■この場合、「持つ」でしょうか?それとも「もつ」でしょうか?

(A)勇気を持つ
(B)勇気をもつ

私は(B)なのですが、その理由としては、実際に手に持つというような意味合い以外はひらがなで書くようにしているのです。つまり、かばんを持つというような意味合いですね。

勇気の場合は、実際に手に持っているわけではありませんよね。だから、ひらがなで書いてきたのですが、一般的にはどちらが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 あなたの仰るとおりです。

抽象的な意味の場合は,「もつ」を使います。
 下記をご覧ください。

参考URL:http://www.yamanouchi-yri.com/yrihp/techwrt-2-4s …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

できるサイトをご紹介くださりありがとうございました。
これを見る限りでは、平仮名にしたほうがよさそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/29 00:36

勇気を持つ。

希望を持つ。夢を持つ
持つは動詞で漢字の語幹を持っているので、確かで力強い感じがするのです。
漢字の持つの意味は手に持つだけではなく、所有する、心に抱く、身に備わる
負担する、保つ、などの意味があると、辞書にあります。
私は漢字派です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

確かに、辞書には心に抱くなどの意味合いも載っていますよね。
それだけに迷います。ただ、一般的には、「持つ」というのは、かばんを持つという意味合いが強いのかなと思い悩んでいます。もう少し考えたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/29 00:38

「互いに助け合う」ことを「持ちつ持たれつ」とも言いますが、貴方なら必ず「もちつもたれつ」と書くわけですね。



》 一般的にはどちらが正しいのでしょうか?

どちらが間違いとも言えないので、とっちでもOKと思います。
「持つ」に関しては、私は漢字派です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。「もちつもたれつ」と書くかもしれませんね。
どちらでも間違いではないのですね。
少し安心しました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/29 00:35

一般的には、物体を手に持つ場合でも感情を抱く場合でも、どちらも「持つ」と書くか、どちらも「もつ」と書くかです。

一方を「持つ」と書き、他方を「もつ」と書く区別はありません。


他方、「私はこうしなさい」と言う。 りんごという果物、
のように、「言う」と「いう」の区別はあります。
実際に声に出してしゃべる場合は「言う」、そう呼ばれる~ の意味なら「いう」と書かれるのが一般的です。

「もつ」と書くと、鳥・豚・牛などの臓物のことにもなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

持つというのは、確かに抱くというような意味合いもありますから漢字でもいいのですよね。
少し悩むところです。ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/29 00:33

仮名がいいと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり平仮名ですか。
早々のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/29 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

」に関するQ&A: 体中がつる!

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「AとBを持っている」と「AとBとを持っている」

「AとBを持っている」 と 「AとBとを持っている」の正しい使い分け方を教えて下さい。
あるいは、どちらかは間違った日本語なのでしょうか?

Aベストアンサー

 前者は「BをAと持っている」。後者はその可能性はない。
「持っている」ではなく「待っている」ならより明確になるかと。
 後者で加えられた「と」の役割は以上です。

Qひらがなの「へ」にチョンチョン・・・これってどういう意味を持つの?

お世話になります。

なんとも表現のしようがないのですが、よく小学生くらいの子供が異性に手紙などを書くときに相手の名前の後の「~さんへ」「~君へ」の「へ」の文字のてっぺんから右下がりになるナナメ線の部分に「”」に似たチョンチョンを付けますが、この「へ」にチョンチョンにはどういった意味があるのでしょうか。

くだらない質問で恐縮ですが、ヒマな時に回答をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

もうぢき40歳になるオバサンですが、私も使いますよ。
husqvarnaさんは書道はされませんか?
私が幼い頃習っていた書道の先生もされていましたし、書家の友人も使います。
私が知っているのは、#2さんが仰っている
ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」は、形が似ているから、『これはひらがなの「へ」だよという意味』です。
金融機関の人間が数字の「0」の真ん中に、斜めに線を入れるのと似ていると思います。

ちなみに、ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」は、一緒じゃありません。
ワードですら微妙に違いますよ。
変換の第1候補にひらがなの「ヘ」、第2候補に全角カタカナの「ヘ」が来るようにして、変換してみてください。ちゃんと変化しているのがわかりますから。

Q「時間がたつ」の「たつ」は、漢字のほうがいい?ひらがなのほうがいい?

「時間がたつ」の漢字は「経つ」だと思うのですが、漢字字典などで調べても、
「経」の読みに「たつ」とは書かれていません。「経つ」は、常用外の使い方
なんですよね。どうしても私は、常用の使い方ではないと聞くと、あまりよくない、
もっと言えば、間違った日本語、という印象があるのですが……。

1・「時間が経つ」は、日本語に詳しい(厳しい)人や、文章のプロに見せる
作文などに使っても問題ない、正しい日本語(使い方)なのでしょうか?

2・もし「経つ」という漢字を使いたくない場合、ひらがなにするしかないのでしょうか?
他に常用の使い方の漢字はないのでしょうか?

3・みなさんが文章を書くときは、「時間が経つ」と「時間がたつ」どちらにしますか?
また、どちらのほうがいいと思いますか?

Aベストアンサー

私は、小中高校生向けの国語の教材(参考書、試験の類)を作っています。
いわば規範的な国語を遵守する立場で売文を行っているわけです。

いわゆる「文章のプロ」とは、小説家などの”芸術家”のことでしょうか。私の経験および立場からすると、そういった人々は、いわゆる規範的な国語からは随分離れた表記をなさっていますよ。あえてそうするのか、あるいはそうした些事には無頓着なのかわかりませんが。好意的に判断すれば、そのずれっぷりがまあ一つの個性と言えなくもありません。

そういった意味で、あまり人の目を気になさる必要はないかと思います。

もう他の方がおっしゃっているように、常用漢字表は、一つの目安に過ぎません。そもそも私が今書いた「他の方」、この「他」に「ほか」という訓読みを認めていないのが常用漢字表なのです。蛇足ですが、「等」に「など」の訓が認められていないのも不便です。その常用漢字表の前身の当用漢字表音訓表では、しばらくの間(正確な年月日は忘れました。ごめんなさい)、「魚」に「さかな」、「体」に「からだ」の訓を掲げていませんでした。
常用漢字表も、今後改訂されて、新たな音訓や漢字自体が加わるかもしれません。
ですから、常用漢字表に必要以上にこだわる必要はありませんよ。常用漢字表自体、その前書きで「この表は,科学,技術,芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない。」と述べているのですから。下記URL参照。

国の関連機構(国立国語研究所)が出している「新『ことば』シリーズ17言葉の『正しさ』とは何か」という冊子では、Q&A形式で次のように述べています。

「Q 常用漢字表にない漢字を使ってはいけないのでしょうか。
A(前略)常用漢字表は(中略)制限的なものではなく、また個々人の
表記にまで及ぼそうというものではありません。しかしこれは、ふだんの生活の中で常用漢字表を無視してかまわないということではありません。」

つまり、意思伝達の手段である言語を、スムースに阻害されることなく公的(「官」の意味だけではなく、個人を超えるという意味の「公」)に使用する目安、と常用漢字を初めとする諸規則(仮名遣い、送り仮名などに関する諸規則。下記URL参照)はあるのです。
常用漢字表外の字や音訓でも、正しくて意思疎通がはかれる(だれもが理解できる)ものなら、使ってもかまわないでしょう。ただし、常用外を使う場合には、その使用が正しいのか、はたしてそれで他人に通じるのか、と自己責任において判断する必要があります。それは、面倒でしょうが、信頼の置ける辞書や表記に関する資料を手元に置いて、調べることから始まります。

長くなってすみません。やっと本題ですが、「時間の経過」を表す「たつ」を「経つ」と表すのは、正しい用法であり、他の回答者の方々がおっしゃっているように十分に通じる用法ですから、自信をもってお使いになればよいと考えます(多数決が正しいとは限りませんが。今、他サイトで「~の類」の「類」は「たぐい(これは常用外の訓)」以外に「ルイ」と音でも読む、とご回答したのですが、私以外、10人近い人はすべて「ルイ」という読みを間違いだ、と主張していらっしゃいます)。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20070118185323

私は、小中高校生向けの国語の教材(参考書、試験の類)を作っています。
いわば規範的な国語を遵守する立場で売文を行っているわけです。

いわゆる「文章のプロ」とは、小説家などの”芸術家”のことでしょうか。私の経験および立場からすると、そういった人々は、いわゆる規範的な国語からは随分離れた表記をなさっていますよ。あえてそうするのか、あるいはそうした些事には無頓着なのかわかりませんが。好意的に判断すれば、そのずれっぷりがまあ一つの個性と言えなくもありません。

そういった意味で、...続きを読む

Q「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を A、持って行けば  B、持っ

「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を A、持って行けば  B、持って行ったら  C、持って行くなら 一人で歩けますよ。」という練習問題があります。正解はBですが、自分は三つとも使えるような気がします。実際日本人の方々はどう思われますか。「と、ば、たら、なら」とくに「ば」と「たら」はよく代替することができるため、よく弁別しかたに困ります。それらの使い方を詳しく教えていただけますか。ありがとうございます!

Aベストアンサー

「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を A、持って行けば  B、持って行ったら  C、持って行くなら 一人で歩けますよ。」

「と、ば、たら、なら」の違いは難しいですね。
体系的にすべてご説明することは、素人の私には無理ですが、今回の例文の範囲に限って私なりの視点でお答えいたします。

1.
まず、
最も適切なのは A です。
正解をひとつ選ぶとすればこれでしょう。
次が C 。
B は最も不自然で、個人的には間違いと判断します。
以下に、その理由を述べます。

2.
「たら」は、完了・過去の助動詞「た」の仮定形ですが、
これは基本的に『一回性の出来事』に用いることが多い表現です。
「昨日学校へ行ったら休校日だった」「大きな声で歌ったら喉を痛めた」など。
今回の例文の場合、「地図を持って行く→一人で歩ける」は因果関係にあると捉えるべきで、「一回性の内容」とは言えません。
そのため、「B.地図を持って行ったら一人で歩けますよ」は不自然な表現、あるいは間違いになるわけです。

3.
「ば」(接続助詞)は、goo辞書の下記の項目に該当するでしょう。
(1)ある事態・ある条件のもとでは、いつもある事柄の起こる場合の条件を表す。…すると必ず。…するときはいつも。
「当地も、四月中旬になれ―桜が咲きます」
「このボタンを押せ―戸が開きます」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/172830/m1u/%E3%81%B0/
因果関係が最も強い表現で、
「地図を持っていく→殆んど確実に一人で歩けますよ」というニュアンスの文になり、最も自然な日本語になります。

4.
「なら」は、断定の助動詞「だ」の仮定形です。
これは、相手の言動などから得た情報を元にする場合の表現です。
「そんなに眠いなら家に帰りなさい」など。

今回の例文の場合、「C.持って行くなら」が使えるのは、相手が地図をすでに持っていて、それを話者が知っている状況です。たとえば、
a:「地図は一応持っていくつもりですが、北京で迷わないか心配です」
b:「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を持って行くなら一人で歩けますよ。」
という会話。
ただ、設問が意図している状況とは意味が多少違うでしょうから、正解とはしづらい選択肢です。

5.
「と」(接続助詞)は、【必然の仮定条件】とでもいう用法でしょう。
「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を持って行くと一人で歩けますよ。」
という文は一応は成立します。
「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を持って行けば一人で歩けますよ。」
に最も近い表現と言えます。
しかし、【必然の仮定条件】なので、
「地図を持って行くと【必ず】一人で歩けますよ。」
というニュアンスになってしまいます。
強度の方向音痴の人などは一人で歩けるとは限りませんから、これは適切な表現とは言えません。
  

「わたしも去年北京へ行きましたが、地図を A、持って行けば  B、持って行ったら  C、持って行くなら 一人で歩けますよ。」

「と、ば、たら、なら」の違いは難しいですね。
体系的にすべてご説明することは、素人の私には無理ですが、今回の例文の範囲に限って私なりの視点でお答えいたします。

1.
まず、
最も適切なのは A です。
正解をひとつ選ぶとすればこれでしょう。
次が C 。
B は最も不自然で、個人的には間違いと判断します。
以下に、その理由を述べます。

2.
「たら」は、完了・過去の助...続きを読む

Q私は、「手のひらサイズの物を、かばんや財布などに片付ける」ことを「しま

私は、「手のひらサイズの物を、かばんや財布などに片付ける」ことを「しまう」と言います。それが標準語だと思っていたところ、先日知り合いから「それは関西弁だよ」と言われてしまいました。 「しまう」というのは標準語ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。こちら東日本です。
大学や大企業で全国からの出身者と付き合いがありました。

「しまう」がもっとも普通の標準語ですので、お知り合いの方の指摘は誤りです。

「かたす」は「片付ける」の意味で、手元の辞書によりますと、関東と東北の方言とあります。
しかし、東北でも「かたす」と言う人より「片付ける」というほうが普通だと思います。

「なおす」は、岐阜県出身の人が言っていました。初めてそれを聞いたときは「???」でした。ほかの回答者様の情報では、関西でも使うんですね。初めて知りました。


しまう([2]を参照)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%86&enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&dname=0ss

かたす
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%99&stype=1&dtype=0


こちらもご参考にどうぞ。(NHKのサイト)
http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2006/12/1219.html

こんにちは。こちら東日本です。
大学や大企業で全国からの出身者と付き合いがありました。

「しまう」がもっとも普通の標準語ですので、お知り合いの方の指摘は誤りです。

「かたす」は「片付ける」の意味で、手元の辞書によりますと、関東と東北の方言とあります。
しかし、東北でも「かたす」と言う人より「片付ける」というほうが普通だと思います。

「なおす」は、岐阜県出身の人が言っていました。初めてそれを聞いたときは「???」でした。ほかの回答者様の情報では、関西でも使うんですね。初めて知...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報