痔になりやすい生活習慣とは?

ヨーロッパのオフィスからSeason's Greetingsのカードが届いたんですが、

Coucou「私の名前」et「名前」,
Joyeux noël et une bonne année 2005!! .....

と書かれていました。文頭はわかるのですが、名前のところのCoucouを調べたものの、Jokeなのかバカにしてるのか、ニュアンスがわからず戸惑っています。

どんな時にどんな感覚でCoucouって使うのでしょうか?今フランス系の方が休暇でいないので聞けない状態です。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


私がフランスに滞在していた時、
フランスでは子どもたちがよく
「coucou ○○!」と挨拶をしてくれました。
「ククー」と発音します。

手紙やメールの書き出しにもよく使われています。
日本人が「こんにちは」というかわりに
「やっほー!」とか、「はろー!」と言うようなくだけた言い方です。とても親しみを込めている表現ですよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうだったんですねー!
とある辞書では「愚か者」とか出てきたから「あぁ~私なんかしたかなぁ~、仕事のやり方マズいことしたかなぁ~(^^; 」ってちょっと戸惑ってましたので、そんな表現だったなんて理解できてとてもスッキリしました。

フランス語お勉強ノートにメモメモっておきます!
ありがとうございました。(^^)

お礼日時:2004/12/28 15:47

自信はありませんが、「ほら」「お~い」等の呼びかけではないでしょうか?



一応辞書で調べてみると、
Coucou,c'est moi.「ほら、私(だ)よ」という風に載っていました。

あまりお役に立てなくてすいません。
(私も本来の意味が気になります‥。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど―!きっと、カッコウの鳴き声のニュアンスで「ほら、」なんでしょうね。

確かに名前に添えてあるだけだから、たいした意味はないとは思うんですが、知らない単語ってついつい辞書で調べてしまってその意味に振り回されがちですよね。

「辞書って言葉の墓場だよ」っておっしゃってた方いて、これもまたなるほどなーって感心したんですが・・・。言葉って日々変わるしホントに生ものだなあ~ってしみじみ感じる日々です。その言葉を使う人間が生ものだから当たり前ですよね・・・(^^;

時間があったらICQでフランス系の人とっ捕まえて聞いてみます。

早速のアドバイスありがとうございました!

お礼日時:2004/12/28 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語「coucou」

手紙のはじめなどによく使われる「coucou」ですが、vousで話す相手に使うとおかしいですか?

かなりくだけた感じになるような気がするので、vousの相手に使えるのかどうかと、ちょっと疑問に思いました(書くのはメールです)。

Aベストアンサー

絶対ダメです!!!

Coucouは子供とかにお~いという感じに呼びかける言葉なので、
Vovoyerする相手に使うと、頭がおかしいのかと思われますよ。

Qフランス語のmon amie

タイトル通り、これは男性から女性に言われた際「私の女性友達」でよいのですよね?

全くの初心者です。
回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか?
英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。
英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわかりかねます。

フランス語だけ説明しますと、mon amie は曖昧な言葉で、意味は使う人の感覚によって変わったりします。

「恋人」という意味ももちろんありますが、それ以外にも、「親友」「お友達」の意味でも往々にして使われます。

呼びかけとしてこの英語圏の男性が使うのであれば、「恋人よ」であれば「Mon amour」「Mon tresor」「Ma cherie」なりなんなりほかの言い方があります。(Ma cherieは人によっては単なる友達に使う人もいますが。)

「若いとき随分長くヨーロッパにも住んでいたみたい」ということですので、年配の方でしょうか。呼びかけでつかうMon amie(「お友達」)は、若い人がふざけて使うこともあるとおもいますが、かなり古い話し方です。

また、「Tu es mon amie!」「お友達でしょ!(「~するのは当然よ」等の意味合い)」という風に使ったりもしますし、人に紹介するとき「Mon amie japonaise」といわれると、amieに恋人という意味はないと心得てください。

相手があなたと一緒にいる異性が恋人か単なる友達かを知ろうと探りを入れて「Ton amie?」と効いてくるようであれば「C'est une amie.」と付け加えてはっきりさせればいいのです。

お友達のことを話したこともない相手に
Je suis alle au restaurant avec mon amie hier soir.
といえば、相手は「恋人と行ったんだな」と解釈するわけで、
Je suis alle au restaurant avec une amie hier soir.
だと女友達と、ということですが、例えばあるソワレにお友達(単なるクラスメートでも同僚でも)を連れて行きます。知り合いのPierreもきていて3人で話をしました。2日後、あなたはPierreと話すことになりました。Pierreが「Comment va ton amieと聞いてきたからといって、Pierreはそのひとのことを恋人だと勘違いしているわけではないのです。?」「(この前の)君の友達はどうしてる?」ときいてるだけで、ton amieは「例のお友達」程度の意味に使われます。
その人の名前を覚えてないときなど、実は便利な表現なのです。



とりあえず、mimosa55さんはこの男性とお付き合いをしていらっしゃらない様ですので、「恋人」の解釈は行きすぎかと思います。mimosa55さんの最初の「お友達」の解釈でいいのではないでしょうか。

英語圏の人が使った、ということですが、英語の会話のなかでmon amieがでてきたのでしょうか、お二人の共通語がフランス語なのでしょうか?
英語にはフランス語からの借用が多いようですが、意味が歪曲されて使われることもあるかもしれません。日本で使われる「トラヴァーユ」はフランス語では転職ではなく「仕事」一般ですし、「アルバイト」はドイツ語で「働く」ですから。
英和でamieをひいてみると、「女友達」と「恋人」の両方がありましたが、英語圏で通常どのような感覚で使われているのかまでは私にはわ...続きを読む

Q『ただいま』をフランス語では?

フランス語には
『ただいま』『お帰りなさい』という意味の言葉がないそうです。
フランス人は、家に帰ったとき、
家族が帰ってきたときになんて言ってるんでしょうか?

スペルと発音を教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

フランス在住です。フランスで生活し始めたばかりのころ、「ただいま」ってなんと言うのだろうと、戸惑ったことが思い出されます。

家族の間でなど、朝初めて顔を会わせた時はボンジュールと挨拶しますが、その後は、ほとんど使いません。どこかに出かけて帰って来た時は、

「Coucou. Je suis la.」クークー。ジュ スイ ラ。
「Coucou. C'est moi.」クークー。セ モワ。
「Coucou. Je suis rentre.」クークー。ジュ スイ ラントレ。
「Coucou. Je suis revenu.」クークー。 ジュ スイ ルヴニュ。

 と言うことが多いです。

 「クークー」は、もともとカッコウの鳴き声で、日本語で言ったら何になるかな。英語の「ハーイ」に近いかもしれません。子どもに対する「いないないばあ」の「ばあ」も「クークー」なので、「ほーら、ここにいるよ」と言うような感じの意味になります。

 上記の文章のクークー以下を、直訳すると、
 
 「私は、ここにいるよ」
 「私よ」
 「帰ったよ」
 「戻ったよ」

 というような意味になります。

 3番目と4番目のフランス語は、女性の場合、最後の過去分詞に e を加えますが、発音は変わりません。1番目の la の a には、アクサングラーヴが、3番目のアクサンは、rentre の最後の e には、アクサンテギューが、実際には付きます。

 クークーだけを使うこともよくあるので、状況によっては、クークーだけで、「ただいま」の意味になる場合もあると思います。また、親しい人に遠くから声をかけるような場合も、クークーをよく使います。いずれにしても、クークーは、便利な言葉です!

フランス在住です。フランスで生活し始めたばかりのころ、「ただいま」ってなんと言うのだろうと、戸惑ったことが思い出されます。

家族の間でなど、朝初めて顔を会わせた時はボンジュールと挨拶しますが、その後は、ほとんど使いません。どこかに出かけて帰って来た時は、

「Coucou. Je suis la.」クークー。ジュ スイ ラ。
「Coucou. C'est moi.」クークー。セ モワ。
「Coucou. Je suis rentre.」クークー。ジュ スイ ラントレ。
「Coucou. Je suis revenu.」クークー。 ジュ スイ ルヴニュ。...続きを読む

QCa y est! (フランス語)

フランス人と喋っていると意外と良く「Ca y est!」というフレーズを聞きます。
ロワイヤルをひくと「うまくいった」「これでよし」という訳しかありませんが、もっと多くの意味/用法があるように思われます。
どなたか詳しく解説してください。参考文献・URLもあるとありがたいです。よろしおくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

解説は出来ませんが...
確かにフランス人、ちょっとした時に口にする言葉ですね。

私の辞書から抜粋すると
*スタンダード仏和(大修館書店):1)その通りです、2)結構!よしきた!、3)こんどこそそうなるぞ

*ラルース仏和辞典(白水社):1)これでよし、2)もうすんだ、3)案の定やっちゃった
a) Alors tu es pre(^)t? - Ca y est,j'arrive! さあ、支度できた? ー よしできた、すぐいくよ。
b) Allez!ca y est,c'est fini,ne pleure plus [注射の後で]さあさあ、ほら済んだ、おしまいよ、もう泣くんじゃない。
c)Atchoum! Ca y est,je suis enrhume('). ハクション。やっぱり、風邪ひいちゃった。

私の考えられるシチュエーションとしては、
「あーやれやれ(終った)」ということが多いです(ca y est,c'est fini.):
パズル、ゲームが終った時。
窓口で長い行列の後、自分の番にやっとなった時。
仕事、用事が終った時。
子供達の喧嘩が収束した時。泣き止んだ時。
音楽会、映画等終了したとき、あるいは会場の外へでようとする前。(さあ、行こうか、みたいな)

物事が終了したか聞きたい時にも使いますね。
うまくいったの? 
テスト、宿題終ったの? 
掃除終った? 
もう御飯食べ終ったの?(テーブルの上の食器をかたずけて良いか聞く時など)

解説は出来ませんが...
確かにフランス人、ちょっとした時に口にする言葉ですね。

私の辞書から抜粋すると
*スタンダード仏和(大修館書店):1)その通りです、2)結構!よしきた!、3)こんどこそそうなるぞ

*ラルース仏和辞典(白水社):1)これでよし、2)もうすんだ、3)案の定やっちゃった
a) Alors tu es pre(^)t? - Ca y est,j'arrive! さあ、支度できた? ー よしできた、すぐいくよ。
b) Allez!ca y est,c'est fini,ne pleure plus [注射の後で]さあさあ、ほら済んだ、おしまいよ...続きを読む

Qフランス語、enchanteはもう古い?

初対面の人との挨拶にenchante(e)という言葉を使いますが、
フランス人の先生に、もうこの言葉は古い、
単にBonjourと言うのが今の挨拶だというようなことを
言われました。

私は全くそんなことを知らなかったので、
普通に使っていたのですが、
21世紀のフランス語事情として、
もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。>

そんなことないですよ。たまに耳にしますし、使うこともあります。

1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。

ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。

2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい仏語を使っていると思いこそすれ、誰も「古い」「時代遅れ」などと思いません。

3.もちろん状況によりけりで、パーティなどのプライベートな紹介場面では、あまりenchanteは使いません。若者の間では初対面の相手でも、気軽にBonjour!、Salut!などが粋な挨拶になります。

4.一方、相手に敬意を表したい場合は、ちょっときざなニュアンスで使われたりします。例えば、プライベートな紹介場面でも、男性が初めて会う女性に惹かれたり、自分を印象づけたい時は、キザっぽくEnchanteと言ったりします。しながら手の甲にキスしたり、キザを演出している感じです。

5.外国人がフランスでEnchanteを使って、笑われたり眉をしかめられたりすることはまずありません。「礼儀正しい」というプラス評価があるだけです。

日本でも、初対面でも「はじめまして」を使うことも少なくなりましたが、外国人がプライベートな場面で「初めまして」を使ったとしても、「正しい言葉遣い」と感心すれど、「変」と思う日本人はいないと思います。

6.ちなみに、フランス人でも、厳格できっちりしたフランス語を話す人は、Enchanteを好む人が多いように感じます。

7.また、敬意を必要とする場面や、大事なビジネスシーンでは、「初めまして」をEnchanteの代わりに、Tres heureux(se)「お会いできて光栄です」を使う人もよく見かけます。個人的には、仕事ではEnchanteよりもTres heureuseの方を多用しています。が、通常はやはりBonjourで済ませることが多いです。

8.以上から、EnchanteやBonjourは、相手との距離感や状況によって、フランスでは主観的に使い分けている、と言えます。

9.そのフランス語の講師の方は、Bonjour派か、あまりEnchanteやTres heureux(se)を使う機会のない方なのだと思います。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。>

そんなことないですよ。たまに耳にしますし、使うこともあります。

1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。

ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。

2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい...続きを読む

Qフランス語 > 再び、また

英語のagainに対応するフランス語の語彙は何になるのでしょうか?
encore?

I started to study French again.

J'ai commence a apprendre Francais [again].
と言いたいのです。
recommencerを使うという手もあるのでしょうが、againに対応する語句があれば知りたいと思います。
手持ちの辞書を見たのですが、うまく見つけられませんでした。

Aベストアンサー

J'ai recommencé à apprendre le français encore une fois.

recommencer と encore une fois 両方使うのがいいでしょう。
「再び」de nouveau という語句もありますが、この場合、
少し違和感があります。
Apprendre quelque chose de nouveau chaque jour
のように使います。


フランス語は、le français 定冠詞・小文字です。
ただし、話すは無冠詞 parler français

étudier と apprendre は、英語 study と learn よりも
差が大きく、この場合は apprendre でしょう。

Qフランス語でキス

こんばんは。お世話になります。
フランス語で「キス」の意味が知りたくて少し調べてみましたところ、「ベーゼ」という単語が出てきました。
「キス」ではなく「キスをする」とかそういった意味合いのものでも良いので、他にもフランス語でキスを表現する言葉がありましたら、どなたか教えて下さい!
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。10/3のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「ベーゼ」という単語が出てきました。>

仏語の動詞で、baiserと書きます。

ただし、この語は通常の「キス」という意味では使われていません。実は非常に「エロい」キスになり、baiser=sexのニュアンスで使われいます。

なので、「君にbaiserしたい」は=「君とエッチしたい」になりますので、使用にはご注意下さい。


ご質問2:
<他にもフランス語でキスを表現する言葉がありましたら>

1.一般にはembrasser(アンブラッセー)を使います。ある程度親しい間柄なら、通常に使われています。

家族、友人、恋人など、電話で切る間際、手紙の最後に添える時の場面で、以下のように使われます。

例:
Je t'embrasse.(ジュ・タンプラッス)
Je vous embrasse.(ジュ・ヴ・ザンブラッス)

直訳は「キスをする」「抱擁をする」という意味ですが、意訳は「愛を込めて」といったニュアンスで使われています。仏人の夫が私との電話を切る時は、必ずJe t'embrasse.と言ってくれます。


2.他に、親しい友人同士ではbisou(ビズ)もよく使われています。

bisouは名詞で動詞の用法はなく、faire bisouで「キスする」という意味になります。

このビズは、子供がする無垢な軽いキス、といった感じです。

やや大げさな表現としてGros bisou(グロ・ビズー)「大キッス」もありますが、こちらの方はかなりくだけた言い方で、品があるとは言えません。友人同士なら大丈夫です。

電話、メール、カードなどの最後の挨拶として添えられます。


フランスで一般に使われているのは、上記ぐらいです。
以上ご参考までに。

こんにちは。10/3のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「ベーゼ」という単語が出てきました。>

仏語の動詞で、baiserと書きます。

ただし、この語は通常の「キス」という意味では使われていません。実は非常に「エロい」キスになり、baiser=sexのニュアンスで使われいます。

なので、「君にbaiserしたい」は=「君とエッチしたい」になりますので、使用にはご注意下さい。


ご質問2:
<他にもフランス語でキスを表現する言葉がありましたら>

1.一般にはe...続きを読む

QGros Bisous は言いすぎでしょうか?

フランス語を学習しようと思っています。
最近知り合った人とすごい仲良くなって、メールを数度やりとりしています。
その文章などの最後でよくつかうbisousですが、もしGros Bisousと言ったりしてしまうと、相手は私が気があると勘違いしてしまうレベルなのでしょうか??
お互い友達として楽しいと思っているレベルだと思います。
もしGros Bisousと言って、私が恋愛対象としてみていると思われると困るのでどれくらいのニュアンスかしりたいのです。
使わなくてもいいのですが、なんせ習いはじめたばかりなので、色々つかってみたいので教えてください!

Aベストアンサー

面識があって、仲良くなってその後に 手紙をやり取りしている仲だったら、仏人女性も友達の男性に Gros Bisousと書いてくれます。(私の旧来の女友達も書いてくれます)

ただ、面識がないままだったら、そこまで いうかな~とおもったり。Bisous程度だったら女性は 使うケースが多いけどなぁ、とふと思い出したりします。

まあ、安全性を考えると あからさまな(友情の大げさな)表現は実際面識があって安心できる相手だと思えるまでは、控えておく、というのが、分別ある対応なのではないかな、と思いました。

Qフランス語のamiとcopainについて・・・教えてください。。

フランス語の質問です。un ami,une amieとun copain,une copineって、使い方に決まりはありますか??私はだいたいamiの方を使っているのですが・・・。あと、もう1つお聞きしたいのですが、l'an dernier(もしくはprochainなど)とl'annee derniere(prochaine)は、どう使い分けるのでしょう・・?どうぞよろしくお願い致します~。

Aベストアンサー

こんにちは。11/20のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<un ami,une amieとun copain,une copineって、使い方に決まりはありますか??>

1.ami(e):

(1)広く友達全般に使います。

(2)やや心理的なつながりが強く、親友、旧知の友、信頼する友といったニュアンスで使われます。

(3)これにpetit(e)が前置すると、ご存知だと思いますが「恋人」になります。


2.copin(e):

(1)プライベート感が強調され、楽しむための友達、遊び友達というニュアンスが加わります。

(2)また、同性同士でcopin(e)は単なる遊び友達という意味で使いますが、異性同士では「ボーイフレンド」「ガールフレンド」の意味で使われます。特にmon、ma「私の」という所有格と一緒に用いれば、その用法は確定的になります。

例:
mon copin
(同姓間)「僕のダチ」
(異性間)「私の彼」

ma copine
(同姓間)「私の女友達」
(異性間)「僕の彼女」

(3)なお、「恋人」の表現でも、petit(e) ami(e)とcopin(e)では前者がやや信頼関係の結びつきの深い言い方になります。

(4)ちなみに、amiと違って「恋人」の意味でcopinにpetitがつく用法はありません。
例:
(O)petit(e) ami(e)
(X)petit(e) copin(e)

ただ、別の意味ではpetit(e) copin(e)という言い方もあり、その場合は「小さい友達」といった、本人より年下だったり幼い友達を指して言う場合はあります。例えば、お爺さんが近所の仲のいい幼い子供を指して、「僕のプチコパン」という言い方はします。


ご質問2:
<l'an dernier(もしくはprochainなど)とl'annee derniere(prochaine)は、どう使い分けるのでしょう・・?>

1.基本的には特に意味・用法に違いはありません。語感や慣用で使い分ける程度です。

2.例えば以下のような使い分けがあります。
例:
J’ai ete au Japon l’an dernier.
Je suis allee au Japon l’annee derniere.
「昨年日本に行った」

両方同じ意味ですが、上記のような「avoir ete+l'an dernier」「etre alle+l'annee derniere」の組み合わせが一般です。勿論anとanneeを入れ替えても間違った組み合わせではありませんが、語感的にこの組み合わせが通常使われています。

3.慣用的には以下のような使い分けがあります。
例:
「毎年」
tous les ans
chaque annee
この用法ではanとanneeは交換不可です。

「2年続けて」
deux ans de suite
deux annees consecutives
この用法ではanとanneeは交換不可です。

4.また、どちらか一方の用法しかない語法もあります。
例:
「1年に一度」
(O)une fois par an
(X)une fois par annee

「長年の間」=「長い間」
(X)pendant des ans
(O)pendant des annees

5.なお、「謹賀新年」はBonne Anneeを、「新年」はle nouvel anを使います。

慣用によって、使い分けがある程度決まっているので、その語を使う度に決まった言い方として使い分けるといいと思います。

以上ご参考までに。

こんにちは。11/20のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<un ami,une amieとun copain,une copineって、使い方に決まりはありますか??>

1.ami(e):

(1)広く友達全般に使います。

(2)やや心理的なつながりが強く、親友、旧知の友、信頼する友といったニュアンスで使われます。

(3)これにpetit(e)が前置すると、ご存知だと思いますが「恋人」になります。


2.copin(e):

(1)プライベート感が強調され、楽しむための友達、遊び友達というニュアンスが加...続きを読む

QJe suis~.とJ´ai~.の違い

最近フランス語を学び始めた者です。Je suis~.とJ´ai~.それぞれに続く言葉の違い、区別ができません。Je suis sommeil.なんて言葉はないですよね?すみません、何も知らないもので、下手な質問ですm(_)m宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

この混乱は、英語文法の発想から来ているように思われます。
je suis...はetreという英語のbe動詞に相当する動詞です。例文で出されているJe suis sommeil.という発想は、おそらく、英語のI am sleepy.(じっさいはI feel sleepy「私は眠いです」が自然)から来ているものではないでしょうか。

j'ai...というのはavoirで、英語のhaveに相当する動詞ですが、辞書には「動詞句を作る」と載っています。つまり熟語のような用法で、それにはsommeilのほかに、soif(喉が渇いた), faim(お腹がすいた)など多くの用法があります。これはどの辞書でもavoirの項に例文として記載されているのでご参照ください。

したがって、I am hungry.という英文はJe suis faim.ではなく、J'ai faim.となり、英語の発想とは異なることにご注意ください。おそらく英語圏の人々も初習者はこういう間違いをすると思います。

しかし、たとえばI am happy.のばあいは、そのままJe suis heureux.(女性の場合heureuse)となります。つまり、大まかに言えば、身体的なことにかんしてはavoirが使われる、ということです。

辞書や初級文法書にこのことが載っていますので、ご参照ください。

この混乱は、英語文法の発想から来ているように思われます。
je suis...はetreという英語のbe動詞に相当する動詞です。例文で出されているJe suis sommeil.という発想は、おそらく、英語のI am sleepy.(じっさいはI feel sleepy「私は眠いです」が自然)から来ているものではないでしょうか。

j'ai...というのはavoirで、英語のhaveに相当する動詞ですが、辞書には「動詞句を作る」と載っています。つまり熟語のような用法で、それにはsommeilのほかに、soif(喉が渇いた), faim(お腹がすいた)など多くの用...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング