メタン発酵の実験において、文献などでは、アンモニア態窒素が発酵阻害の原因となるとの記述があります。また、アンモニア態窒素(アンモニウムイオン)よりも遊離アンモニア(NH3)の方がその影響力があると外国の文献などに見られます。
アンモニウムイオンと、アンモニアを区別して測定でき廉価な測定装置はありますか?
アンモニア態窒素については、イオンクロマトでカチオンの中のひとつとして測定してますが、アンモニアを測定するにはどうしたら良いか?素人の質問で申し訳ありませんが、よろしくです。また、その発酵阻害への影響力についても言及くださると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もイオンクロマトでアンモニア態窒素を測定しています。


私の場合、溶離液にメタンスルホン酸を使っており、サンプル中のアンモニアは全て強制的に電離されるので、
実際にはアンモニウム(NH4+)と遊離アンモニア(NH3)の合計を測定していることになります。

溶液中の遊離アンモニアの割合はpHと温度によって決定されるため、
アンモニウム(NH4+)と遊離アンモニア(NH3)の合計値、pH、温度がわかっていれば、
遊離アンモニア濃度は計算できます。

計算式があるようなのですが、面倒なので私はいつも自動計算してくれる下記のサイトを利用しています。

http://www.petgoldfish.net/ammonia-calculator.html

参考URL:http://www.petgoldfish.net/ammonia-calculator.html
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、「アンモニア測定」に関してはネットで検索されたい、島津製作所等の測定機器会社のカタログ等を参考にされてはどうでしょうか・・・?



たまたま今、「生ごみの高温メタン発酵」について少し調べているのですが・・・・。
この関連でしたら、鹿島の「メタクレス」に関する論文が参考になるかもしれません・・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンモニア態窒素と硝酸態窒素

初めて質問します!
土壌中のアンモニア態窒素と硝酸態窒素の標準量はどれくらいなんでしょうか?
また、アンモニア態窒素から硝酸態窒素への反応式を教えてください。
その他アンモニア態窒素と硝酸態窒素についてなにか分かることがありましたらなんでもいいので教えてください。
どうか回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「3)亜酸化窒素」
この中で参照文献(12)に記載があるかもしれませんね?

さらに、
◎http://www.cryo.affrc.go.jp/pub/tnitta/seminar.html
(生産環境整備部会第28回セミナー報告)

成書を探した方が早いかもしれません?
======================================
土壌生化学/仁王以智夫/朝倉書店/1994.11 
土壌圏と大気圏/陽捷行/朝倉書店/1994.5 
微量元素・化学物質と農業生態系/農林水産省農業環境技…/農林水産省農業環境技…/1990.3 
土といのち/中嶋常允/地湧社/1987.11 
土壌有機物の化学/熊田恭一/学会出版センター/1981.12 
土壌の化学/G.H.Bolt,M…[他]/学会出版センター/1980.10 
=======================================
ご参考まで。

参考URL:http://riss.narc.affrc.go.jp/envcons/161-164.html

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「3)亜酸化窒素」
この中で参照文献(12)に記載があるかもしれませんね?

さらに、
◎http://www.cryo.affrc.go.jp/pub/tnitta/seminar.html
(生産環境整備部会第28回セミナー報告)

成書を探した方が早いかもしれません?
======================================
土壌生化学/仁王以智夫/朝倉書店/1994.11 
土壌圏と大気圏/陽捷行/朝倉書店/1994.5 
微量元素・化学物質と農業生態系/農...続きを読む

Qアンモニウムイオンから亜硝酸イオン、そして硝酸イオンへの反応をストップするためには?

河川水などをサンプリングした後に、アンモニウムイオンから亜硝酸イオン、そして硝酸イオンへの反応をストップするためにはどうすればいいのですか?ニトロソモナスやニトロバクターを殺して?しまえば反応は化学的には起こらないのでしょうか?その場合、どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?アジ化ナトリウムでしょうか?基本的な質問で申し訳ありません。教えてください。

Aベストアンサー

> どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?

日本工業規格の工業排水試験方法(JISK0102)によれば、試験液を
保存する場合、
 ◎アンモニウムイオン・有機態窒素・全窒素の測定用:
  塩酸又は硫酸を加えてpH2~3に調整
 ◎亜硝酸イオン・硝酸イオンの測定用:
  試料1Lにつきクロロホルム約5mlを添加
した上で、0~10℃の暗所に保存、とされています。
(短日数の場合は上記処理なしでの0~10℃での暗所保存も可)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=3674
(「規格の閲覧」のところのpdfファイルへのリンクで、内容を確認できます。
 4頁目の「3.3 試料の保存処理」のところ(窒素関連は4~5頁目))

採水地点から実験室までの移動の間にも確かに窒素の存在形態は
変化すると思いますが、微生物による消費は、溶存酸素測定における
「大気中への放出の影響」(→その場で酸素固定を行う必要がある)ほど
クリティカルではない、ということではないでしょうか。
(室温程度でのアンモニウムイオン等の半減期の大まかな値がわかれば
 よかったのですが、ちょっと見つからず・・・(汗):
 試料内の微生物種などによって大幅に変化するかもしれませんが)

どうしても気になるようでしたら、実験室に持ち込んでからの各窒素の
経時変化を一度追ってみるのもいいかもしれません。
(1時間、2時間、4時間、8時間、24時間、で測定して、大まかに
 半減期を出してみる、と:
 上記の通り、比較的変化が小さいと思われることから、ある程度
 加温した条件のサンプルも必要かもしれません(汗))

> どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?

日本工業規格の工業排水試験方法(JISK0102)によれば、試験液を
保存する場合、
 ◎アンモニウムイオン・有機態窒素・全窒素の測定用:
  塩酸又は硫酸を加えてpH2~3に調整
 ◎亜硝酸イオン・硝酸イオンの測定用:
  試料1Lにつきクロロホルム約5mlを添加
した上で、0~10℃の暗所に保存、とされています。
(短日数の場合は上記処理なしでの0~10℃での暗所保存も可)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=3674
(「規格の閲覧」の...続きを読む

Q溶存有機態窒素とは?

海の環境のことを勉強しています。
海水の分析項目でアンモニア態窒素などがあり、
NH4+NO2+NO3=DIN
DIN+DON=DTN
という関係が成り立つと思います。
ここで出てくるDON(溶存有機態窒素)とは一体どのような物質なのでしょうか?
DINは生物等の排泄物などという記述は目にしたのですが、
DONについて書かれているものが見当たりません。
DONは海水中でどのような形(生物の死骸?)で存在するのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

比較的一般的なところで、アミノ酸や蛋白質(「溶存」なので、水溶性のもの、たとえば
卵白アルブミン(の分解物)などに限られると思います)、尿素といったところのようです。
(尿素はどちらなのかとも思いましたが、そのものは有機態に分類されていました)

http://www.keihin.ktr.mlit.go.jp/whole/word/suishitsu/item06/yuktisso.htm
http://www.yodogawa.org/hp/yougo/yougo.html
(→「全窒素(T-N)」の項を参照)
http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/River/Quality/H14/Guide/index.html
(→「7. 総窒素【T-N】」の項を参照)


由来としては、仰るとおり生物の死骸(→もちろん動物に限らず、海藻や微生物なども
含めて)によるものが最も大きいと思います。

Q池のアンモニアと亜硝酸の窒素量の比較

こんばんは。
一概に答えのない質問だと思いますので、考えを聞かせてください。
ある池の水質を調べたのですが、アンモニア性の窒素量が亜硝酸性の窒素量の100倍近くありました。このことから何が言えるでしょうか?

個人的には、
・池の絶対的なアンモニア量が多い
・アンモニア→亜硝酸→硝酸と変換を行う細菌が少ない
などを考えましたが、そもそもアンモニア≫亜硝酸は普通なことなのでしょうか? 

Aベストアンサー

>アンモニア→亜硝酸→硝酸と変換を行う細菌が少ない
この反応は、普通の酸化反応です。したがって、池の水に酸素がない、死滅したような池なら話はべつですが、水中の溶存酸素(DO)によって、この酸化反応は進むので、何ら違和感は感じません。

 ただ、普通の池で、100倍近くなのか、何倍くらいなのは知りません。10倍なら、アンモニアが多いのか、酸化反応がすすんでいないのでDOが少ない、などが推定されます。最終生産物の硝酸についても、濃度を考慮する必要があるかも。

Q可給態リン測定(トリオーグ法)

可給態リン測定(トリオーグ法)

大学の実験で可給態リンの測定をしなくてはならないのですがやり方がいまいちわかりません。
どなたか測定方法を分かりやすく説明してくれている本やHPなどがありましたら、教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「土壌標準分析・測定法 POD版」と「土壌、水質及び植物体分析法」という本を使っています。

どちらも、そんなに高い本じゃないから、これからも土壌の実験をするなら買っておいて損はないと思います。

あえてあげるなら、「土壌標準分析・測定法 POD版」のほうが詳しいかな。あまぞんでも買えるよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報