電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

【至急】16歳の猫が毒をなめて肝臓のGPTが770まで上がり全く食べられず点滴治療しました。そして10日目急に好転し逸脱酵素(?)により数値がストーンと落ちる日にストレスを与えチャンスを逃がしました。今もう10日間点滴のみで生きています。今少しずつGPTは下がってますがもうゆっくりの治療も出来ません。衰弱死が待つ状態です。治療により一旦は吐き気・嘔吐も治まり食欲も出てきてやっと水もなめ始めていたのに、逸脱酵素と言う現象を知らなかったので、その前の日までヨタヨタしてほとんど寝てた子が急に朝から元気で戸惑ってしまい、その日の夕方いつもは通院なのに初めて往診点滴にして貰ったら、病院と違いテリトリーの家に来られた事ですごい怒って興奮して逃げ回り、明らかにストーンと数値が落ちる日の状態だったのに、そのストレスで急下降を逃しました。急に元気になる事があるって話は昨日初めて聞いて、それを言ってくれてれば安心して通院点滴したのにととても悔やんでます。今は再び嘔吐(何も出ませんが)があります。まだ今は一日一回程度ですが増えて行くかも知れません。点滴は一日、維持水と生理食塩水と電解質計算して量を見たカリウム・ミノファーゲン・ビタミンを300CC打って頂いてます。点滴の中に入れる薬や注射でとか肝臓機能障害の嘔吐の治まる薬などご存知ないですか?またこうやって同じ様な危機を乗り切ったと言う治療症例は無いですか?嘔吐なしで食べなければもう生きる道はありません。でも諦め切れません。どうかご存知の方教えて下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

通っている病院でも入院は可能でしたでしょ。


急に元気になるのではなくテリトリー内では具合が悪くても行動を起こしやすいというだけのことです。
確かに猫にストレスは天敵です。しかし状況によっては環境を変える、入院させることも必要です。
環境の変化により食べることに繋がるケースもあります。
しかし現在の病院を信じて良いものかどうか・・・
γーGTPの数値と症状から、即入院を勧めてもよさそうなものなのに。
セカンドオピニオンを求めても良いでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答・アドバイスありがとうございます。ストレスを考えてか入院の話は出ませんでした。今は数値がどのくらい下がっているか(休下降はもう無いと言う話でしたが)、毒をなめてGPT数値が770まで行ってから11日経っているけどまだ肝臓が再生可能なのか?と点滴だけではもう後20日間ぐらいの命ですからと言われたのが本当に衰弱死を待つしかないのか、他の治療はないのかをとても知りたいです。年末年始がネックになり他の病院に問い合わせも出来ずここに書き込みました。とにかく嘔吐を何とかしてやりたい、諦めたくありません。年始明け平日診療を待って他病院に問い合わせしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/02 08:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング