痔になりやすい生活習慣とは?

多少最高出力を犠牲にしてもいいので、
NAのまま低速トルクを上げるためにはどのような改造をすればいいのでしょうか?

排気量UP以外の方法が知りたいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

エンジンは何なのか、費用は、とか不明で回答範囲が定まりにくいのですが、変速機や車体を除くエンジンのみで一般的な方法として、


1.圧縮比を上げる:上げた後、実走行確認して再度上げる(又は下げる)を繰り返すので費用が掛かります
2.吸排気系を低速側にする:例えば吸気慣性を低速側にし低速で充填効率を上げる、これも実走行繰返しが必要
3.バルブタイミングを低速側に設定する:低速域で充填効率が上がります
4.軽量化:ピストン・ピン・コンロッド・クランク・カムシャフト・ロッカアーム、等は製造上の駄肉があるので削る、製造や加工の時のみ必要な形状も削除する
5.可動部品の研磨鏡面仕上げ:回転抵抗等が減ると共に部品表面の付着油が少なくなり、空気抵抗も減ります
6.燃焼室機械加工:全気筒の圧縮比が揃い、カーボン等の付着が少なく剥がれ易くなります
7.発電機を小型軽量に変える:アイドリングでエアコン~熱線・ヘッドランプまでの電気負荷を同時に掛けるような事をしなければ問題ないです
8.ファンベルト張力を滑る直前まで下げる
9.通風向上:ラジエタグリルを細網状のものにし、フードにエア抜き、アンダカバーにもエア抜き、位置や形状は実走行繰返しで確認、これはトルク上げより下げない効果です
10.プラグ交換:強力な種火ができるプラグに交換、プラグ寿命は短いかも
11.スワール加工:吸気バルブ直前のポート部をツイスト形状に加工(又は薄板取付)し混合気の火炎伝播を速くする、速いとピストンを強く押せるし、ノッキングが起こりにくいので圧縮比を上げられる(抵抗が増え最高出力は落ちる)

排気量増加の方が効果ありますよ、充填効率等は排気量増加と同じなのですから
    • good
    • 2

低速トルクを上げるって難しいですよね。


私がSEVを試着してみたらトルクフルになり、外したらかったるく感じました。特に弊害もなさそうですし、お試しはタダですから。
    • good
    • 0

ウェーバーなどの古いキャブレター車では、燃料を濃い目にすると低速トルクが上がります。


もしくはキャブの口径を小さくします。
(そのぶん吹き上がりは少し重くなります)

ジェット交換や口径変更ができなければ、コンピューターの燃調セッティング変更、
そしてエアクリーナーノズルと排気管を細長くすれば同様の効果が得られるはず。

あくまでも理屈上のことなので、テスターに掛けないとセッティングし難いとは思います。
体感できるかどうかはまた別の話です。
    • good
    • 1

言うまでもセッティング担当者さんの言うとおりです。


排気量を上げずにトルクを上げる事は、いわゆる最高速を捨てる事を
前提に話を続けますと、加速力を上げるわけですから、ギヤ比を低速よりの物に変える。タイヤを細いものにする。いらないものは 取ってしまう。無駄にでかいリアスポイラーも取る。
排気量の小さい車で 考えられることが、参考になりそうですが、
モンキーとかのカスタムバイクが 良い参考になりそうです。
あくまでも素人の意見ですが、すみません。
    • good
    • 0

露骨に言えば、エンジンが出せる力は、


どれだけ燃料を燃やすかと熱効率で決まります。

一度に燃やせる燃料を増やすには、排気量を増やすか、
加給して無理矢理燃料を押し込むしかありません。
熱効率を上げるには、圧縮比を上げるしかありません。
(あまり大きくは変わりませんが…)
どっちも、セッティングでどうこうというレベルを越えています。

なお、減速比を変えれば、低速でも高回転の領域を使えるため、
加速力は大きくなります。
(これは、厳密には出力であってトルクではありませんが 爆発の回数 を増やすことで燃やす燃料を増やし、出力を上げています)
    • good
    • 1

マフラーの出口を少し絞る(口径を小さくする)



排気抵抗が増して低速トルクは上がりますが、高回転域では伸びなくなります。
    • good
    • 0

パワーライター店、エクセルディーラー、アクセスショップの


セッティング担当者です。

誠に申し訳ございません。
どうかお気を悪くなさらないで下さい。

「マフラー交換、プラグコードの交換、エアフィルター交換、コンピュータチューン」
低速トルクを上げたいという方にとっては
全てマイナスです。

トルクは
第一に排気量で決まります。
トルクは絶対的に排気量で決定づけられると断言できるでしょう。

排気量UP以外の方法ということであれば
効果はほとんど全くないとお考え下さい。

低速トルクを上げたいと仰るのに、
なぜ…何故?
「排気量アップが駄目なのか」に非常に興味があります。

あとは、圧縮比を上げるか…
燃焼室を盛るか…
何れも
さして効きません。

それでもどうにかしたいと言うことでしたら
ギアを落とすのが良いでしょう。

ミッションを組み直すか
ファイナルを変更するか…

擬似的に低速トルクが上がります。

この回答への補足

興味を持っていただいたところ大変恐縮ですが、
今の車は排気量が5700ccあり、
これより増やすのは現実的に好ましくなさそうと思ったからです。

やはり一般的に行われている改造ではトルクを増やすのは難しそうですね。
とすると、軽量化してトルクウェイトレシオを増やす方向がいいでしょうか?

補足日時:2009/03/03 22:54
    • good
    • 0

簡単に思いつくのは、マフラー交換、プラグコードの交換、エアフィルター交換、コンピュータチューン位ですね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Q燃調がリーンだとなぜ「パンパン」鳴る?

これはバイクに限らず車でもそうなんですが、キャブのセッティングが薄すぎたり、2次空気を吸っていたりするとマフラーから「パンパン」音がするといいますが、どういった理屈で鳴るのでしょうか? 
マフラー内で混合気が燃えているだとは思うのですが、、、リーンすぎて混合気がシリンダー内で燃焼しない→マフラーに未燃ガソリンが流れ込む、として、なぜそれがマフラー内で発火するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足しておきますとアフターファイアーもバックファイアーも
ガソリンの発火点と引火点の温度の違いによって起こります。

ガソリン自体が着火するためには約260℃の温度が必要です。
しかし、ガソリンが気体になった状態では-38度で着火します。
そのためキャブレター内部で着火するには260℃以上の温度が必要です。
それに通常は吸気側のバルブが開く時はシリンダー内部が負圧の状態です。
高温のガスなどはキャブレターに戻ってきませんから発火しません。

しかし、エンジンから出た濃い混合気は酸素が足りず燃え残ったため
ガソリンが高温のままガス化しており酸素が補給されると爆発するのです。
これがアフターファイアーの理屈です。
薄い混合気の場合はガソリン自体が少ないので爆発しません。

Q低速トルクの上げ方

こんにちは。質問なのですが、車の低速トルクを上げるにはどのようなカスタムが効果的なのでしょうか?出だしが遅く低速トルクを上げたいと考えています。
ちなみに、マフラーはノーマルより軽いものに変えてあります。
どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

低速トルクを上げるのは結構難しいです。
ただ、出だしが早くなれば良いだけなのなら、ギヤ比を下げる事で解決します。
(燃費は悪化します)

ミッションやデフギヤを交換するのが王道ですが、それも敷居が高いのでタイヤ径を下げます。
単純に言えば、例えば15インチをそのままの幅、扁平率で14とかに下げてやればギヤ比が変わり、スタートの感触ははっきり変わります。
(1インチ減で比較すれば変わった感じ、2インチ下げればかなり違う感触に)
(スピードメーター表示も変わりますから、満タン法等での正確な燃費は算出できません)
メーター以外にも、車高が下がったり耐荷重も下がったり、色々な影響は出ますが自己責任でどうぞ。
普通の車はホイール径を下げるとブレーキに干渉します。

QNA車のトルク、パワーアップは?

 NA車での、パワーアップの手っ取り早い方法は何なのでしょうか?
 そんなに 大きなアップでは無く、しかも あまり費用をかけずに
 そんな方法はありますでしょうか。
 (多少 燃費が悪くなるのは別として)
 宜しく御願いします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは軽量化でしょう。
1.軽量化
軽くなれば、トルク/重量比が改善され、燃費も良くなります。
ただし、強度に関わるようなパーツを抜くと、車の走行性能が落ちる上に寿命が短くなります。

2.燃調の変更
通常の車は燃費重視か安全性重視で燃調が設定されています。ECUを書き換えることが出来れば、それをパワー重視に振ることで性能向上が図れます。
http://cars.blog.eonet.jp/com/2009/10/ecu-c5b3.html
ただし、燃費が悪くなったり、エンジンの寿命を縮めることになります。

3.低フリクションロスオイル
粘度の高い高フリクションロスオイルを使うと、極わずかでしょうけどパワーは上がります。

お金をあまりかけないとなるとこのぐらいでしょうか。

手っ取り早いという意味ではボルトオンのスーパーチャージャーやターボが付けられれば話は早いと思いますし、確実にパワーアップできます。
ECUの書き換えと同じくエンジンに負担をかけるのは変わりませんが。

Q吹けあがらない原因は?

NC31に乗ってます。
中古(走行8000km)で購入したのですが、
吹けあがりが悪かったので
●マフラー交換 ●アクセルワイヤー交換(劣化のため)
●プラグ・オイル交換 ●キャブ点検
をしましたが、速度も120kmから上がらず、
6000~7000回転からかぶるような症状で、
回転がばらついてあがらないのです。
(メンテ前は速度110km、7000回転まで)
キャブのメインジェットとニードルは綺麗に磨いたつもりです。
あと考えられるのは燃調か加速ポンプか・・・。
プラグコードはテスターにかけましたが大丈夫でした。

このような場合は何が原因でしょうか。
燃調はバイク屋で測ってもらうしかないですよね・・・(汗)

メンテ初心者の女でお恥ずかしいですが
アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

またまた、#5です。

もし、マフラーを社外品のバッフルも付いて居ないような抜けの良すぎるものに
交換しているのでしたら、燃調が薄い状態ではエンジンを回し過ぎない方がいい
です。

ガソリンには冷却効果もあるため、混合比が薄すぎる状態だと燃焼室内の温度が
上がりすぎてエンジンブローの可能性があります。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Q続・低回転の吹けが悪いです

いつもお世話になります。

前回の質問(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8702416.html)で、
低回転・発進時の吹け上がりが悪い症状についていくつかアドバイスをいただきました。

それをもとに以来いろいろと試しており、新たに気付いたこともあったのですが、まだ完全解決に至っていません。

●行った作業内容としては、
・キャブの通路貫通を再確認。キャブの型は違うものの、このサイト(http://www.geocities.jp/motohiko05/zzr_CVK32_cleaning/zzr_cvk32-cleaning_part3/zzr_cvk32-cleaning_part3.html)を参考にしながら主にスロー系の通路(Saj~PJ~PS~Ip~Tp)の貫通を確認。エアーカットバルブも異常なし。
・バキュームピストン&シリンダーを改めて清掃。少し汚れがとれました。表面はなめらかだったので磨いたりはせず。
・前後キャブともパイロットスクリューのOリングとワッシャーが装着されていなかったので、パイロットスクリューごと新品装着。
・ジェット類も改めて清掃。虫めがねで詰りがないことを確認。番手も標準であることを確認。

●前回の質問と一部重複しますが、現状の症状としては、
・アイドリング(1.5千回転)からのアクセル開け始めで、2千回転で引っ掛かり、スムーズに吹けない。
・そのため、普通に1速で発進しようとしても高いギアで発進しているかのような状態に一瞬なる。(その場合はクラッチを切りアクセルを大きめに開けて引っ掛かりを「解除」する必要あり)
・始動後しばらくは調子がいいが、エンジンが温まってくると発症する。
・走行中、アクセルオフからシフトダウン時にブリッピングをしようとしても吹けず、回転が合わせられない

●そして、新たな発見としては、パイロットスクリューを締めこむと症状が和らぐことがわかりました。標準では2+1/4回転戻しですが、3/4回転戻しまで締めこんだところ8割ぐらいの確率で引っ掛かりなく吹けるようになりました。また、ブリッピングもできるようになりました。
しかし、アイドリングが不安定になり(1500回転±100回転で変動)、アイドリングのみでの水温の上昇ペースが早くなった気がし、また冷間時の始動性が悪くなりアイドリング調整ネジを締めなければ始動できなくなってしまいました。

●ここで私の考えを述べてみます。
始動後しばらくは調子がいいがエンジンが温まってくると発症するという点や、
パイロットスクリューを締めこむと調子が良くなるという点から、
やはりスロー系の燃調が濃すぎるのが原因なのではと思います。ですがスロー系のエアー経路確保は確認しており、エアクリエレメントも新品交換済みだし、油面もH寸法ではあるが規定値内でありオーバーフローの類もない。
とすると、残るはパイロットジェットの不良が原因なのでは?と思っています。番手は標準だし、虫めがねで目視チェックしても異常は見つかりませんでしたが、中古車なので針金等で穴が広げられていたり、腐食で穴が広がっている可能性もゼロではない?ということで、新品ジェットに交換してみようか…?という状態です。

いつもながらできるだけ詳しく説明するために長文になってしまいましたが、
問題解決に向けてのアドバイスや、私の考えに対する意見、その他もろもろのご指摘等をいただければ幸いです。

どうかよろしくお願いします。

いつもお世話になります。

前回の質問(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8702416.html)で、
低回転・発進時の吹け上がりが悪い症状についていくつかアドバイスをいただきました。

それをもとに以来いろいろと試しており、新たに気付いたこともあったのですが、まだ完全解決に至っていません。

●行った作業内容としては、
・キャブの通路貫通を再確認。キャブの型は違うものの、このサイト(http://www.geocities.jp/motohiko05/zzr_CVK32_cleaning/zzr_cvk32-cleaning_part3/zzr_cvk32-cleaning_part3.html)を参...続きを読む

Aベストアンサー

>パイロットスクリューを締めこむと
エアの通路をせまくする、混合気は濃くなる、つながりはよいがアイドリング不安定?。
つまり、スロー系使用時は現時点より濃い目の混合気でないとアクセル開に追いつかない。
中速域の混合気を濃くする、燃料の量を増やす、=ニードルジェットの位置を一段上げる。
参考 パイロットエアスクリュウは最も回転が上がる位置にセットし、アイドルストップスクリュウで回転数を調整(スロットの開け具合を調整)。
その上で息つきがあり、パイロット閉め込みで息つきがなくなるなら、中速域、スロットル開時の燃料不足、ただ、パイロットジェットの穴が大きすぎると、それなりにエアを供給すれば出力が上がり回転が上がるためアイドルストップで回転を下げる。
こんな状況だとスロットル開で混合気薄過ぎもあります、スロットルがより絞りこまれた状態、アクセル開で負圧の変化が大き過ぎ、十分に燃料を吸い出すことができない。
パイロットジェットの穴のより小さいものに交換して調整の必要もあり得ます・。

Qエンジンが吹けあがらないんですが・・・

ホンダのR&P(マフラーとパワーフィルターを換えてます)なのですがエンジンはキック何発かでかかりアイドリングも続きます。でも、アクセルを半分位あけたるとボコボコいってエンストしそうになります。発進時は順調なんですがアクセルを開けていくとエンストしそうになりまともに走りません。キャブは分解して洗浄しました。プラグは良い色だとおもいます。いろんなホームページ等で調べているのですが点火時期やタペットクリアランスなんかも関係しているのでしょうか??タンクに入っているガソリンが一年くらい前の物なんですが関係ありますか??どなたか詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガソリンタンクの中の水が錆びを呼んだのでは?
今まで修理したバイクでガソリンタンクが錆びついて吹けないバイクがありました。
ガソリン抜いたら中が錆びだらけでストレーナーまで詰まり、かなり苦労した覚えがあります。
根気良く清掃してください。
マフラーを変えたときに、始めは吹けていたのですか?
部品を変えた時は不具合が出る場合があるので、ジェットやパイロットスクリューなど見なおしてください。

Q★ターボ車で低速トルクアップする方法?

一般的にターボ車で手軽に少し低速トルクアップする方法について教えてください(´・ω・`)

Aベストアンサー

こんばんは、いわゆるハイパワーターボ車で、サーキット走行を楽しんでいる者です。
質問者さんの言う「低速」が、どの程度かイメージしづらいですが、、
2000回転前後と仮定して回答してみます。

>ターボ車で手軽に少し低速トルクアップする方法

やはり皆さん回答されている通り、ないに等しいですね。
トルクって結局「エンジン内での爆発力」ですから、たくさんガソリンを燃やすしかないです。
究極的には、排気量アップしか正論はないと言って間違いない訳で。

ただソコまでできない人が大部分ですから、低速からタービンが仕事する方向に改造するのが現実的かと思います。
いわゆる立ち上がりを鋭くして、ブーストのMAXにコンマ1秒でも早く到達するように。

ただそれは、速いターボ車を作ろうとする人のほぼ全員が思っている事であり・・
逆を言えばそれだけ難しく、未だに試行錯誤が続いている作業な訳です。
著しくクルマの寿命を縮める事にもなりやすく、手軽な実現は難しいですね。

ちなみに私は、
 ・タービンのアクチュエーター交換(ブーストコントローラーで上がりすぎを抑制)と
 ・ブローオフバルブの交換
 ・吸気側のパイピング見直し(整流効果が向上できるレイアウトへ)
 ・排気側を全て見直し(タービン後からマフラーまで)
という作業を行い、それなりに結果は出ていますが・・
排気量アップの足元にも及びません(苦笑

それでも、できる範囲で楽しむのが正解ですよ。

良いカーライフを。

こんばんは、いわゆるハイパワーターボ車で、サーキット走行を楽しんでいる者です。
質問者さんの言う「低速」が、どの程度かイメージしづらいですが、、
2000回転前後と仮定して回答してみます。

>ターボ車で手軽に少し低速トルクアップする方法

やはり皆さん回答されている通り、ないに等しいですね。
トルクって結局「エンジン内での爆発力」ですから、たくさんガソリンを燃やすしかないです。
究極的には、排気量アップしか正論はないと言って間違いない訳で。

ただソコまでできない人が大部分ですか...続きを読む

Qキャブ調整 ボコつくってどんな症状ですか?

Vガンマを乗りはじめたバイク初心者の者です。
最近、社外チャンバーを手に入れ装着しました。
キャブのセッティングが必要だと思い、メインジェットを上げてみました。
試乗したところ、8000rpm辺りから、微妙に回転数が不安定に上下してから(8000~8500辺りを多分1~2秒間くらい行ったり来たり上下する)その後、バーンと回転が上昇していくという症状がでました。
この現象が、俗に言うボコつくという現象なのですか?
これがボコつくということでしたら、現在、キャブ調整は濃いということでしょうか?
お詳しい方、アドバイスなどご教授おねがいします。

Aベストアンサー

フィーリング表現ですから難しいですね。
「濃い状態」でもっと分かりやすい表現は「船漕いだ感じ」かな。
スロットルを戻すと加速し直すような感じだと濃いです。
ボボボボ~(で加速せず)からいきなりブワーン(で加速)みたいな。

燃調はスロットルの開度で判断してみると分かりやすいです。
スロットルに1/4、半開(1/2)、3/4、に印付けたらより分かりやすい。
それから針(ニードル)位置なのか、太さなのか、MJなのか
おおむね想像できると思います。

排気を替えたら吸気系(エアの絶対量)も検討する必要があると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング