プレゼン用の資料作成中、英語への翻訳をしていて息詰まってしまいました。
「できるところから一日でも早く対応」を上手く
訳せません。

あるプロジェクトの最終的な大目標が掲げられており、それを達成するためのターゲットは2年も先でとても目標です。

そこで目標達成の課題の一つとして挙げられたのが
その1行です。
私はちなみに
「Work on possible parts ASAP」と訳してみました。
でもなんだか全然しっくりきません。

どなたか決まった言い回しをご存知な方いらしたら
大変助かります。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

もうひとつどうぞ。



Make a quick start on every possible task(assignment).
    • good
    • 1

ごめんなさい。



>Make a quick start on every possible task(assignment).

は取り消します。
代わりにこちらをどうぞ。

Be always quick at saving the situation. 
    • good
    • 0

発想を変えてこんなのもありでしょうか?



Do now what we can do.

「できるところから一日でも早く対応」という原文のニュアンスが消えてしまいますが、
なんだかやや消極的な表現のようにも感じられたので、積極的に「今やるぞ!」
って感じをこめてみました。
「できるところから」が消極的に思えますので、「早く」を強調する表現にすることが
一番よいのではないかと思いましたが、どうでしょうか?

ちなみに上記表現は

Don’t put off until tomorrow what you can do today.

のパクリです。
    • good
    • 0

日本で英語を学習している者です。



Cope with any occasions immediately.

「対応」を「対処」に、「できるところから」を「どんな場合にも」と変えて訳してみました。
一応「対応しよう」という命令形にしてみましたが、「対応すること」であれば cope の前に to を付ければいいと思います。
    • good
    • 0

ニュージーランドの大学に勤務する者です。

簡単なようで少し難しい英訳ですね。以下のように訳してみましたが、いかがでしょうか。

 Start any of the following actions immediately.

直訳は「次のアクションのうち、どれでも良いから至急着手すること」という意味になります。これに続けて、アクションすべき項目を列挙することになります。また、もし一連のアクションについて述べたあとに、「以上のアクションのうち、可能なものから着手せよ」という順番で言うのであれば、following のかわりに above-mentioned という言葉が入るでしょう。

日本語ですと「なんでもできることから早く」というわけで、そのまま英文でも上の文の最後に

 whenever (it is) possible
 可能な限りいつでも

のように入れたくなるのですが、そうするとあまり英語らしくなくなるように思えます。「可能な限りいつでも」というのは、可能だからこそアクションするわけですから、言わなくとも自明のことなので、本文中の immediately だけで十分なように感じます。

以上、私なりの英訳でお答えさせていただきました。他の方のご意見も参考にしていただければ幸いです。お役に立てれば嬉しいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[英語]目標達成の近道をアドバイス下さい

ここ最近、英語の学習を始めたものです。
英検4級程度の実力と思って下さい。

車で20分位の所にNOVAがあり、通うかどうか迷っています。
特に英会話がやりたいわけではなく以下の事を目標としています。

・ペーパーバックを辞書無しで読める様になる
・英語のインターネットのページを辞書無しで理解できる様になる
・英語の新聞が読める様になる
・Eメールで外国人の方と英語でやりとりが出来る様になる

現在は中学英語の復習から始めています。
上の目標を達成したいのですが、NOVAに通う事によって目標達成の近道になるでしょうか?
それともこのまま、中学英語、高校英語を復習した方が良いでしょうか?

よろしければアドバイスなどをお願い致します。

Aベストアンサー

英語の文を読む勉強ということですね。
基本から学ぶリーディングの本があります。URLを参考にしてみてください。リーディングの本は市立図書館などにもあるかもしれません。

英会話学校は、英語を聞いて話して慣れるのが中心というところが多いですからよく考えるといいですね。
NHKラジオの基礎英語なんかも安くてよいかもしれません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4327451371/250-3473474-5591407

Q訳がしっくりこない・・・

Please give credit if usedの訳って
「使用されるなら、信じてください。」であってると思いますか?
翻訳機通したんですが、自信ないです…補足願います。。

Aベストアンサー

著作権に関わる表記ではないでしょうか?

恐らく、「利用される際は、クレジット(出典)を表記してください」
という意味だと思います。

この文章が書いてある状況を説明していただければ、もう少しぴったりした
和訳があるかもしれませんが・・・。

Qミーハーという言葉にしっくりくる英語訳は?

わたしはミーハーという言葉を“自分の好きな事に対し熱狂的にキャーキャーいうこと”だと理解し、そのようにアメリカ人に伝えたいのですが、なかなか理解してもらえません。
もし、いいアイデアがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「熱狂的」という意味を表す英語にenthusiasticという単語があり、それを使うと良いのではないかと思います。
enthusiastic:熱狂的な、(・・・に)熱狂的な、乗り気になっている{about、over、for、at}
という風に、私が持っている辞書に載っています。
例えばI am enthusiastic about comic books.等という風に使えると思います。
参考にしてみて下さい。

Q正式文書等で、よく出てくる”本件”の訳ですが、なぜかしっくりいきません

正式文書等で、よく出てくる”本件”の訳ですが、なぜかしっくりいきません。
例えば、”以下、本件コンビニという”の英文ですが、”(hereinafter referred to as “ the convenient store in this case”) にすると、むしろ、長い英語になってしまいます。
単に(hereinafter referred to as “ This convenient store ”) では、間違いでしょうか?
いろいろ、ネットで探してみると、何もつけず、ただ、(hereinafter referred to as “ the convenient store”) としているみたいですが、、、

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

この場合、私でしたら “the Store” です。

“the” で特定のコンビニを意味します。
“Store” と言った具合に頭文字を大文字にして、普通の store と区別します。

hereinafter または hereafter(最近はそんな法律用語を省いて、もっと簡単に (“the Store”) とします)の目的は長ったらしい名前を短縮して契約書を読み易くする為ですよね。だから、契約書を交わす当事者が分かりさえすれば良いのです。よって ”the Store” で十分です。

文例:... the convenience store located at xxx yyy zzz ("the Store") ...

ご参考までに、他の言葉も書いておきます。
本契約書:the Agreement
本サービス:the Service
本商品:the Product
有効日:the Effective Date
甲乙:甲乙の代わりに、英語では会社の名前を短縮(例:XYZ International Corporation => XYZ とか XIC など)したり、the Company、the Supplier、the Client、the Agent などに置き換えます。

ところで、コンビニは ”convenient store” ではなくて “convenience store” です。

あと、私は法律家ではありません。仕事上色々な契約書を読んだり、自分で書いたりするので慣れているだけですので、ご了承下さい。

この場合、私でしたら “the Store” です。

“the” で特定のコンビニを意味します。
“Store” と言った具合に頭文字を大文字にして、普通の store と区別します。

hereinafter または hereafter(最近はそんな法律用語を省いて、もっと簡単に (“the Store”) とします)の目的は長ったらしい名前を短縮して契約書を読み易くする為ですよね。だから、契約書を交わす当事者が分かりさえすれば良いのです。よって ”the Store” で十分です。

文例:... the convenience store located at xxx yyy zzz ("the Store") ......続きを読む

Q"work"と"work out"について

英文を読んだり、映画を見たりしていると、
"うまくいく"というのを"work"や"work out"という言葉で表現しているのをよく見かけますが、この二つの使い分けがよくわかりません。
更に"work out fine"なんて表現を見かけたりもします。
なんとなく、話し手の気分的なもので使い分けているようにも思えるのですが、明確な使い分けがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。4/28のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

ご質問1:
<明確な使い分けがあるのでしょうか>

文字通り、outのあるなしの違いです。

1.このoutは「徹底して」「最後まで」「~し果たして」という意味の副詞です。副詞として動詞を修飾しています。

2.Workは自動詞では「進む」「動く」といった意味があります。それが、wellなどの副詞と共に使われると、「うまくいく」などという意味で使われます。

3.これが、副詞outと共に使われると、「やり抜く」「なんとかやり通す」「最後までやる」「徹底的にする」といった意味で使われます。


ご質問2:
<"work out fine"なんて表現を見かけたりもします。>

1.これは
It works fine.
=It works well.
という意味で使われています。

2.つまり、ここで使われているfineはwellに相当する副詞で、「よく」「うまく」という意味になります。

3.これに上記の副詞outが加わって
「立派にやりぬく」「うまくやり抜ける」
などと、文脈に応じてoutの意味が添えられます。

以上ご参考までに。

こんにちは。4/28のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

ご質問1:
<明確な使い分けがあるのでしょうか>

文字通り、outのあるなしの違いです。

1.このoutは「徹底して」「最後まで」「~し果たして」という意味の副詞です。副詞として動詞を修飾しています。

2.Workは自動詞では「進む」「動く」といった意味があります。それが、wellなどの副詞と共に使われると、「うまくいく」などという意味で使われます。

3.これが、副詞outと共に使われると、「やり抜く」「なんとかや...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報