痔になりやすい生活習慣とは?

私の身内に、頚部に中心性頚髄損傷と診断され、胸腰椎に、広範囲の脊椎固定術を行いました。
事故当時は四肢麻痺の状態でまったく動きませんでしたが、リハビリの甲斐があり、普通に歩けるまでになりました。


自覚症状として、

[上肢]
対麻痺、握力10k前後・感覚障害・痺れ・動作が遅い・字を書くのが困難・その他色々

[脊柱]
固定術の影響で少ししか曲げられない。

[下肢] 軽度の対麻痺?筋力低下・感覚障害・痺れ(歩行と階段は可能、長時間は出来ない)

などが、後遺症として残っています。


そこで質問です。

医師に、後遺障害の診断書を書いてもらうのに、医師も後遺障害の等級表まで把握しているとも思えず、
医師によっては大雑把に診断書を書かれてしまい、本来認定されるはずの等級より下がってしまう事もあると聞きました。
もしそうなら、医師に上手に書いてもらうコツや方法はありますか?


等級表などを持っていき、該当する項目を医師に見せ、診断書を書いてもらおうとも思ったのですが、「書かせている」
みたいで、場合によっては仕方がないですが、多少気が引けます。
出来れば実際、本当にある後遺障を先生に書いてもらいたいですが、細かく症状などを書いてもらうには、皆さんはどう
しているのでしょうか?

ちなみに、以前知人が、後遺障害の診断書を医師に書いてもらい、肝心の項目に記載漏れがあり、100%認定されるはず
の等級が認定されなかったという人がいました。その後、異議申し立てを行い、等級認定してもらったらしいのですが、
等級認定までかなりの時間がかかったと言う話を聞きました。


また、この怪我の後遺症は5級2号、8級2号が妥当だと思うのですが、5級2号などは、色々細かい基準があると思うのです
が、医師の書く診断書(レントゲン・MRI有り)だけで等級認定してもらえるのでしょうか?認定してもらうのに、診断
書以外に、実際どこかで面接・検査などを受けなければならないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

筋電図は例え話で書いたもので気にする必要はありません。


事故直後のMRIやXPで確認できていれば問題は無いと考えます。
要は自覚症状を如何に他覚的所見で説明できるかで、
誰が見ても納得出来る説明がされていれば問題は有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。とても参考になりました。
医師に詳しく書いてもらいます。

お礼日時:2008/11/12 11:49

コツや方法の説明は難しいですが、他覚症状を書く欄に詳しく書いてもらうこと。


例えば固定術ならC5・C6に後方固定術を施したとか、**の影響で対麻痺が認められ筋電図でも確認できるとかです。

醜状障害などは実際に確認しますが、殆どの場合面接はありません。

3級の「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」までには至っていないと思われますので、
3級は無理と考えます。

5級相当で判断されるかどうかは断定はできませんよ。
質問内容から私が判断しただけで、実際は自賠責損害調査事務所が行いますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
頚髄損傷でMRIに損傷箇所が見受けられても、筋電図で検査しないと麻痺とは認められないのですか?その他の特別な検査などありますか?
ちなみに、筋電図など、特別な検査を受けないと、実際ある自覚症状を訴えても、後遺障害は認められないと言うことなのでしょうか?
何度も質問すみません、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2008/11/10 21:56

「神経系統の機能または精神」の障害の中の「せき髄の障害」として一括で認定される筈です。


ただし、せき髄損傷の伴う胸腹部臓器の障害やせき柱の障害による障害の等級が麻痺により拠る障害の等級よりも重い場合は、
これ等の障害の総合評価により認定される事になります。
1・2・3・5・7・9級の認定となりますが、1から3級は要介護の状況ですから今回は除外。

5級は「せき髄症状の為、きわめて軽易な労働のほかに服する事が出来ないもの」とされています。
a:軽易な対麻痺が認められるもの。
b:一下肢の高度の単麻痺が認められるもの。
これ等のものが該当します。

7級は「せき髄症状の為、軽易な労働以外には服する事が出来ないもの」とされています。
a:一下肢の中程度の単麻痺が認められるもの。
これが該当します。

これらの事から5級相当ではないかと想像します。

各障害の等級を総合判断するには情報が少なすぎますが、
例えば上肢・下肢の参考可動域の1/2以下で10級、3大関節が全て10級であれば準用8級。
下肢も同じ1/2以下であれば10級で、準用8級。
せき柱の運動障害は固定術が行われた為、強直に近い状況で6級。
可動域が1/2以下に制限されているもので8級です。
少ししか曲げられないというのがどの様な状況か判りませんが、
強直の6級とすると、併合4級となります。
しかし、1上肢をひじ関節以上で失ったもの・1下肢をひざ関節以上で失ったものには達していないので、5級となります。

従って両方とも5級となり、これ以上の等級は無理と考えます。

この回答への補足

とても参考になるアドバイスありがとうございます。
この説明だけで5級相当と判断されると言うことは、妥当な等級を認定してくれそうで、あまり心配しなくともよさそうですね。

ただ、医師に大雑把に診断書を書かれてしまうと、本来認定されるはずの等級より下がってしまう事もあると聞きいたことがあります。
もしそうなら、医師に上手に書いてもらうコツや方法はありますか?

また、認定してもらうのに、診断書以外に、実際どこかで面接・検査などを受けなければならないことはありませんか?

ちなみに、5級2号と8級2号が認定されたとして、併合3級はありえないということで解釈していいのですか?

補足日時:2008/11/09 12:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても

後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても
大丈夫なのでしょうか?

交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。
MRIや筋肉伝達速度検査、筋電図検査などをして後遺障害の認定を受けようと
考えているのですが、現在の病院では検査設備が整ってなく、
主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

転院すればいいのですが、現在通っている主治医はとても親切で一生懸命やって
くださるので後遺障害認定後のリハビリもその主治医のもとで続けたいと思っています。
症状固定後の治療費は私が負担することももちろん了承しています。

そこでセカンドオピニオンとして設備のある病院で精密な検査をしてもらい、
その病院で後遺障害診断書も書いてもらうことを考えています。
その場合は当然主治医以外の先生が後遺障害診断書を書くことになりますが、
後遺障害認定の請求については問題がでてくるのでしょうか?

その診断書で認定請求をおこなっても、

・主治医以外はダメ
・1~2回(セカンドオピニオン先)しか通院していない病院で書いてもらった診断書はダメ

とか言われないでしょうか?

後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても
大丈夫なのでしょうか?

交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。
MRIや筋肉伝達速度検査、筋電図検査などをして後遺障害の認定を受けようと
考えているのですが、現在の病院では検査設備が整ってなく、
主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

転院すればいいのですが、現在通っている主治医はとても親切で一生懸命やって
くださるので後遺障害認定後のリハビリもその主治医...続きを読む

Aベストアンサー

>後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても大丈夫なのでしょうか?

 制度上は全く問題ありません。


>交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。

 お見舞い申し上げます。
 関節可動域制限は、自力で曲がる(自動値)範囲を対象としているのではなく、他人の力で曲がる(他動値)を評価対象とします。主治医がこれでもかとというほど曲げると言う方法が他動値の測定方法です。
 シビレ等の知覚障害は、例え知覚の異常が認められても、その原因部位が画像等で確認されること、受傷時からの症状の推移が外傷に起因していると確認されること、反射の異常など神経学的異常所見が明らかに認められること等の審査要件があります。
 転医先の医師にこれらの証明が可能であれば問題は生じません。こういうケースで主治医からの情報が不足する場合は、主治医に対する照会がなされます。転医先の医師が後遺障害診断書を作成したとしても、そういう意味で主治医の所見は大きな影響を与えることになります。


>MRIや筋肉伝達速度検査、筋電図検査などをして後遺障害の認定を受けようと考えているのですが、現在の病院では検査設備が整ってなく、主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

 筋肉伝達速度検査とは神経伝導速度検査ではないでしょうか?MRI検査では軟部組織の状態が明確に画像として現れますが、問題は外傷性と認められるかどうかが問題となるでしょう。交通事故の場合に行われる神経伝導速度検査や筋電図検査等は、神経損傷の場合に用いられることがありますが、質問者さんには神経損傷等があるのでしょうか? もし交通事故によって神経損傷が発生していれば、受傷当初にそれなりの初期症状が認められているはずです。


>主治医も治療はちゃんとやってくれますが、後遺障害診断書も書きたがらない雰囲気です。

 医師が作成する後遺障害診断書に記載された自覚症状について審査が行われることになります。そういう意味で自覚症状を記載してくれない医師の場合は、被害者は不利になってしまうことがあるのは事実です。自覚症状は、自分で別紙に記載して後遺障害診断書に添付することも可能です。しかし何よりも大切なことは、受傷から症状固定までの症状の推移と、他覚所見・神経学的異常所見の存在であることを理解してください。医師には後遺障害等級に関する知識は無いことが普通です。「この程度では後遺障害には該当しない」とか「12級に該当する」などということを、根拠もなく平気で発言する医師はある意味無責任な医師であると思います。


>そこでセカンドオピニオンとして設備のある病院で精密な検査をしてもらい、その病院で後遺障害診断書も書いてもらうことを考えています。その場合は当然主治医以外の先生が後遺障害診断書を書くことになりますが、後遺障害認定の請求については問題がでてくるのでしょうか?

 セカンドオピニオンとして精査を受けることは最終的な身体の状態を証明する有意な方法です。後遺障害診断書の作成も何ら問題はありませんが、最終的な病態が事故に起因しているか否か、そういう相当因果関係の問題が発生することがあります。訴訟などに発展した場合、セカンドオピニオンの医師は、「自分は結果的なものは証明できるが、最初から見ていないので原因は分からない」としか回答しないと思います。


>結論

 後遺障害の認定基準を云々する前に、後遺障害の定義を理解する必要があります。後遺障害として認定されるためには、将来にわたって回復が困難な症状が残存し、かつ、その存在を医学的に裏付けることができ、交通事故と相当因果関係が認められること、つまり、回復不可能な傷害が残存し、それが交通事故に起因するということを証明できなければなりません。主治医はこれまでの経験から「後遺障害は無理だ」と判定しているのでしょうが、それも医師の経験則だけであって、確定されているものではありません。
 最終的な方法は質問者さん自身で決めなければなりません。回答になっていないように感じますが、それが事実です。

>後遺障害診断書は主治医以外の別の病院の先生に書いてもらっても大丈夫なのでしょうか?

 制度上は全く問題ありません。


>交通事故の骨折で関節の可動域制限や疼痛、しびれがあります。

 お見舞い申し上げます。
 関節可動域制限は、自力で曲がる(自動値)範囲を対象としているのではなく、他人の力で曲がる(他動値)を評価対象とします。主治医がこれでもかとというほど曲げると言う方法が他動値の測定方法です。
 シビレ等の知覚障害は、例え知覚の異常が認められても、その原因部位が画像等で確認...続きを読む


人気Q&Aランキング