七年前くらいに心臓弁膜症でチタン人工弁を入れる手術をしました。その後心臓の方は順調ですが手術前の検査でC型肝炎があることが分かりました。今は四週間に一度心臓の診察をして貰っていますがC型肝炎の進行が心配です。Got,Gptは上がったり下がったりで悪い時でも100-170くらいです。内科にかかっていますがワーファリンを飲んでいるせいで肝生険はやらない事になりました。肝炎ウィールスの型は1と言うことでインターフェロンは効きにくいと言われて今のところ何もしていません。(出来ればインターフェロンはやりたくないのですが)もし肝硬変、肝ガンなどが出て来た場合僕の状況だとどれくらいの治療が可能なのか分からないので不安でいます。又食道静脈瘤ができたりして出血したらワーファリンを飲んでいる患者はどうなるのかなど係りの先生に聞きたくても待ち時間が長く実際の診察は短いので時間をかけての相談と言うことは出来ないでいます。ある内科医からはC型肝炎患者で癌になる人は凄く少ないので心配しないで良いと言われ不信感を持ってしまいました。その先生にはもうかかっていません。レントゲンで食道を検査した結果では今の所食道静脈瘤は無いと診断されていますが肝心なところがインターネットなどで調べても良く分からない状態です。もし僕のような患者の状況でのアドバイスなど知っている方がいらしたら是非教えて頂けるとうれしいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

心臓弁膜症にC型肝炎ですか・・あなたの不安をお察しします。


2つの要点をご理解ください。
1)病気を複数抱えている場合、我々はまず何を優先して治療するかを決定します。
肝臓の機能が著しく悪い場合は、よっぽど心臓の状態がせっぱ詰まっていない限り手術はしません。つまり心臓優先です。またおそらくあなたは無症候性キャリア(肝炎ウイルスは体内に存在しているけれど活動していない状況)だったと思います。しかし麻酔、輸血、手術そのものにより術後、活発に活動し始めたのではないかと推測されます。会社健診などでGOT,GPTの異常を指摘された事ありますか?
あなたの場合、肝臓はとりあえず急を要さない状況で、しかも今後心臓が悪化すると肝臓へも悪い影響があるのでまず心臓への治療を優先しているわけです。ワーファリンは確かに扱いにくいお薬ですが、せっかく大手術をされたのに、血栓が飛んでなんてことになると手術の意味がなくなります。私は心臓外科医でしたが、あなたの様に手術の後に肝炎が表面かしてくるケースはとても多いものです。また、あなたのおっしゃる様に今後、肝硬変になり食道静脈瘤、肝不全という経過は否定できません。しかし、今肝硬変かどうかは生検以外である程度分かっているはずです。インターフェロンによる治療成績が思わしくない点(他にないからやっているみたいな状況ですから)副作用の発現が多すぎる点で今どうしてもあなたにやらなければいけないという根拠はどこにもありません。これだけ体に大きな影響を及ぼしかねない治療(もちろん手術も)はその患者さんの他の病気のこと、体力、そして今後の展望を考えてやらなければなりません。心臓の方が落ち着いてきているわけですからあなたが次に肝臓の治療をという気持ちはもちろん分かります。しかし今すぐに肝硬変への予防という点でのインターフェロンは絶対にお勧めできません。また残念ながら、インターフェロン以外で肝炎の治療法はここ20年変わっておりません。肝臓の治療は日常生活、生活の改善のほうがよっぽど実用的です。もう少し落ち着かれてみてはどうでしょうか。複数の病気の治療の両立はなかなかできませんし、一方の治療がもう一つの病気に悪影響を及ぼすケースもあります。
2)GOT,GPTは必ずしも肝臓の状態を表してはいない。
あなたの場合GOT ,GPTは50~120位で変動していると思われます。確かに望ましい状況は50前後で安定して欲しいものです。しかしこのGOT,GPTはあくまで見かけ上の肝臓の状態を示すもので、実際の肝臓の機能とは切り離して下さい。肝硬変になりつつある場合はむしろ、血小板、コリンエステラーゼ、総蛋白、アルブミンなどの数値が重要です。
たとえの話で恐縮ですが、ある工場があります。雨風にさらされて屋根やら壁が傷んできました。しかし中の機械は問題ありません。・・・これが肝炎の状態で普通GOT,GPT、ZTT,TTTなど
が変動します。しかし雨漏りや風邪で屋根の一部が飛んでしまえば、中の機械は水をかぶる事になります。除除に機械の調子がおかしくなります。そうなると血小板、コリンエステラーゼ、総蛋白、アルブミンといった肝臓の工場で作られるものが低下していきます。(この機械の規模には個人差がもともとありますので、どれかが多少低いからといって肝硬変とは限りません。)
長くなってしまいましたが、肝硬変=食道静脈瘤ではありません。またワーファリンを飲んでいて、食道静脈瘤破裂した場合にもちゃんと対処できます。
今あなたに必要な事は、これから先に起こるかもしれない病気に備えることより
体力を付けること。風邪をひかないこと。無用なお薬を安易に飲まないこと、食後は30分以上
は安静にしている事です。あまり喋らない先生でもあなたが思っている以上に肝臓などの状態把握は行っていますよ。(何故かというと、肝硬変ならば、出血傾向がありますから、ワーファリンはあまり必要ありませんよね。また薬はほとんどが肝臓で中和されますので、必要最低限のお薬しか出せないですので、あなたのばあいはまず肝硬変ではありえないと思います。

この回答への補足

とても参考になる回答を頂いて有り難う御座いました。自分で作ったホームページがありますのでお時間のある時にでも見て下さい。
http://www1.odn.ne.jp/~cah80800

補足日時:2001/03/07 02:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答を頂いて有り難う御座いました。知りたいと思っていた事が分かり納得しています。主治医の先生も内科の先生もとても良い先生ですがお互いに配慮されている様で今回頂いた様なお話はして頂けませんでした。
 専門家の方からご回答を頂いてとても感謝しています。

お礼日時:2001/03/05 23:57

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


特に
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(C型肝炎)
このページで「予後と転帰」の項を参照してください。
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(肝硬変)
このページでは「原因と危険因子」「予防」の項
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(肝細胞癌)
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010214. …
(肝細胞がん)
このページでは「肝がんと肝炎ウイルス」を参照してください。

いずれにしても主治医の指示に従って摂生する事が必要と思われます。

お大事に。

更に、
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(静脈瘤)

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=47480
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速アドバイス有り難う御座いました。教えて頂いたホームページから色々調べてみたいと思っています。

お礼日時:2001/03/06 00:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓弁膜症

心臓弁膜症について、わかる限りのことを教えてください! 今シドニーに滞在中なんですが、こっちに来る前に心臓弁膜症との診断を受けました。ごくごく軽度なので日常生活に差し障りはないとのことですが、気になっています。

Aベストアンサー

補足を拝読いたしました。
大動脈弁閉鎖不全症は軽度の場合は殆ど症状がありません。手術は心臓カテーテル検査で3度以上の逆流を認める場合や心不全などの症状が現れてき始めた場合です。
心臓はバカな臓器で自分が止まってしまうと死んでしまう事を良く知っているので心機能が落ちこんでギリギリになるまで症状として感じない臓器ですから先にお書きした症状が現れはじめた場合、すでにかなり症状が進行しています。それでも症状が出現してから何の治療もせずに5年間生存できる確率は80%以上あると言われています。しかし5年をすぎると急激に死亡する確率がアップしていきます。無治療で10年生きる確率は20%台くらいでしょう。最近は単弁の置換術の場合手術死亡率は1%前後まで成績が向上してきていますから適応になったら手術は速めにした方が心機能自体が悪くなる前に出来るのでより良い成績が期待できると思います。
胸痛については大動脈弁閉鎖不全症で心配なのは狭心症様の胸痛で補足のように持続してずっと痛いのはちょっと心臓とは関係無さそうです。
さてなぜ狭心症様の胸痛が生じるかというと弁が逆流すると心臓が拡張する時の血圧が下がってしまいますが心臓を栄養する血液はこの拡張期にしか流れないため血液が足りなくなりやすいうえ逆流で戻ってきた血液を一緒に大動脈に向かって送りだし続けるとだんだん心臓が風船のように膨れてきて大きくなって動きが悪くなってしまうからです。
したがって進行すると手術しか治療法がなくなりますしもっと進行すると心臓自体が悪くて移植以外に治療法がなくなります。
しかし医療機関で軽度との診断を受けている程度で生じるものではありません。御心配なされている痛みは主治医の先生のおっしゃる通り別の理由による痛みである可能性の方が高いと思いますのであまり過度に心配為さらないで下さい。
先にも書きました通り無理せず大事に使えば一生手術する事なく天寿を全うする事も可能かもしれません。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。

補足を拝読いたしました。
大動脈弁閉鎖不全症は軽度の場合は殆ど症状がありません。手術は心臓カテーテル検査で3度以上の逆流を認める場合や心不全などの症状が現れてき始めた場合です。
心臓はバカな臓器で自分が止まってしまうと死んでしまう事を良く知っているので心機能が落ちこんでギリギリになるまで症状として感じない臓器ですから先にお書きした症状が現れはじめた場合、すでにかなり症状が進行しています。それでも症状が出現してから何の治療もせずに5年間生存できる確率は80%以上あると言われ...続きを読む

Q妊婦です。静脈瘤が出来たけど運動していいでしょうか?

下肢の裏側の血管周辺がが青と紫色になっています。
産科検診で 「静脈瘤やから、血管外科予約しとくわ」 
といわれました。
しかし、血管外科の予約が二週間後にしか取れなかったので、
それまで弾力性ストッキング(今注文中)を
履こうと思っています。
まだ痛みはありません。
妊婦ですが、体重がとても気になっているので、
ウォーキングをしたいです。
悪化するのでしょうか?
それとも適度な運動は大丈夫ですか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

静脈瘤を悪化させないためには、適度の運動をた方が良いようです。
ただし、症状がひどく痛みや熱があったり、運動をして痛みが増す場合には止めましょう。
なお、脚をサポートする圧迫機能のあるストッキング等をはいて運動すると良いでしょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.bemam.com/topics/NewsFiles/jobst_jyoumyakuryu.html

Q心臓弁膜症の手術の後は

心臓弁膜症(僧房弁閉鎖不全症で合併症なし)の手術の後はICUとかCCUに入るものなのでしょうか?病院にもよるでしょうが退院までどのくらいかかるものでしょうか。仕事(事務職ではなく現場作業)に復帰できるまでどのくらいかかるものでしょうか。

Aベストアンサー

(Q)一日中立ちぱなしでほとんど休憩もとれない状態です。
会社の建物の構造上階段の上り下りが多いです。
(A)となると、やはり、心臓への負担が大きく、
数ヶ月は、見ておいた方が良いでしょう。

Q下肢静脈瘤の手術経験の有る方に質問です

昨日、日帰りの下肢静脈瘤のラジオ波の手術をしました。
本日、包帯を取ったのですが静脈瘤が有った場所にはまるまるそのまま静脈瘤の膨らみが残ってます
これって時間が経つにつれて消えていくものなのでしょうか?

今日はもう医師が居なく診察は20日後なので聞くことができません少し心配です。
ご存知の方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

だんだんと平らになっていきます。安心してください。術後、跡が残っている人など見たことありません。

Q質問です。心臓の三尖弁が一つ足りないのは、心臓弁膜症の中のどんな名前の病気ですか?

質問です。心臓の三尖弁が一つ足りないのは、心臓弁膜症の中のどんな名前の病気ですか?

Aベストアンサー

二尖弁と言います。

http://www.shinzougekashujutsu.com/web/2009/06/3b-d5eb.html

Qインターフェロン治療後のC型肝炎検査の結果について

家族の話です。
10年位前にC型肝炎に感染している診断され、2年前にインターフェロン治療を行いました。約1年間治療を続けて、幸いにもウィルスの検出がマイナスという結果となりました。その後の経過観察でも約半年間はウィルスの検出値はマイナスを維持し、肝機能も正常という結果でした。

しかし、先日の自治体による無料健康診断で行われたHCV抗体検査で『陽性』という判定が出て、肝機能の低下も指摘されました。

一度感染した場合、治療を受けてウィルスの検出値が治療後一定期間マイナス値を維持していても再発してしまうものなのでしょうか?または、再発していなくても一度キャリアになった場合は、こういった検査では陽性となってしまうものなのでしょうか?

今回検査を受けた病院で再検査をしているので、その結果を待って医師の診断を仰ぐのがベストというのは分かっているのですが、つい心配になってしまいます。

経験者、もしくは専門的な知識をお持ちの方のご意見を頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3の方の回答の通り、HCV抗体陽性の意味は、現在感染している場合と、過去に感染したことがあっても今は感染していない場合がありますので、HCVに感染しているかどうかはHCV-RNA定性検査が必要です。
インターフェロン療法でウイルスが消失した場合でも、HCV抗体検査は基本的に陽性のままです。私はC型慢性肝炎患者様のインターフェロン療法に健康保険適応以来携わっていますが、ウイルスが消失した患者様から、時々質問者様と同じ様な質問を受けることがあり、肝機能障害がなければ問題ないと答えています。また、ウイルスが消失した患者様には、健康診断や他の病院にかかったとき、HCV抗体陽性を指摘されることがあるが、心配ないとあらかじめ言っています。
しかしながら、質問者様の場合は肝機能の低下も指摘されたという部分が問題です。ほとんどの場合は、脂肪肝などのHCV以外の原因で肝機能の低下が認められているのだと思いますが、ごくごく希な症例ですが、インターフェロン療法後ウイルスが消失したと診断された後に、再発したという症例報告があります(私も経験があります)。
インターフェロン療法によりHCVが消失したと診断するのは、治療終了後6ヶ月後に、HCV-RNA定性検査が陰性化したことを確認することで診断します。通常は、これでC型慢性肝炎は治癒したと考えます。しかしながら、上記のようにごく希に再発する症例が認められるため、定期的に肝機能検査をすることが推奨されます。それは、インターフェロン療法をした病院でも良いですし、年一回の健康診断でも良いと思います。
私は、インターフェロン療法で治癒した患者様も、6ヶ月ごとに血液検査をするようにしています。
おっしゃるとおり、再検査の結果を待って医師の診断を仰ぐのがベストです。

No.3の方の回答の通り、HCV抗体陽性の意味は、現在感染している場合と、過去に感染したことがあっても今は感染していない場合がありますので、HCVに感染しているかどうかはHCV-RNA定性検査が必要です。
インターフェロン療法でウイルスが消失した場合でも、HCV抗体検査は基本的に陽性のままです。私はC型慢性肝炎患者様のインターフェロン療法に健康保険適応以来携わっていますが、ウイルスが消失した患者様から、時々質問者様と同じ様な質問を受けることがあり、肝機能障害がなければ問題ないと答えています。ま...続きを読む

Q心臓弁膜症にもなると左首から左肩や左脇の辺りが痛いと言うか、肩凝りみたいになるものですか??

心臓弁膜症にもなると左首から左肩や左脇の辺りが痛いと言うか、肩凝りみたいになるものですか??

Aベストアンサー

全員では無いですが多くの人がそういう症状を訴えます。
これを関連痛(かんれんつう)と言います。

体のある部位の痛みを、脳が別の部位の痛みと誤認識して発生する痛みのことです。
重い内臓疾患のサインである場合がままあります。

脳は障害が起きている部位からの痛みの信号が、同じ神経の束とつながっている異常のない体の部位から送られているものと誤認識する場合があるからです。

代表的な関連痛には以下が知られています。

・上腕部、左前胸部、肩、首、顎、腹部の痛み…心臓の病気(心筋梗塞・狭心症・心不全など)
・上腹部、右肩のコリや痛み…胆のうや肝臓の病気(胆石症、肝炎など)
・左肩のコリや痛み…膵臓の病気(膵炎、膵臓癌など)
・左肩のコリや痛み…肺や気管支の病気(胸膜炎、肺炎など)
・腰の痛み…腎臓の病気(腎結石、尿路結石など)
・上腹部の痛み…胃や十二指腸の病気(潰瘍)

QC型肝炎の実際の症状

 テレビで血液製剤の問題をやっていました。
 そこで自分なりにC型肝炎を調べてみたんですが、思っていたより大変な病気だと知りショックでした。そこで、自分なりに調べてもまだわからない点があるので、お聞きしたいんです。
 1、肝臓がんへと変異するとありますが、C型肝炎の完治は無理だとしても、がんへの変異を遅らせる。そうならないようにする治療というのはあるのでしょうか?。
 2、性交渉による感染はあるのでしょうか?。
 3、私も感染された方と同じ世代です。自分はこれまで普通に健康診断を受けてきたのですが、見落としているということはないでしょうか?。

Aベストアンサー

過去、C型肝炎の治療の現場にいました。



1、あります
2、あるが、頻度としてはB型肝炎ほどは多くないよう  です。

3、 普通の健康診断では、やらないので可能性はあ   ります。
  (医療、介護系のに勤務するときは、だいたい検査しますが、自費だと検査金額がけっこうかかります。)



C型肝炎を発症していなくても、キャリア(これから、発症する危険と他の人に移して発症させることができます。)として、C型肝炎ウイルスを持っている場合、普通の健康診断では、ひっかかりません。

感染された方と同じ世代で、過去輸血や、血液製剤を使っているのなら、ウイルスをもっていないか調べたほうがいいとお思います。

また症例としては、過去、集団予防注射のとき、同じ針を使いまわして、感染した。のではないか、というケースを実際に聞いたことがあります。


そうすると、かなりの人があてはまり心配なのですが。



C型肝炎はB型肝炎と比べると、出産のときの母子感染、性交渉、医療現場での針刺し事故での感染は少ないのですが、(C型肝炎のかなりの人が、輸血や、血液製剤、入れ墨で感染)
実際現場で針刺し事故で感染してし、まった同僚がいました。


可能性からすると、過去の予防注射のときの針の使いまわしで感染していて、気がついていない人たちがいると思います。


http://www.kg-env.org/kansen/wadai/2002m12w.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/yume/1/Cgata_kanen.html

過去、C型肝炎の治療の現場にいました。



1、あります
2、あるが、頻度としてはB型肝炎ほどは多くないよう  です。

3、 普通の健康診断では、やらないので可能性はあ   ります。
  (医療、介護系のに勤務するときは、だいたい検査しますが、自費だと検査金額がけっこうかかります。)



C型肝炎を発症していなくても、キャリア(これから、発症する危険と他の人に移して発症させることができます。)として、C型肝炎ウイルスを持っている場合、普通の健康診断では、ひっかかりません...続きを読む

Q父が心臓弁膜症の術後、経過がすごく悪いんです。

父が心臓弁膜症の術後、経過がすごく悪いんです。

初めてのことで、疑問や不安があるんですが少しでも情報をいただければありがたいです。


父は小さい頃からお祖母さんの遺伝により心臓が悪く、
5年程前から心臓弁膜症の手術を進められていました。

しかし、仕事や金銭面を心配し先延ばしにしていましたら、
今年の4月に心不全で意識を失い倒れてしまいました。

その為、総合病院に入院をし5月に手術をしたのですが、
術後の経過が悪く今もICUに入り人工呼吸器を着けています。

心臓の三尖弁と僧帽弁2つ共の働きが悪いので両方生態弁を着けていただきました。
手術は、予定より2時間程多くかかり、先生にお会いした時の一言目が、

“芳しくない”でした。

お腹を開いた瞬間から出血がひどく、心臓も癒着していて大変だったということを聞かされました。


しかし、1週間後には喋れるようにまで回復をして、おかゆ等も食べさせてもらっていたので
一安心しもう少しでICUから出られるのかと期待をしていましたが、
父は、今までと少し人格が違ってしまい、子供っぽくなり母はボケてしまったのかと
心配をしていましたが、先生や看護師さんは、

“環境や薬で少し人格が変わってしまっていますが、元に戻りますよ”
と言って下さったので安心できました。

でもその頃には別の問題も発生しました。
父は以前に数回肺に水が溜まり呼吸がしにくくなることがありましたが、
これも心不全が原因だから・・
と聞いていたのですが、手術後にまた肺に水が溜まってしまいました。

先生も、弁は正常に働いているけど、右心房の圧が高いままだし、
抗生物質が効きにくくなってしまっていて、これより強い薬に換えると
肝臓が今度は悲鳴をあげるから、取りあえず様子を見る。
とのことで、長期戦になることを告げられました。

現在は入院して3ヶ月半、手術を終えてから約2ヶ月たちますが、
今は気管切開で喉に人工呼吸器を着けた状態で、
肺の水ももう薬では抜けないので管を入れて抜いている状態です。
父はこの2ヶ月近く何も飲んでいないのに、肺の水は出続けています。
色が黄色っぽいので、点滴が肺に溜まっているんでしょうか?

母は、何かの医療ミスがあったのか、ここの病院にいて本当にいいのか?
と最近は不安の色を隠せない様子です。

普通、心臓弁膜症の術後は、こんなことにはならないんでしょうか?

何かわかることがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

父が心臓弁膜症の術後、経過がすごく悪いんです。

初めてのことで、疑問や不安があるんですが少しでも情報をいただければありがたいです。


父は小さい頃からお祖母さんの遺伝により心臓が悪く、
5年程前から心臓弁膜症の手術を進められていました。

しかし、仕事や金銭面を心配し先延ばしにしていましたら、
今年の4月に心不全で意識を失い倒れてしまいました。

その為、総合病院に入院をし5月に手術をしたのですが、
術後の経過が悪く今もICUに入り人工呼吸器を着けています。

心臓の三尖弁と僧帽弁2つ...続きを読む

Aベストアンサー

まず初めに、貴方にとって聞き心地の良い回答ではない、という事を申し上げておきます。

5年程前から心臓弁膜症の手術を勧められていたにも関らず、手術をせず放置していれば、その間、心臓機能は悪化の一途を辿るのは当たり前です。今年の4月に心不全で意識を失ったのも当然の結果です。

今ごろ弁置換術を受けたからといって、手のひらを返したかのように、いきなり元気になることはありえません。もし5年前に手術を受けていれば、術後の経過も、現在の状態と比較して明らかに違い、比較的短期間で回復した可能性は十分考えられます。

つまり、意識を失う程に心臓を悪化させてから手術を受けても、回復するには非常に長い時間がかかりますし、回復の見込みも、あまり高くないという事です。

以前から数回肺に水が溜まったことがあるそうですね?これは心機能の低下(心不全)によって心原性肺水腫を引き起しているのです。本来なら肺水腫になる前に手術を受けるべきです。

今回は術後一時期、食事が出来るまで回復したのに、その後また悪化したので、医療ミスなどの不信感を持たれているのかもしれませんが、一治療者側から言わせて頂くと、濡れ衣も甚だしいと言わざる負えません。

今回の手術前、担当医からはどんな説明があったのでしょうか?手術をすれば、すぐにでも歩いて家に帰れる(退院出来る)とでも言われたのですか?もし、それに近い説明があったのならば、説明義務違反で訴える事も可能でしょうけど。

もし私が主治医だったならば「5年も放置し、度々肺水腫も起している心臓の弁膜症は、手術をしても、心機能の劇的な改善は見込めない、だからと言ってこのまま放置すれば、意識を失う程に心機能は低下しているのだから、長くはもたない」と説明しますけどね。

ちなみに、肺から出続けている黄色っぽい水は点滴液ではなく胸水です。この水が出る主な原因は肺水腫ででしょうけど、抗生物質を使っている所を見ると、肺炎も合併しているのかもしれませんね。その他にもDICや敗血症の合併も考えられますね。

絶望的な話で申し訳ありませんが、かなり厳しい状態かと思います。

まず初めに、貴方にとって聞き心地の良い回答ではない、という事を申し上げておきます。

5年程前から心臓弁膜症の手術を勧められていたにも関らず、手術をせず放置していれば、その間、心臓機能は悪化の一途を辿るのは当たり前です。今年の4月に心不全で意識を失ったのも当然の結果です。

今ごろ弁置換術を受けたからといって、手のひらを返したかのように、いきなり元気になることはありえません。もし5年前に手術を受けていれば、術後の経過も、現在の状態と比較して明らかに違い、比較的短期間で回復した...続きを読む

QC型肝炎感染について

母がC型肝炎です。鼻血の処置をしたあと手も洗わずドアのぶや家族の手が触れるところをさわりそのあと家族がさわった場合感染の可能性は、あるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の母もC型肝炎ですが、私には感染していません。そもそも、母子感染もしてません。

常識的に考えれば、鼻血の跡を触ったくらいでうつるような病気ではないと思います。

鼻血のあとを触ったくらいでうつるほど感染力が強いなら、出産時は間違いなく母子感染すると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報