普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)



 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

すごい!!さすが専門家ですね。
自分が知りたかった内容を思いっきり突き抜いてます。
本当に細かいところまで詳しく教えて頂き、有り難う御座いました。とても参考になりました。
それにしてもセッティングは奥が深いのですね。また分からないことがあったらお願いします。

お礼日時:2001/02/26 19:34

 一般的に、フロントのトレッドを広くするとオーバーステア傾向(ステアリングの切り角より曲がる、スピンしやすい)になります。

リアのトレッドを広げたり、フロントのトレッドを狭くすると、アンダーステア傾向(ステアリングの切り角より曲がらない、コーナーで飛び出しやすい)になります。リアのトレッドを狭くすると、オーバーステアからリバーステアとなります。

さらに、ホイールベースとの兼ね合いや、アライメントの角度ともからんでくるので、あまり派手にいじらない方がいいです。アライメントについては、URLを参考にして下さい。

まあ、フェンダーとツライチにするぐらいでしたら、そんなに影響は無いと思いますが.....。専門家の方の回答を待ちましょう。(他力本願モード)

参考URL:http://www.sunshine.ne.jp/~arai/taiyakiso/araime …
    • good
    • 3

トレッドを広げると、相対的にホイールベースが短くなる、ということですよね。


つまり、直進安定性よりも旋回性能のほうにメリットがあるという事なんじゃないでしょうか。ま、厳密にいえばトータルバランスが崩れて両方にメリットは薄くなるのでしょうが。
また、旋回時には内輪差外輪差が大きくなりますから、デフの負担が大きくなりますね。デフをLSD等にして機能を制限している場合には、より挙動がトリッキーになるものと思われます。
サスペンションの支点からの距離も長くなりますので、負担が増えてサスの応答性も落ちるかもしれません。
あと、前輪トレッドが後輪にくらべて大きいのは、主にコーナリング時の安定感、というか踏ん張りを考えての事じゃないでしょうか。狭い方がシャープに応答すると思うのですが、万人の安全を考えて、シャープで神経質なハンドリングよりもダルで安定感のあるセッティング、という事なんじゃないかな、と思います。

以上、まったくの憶測です。信用し過ぎてはいけません。詳しい方の回答を待ちましょう!
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトレッドミルの効果

ジムでトレッドミルを使ってランニングしてるんですが、トレッドミルの効果ってあるのでしょうか?
全く走らないよりはマシなんでしょうけど、いざフィールドを走ると相変わらずすぐバテます…。

「トレッドミルに乗る暇があるなら、普通に走った方がいいのかな?」と思う時もあります。

実際どうなんでしょう?

トレッドミルのメリットって何ですか?

持久力をつける為に、トレッドミルは有効な手段なのでしょうか?

Aベストアンサー

トレッドミルだけのメリットは以下の2つ。
・天気や気温に関係なく走れる
・いつでも辞めれる

他の共通するメリットには、ペース配分がわかる、傾斜をつけれる、などがあります。


トレッドミルでは持久力はつかない、或いはつきにくいと思います。
私は学生時代ずっと陸上部でしたが、中3の時には既に足は人体模型のように
バキバキに筋肉割れしていました。

今、トレッドミルで幾ら走っても足はバキバキにはなりません。

外と中の違いは何だと思いますか?
外はランニングできますが、中ではランニングはできないです。
ランニングと言う言葉を敢えて使うのは、ジョギングと区別するためです。
走るには、地面を蹴る必要があり、そして、その蹴った足は膝を高く上げることであがります。
つまり、トレッドミルでは膝を高く上げて1歩を大きく踏み出すと100%台に足をぶつけるわけです。
それがトレッドミルではランニングできない理由です。

故に、トレッドミルでは地面を蹴らなくても走れてしまう。
それが地面を蹴る力が失われることにつながります。その結果、外で走る時に地面を蹴れないことで
速度が出せないようになるわけです。

私はトレッドミルでビルドアップ走として、12km/h→13.5km/h→15km/h→16.5km/h→18km/hと5分ずつ
切り替えて走れていても、フィールドではキロ4分半がせいぜいです。

外が雨で走れない時や、他のトレーニングもしたかったり、夜の道は平衡感覚が危ないので避けたい、
そんな時にトレッドミルで適当な時間走ります。休みの日の昼間は外でLSDします。

トレッドミルだけのメリットは以下の2つ。
・天気や気温に関係なく走れる
・いつでも辞めれる

他の共通するメリットには、ペース配分がわかる、傾斜をつけれる、などがあります。


トレッドミルでは持久力はつかない、或いはつきにくいと思います。
私は学生時代ずっと陸上部でしたが、中3の時には既に足は人体模型のように
バキバキに筋肉割れしていました。

今、トレッドミルで幾ら走っても足はバキバキにはなりません。

外と中の違いは何だと思いますか?
外はランニングできますが、中ではランニングは...続きを読む

Q直結四駆の前後でのトレッド幅について

4輪すべて同サイズのホイールとタイヤを装着して
リヤのトレッド幅をフロントより大きくした場合
タイトコーナーブレーキング現象が起きるでしょうか。
雪道ということでご回答お願いします。

Aベストアンサー

轍が凍結したような深雪路や凹凸の激しい雪道ではフルタイム4WDのセンターデフをロックさせて良く乗りました、そのままでステアリングを切るとたしかにタイトコーナーブレーキングが発生しますが極低速であれば多少ぎこちないですが回転は可能です、通常速度では怖いので試したことはありません。

トレッド幅に関係なく4本のタイヤの軌跡が全て異なるので前後輪回転差によりタイトコーナーブレーキングは発生しますが雪道というμの少ない条件であれば何処かの1輪が空転(スリップ)するので乾燥路のような極端な引きずりは感じなかったです。

Q軽カーについて。ワイドトレッドにするについて。

軽カー規定横枠よりトレッド幅を広げたい。
軽カーのトレッド幅は走りの性能よりも法律的に
てきとうに決定されたとおもわれるのであまり気にしたくないのです。アライメント処理も施し
5ナンバー枠以内で広げたいのですがワイドトレッドの
メリットについて教えてください。軽カーのワイドトレッド化は高速安定性が増すと聞きましたが。その他
ワイドトレッドにするメリットについて
教えてください。

Aベストアンサー

サーキットでも走られるのでしょうか。それならサーキットでタイヤを履き替えて頂ければ特に手続きなど必要ありません。

公道でするメリットですか?ウエット性能が上がる、ブレーキ利きが良くなる、高速安定性が増す、この程度です。

むしろデメリットの方が圧倒的に多いです。
燃費が落ち、ロードノイズは増え、足にエンジンが負けて加速が鈍り、税金が上がり、そもそも普通車に登録するために構造強度証明書等を作成して、お役所に許可も貰わないといけません。
また、高速安定性が増すとは言えワイトレにしたら軽ターボでもノーマルならせいぜい110km位しか出ないでしょうから安定性も何もあったものじゃ。。。

あ、メリットがもう一つ。軽なのに白ナンバー。。。これは微妙ですね。

法律の全幅はテキトーではなく適当な数値です。安全性など考慮して決められています。今の車のトレッドが狭いのはメーカーが軽規格イッパイまでボディを広げ、キャビンをできるだけ大きく取ろうとした結果であって、軽でも車種によっては規格内で8jや、9jを履かせる事だって出来ますよ。

Qワイドトレッドスペーサーの特注

ワイドトレッドスペーサー(輸入車用)を特注してくれるところをさがしています。

検索して、
「吉田興産」
http://www.yoshidakosan.co.jp/index.html
「佐藤精機」
http://satouseiki.co.jp/
を見つけましたが、他に良いところ(特に東海地区で)がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.jy-club.co.jp/adapt.html
http://www5.kannet.ne.jp/~azumaseiki/azupa001.html
とかはどうです?
特に上は愛知みたいですよ。

Q前後のトレッド幅について。

普通、車のトレッド幅は前輪が後輪に比べて広くなっていますよねぇ。
それで前項輪とも面位置にしたくて同じ幅のスペーサーを使うとどうしても後輪が内に入り気味で格好悪いのですが、前項輪のトレッド幅を同じにすると何か影響はありますか?
特に4駆は前後トレッド幅に差がありますが、いったいトレッド幅とは何に影響するのでしょう。結構攻めた走りもするので、走りについての影響がどんなものか気になります。

Aベストアンサー

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なくなり、空気入りタイヤの特性上、左右輪の摩擦力の総和が大きくなります。
 これがナニを意味するか、と申しますと、カンタンに解釈するとトレッドを広げた方がカーブを曲がる時の遠心力に耐えるチカラの大きさが大きくなるという事です。
 特にフロントサスをワイド化した場合、車両の動きがよりクイックになる、直進安定性が悪くなる、などの変化が起こります。勿論、トレッドを狭めるとこの逆、よりダルになる、直進安定性が向上する、などです。
 ちなみに、フロントトレッドをホイールオフセットだけで変えると必ずハンドル手応え感が変わりますが、ノーマルの値からトレッドを広くしても狭くしてもだいたい悪化するので注意が必要です。

 で、リヤのトレッドがナゼ狭いか?の点ですが、通常の市販車では、例え静的に50:50の重量配分でも、旋回時の荷重移動量は、操舵による走行抵抗の増加やフロントまわりとリヤまわりのロールの硬さ(ロール剛性と言います)の違いなどにより、フロントの方が大きくなりがちです。これでは勿論アンダ・ステア(US)が強くなってしまいますが、そこで、このUSを弱める為に、リヤサスの限界を少し落としてやる必要があるワケです。

 よって、リヤトレッドだけを広げる行為は、力学的にはUSを強める方向となりますが(一方直進性は向上しますが)、但し、これが全て悪いかとゆぅとそぅでもありません。
 御質問の方はそれなりにハードに走られる方の様ですので、運転しやすいかどぅかは置いといて、とりあえず速いか遅いかで判断しますと、USが強い事が必ずしも遅いとは限りません。多くの方が思い違いをされていますが、クルマが速い/遅いは旋回しやすさだけでは決まらず、速く走る為にはまず1mでも前に出る性能が必要になります。実際、流体力学的に幼稚でタイヤもプアな'75~'76年頃までのF1では、コーナからの脱出加速でタイムを縮めなければならない為、リヤトレッドが極端に広く異常にテールヘビーな強USレイアウトとなっています(タミヤのプラモで観察出来ます。リヤウイングステイにオイルタンクとオイルクーラーを内臓したロータス72や、リヤトレッドに対して極端にフロントトレッドが狭いブラバムBT44Bなど、今日のF1ではまず考えられません)。
 この点、旋回しやすくチューニングされたマシンでは、前に出る性能(トラクション)が犠牲になっている場合が見受けられます。すばらしく曲がりやすいが、踏んでも踏んでも加速せずにイライラしているハチロクオーナーの方は、結構多いのでは無いでしょうか?

 御質問の様子では、恐らくリヤトレッドを拡大する、と言ってもせいぜい10~20mm程度ではないでしょうか?これがどの程度ハンドリングに影響するかは、駆動方式にもよりますし、実際にやってみなければ判りません(フロントに比べ、リヤトレッドの拡大は判りにくい、と言う事もあります)。自分の経験ではさすがに15mmも拡大すると差が判りますが、これはテストドライバレベルの話ですし(上級のテストドライバでは10mm以下の差でも感知します)、ご本人が気になさるかどぅか?も重要な要素です。
 尚、サスペンションは、実はエンジンのチューニングよりずっと危険な状態になりやすい要素を内包しており、運動力学的な検討を加えずにヤミクモにイジるのはお勧め出来ません(この点、ホイールベースとの兼ね合いやLSDへの負担等、トータルバランスを訴えられている他の方の御回答は、さすがgoo回答者となるほどの方、と申せましょう)が、この程度のトレッド拡大なら、クルマの限界特性をある程度以上把握されている方であればそれほど危険な事にはならないでしょう。

 長くなりましたが、左右荷重移動量の話が出たところでついでに。
 左右荷重移動量を増やすと旋回の限界が下がる事はご説明いたしましたが、シャシばねを固めてロール剛性を上げると、過渡的には左右荷重移動量が増加し、見かけ上、旋回限界が下がります。これは多くの方が思い違いをされており、意外な話かもしれませんが、物理的な法則ですのでサスのチューニングやタイヤの選択では越えられません。レーシングカーのばねがヤミクモに硬いのは空力的付加物(ウイングなど)によるダウンフォースが大きいからで、ダウンフォースがほとんど期待出来ないロードカーには当てはまりません。
 日本車では考えられない様な超高速を日常的に出さなければならない欧州車(ドイツ車に限らず、欧州車は旅行等でアウトバーンを走る可能性を考慮しなければなりません)のサスは、VWやオペルなどは勿論ポルシェやロータスでさえ意外なほどタップリとロールしますが、このシャシばねのヤワさはこんな事情からも来ています。

 あ、はい、ども、専門家です (^^;)

 トレッドは、ハンドリングにダイレクトに影響しますが、実は市販車の場合、スタイリングで決定している場合もあります。トレッドをヤミクモに広げると、チェーンクリアランスが無くなってしまったり、サスのフルボトムでタイヤがボディ(の裏側)と接触する事も考えられますので、その点は注意が必要です。

 さて、トレッドとハンドリングの関係ですが(ワタシはサスペンションとハンドリングが専門です)、トレッドを広げると、左右方向の荷重移動量が少なく...続きを読む

Qワイドトレッドスペーサー

スタットボルト付きのスペーサーを装着するにあたりさらに車体ハブとの間にアルミの例えば五ミリ厚のものを噛ませては危険でしょうか。車体とボルト付きスペーサーで薄いスペーサーを一枚はさむかたちです。

Aベストアンサー

ハブとホイールを普通に締め付けた場合、ホイールにかかる力はハブボルトにかかるのではなく、面と面が圧着しているおかげで、そのままハブに伝わります。
しかし、間にスペーサーをいれると、その圧着面積が極端に少なくなり、ハブボルトに力がかかってしまうかもしれません。
そうなると4~5本のボルトの強度では、ちょっと心配になりますね・・・。
乗っている車が軽量で、普通に町乗りだけに使用するなら問題ないかもしれませんが、重量級でハイグリップタイヤはいてグリグリ走るのであれば、私なら使用を控えます。

Qワイドトレッドスペーサーの逃げ

ホイールの裏の「ワイドトレッドスペーサーの逃げ」とはいったい何でしょうか?それがないホイールはワイドトレッドスペーサーを付けれないのでしょうか?

Aベストアンサー

装着する時はワイドトレッドスペーサーを元のスタッドボルトに・・・
ホイールをワイドトレッドスペーサーに装着しますよね。
で ワイドトレッドスペーサーの厚みによってはワイドトレッドスペーサーの表面から
元のスタッドボルトが突き出します。
その突き出た分のスタッドボルトの逃げがホイールになくてはならない・・・
とゆう事です。

ワイドトレッドスペーサーと元のスタッドボルトがツライチになれば
ホイールに逃げは必要ありませんが そこまで厚みのあるワイドトレッドスペーサーは
ありませんし そこまで厚いワイドトレッドスペーサーを装着したら
危険も伴います。

ちなみに・・・
ワイドトレッドスペーサーはドラムブレーキには装着出来ない物が多いです。

Qボルトつきワイドトレッドスペーサー

装着で公道で事故 というニュースなどご存知の方いらっしゃいますか。ニュースにならずもなにかトラブルでも構いません おしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは

公道ではないので少々質問とはずれますが、サーキットではタイヤ脱落等
がいくつかあります。走行会の主催者によってはスペーサーの装着を禁止
しているところもあるぐらいです。

私のまわりで起きた実話としては、ワイドトレッドスペーサーではなく、
量販店で購入した格安のスペーサーが割れてタイヤ脱落した人がいます。
また、ワイドトレッドスペーサー装着での走行後にトルクレンチで増締め
すると、30分程度でも【ゆるみ】が発生している事が多々あります。
※装着時の定期的な確認は、サーキットでは当たり前です。

以上の事から考えると、公道でもハイグリップタイヤ装着するなどして、
高負荷走行をすれば起きないとは限らないと思われます。

また、メーカーでも競技(専用)部品として販売し、公道使用での事故を補
償しないとしている場合がほとんどだと思います。

あまり装着はお薦めしませんが、装着する場合は最低限増締めなどの定期
的な点検を実施してください。

Qトレッドを広げたことによるロールセンタと荷重移動量

こんにちは。

トレッドをホイールのオフセットで広げました。
サイトで調べたロールセンタの求め方では、地面の上に位置する場合、トレッドを広げるとロールセンタが上がる計算になりました。

・トレッドを広げると荷重移動量が減る
・ロールセンタを上げると荷重移動量が増える

とこちらで見つけたのですが、トレッド広=ロールセンタ上 だとすると逆ですよね・・・

どちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>サイトで調べたロールセンタの求め方では、地面の上に位置する場合、トレッドを広げるとロールセンタが上がる計算になりました。

・・・あ~なるほど。
 そのサイトがどのような計算をしているか判りませんが、元々のロールセンタが地面より上にあるサスペンションでは、トレッドを拡大するとロールセンタは上がります。これは純粋に幾何学上の計算で出せる問題なので、例外はありません。
 この点は正解ですね。で、問題は次の御質問。

>・トレッドを広げると荷重移動量が減る
>・ロールセンタを上げると荷重移動量が増える
>とこちらで見つけたのですが、トレッド広=ロールセンタ上 だとすると逆ですよね・・・

 理論的な説明は長くなるのでハショりますが・・・

※旋回時に内輪から外輪に荷重が移動するルートは全部で3つ、という話は理解されていますよね?
 その荷重移動ルートのうち2つのルートについて考えれば、御質問の回答が自動的に得られます。

※ルートその(1)『ばねを通る荷重移動』の量は、トレッドが拡大すると減少します。

※ルートその(2)『ロールセンタを通る荷重移動』の量は、ロールセンタが高いと増加します。

 つまり御質問の様にトレッドを拡大した場合、左右荷重移動量が増えるのか減るのか?は、上記のルート(1)と(2)のどちらがどれだけ大きいか?によって変わるということです。(ルート(1)(2)それぞれで移動する荷重値をちゃんと計算すればすぐに判ります。計算は、運動方程式を解かなくてもベクトルの足し算でOKなので、中学生レベルで出来ますね。)

>サイトで調べたロールセンタの求め方では、地面の上に位置する場合、トレッドを広げるとロールセンタが上がる計算になりました。

・・・あ~なるほど。
 そのサイトがどのような計算をしているか判りませんが、元々のロールセンタが地面より上にあるサスペンションでは、トレッドを拡大するとロールセンタは上がります。これは純粋に幾何学上の計算で出せる問題なので、例外はありません。
 この点は正解ですね。で、問題は次の御質問。

>・トレッドを広げると荷重移動量が減る
>・ロールセンタを上げると荷...続きを読む

Qワイドトレッドスペーサーの厚さ計算について

いつもお世話になっております。
このたび車のホイールを変更したのですが、デザイン以外何も考えずに買ってしまいホイールがだいぶ内側へ引っ込んでしまいました・・・
そこでワイドトレッドスペーサーを購入しようと計画中なのですが、何mmの物を買えばいいのかイマイチ分からず困っております。

以前のホイールは16インチ、8J、オフセット+26 225のタイヤを履いていました。
現在のホイールは16インチ、7J、オフセット+35 205のタイヤを履いています。

この場合、以前のホイールに近づけようと思った場合オフセット、リム幅1J分などで30mmくらいのワイトレ購入が妥当なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぶっちゃけ、五円玉を糸で吊るしてフェンダーからぶら下げる。
ホイール中心から糸までの距離を測れば良い。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報