ビジネス文書の書き方で悩んでいます。
書面、メールでお客様に文書を書く場合、敬称をひらがなの「さま」と「様」と二通り書かれる方がいますが、意味や用法が違うのでしょうか?
私はビジネス文書なので、「様」が正しいと思うのですが、「さま」を書く人に聞くとやわらかく受け取ってもらえるだろうということで「さま」を使用しているようです。

是非とも正しい使い方を教えて下さい。
紹介されているサイトとかもあれば教えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「様(ヨウ)」という漢字は、意味として「ありさま、かたち、すがた」という意味です。



 日本語の「さま」には名詞として「ようす、ふう」という意味と、代名詞としての「あなた(いとおしい方の意)」があります。

 様を名詞としての「さま」と訓じるのは、漢字「様(ヨウ)」の字義には沿っています。そこから、発音が同じであるために代名詞としての「さま」にも様が使われるようになったのでしょう。
 ですから「様」という漢字自体には本来は、敬意、敬称という意味は本来含まれていないので、○○様という使い方は当て字です。

 なお、共同通信社『記者ハンドブック 新聞用字用語集』第11版では、同社の記事では様(さま)を用いるのは王様・神様・観音様・殿様・仏様のように「漢字で書く習慣が強い敬称」に対してで、お客さま・奥さま・おひなさま・午前さま・皆さまなどは「なるべく平仮名書き」にされます。
 また、皇后さま・皇太子さまなど皇族への敬称も平仮名で表記するように指針が示されています。




に後者の意味を持って用いるようになった。つまり、様という字を敬称として用いるのは、本来の字義からすれば外れた使い方ですが、同じ発音であるから一般化したのでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2009/02/18 14:53

こんばんは。

東日本のあちこちで住んだことがあるおっさんです。

私は小学生の頃から社会人になるまで、ずっと、宛名の敬称は漢字で「様」と書くべきものと思っていました。
そんな私が、仕事関係の社内メールで、私の名前の後ろに、ひらがなの「さま」が書かれているのを見て、‘衝撃’を受けたことがあります・・・
・・・やや大げさな表現ですが、初めて見たので、かなり驚いたのは確かです。
わずか3~4年前のことです。

その後、冠婚葬祭やイベントへの誘いの書状の冒頭に、「皆さま」と書かれているものを何度か目にしています。
もしかしたら、ここ10年ぐらいの間に、「さま」と書く人が増えてきた(流行ってきた?)のかもしれません。

ちなみに、
下記は宮内庁の公式サイトですが、皇族のお名前の後ろには、ひらがなの「さま」が使われています。
http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaike …


>>>是非とも正しい使い方を教えて下さい。

皇族については、「さま」が正しい(?)のでしょうね。
そのほかの場合は、どちらか一方だけが正解ということはないのでしょうけど、
・郵便物や宅急便の宛名: 様  (と書く人が圧倒的に多い)
・仕事関係: 様  (と書く人が圧倒的に多い)
・親しみを表す場合: さま
のような感じだと思います。


以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2009/02/18 14:47

私も最近はメールで「さま」をよく使うようになりました。

確かに「様」より「さま」のほうがやわらかくて、かしこまった感じがしないですね。おそらく、これは「さん」だとくだけすぎるから「さま」を使うようになったのでしょう。
しかし、ビジネス文書では「さま」は適当ではありません。「様」を使用すべきでしょう。手紙文の書き方を見ても「さま」を使った例はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/18 14:45

正式には「様」になります。

どちらでも書き手の自由でありまちがいではありませんが・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/18 14:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「お客さま」と「お客様」の違い?

日常のなかで目にする「お客さま」という単語。多くが「お客様」ではなく「お客さま」になっているような気がします。「お客様」と「お客さま」、なにか違いがあるのでしょうか?私の思い過ごしでしょうか?
ちなみに、「子供」ではなく「子ども」と表記することが多いのは、「供」には「野郎供」などに見られるように、従順関係の意味があるためと聞いたことがあります。

Aベストアンサー

共同通信社『記者ハンドブック 新聞用字用語集』第11版では、同社の記事では様(さま)を用いるのは王様・神様・観音様・殿様・仏様のように「漢字で書く習慣が強い敬称」に対してで、お客さま・奥さま・おひなさま・午前さま・皆さまなどは「なるべく平仮名書き」にされます。
 また、皇后さま・皇太子さまなど皇族への敬称も平仮名です。

 もともと「様(ヨウ)」という漢字は、意味として「ありさま、かたち、すがた」であり、他者への敬意、敬称という意味はありません。
 日本語の「さま」には名詞として「ようす、ふう」という意味と、代名詞としての「あなた(いとおしい方の意)」があります。
 様(ヨウ)の字義に沿った、前者の意味を持って様を「さま」と訓じていたのが、発音が同じ事から様に後者の意味を持って用いるようになった。つまり、様という字を敬称として用いるのは、本来の字義からすれば外れた使い方ですが、同じ発音であるから一般化したのでしょう。
 ですので敬称として「さま」を用いる場合は、仮名表記の方が漢字よりもふさわしいかもしれません。

参考
『大漢語林』大修館書店
『古語辞典』三省堂

共同通信社『記者ハンドブック 新聞用字用語集』第11版では、同社の記事では様(さま)を用いるのは王様・神様・観音様・殿様・仏様のように「漢字で書く習慣が強い敬称」に対してで、お客さま・奥さま・おひなさま・午前さま・皆さまなどは「なるべく平仮名書き」にされます。
 また、皇后さま・皇太子さまなど皇族への敬称も平仮名です。

 もともと「様(ヨウ)」という漢字は、意味として「ありさま、かたち、すがた」であり、他者への敬意、敬称という意味はありません。
 日本語の「さま」には名詞...続きを読む

Q『殿』『様』の使い方

宛名書きする際、名前の下には敬称を付けますよね。

『殿』『様』を付けるとは思うですが、この2つの使い分けというのは

原則的に使い方が決まっているのでしょうか?恥ずかしながらわからないので

ご存知の方、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的には、「殿」は目下の人に対して使うものであり目上の人には失礼、「様」は目上の人にも使える、という認識がされていると思います。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/special/kurasi/kurasi0913.htm
こちらの記述など。

http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=119
こちらには、また別の解釈があるようですが。

使い分けというより、とりあえず「様」を使っておけば問題ないのではないでしょうか。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q敬称はどっち?(皇太子様 皇太子さま)

お世話になります。

あるレポートを作成している際、敬称について全然理解していない
自分に気づき、愕然としています。

皇太子さまの敬称は、新聞では「さま」とひらがな表記
されているのでおそらくこれが正しいと思うのですが
「さま」と「様」の使い分けがよくわかりません。

よろしくご指導ください。

Aベストアンサー

皇室関係の敬称は、新聞・放送各社の基準があります。皇室行事や国事行為など改まった場合は正式な敬称、親しみをこめた記事は「さま」というように、記事内容に応じて使い分けています。

以下は時事通信社の皇室用語の要旨です。他の通信社や新聞社・放送事業者も基本的には同様です。

○原則
 皇室典範の規定に基づく敬称が正式。
 天皇・皇后・太皇太后は「陛下」、それ以外の皇族は「殿下」。
○天皇陛下
 正式には「天皇陛下」、「天皇さま」は使用しない。
○皇后陛下
 正式には「皇后陛下」、通常は「皇后さま」。
○天皇、皇后両陛下
 繰り返す場合は「両陛下」、「天皇ご夫妻」は使用しない。
○皇太子殿下
 正式には「皇太子徳仁親王殿下」。
 特別な場合を除き「皇太子殿下」、通常は「皇太子さま」。
○皇太子妃殿下
 改まった場合以外は「皇太子妃雅子さま」、繰り返す場合は「雅子さま」
○皇太子、皇太子妃両殿下
 通常は「皇太子ご夫妻」、「皇太子さまと雅子さま」。
○その他の皇族
 改まった場合は「殿下」。通常は「さま」。

「さま」はすべてかな書きです。民間人は「さん」。
「様」は「ヨン様」など、特殊な使い方だけですね。

ただし、一般世間では文書の宛名は「様」です。
宛名に「さま」を使うのは女性が親しい相手に宛てるようなケースだけでしょう。

皇室関係の敬称は、新聞・放送各社の基準があります。皇室行事や国事行為など改まった場合は正式な敬称、親しみをこめた記事は「さま」というように、記事内容に応じて使い分けています。

以下は時事通信社の皇室用語の要旨です。他の通信社や新聞社・放送事業者も基本的には同様です。

○原則
 皇室典範の規定に基づく敬称が正式。
 天皇・皇后・太皇太后は「陛下」、それ以外の皇族は「殿下」。
○天皇陛下
 正式には「天皇陛下」、「天皇さま」は使用しない。
○皇后陛下
 正式には「皇后陛下」、...続きを読む

Q相手の身分によって「様」の使い分け

相手と自分との身分の差によって、手紙や書類のときの字で
「様」の右下の部分を「永」「次」などに字体を変えると聞いたことがあります。ご存知ならおしえてください。

Aベストアンサー

 目上の人に出す「永」
 対等の人に出す「水:今一般的に使われている様」
 目下の者に出す「次」

 今はもう廃れた文化なので、すべて「様」で良いと思います。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「様」「殿」「さん」等の使い分けについて

よろしくお願いします。

仕事でのメールのやり取りについての質問です。

http://www.nttcom.co.jp/comzine/no015/mail/

を見ますと、あまり必ずそうしなければならない
決まりごとというものは無さそうですが、
実際のところどうなのでしょうか。

皆さんは、どのように使い分けていますか?

 ・私は誰に対しては「様/殿/さん」を使っている・・
 ・文中ではこう使っている・・
 ・社外の人へのメール中で社内の人間の名前を
  出すときはこうだ・・

など、思い当たる使用例を教えて頂けますか。
また、こういったトピックを扱っている
サイトや本がありましたら教えて頂けると
助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

30代会社員男です。
私の場合メールのやりとりでは。

顧客対応はどんなケースであれ「様」。
社内対応は状況に応じて「さん」もしくは「役職名」ですね。

「殿」は目下の人あての呼び名という認識があるので使用することは皆無です。私が客の立場でこの呼び名で来られたら不快に感じるか、マナーを知らない人だと思うでしょう。

社外の人に対し、社内の人間の呼称は勿論呼び捨てですが、それだけでは分かりにくいことも多いので、「役職名」+「苗字」呼び捨てのパターンが最も多いでしょうか。「苗字」+「役職名」ではありません。
「○○部長の山田」と言う感じ。社外に対して自社の者を「山田○○部長」は奇異に映る気がします。

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報