dポイントを20倍にするたった2つの方法

 今年の5月から株式投資をはじめました。
 金融資産は3000万弱でして、いままで株の購入をしたことが
 ないので、若干は株を購入しようかと思っています。
 バラバラいくつか購入して、300万円程度株を持っています。
 あと200万くらいは近々購入して、将来的には1000万円程度は
 株式にしようかと思っています。
 信用はせずに現物のみです。

 ハイリスクハイリターンは求めずに、長期保有できちんと利益が
 あがればいいと思っています。

 三井物産は配当も非常に高くて、最近値段が急速に
 下がってきました。資源高・原油高が終わったからでしょうが
 超長期でみれば、やはり資源と原油の必要性はかなりあると
 思います。

 5年、10年単位で見た場合、三井物産の株は保有して大丈夫な
 株のように見えるのですが、今年からスタートした初心者です。
 皆さんのご意見をお伺いできればと思います。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そのくらいの金融資産をお持ちなら


国際優良銘柄も良いでしょう。
 長期保有で配当狙いなら、まあまあだと思います。
任天堂やトヨタなど。
また#1さんの回答のように電力、ガスも配当安定性が高いので、
良いと思います。
また、そのような会社の社債ならまず潰れないと思いますので
検討したらいかがでしょう。
電力会社の社債は利率は1%ぐらいかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただ配当は1%よりはもう少しほしいので
もうちょっと有利な運用を考えたいと思います。

お礼日時:2008/12/20 06:44

 


長期、配当を考えるなら電力かガスです。
三井物産の配当利回りは5%位と良く見えますが、配当なしと会社が決めれば0円です。
一方で東京電力、関西電力、東京ガスなどは配当利回りが2%くらいですが配当が無くなる心配は無いです。


 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。やはり今の配当はあてにならないのですね。

お礼日時:2008/12/20 06:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期保有している株(銘柄)または長期保有に向いている株(銘柄)

皆様が長期保有している銘柄を教えていただければ光栄です。
あつかましいのですが、保有期間、買った金額、その他答えて頂ければ光栄です。

私の場合投資期間(経験)が短いので、長期保有予定銘柄は
1>吉野野  
配当(優待)の権利の数日前
損切り予定なし または 株主優待廃止まで売る気なし
 
2>ゼンショー(すき家)
配当(優待)の権利日前日
損切り予定なし または 株主優待廃止まで売る気なし

3>ビックカメラ
監理ポスト解除後 24000円
保有期間予定   不明(あまり売る気なし)

以上を選んだ理由   優待利回り

Aベストアンサー

1 三菱商事
去年の暴落時 925円
配当利回りがいいので売る気なし

2 日本冶金工
去年の暴落時 215円
配当利回りがいいので当分放置

3サンデー
7年位前 670円くらい
株主優待が東北の物産品で、当時はいちご煮(うにとあわびのお吸い物)、現在すごくおいしいりんご1箱 利回りは考えたことないですが、毎年楽しみなので売る気なし

4なとり
6年ほど前? 900円くらいだったかな?
これまた株主優待が楽しみ。毎年なとりのおつまみセットが送られてくる。12月くらいにくるので忘年会などで家に人が来たとき食べ比べなどして楽しんでいます。利回り考えたことなし。

そんなとこかな?

Q同じ株を持ち続けるのはアリ?

ここ1年くらい株やりたいな~と思いつつ、今までやらなかったのですが、勇気を出してやってみようと思います。
ただ、使える資金が少ないので、資金を100万円!と決めてやろうと思います。

短期的な投資ではなくって、自分が気に入った企業の株を長期的に持っていたいと思うのですが、そうすると全く株を売らないことになってしまいます。目的は株主優待&配当金です。

そういう株の買い方をしてる方っているんでしょうか。ずっと同じ会社の株を持ち続けるメリットはありますか?

Aベストアンサー

ある程度安定した企業株を長期保有することについて
<メリット>
1)資産として捉えることができ、分散投資としての組み込みができる。
2)比較的な変動が緩やかでリスクコントロールがしやすい。
3)大局的な変化をつかめばよく、プロアマの情報差が少ない。→短期は公表された情報で動いていては遅い場合も多々ありますが、長期ならニュースや新聞etcの情報から判断しても利益がとれます。
4)ボトムアップ情報ならば消費者がプロに勝る時があります。
 ・外食の○○って最近美味しくなったね
 ・最近△△がはやってるんだよね
※パチスロ機の××がブレイクしてても株価に盛り込まれてなかったとか(^^)オイシカツタデス
自分の趣味や仕事や生活から見つけた銘柄があがっていくのは2倍の楽しみです

<デメリット>
1)基本的に長期の視点で日経平均が上げと思われる時しか変えません(個人的偏見)
これから18000円や19000円に行くとの見方もあるし、年越したあたりで落ちるとの見方もあります。
前者なら変えますが、後者なら変えません。(ここは自分のポリシーで決めるものです)
スパンを長く取る性質上、購入するタイミングが絞られてしまいます。
2)リスクは低い代わりに、投資効率は短期に比べ劣ります。ちまたの奥様の「一月で○万円儲かっちゃった」報道は長期では無理です。

<長期株の買い方(私の偏見)>
素人の長期投資が一番強いのは下げから上げに転じる所です。
株価って加速が付くので、コーナを曲がれずに膨らむ車のように曲がり角では「上がりすぎ」「下がりすぎ」が発生します。下がりすぎでは「えっこんなに安くて買えるの?」というくらいになります。素人はまず倒産しない会社を「いつかはこの株価いじょうになるよね」との視点で変えますが、投資家は投資効率や資金の回転を考えて手が出せません。
数年前ならトヨタが2700円台、モスフードが880円とかでありました。こういうものを買って、上がるのを気長に待つのが醍醐味です。

<おまけ>
上げどまりは読めませんが、下げ止まりって案外読みやすいです。株って企業の通信簿ですから企業業績が下げから横ばいになっても株価がまだ下がっているあたりから動くと良いです。ポイントは一社で見ずにある程度固まった業界単位で見ることです。

ある程度安定した企業株を長期保有することについて
<メリット>
1)資産として捉えることができ、分散投資としての組み込みができる。
2)比較的な変動が緩やかでリスクコントロールがしやすい。
3)大局的な変化をつかめばよく、プロアマの情報差が少ない。→短期は公表された情報で動いていては遅い場合も多々ありますが、長期ならニュースや新聞etcの情報から判断しても利益がとれます。
4)ボトムアップ情報ならば消費者がプロに勝る時があります。
 ・外食の○○って最近美味しくなったね
 ・最近△△...続きを読む

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q会社が合併すると株価は一般的にどうなるんですか?株主は?

ある人に聞かれたのですが、「会社が合併すると株価は一般的にどうなる」んですか?
また、合併によって株主の損得は?

例えば、A社とB社が合併するとして 合併前、A社の株が5000円、B社の株が1000円としたら。。。
A社の株をもともと持っていたCさん、B社の株をもともと持っていたDさんのどちらが得になるのでしょうか?

株のことは、ド素人ですみません。ご親切な方教えて下さい。

Aベストアンサー

>>「会社が合併すると株価は一般的にどうなる」
合併=株価が上がると言った単純はなしではありません。
合併によるメリットがあると市場が認めれば株価が上がりますが
逆にメリットがない場合は下がります。普通はメリットがあるので
大抵の場合は上がります。

株主の損得は上述の通りメリットのある合併は得と言う事です。

株価の違いはどうするかですが、簡単に言うと両者の資産を精査して
一株当たりの価値を求め合併比率を決めます。
即ち、>>A社の株が5000円、B社の株が1000円
と算出されれば、B社5株に対してA社株1株を割り当てるとします。
(B社が存続会社の場合は逆にA社株1株に対してB社5株を割り当てとなります)
A社が存続会社となった場合は、5千円前後の株価で引き継がれて行く事になります。

B社株を千株しか持たない人は、合併により200株しか手に入れられず
端株となった場合は精算価格で現金が払い込まれる場合もあります。
合併後の初日はご祝儀相場で一時的にも値上がりする場合が多いので
端株を現金で精算されるとご祝儀相場の恩恵には預かれません。

>>「会社が合併すると株価は一般的にどうなる」
合併=株価が上がると言った単純はなしではありません。
合併によるメリットがあると市場が認めれば株価が上がりますが
逆にメリットがない場合は下がります。普通はメリットがあるので
大抵の場合は上がります。

株主の損得は上述の通りメリットのある合併は得と言う事です。

株価の違いはどうするかですが、簡単に言うと両者の資産を精査して
一株当たりの価値を求め合併比率を決めます。
即ち、>>A社の株が5000円、B社の株が1000円
と算出されれば...続きを読む

Q新株発行は株が上がる?

初心者です。

業績好調の会社が新株を発行した場合、株は上がるのが通常でしょうか?
新株を発行した会社の株は、一般的に考えて買い、ですか?

Aベストアンサー

単純に、冷静に考えれば分かる事です。

例えば、
日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。

バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。
通常であれば警戒感が高まります。
不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。

では、10割増やしましょう。
需要と供給のバランスは崩れ、
帝国は足元から崩壊します。

つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。

景気が良いならば、
人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が集まります。

不景気であれば、私の株は大丈夫なの?
と、不安を抱きます。
(量によっては逃げ出します)

また、株式の分割とは違う事も認識すべきです。

業績好調ならば、資本をわざわざいじる必要も無く、
もっと、新製品、マーケット獲得の方に頭を回せないのか?

この業績で満足しているのか?
この新たな資本をどう使うのか?
これでどのぐらいの増益を見込んでいるのか?

これが株主の本音だと思います。

>一般的に考えて買い、ですか?
ケースバイケースです。
これは企業によります。

株主の資金で仕入れて儲けるならば株主も納得するでしょうが、
これで店舗をいくつもこさえられたら困ります。
^_^;
新たな資金の使い方にもよります。

単純に、冷静に考えれば分かる事です。

例えば、
日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。

バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。
通常であれば警戒感が高まります。
不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。

では、10割増やしましょう。
需要と供給のバランスは崩れ、
帝国は足元から崩壊します。

つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。

景気が良いならば、
人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が...続きを読む

Q株初心者が1000万円を一つの銘柄に購入することについて

ここ2カ月ほど、準備をしてきました。
投資信託などもいろいろ検討しました。
結果、ある銘柄だけに絞って 株を買おうと思っています

銘柄は三菱UFJフィナンシャル・グループ 【東証1部:8306】です。
この銘柄が下記の条件になったら買います

(1)株価が100万円を切った時
(2)9/26までに上記金額になった時

です。

なぜこの銘柄か?

(1)割安である
年初来高値:1,550,000(2007年1月15日)、年初来安値:1,000,000(2007年9月13日)
(2)トヨタの次の時価総額なので、まず潰れる類の心配がない
(3)長期投資である 多少下がったところで、気にしない
(4)配当が9月末にでる
(5)10/1から 分割される 
http://www.mufg.jp/data/current/pressrelease-20070628-001.pdf
(6)銀行株全体が安くなっているが、安定感では、ダントツ1番

以上の理由です。分散したほうがいいと初めは思っていましたが、
最近のサブプライムの時は債権も含めてみな下がりました。

マザーズなどの聞いたことのない会社なら、買った日からずっと塩漬けが続いてしまうこともあるでしょうが、東京三菱くらいだと2.3年以内には年初来高値程度の価値になっていてもおかしくないからです
(三菱クラスの会社で、下がりつづけるなら、日本経済自体がかなり 駄目になっているというので諦めもつく)


また、海外のETFなども候補に挙がりましたが、円高を待たないといけませんし、状況も分かりませんし、キリがありません。

まあ最終的な判断は自分でしますが、皆さんは
何かこの方法で問題点はないでしょうか

あると思いますので、ズバリ指摘してください。
条件が整わない限り買わないので、今はどんな事をいわれても参考になります。

ここ2カ月ほど、準備をしてきました。
投資信託などもいろいろ検討しました。
結果、ある銘柄だけに絞って 株を買おうと思っています

銘柄は三菱UFJフィナンシャル・グループ 【東証1部:8306】です。
この銘柄が下記の条件になったら買います

(1)株価が100万円を切った時
(2)9/26までに上記金額になった時

です。

なぜこの銘柄か?

(1)割安である
年初来高値:1,550,000(2007年1月15日)、年初来安値:1,000,000(2007年9月13日)
(2)トヨタの次の時価総額なので...続きを読む

Aベストアンサー

UFJよりスズキ、新日鉄、住金のがこれから海外で伸びると思いますが
1千万を一銘柄はリスクが大きい。

Q医療費控除と生命保険と確定申告

去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが
生命保険が降りて、少しプラスになりました。
去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
ですが・・・他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
貰えるものは貰いたいと思うのですが
生命保険は、個人でかけてる事だしと思いまして・・・
すいません、わからないので、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったということは、
その他の費用が、15万円ということです。
この15万円は、医療費控除の申告ができます。
(もちろん、申告が認められる内容ならば、という条件付きです)

(Q)医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
(A)15万円(上の計算)-10万円=5万円。
所得税率が10%ならば、5000円が戻ってきます。

(Q)他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
(A)生命保険の入院給付金などは非課税なので、
申告したら、不足分を指摘されて、追加の税金を取られる
ということはありません。

(Q)税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
(A)税務署が保険会社に問い合わせをすれば、すぐに答えてくれます。
毎年の生命保険料控除を申請していれば、税務署は
どこの生命保険会社と契約しているのか、すぐにわかります。

ついでに言えば、死亡保険金・解約払戻金・満期保険金などは、
100万円を超えると、保険会社は税務署に支払調書の提出義務が
生じます。(法律で、提出義務が決められている)
なので、このようなお金は、税務署は何もしなくても、把握できる。
このような面では、保険会社と税務署は、仲良しと思って良いです。

(Q)こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
(A)上記の通り、
85万円の入院費用に対して、それ以上の給付金が出ているならば、
この分は申告できません。
総額100万円-85万円(入院費)=15万円
について、保険会社からの給付がないのならば、
この15万円については、医療費控除の申請を出せます。
計算は、上記の通り。

ついでですが、
「税務署には、どうしてわかるのですか?」
という発想をしないでください。
税務署には、すべてわかると考えた方が良い。
日本の税務は、納税者の申告制です。
つまり、税務署は、納税者が正しく申告するということを前提にして
仕事をしています。
だから、正しくないことをしたときは、厳しいです。

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報