人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

64歳男性です。
昨年末に受けた人間ドックで、胃カメラでバレット食道という所見で再検査を進められました。1ヵ月後総合病院で再検査をしたところ、食道と胃の境目に1センチ大の腫瘍があるということで、その後、内視鏡の検査2回ほど(検体採取含む)CTやバリューム検査などを受けました。結果は「下部食道癌」と言う診断でした。初期の癌という所見でした。内視鏡でも取り除けないことはないが、取り残しによる再発もありうるということで、手術を勧められました。その段取りで、手術日も設定していろんな検査で通院していましたが、最後の家族も含めての説明で、結局、胃も半分もしくは全摘出しないといけないということ、また、リンパ節への浸潤状況によっては胸も数箇所開くこともあるということで、私も家族もこんな大そうな手術なのかと、ビビッテしまい、とりあえず、術日が決まっていたのをキャンセルしました。現在、セカンドオピニオンを模索しています。私の中では、食道の下部に出来たわずか1センチ程度の癌を摘出するのに、なんで胃まで摘出しなければならないのかという疑問です。ネットでいろいろ調べて、食道癌はかなり厄介なものだということはわかりましたが、現在の医療技術でも、あんな方法しかないのかという思いです。できればもっと簡単にやる方法がないのかが知りたいです。ちなみに現在、自分の健康状態は全くこれまでと変わりなく、ごく普通に日々を過ごしています。今後の癌との向き合い方、治療についての皆様のご助言をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

悲観的な意見で大変申しわけないのですが、あなたの病名を察するに


「バレット食道癌」と言われる、比較的珍しい消化器系の癌であると察します。
普通の「食道癌」のよく発生する部位は食道下2/3あたりと言われており、また、組織型としては「扁平上皮癌」が圧倒的に多いです。

それに比べ、バレット食道癌とは逆流性食道炎が常に起こり続けてる人に出来る「バレット食道」を母地として引き起こる「腺癌」なのです。好発部位も食道と胃の境であり、ちょうどあなたの癌の発生部位と一致します。

もし、あなたの癌が「バレット食道癌=腺癌」だったとすると治療方針としては放射線が効きにくく、治療経過がかなり長くなる事を覚悟して、今すぐ、「癌専門病院」で受診されるのが得策かと思われます。下手に温存を勧めるドクターも、また詳しい説明も出来ず「全摘の可能性あり」というドクターもどちらも鵜呑みにはせず、生存確率と機能温存のバランスをしっかり考え、よりベターな診断・治療を行えるスタッフの揃った病院で治療を受けるべきと考えます。
僕の知っているかぎりでは、東京に「癌研有明病院」、大阪に「大阪府立成人病センター」があり、また各地に大学病院や成人病センター等が点在しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございました。おっしゃるとおりの「腺癌」といわれております。いろんなもので調べていて、非常に難しい癌であることも承知しております。これからしっかり考えながら道を探って行きたいと思います。

お礼日時:2009/03/20 10:03

たびたびすみません、これを見てたら最後に一言



放置は死につながる、治療は早く取り掛かった方が良い結果が生まれる。

これだけは忘れないで!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうございます。肝に銘じておきます。

お礼日時:2009/03/20 10:04

私も質問者様が仰る通り,そう思います。

わずか1センチで胃の全摘出は,
疑問です。内視鏡で,1センチなら出来そうな大きさと誰もが思います。

それを医者に押し通せなければ,他の病院をお考えで良いと思いますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅くなりましたが、早速のご助言ありがとうございました。体調が悪くて病院にかかったわけではなくて、急に出てきた癌騒動に戸惑っている状態です。普段通り元気だし、いっそう何もしなくてこのまま放って置くとあと何年生きれるんだろうかとか、いつごろから体調に変化が出てくるんだろうかとか、いろんなことを考えてしまいます。

お礼日時:2009/03/18 10:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバレット食道について(再)

簡単に書かせて頂きます。
「バレット食道」は・・。

上部内視鏡検査(胃カメラ)の「画像を視てわかるものなのか?」

それとも・・「胃カメラ痔、食道の細胞を採って(生検)わかるのか?」

どちらなのでしょうか?

アドバイス、お答え、宜しくお願い致します~!!

Aベストアンサー

前回も申しあげたように、典型的なバレット食道ならば、
内視鏡を見ればわかります。

問題は、バレット食道であるかどうか、ではないのです。
バレット食道だから、問題が起きる……
ということはないのですよ。

そうではなくて……
どうしてバレット食道になったのか?
という原因が問題の一つ。
(たいていは、逆流性食道炎)
もう一つ、バレット食道は、食道がんの原因の一つと言われているので、
怪しい部分があれば、生検するのですよ。

Q胃酸逆流では食道炎になりますが、食道がんになりますか?

一般的に食道がん(扁平上皮)とはタバコ、お酒は主な原因ですが、胃酸逆流では食道炎になりますが、食道がんになることがないと言われ、食道炎からバレット食道になり、そしてバレット腺癌になる可
能性があります。そうにしても西洋人が多くて、日本やアジアでの症例が極稀だと言われていますが、本当にそうでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも疫学統計的見地です。

こちらを参照ください。
http://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/

ここには次のように記されています。
「食道がんについては、喫煙と飲酒が確立したリスク要因とされています。特に扁平上皮がんでは、喫煙と飲酒が相乗的に作用して、リスクが高くなることも指摘されています。また、熱い飲食物がリスクを上昇させるという研究結果も多く報告されています。近年、欧米で急増している腺がんでは、食べ物や胃液などが胃から食道に逆流する「胃・食道逆流症」に加え、肥満により確実にリスクが高くなるとされています。」

Q胃カメラ検査結果報告書にあるこの専門用語の意味は?

この専門用語の意味がわかりません。

プラハ分類 =?
FMP =?
MV異型 =?

どうぞお教えください。

Aベストアンサー

SSBEからの食道癌発生はごくまれですので検診でそれをあきらかな異常として指摘するの行き過ぎでしょう.
またバレット食道に関してはそもそも定義が日本と欧米で違うなどこれまた論争があります.
細かい議論は専門医レベルになるのでここでの説明は無理です.

このあたりは考え方はいろいろです.

Q食道がんの治療

こんにちは。父の食道がんについて教えてください。父は70歳を過ぎています。腎不全の為、長い間透析をせず食事療法だけで頑張ってきました。
昨年12月に逆流性食道炎(バレット食道)による食道がんと言われ、内視鏡による手術をうけました。(癌の範囲は3cmx9cm)
その後、狭さくを防ぐため、バルーンを週1回~2週間に1回入れて食道を広げて、今まできました。
ところが昨日、定期検診に行くとまた同じ場所に潰瘍ができて、そこにがん細胞があると先生から言われました。前の検診時に、細胞を取って検査していたようなのです。そして、今回は同じ所なので、内視鏡での手術はできず、開胸手術しかないと言われています。この手術をすると透析は避けられないともいわれました。透析にならない食道がんの手術の方法は、他にないのでしょうか?また食道がんの名医を教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

お父様、ご心配ですね。
私は食道ガンではありませんが、同じくガン患者てすのでご本人はもとより
ご家族の心痛が伝わってきます。
食道ガンの名医としては、千葉県にある国立がんセンター東病院の大津先生
のお名前をあちこちで拝見します。抗ガン剤と放射線による複合治療をされ
るので手術をしたくない患者さんが全国から来られるようです。

<国立がんセンター東病院>
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html

またこんなサイトもありましたので参考になさってください。
http://cancer-good-doctor.com/article/15832143.html


人気Q&Aランキング