくるでしょう。 各人好みで使う言葉があり、出身地、年齢、教養などでも違いが表れます。

より親しみを感じているか(ファンレターの返事にはあまり関係ないと思いますが)どうかを判断する材料にはなりません。 あなたをよく手紙をくれる日本の同性の、異性のファンと記憶すれば徐々にもっと親しい友人、仲間扱いの言葉で締めるようになるかもしれません。しかし、それには特別な意味はありません。

一ファンとして手紙を書く、返事が来る、 何回かやり取りするうちに日本のあのファンだと意識した(気がついた)手紙に変わる、この時点でファンの本当の喜びが感じられると思います。 それ以前は単なる真面目に返事をくれる人に過ぎません。代筆も同文も当たり前の世界です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/19 08:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語で さよなら は?

フランス語で さよなら また会う日まで は どう言うのでしょうか? 
英文と発音をわかるかたいれば教えてください!

Aベストアンサー

「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= 「さよなら」 です。
他にもいくつか載せておきますねww

「Bonjour」(ボンジュール)= おはよう/こんにちは。
「Bonsoir」(ボンソワール)= こんばんは。
「Merci」(メルスィ)= ありがとう(ございます)。
「Merci beaucoup」(メルスィ・ボク)= どうもありがとう(ございます)。
「Salut」サリュ = こんにちは。
「Comment allez-vous ?」(コマンタレヴ?)=お元気ですか?
「Comment vous appelez-vous?」(コマン・ヴ・ザプレ・ヴ?) = お名前はなんですか。
「Enchanté(e)」 (アンシャンテ)= はじめまして。
「Je m'appelle ~」(ジュ・マペル ~) = ~といいます。
「Je suis japonais」(ジュ・スュイ・ジャポネ)= 日本人です。(男)
「Je suis japonaise」(ジュ・スュイ・ジャポネーズ)= 日本人です。(女)
「Je suis étudiant(e)」= 私は学生です。
「Je suis français(e)」= 私はフランス人です。
-

「Parlez-vous français?」= フランス語できますか。
「Parlez-vous japonais?」= 日本語できますか。
「Etes-vous déjà allé au Japon?」= 日本に行ったことありますか。
「Aimez-vous les chats?」= 猫が好きですか。

「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= 「さよなら」 です。
他にもいくつか載せておきますねww

「Bonjour」(ボンジュール)= おはよう/こんにちは。
「Bonsoir」(ボンソワール)= こんばんは。
「Merci」(メルスィ)= ありがとう(ございます)。
「Merci beaucoup」(メルスィ・ボク)= どうもありがとう(ございます)。
「Salut」サリュ = こんにちは。
「Comment allez-vous ?」(コマンタレヴ?)=お元気ですか?
「Comment vous appelez-vous?」(コマン・ヴ・ザプレ・ヴ?) = お名...続きを読む

Qフランス語で「フランス語」 ドイツ語で「ドイツ語」

英語でフランス語は「French」などと言い、
英語でドイツ語は「Germany」などといいますが、

フランスの現地で「フランス語」、
また、ドイツの現地で「ドイツ語」は
何と言うのでしょうか?

おしえてください。

Aベストアンサー

フランス語:fran?ais
ドイツ語:Deutsch
です。

下記のサイトで、英語からなら独仏語その他に翻訳可能です。

参考URL:http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja

Qフランス語のさよなら

こんにちは。
フランス語のさよならで、おそらく古い言い回しだと思うんですが、
salut が先に来てそのあとランシェンみたいな発音の単語がくると聞いた記憶があります。その単語のつづりがわかる方いらっしゃいますか?
サリュ ランシェン??教えてください><

Aベストアンサー

初めまして、hirochich さん

ご質問の言い回しですと
耳にする音で、一番近いのは

●Salut l'ancien

では、ないでしょうか。
これに並ぶ呼びかけ(挨拶)で
salut mon ancien 等
があります。

ご存知のように最近はテレビの影響で
salut les copains, salut ca va
salut bonjours と多様化しております。

お時間がおありなら
下記のサイトで,挨拶の交歓を
お読み下さい。

参考URL:http://www.jeunz.com/index.php?s=48cbcc3c2d255d2d2451410cf59ac75e&showtopic=739&pid=7180&st=80&#entry7180

Qフランス語の詳しい方、ぜひ教えてください。フランス語で「16分の一」は

フランス語の詳しい方、ぜひ教えてください。フランス語で「16分の一」は何と言いますか?発音も教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

un seizieme アン セジエm

2番目の e はアクサン・グラーヴ(左上から右下へ伸びるアクセント記号)付き ?

ではないでしょうか。初心者ですが・・・

Qバンクーバーオリンピックの言語はフランス語でしたか。

バンクーバーオリンピックの言語はフランス語でしたか。

先ほどオリンピックのビデオを見ましたら場内アナウンス(議事進行)がフランス語のようでした。

カナダ総督の開会宣言はフランス語というのは報道されましたが、場内アナウンスまでフランス語とは驚きました。

このオリンピックは、全てフランス語で行われたのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

 オリンピックではフランス語と英語が使われるのは、#1さんの
ご説明どおりです。さらにカナダの事情で言うと、同国ではやはり
フランス語と英語の両方を公用語としているので、公共の場では必ず
両方を併記する必要があります。よって、オリンピックの進行でも
両方を使っていたはずです。

 ちなみにエアカナダの機内誌では必ず、フランス語と英語が併記
されています。エアカナダに吸収合併されたカナディアンエアでは、
フランス語が Canadien Air、英語が Canadian Air とスペルが1文字
異なっていました。そのためロゴでは
「 Canadi>n Air 」
と「>」記号を使うことで、両方のスペルを兼ねていたんです。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Canadian_Airlines_logo.svg

Qフランス語の"droit"に「右」と「真っ直ぐ」と両方の意味があるのはなぜですか?

フランス語の初学者です。"droit"という単語に、「右の」と「真っ直ぐな」と両方の意味があって、不思議に思いました。恐らく前後関係でどちらの意味か理解できるのでしょうが、合理的なやり方ではないように思います。どういてこのようなことになってるのでしょうか?実際フランスでは、この単語をそれぞれの意味で日常的に使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

英語の right にも、「右」「正しい」の他にも「まっすぐな」という意味があります (例: a right triangle 直角三角形)。
何かを「まっすぐに」するのに右手を使うから、というのはこじつけになりましょうか。
日本語でも「正義」と「まっすぐ」は親近性があるように感じます。
「正義」と右手が結び付き、「右」と「正義」が結び付き、「正義」は「まっすぐ」である(前に障害物がない状態)という関係では? (私の憶測ですが)

なお、「右」と「正しい」についての質問が下記のところにありました。
→ http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa921859.html

Qフランス語を放送しているサイトをご存知でしょうか?

フランス語を習いたいと思っています。まず、フランス語をたくさん聞いてフランス語になれたいと思っています。フランス語を放送しているサイト等ご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

下記のサイトをお試し下さい。
http://wwitv.com/portal.htm
左端の国名の中から、Franceをクリックすると、本国の放送局のサイトが、表示されます。
その他、フランス語が行われる国(主にアフリカの、フランスやベルギーが旧宗主国であった国々)
や植民地、海外県が、いくらかありますので、それらでもフランス語放送があります。

Qフランス語で「追いかけっこ」や「鬼ごっこ」で言う言葉(セリフ)を教えて下さい。

趣味で自作図案で刺繍をしているのですが、今度「追いかけっこ」「鬼ごっこ」をしているシーンの作品を作ろうと思っているのです。ここに一言フランス語でセリフを入れたいのですが、日本では「鬼さんこちら、手のなるほうへ。」のようなお決まりの「遊び言葉」がありますが、フランスではこのような「追いかけっこ」や「鬼ごっこ」をする時の「遊び言葉」はありますか? スペルと発音も教えて頂けると有り難いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

逃げる早足のネズミたちは、鬼の猫に向かって
「(僕たちを)捕まえられるものなら、捕まえてみろ!」

●Attrape moi si tu peux!!! (僕一人をで、moi)
●Attrape nous si tu peux!!! (僕たちで、nous)

余白がこの語句を刺繍してもあるなら
Allez!!!, Tiens!!! などの呼びかけを
文頭に添えても宜しいかと思います。

●Cou-cou!!!

更に、鬼の猫が、既に隠れてしまっているネズミを
見つけられなくて、困っている様子なら、隠れている
ネズミは、Cou-cou (お~い、ココダヨォ)と叫ぶでしょう。

子供たちのお遊びですから、二人称単数tuの
用例用語でお示ししております。

Qフランス語を習うと他のヨーロッパ語の習得がしやすいというのは本当ですか?

大学4年にしてフランス語を習い始めましたが、以前フランス語を習うと他のヨーロッパ言語の取得が容易になるという話を聞いたことがあります。
たとえば大学ではドイツ語もありますが、ドイツ語を習ってからフランス語をならうよりも、フランス語を習ってからドイツ語を習うほうがいいそうです。なんでも英語やドイツ語はゲルマン系であるのに対し、フランス語はゲルマン系ではないので、ゲルマン系の英語とゲルマン系でないフランス語を取得しておけば、スペイン語やイタリア語などの取得も容易とのことでした。
でも、これは本当なのでしょうか???

Aベストアンサー

フランス語と英語のイタリア人の知人の話によると、
イタリア語は単語がスペイン語に良く似ていて、
文法のパターンはフランス語とそっくりなんだそうです。
なので、フランス語を習得すると、
イタリア語やスペイン語を習得しやすくなるのは間違いないと思いますよ。
ドイツ語の場合は英語を習得しておくと、勉強しやすいと思います。

>ドイツ語を習ってからフランス語をならうよりも、フランス語を習ってからドイツ語を習うほうがいいそうです。

これはその後に何語を勉強したいかによると思います。
私の場合はドイツ語の後にイタリア語に手を出しましたが、
ドイツ語の3種類の名詞の性と複雑な複数形を体験した後だったので、
イタリア語の文法はドイツ語よりシンプルで楽に感じました。
でも、逆に単語は凄く覚えにくかったです。
ちなみに両語とも習得したとは言いがたいです(苦笑)。
それでもドイツ語を勉強したことで、
全然勉強したことのないオランダ語もたまに何となく内容がわかるようになりました。

いずれにしても、勉強した言語が多いほど、
新しい外語を習得しやすくなると思いますよ。

フランス語と英語のイタリア人の知人の話によると、
イタリア語は単語がスペイン語に良く似ていて、
文法のパターンはフランス語とそっくりなんだそうです。
なので、フランス語を習得すると、
イタリア語やスペイン語を習得しやすくなるのは間違いないと思いますよ。
ドイツ語の場合は英語を習得しておくと、勉強しやすいと思います。

>ドイツ語を習ってからフランス語をならうよりも、フランス語を習ってからドイツ語を習うほうがいいそうです。

これはその後に何語を勉強したいかによると思います...続きを読む

Qフランス語力を全くの初心者レベルからフランスの大学入学レベルにするにはどの位掛かる?

フランス語力を全くの初心者レベルからフランスの大学入学レベル(DELF/DALF A5,A6)にするにはどの位掛かると考えるのが妥当でしょうか(大体の目安)

Aベストアンサー

何年と言うことは言えませんが、フランスの大学で実際勉強したので、参考になると思われることを書いてみます。

まず、ご存知だと思いますが、DELFやDALFはフランス語の問題に、フランス語で答える形式です。ですから、日本の多くの外国語専門学校で行われている文法中心、仏和・和仏訳中心の勉強だけでは、そのレベルに達するのはとても難しいです。

日本で修士を終えた学生が、いきなりフランスの大学の専門の学部の修士、博士課程に入る場合がありますが、よほどのフランス語力がないと授業、セミナーなどについていけませんし、文法的にあっている文章を書いていても、「このような言い方はしない」と言われる場合も多くあります。

フランスの大学には、付属の外国人向けのフランス語学校があるところがありますが、ある大学の付属学校の例では、全くのフランス語初心者向けのレベル1のクラスから、大学入学レベルの5までを順調に終わらせるとすると、ひとつのレベルを終わらせるのに一期、半年を当てていて、つまりレベル4までで2年、最後のレベル5は通年なので、結局3年かかります。これは、順調に行った場合なので、成績がそのレベルに達しなければ、留年ということもあるわけです。フランスの現地で勉強して、これだけかかるわけです。

日本の大学の仏文科などでフランス語を専門に3年、4年勉強した人たちでも、フランスで生活を始めると、今まで勉強したフランス語と、現地でのフランス語との違いなどに戸惑うことが多いです。また、フランスの大学の勉強の仕方と日本の大学の勉強の仕方、テストの形式も全く違うので、語学力をつけるとともに、フランス式とでも言う考え方にも慣れていかなければならないと思います。

語学力には、話す力、聞く力、読解力、書く力などが必要になるわけで、特に大学入学レベルとなると、そのすべてが必要になるので、それぞれの力を同時にアップさせていく必要があるかと思います。

oanenさんの目的が、大学入学程度までにフランス語をレベルアップさせることなのか、実際にフランスの大学で勉強したいのか…目的によっても勉強の仕方が変わってくるはずです。

DELFやDALFに関しては、東京や地方の日仏学院などに専門の講座があったり、フランス人の先生でFLE(France Langue Etrangere)という「外国人にフランス語を教える資格」を持っている人は、DELF、DALFについてもよく知っているはずなので、このような機関、人たちを通して具体的なことを知ることも大事かと思います。

oanenさんの目的、目標に向かって、ぜひ頑張ってくださいね。

何年と言うことは言えませんが、フランスの大学で実際勉強したので、参考になると思われることを書いてみます。

まず、ご存知だと思いますが、DELFやDALFはフランス語の問題に、フランス語で答える形式です。ですから、日本の多くの外国語専門学校で行われている文法中心、仏和・和仏訳中心の勉強だけでは、そのレベルに達するのはとても難しいです。

日本で修士を終えた学生が、いきなりフランスの大学の専門の学部の修士、博士課程に入る場合がありますが、よほどのフランス語力がないと授業、セミナーな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング