今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

美しい女性を例える言葉ですが、これはいつごろ生まれた(日本か中国か)表現なのでしょうか?

もともと中国や日本では蓮の花を「芙蓉」と呼んでいて、そのうち現在の「芙蓉」と「蓮の花」に分けたと聞きましたが、
そうすると日本において「蓮」という呼び名は新しいものなのでしょうか?

とすると、「芙蓉の顔」という言葉は「蓮の花」をさしているのか、
現在の「芙蓉」の花をさしているのか迷いました。
どちらも微妙に見た目が違うので…

ご存じの方、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ご回答投稿がないと削除の憂き目あいましょうから。


 蓮の花を「芙蓉」と呼称していたことがあっても、ご説明のように、対象も呼称も区別しない遣い方だったかなと想像します。

 したがって、、「芙蓉の顔」という言葉は「蓮の花」とも、「芙蓉」ともいえるような、遣い方だったのかもしれませんね。
 不忍池にも近く、そして江戸びとの大川隅田川、荒川などを越えたこの地は、古来将軍の狩場であり、何枚もの広大な食用の蓮池が連なっていました。
 宗教的には、大人の腰以上にまで泥にめり込む、池底から水面にきれいな花を咲かせる蓮は気高さもありますが、「芙蓉」とはやはり趣が異なりますね。中国などの東アジアとインドの趣の違いでしょうか?
 そして女性の顔としても、場面と対象で、どちらを連想してもらうか、一概に言えないというところあるのではないでしょうか?
 多分ご回答は難しいことと存じます。まことに横道ですがお許しください。

 ご存じ、旧制高校寮歌http://mimi12431.exblog.jp/564928/
 芙蓉の雪の精をとり
 芳野の花の香を奪い(URLは香りでなく華となっていましたが、置き換えました)
 清き心の益良雄が
 剣と筆とをとり持ちて
 一たび起たば何事か
 人世の偉業成らざらん
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/10 10:52

 長恨歌にありますな。


 芙蓉如面柳如眉 對此如何不涙垂・・・・・芙蓉の花は彼女の顔のよう、柳は彼女の眉のようで
 ここの芙蓉を蓮と受け取っている人は多くないというか、存じませんが。
    • good
    • 0

 芳野の花の香を奪い(URLは香りでなく華となっていましたが、置き換えました) は、

http://kikitai.teacup.com/qa4417715.htmlにより華が正しいと、存じました。

 1. 「芙蓉の顔」という言葉遣いがなされている文章や詩歌は、記憶がないので、できれば例示していただけるとありがたいです
 2. 「蓮の花」を顔にたとえるようなことについても、どうかお教えください。
    • good
    • 0

補足



(URLは香りでなく華となっていましたが、置き換えました)
 でも
(URLは「華やか」・「高貴」の意味の「華」かもしれません)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葵と芙蓉、むくげの違い

以下の見分け方を教えてください。

(a)芙蓉と葵、ムクゲ
(b)サツキとツツジ
(c)菫とパンジー

Aベストアンサー

色々な見分け方があります。

(a)芙蓉と葵、ムクゲ
「芙蓉と葵」は中国語、ムクゲは日本語という違い。
種類の違いであれば、
中国名で揃えて、木芙蓉、葵、木槿とするか、
和名で揃えて、フヨウ、フユアオイ、ムクゲとして検索してください。
それぞれ全く別の種(しゅ)です。

(b)サツキとツツジ
サツキはツツジの一部で、サツキツツジの略称、
それぞれ、いくつかの野生種や園芸種を含んでいます。
慣用として、多くのツツジ類に比べて花期が1ヶ月くらい遅いものをサツキと呼びます。
花芽が当年の枝にできるからです。変種ではありません。

(c)菫とパンジー
菫は中国語の菫菜(スミレ類)のことか?、パンジーは日本名サンシキスミレの園芸品種の英語名(pansy)

和名のスミレは中国名では「東北菫菜」、菫という植物はありません。
スミレの花は濃い紫色、葉が細長い三角形状で、道端に生えています。
 パンジーはヨーロッパに野生するスミレの一種、品種改良によって花を大きくした園芸品種を呼ぶことが多いようです。
中国名は三色菫、日本名はサンシキスミレ。その名のとおり一つの花の中に黄色、白、紫が混ざっています。
スミレの変種ではなく、全くの別種です。

色々な見分け方があります。

(a)芙蓉と葵、ムクゲ
「芙蓉と葵」は中国語、ムクゲは日本語という違い。
種類の違いであれば、
中国名で揃えて、木芙蓉、葵、木槿とするか、
和名で揃えて、フヨウ、フユアオイ、ムクゲとして検索してください。
それぞれ全く別の種(しゅ)です。

(b)サツキとツツジ
サツキはツツジの一部で、サツキツツジの略称、
それぞれ、いくつかの野生種や園芸種を含んでいます。
慣用として、多くのツツジ類に比べて花期が1ヶ月くらい遅いものをサツキと呼びます。
花芽が当...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報