ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

沢尻エリカのファンではないのですが、結婚相手の高城剛のブログに
108 Destinations
という言葉がありました。
Destinationは目的地や目標、目指す所だと思いますが、
108という数字とともに使われる慣習があるのでしょうか?
煩悩の数のように英語圏でも108という数字が何か重要な意味があるのでしょうか?
本のタイトルでも「Sacred Places: 108 Destinations」のようなものがありましたが。
急いでいませんので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・単に旅行に108回入ったら、108箇所目的地(destinations)があるだけだとおもいます。

(同じところでもあらためて数えれば)。ただ、日本人である高城さんが108に何か思い入れがあるかどうかは知りませんが。

・なお、日本では仏教に関して108が特別な数ですが、もともとインドでヒンズー教で「聖なる数」なようです。そこで、ヨガなどを通して西洋でもそういう見方をする人たちがいるかと思います。ですから「英語圏では」というよりは、東洋的な考えを「英語圏、仏語圏。。。」の人たちが取り入れているということはあるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング