プロが教えるわが家の防犯対策術!

主人が個人事業をしていて、私は経理をしています。
パソコンのソフトで日々入力したものを、2,3ヶ月に一度税理士さんに見てもらい、それを元に確定申告など細かい事をお願いしています。ちょっとした知り合いなので、月々の報酬など決まった契約はしていなくて、確定申告が終わった時に初めて、会社から請求されるのですが、すごく安くしてくれています。昨年初めてお願いした時は、会社からの請求が2万5千円でした。個人的にお礼を渡した方がいいのでしょうか?普通だとどのくらい支払うのですか?(年商は、7千万~8千万円です。)詳しい方、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はっきり言うと、年に4~5回税理士本人が訪問し、確定申告までおこなって、報酬2万5千円というのは、ボランティアです。



通常の事務所では、無資格者の所員が訪問し、税理士は年1回来るか来ないか。
それでも、毎月3万円程度の報酬と年1回決算で12~20万の報酬は取りますよ。

個人的には、いつまでも、その関係ではお互いに良くないと思います。
お互いその商売で飯を食っているわけですから。
払うものは払って、そのかわり、きっちり責任もって仕事してもらうっていうのが良いと思います。
今の水準は、相場と比べて、「安い」というレベルではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい金額を教えて頂いたおかげで、だいたいの目安がわかりました。今年は、このくらいの報酬金額を参考に、税理士さんとお話してきちんとした事を決めたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/31 00:08

税理士さんですと、月額20万円(源泉引いて18万円)で、決算時に120万円(申告書作成代)というところでしょうか。

会社の数は全部で4社です。

税理士という仕事は社会奉仕でなく、商売だと思います。その金額の請求で済ましている理由は何かを明らかにしておいたほうがよさそうです。
監査法人などは、訪問するというだけで時間も来る人の資格(公認会計士とか受験中とか)も関係なく1回1人につき6万円とります。
会計士1人と見習い2人が来て、ほとんど世間話的なことで終わらせて30分くらいで終わっても、3人で18万円の請求がきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金額を見て、びっくりしました・・・。これは、たぶん大きな会社の事でしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/31 00:14

aki-kmさん、こんにちは。


年商7千万円から8千万円の個人事業者さんに2万5千円
で所得税、消費税の確定申告書を作成して、源泉徴収まで
計算されるのは、正直申し上げて利益はないと思います。
おそらくaki-kmさんとご主人に好意でなさっているのだ
と思います。

感謝のお気持ちからというのでしたら、お中元やお歳暮
を贈るというのはいかがでしょうか。その税理士さんの
好きそうなものとか、もしくは商品券などでもいいと
思います。respect_snafkinさんがアドバイスされて
いるように、aki-kmさんの方では接待交際費として経費
計上もできますので、一石二鳥?ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、利益は無いのでしょうね。主人の知り合いなので、たぶんご好意だと思います。今年は、きちんと決めてお中元、お歳暮も欠かさないようにしたいと思います。優しいお答えをありがとうございました。

お礼日時:2003/03/31 00:20

税理士の報酬は税理士会で決められていましたが、昨年の税理法の改正ではいしになり、当事者間で取り決めることになりました。


それにしても、25千円という金額はかなり安くなっています。
税理士に世話になった場合、お中元やお歳暮の時期に送るという習慣が従来からありますから、個人的にお礼をしたいのでしたら、そんな方法でよろしいかと思います。

ちなみに、以前の税理士報酬の資料として、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://members.aol.com/AoyagiTCO/syotoku_s.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考urlを提示して頂いて、参考になりました。税理士さんと、きちんと話し合って決めたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/31 00:12

お礼をされるのは、aki-kmさんのお気持ちでされることですから、するしないは自由ですよね。


また、知り合い料金でしてくれているのですから、「一般的な料金との差額をお礼で渡す」っていうのがいいのかどーか?
(税理士にとっては、そういうaki-kmさんのお気持ちだけで十分にありがたいでしょうし・・・)

一般的な相場料金っていうのも決まった額があるわけではありませんし、何かモノを買って贈られたらどうでしょうか?
そうすれば、感謝の気持ちを伝えられますし、また、aki-kmさんにとっては、接待交際費として経費計上でき、さらに課税仕入れになりますので消費税も少しは少なくできますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、差額を渡すのはおかしいですよね・・・。実は、昨年申告をした際に、余りにも安くしてくれていたので、主人と相談して、10万円を封筒に入れてお渡したら受け取られたので、今年はよくして頂いた分どの位渡せばいいのか分からなくなってしまて・・・。
でも、みなさんが回答してくださったように、きちんと契約をして、後はお中元などでお礼をしようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/31 00:31

個人事業で確定申告の作成料は、決算までできていると、そんなに高くありません。

とはいうもののうちだと、5,6万円ぐらいかなと思います。消費税は、まだ、納めなくてもいいのかな。
税理士も、儲からないことはしませんから、それほど難しい業種でないのかもしれません。でも、お礼を持ってこられる方もいますから、商品券などを送るのもいいかもしれません。

この回答への補足

早々の回答ありがとうございます。決算までしてるとはいえ、まだまだ慣れていないので修正することが多く、確定申告以外に消費税や、源泉徴収もしてくれています。ほかに、住宅融資の時に、貸借対照表を急きょ作成していただいた事もあります。安くしてもらうと申し訳なくて、現金をいくらか渡さなければと思っているのですが、相場がわからなくて・・・そういう事はあまりしないのでしょうか?

補足日時:2003/03/08 03:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士にお歳暮は?

今年、個人事業主から法人化することになったので、
個人のときから確定申告をお願いしていた税理士と
顧問契約を結ぶ事となりました。

それでなのですが、この場合、私のほーからお歳暮
などを贈ったほうがよいのでしょうか?

お歳暮、お中元などのシステムがイマイチ分からないので、
よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

こんにちは
自営業で、主人の父の代から引き続き同じ税理士さん(50代後半)にお願いしています。
ずっと、取引先として気持ちですがお中元お歳暮をしていましたが、
(お礼もなく、返礼もない)5年ほど前から辞めました。
以前は1回「月次資料」を取りに見え、その時お食事を出したり、別の場所で食事の場を設けたりしてました。
食事しながらいろいろお話が出来るし・・と言う感じだったので。
色々お話していて有能さがない事がわかって来ました。
かといって、先代からの付き合いもあり切れません。
で・・・ 辞めました 。
現在は、事務員さんが半年に1回づつ資料を取りに見えます。
実質こちらの方の方が我が家の内容を熟知されていますし、急ぎの案件も内々にお願いしておけば対応も早いですので、中元やお歳暮と言う形ではなくプレゼントみたいに後半分を取りに見えた時渡しています 笑。

同じく自営業の友人は、忘年会や新年会などにお誘いするだけで特にしていない様に聞きました。 

参考にならないかもしれませんが・・・。

Q税理士の方の敬称について

税理士の方へ手紙を出すとき、
田中さくら税理士の場合
 税理士 田中さくら様 あるいは
 田中さくら税理士様のどちらがよいのでしょうか?
お教えくださいますようお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

一般的には 「税理士 田中さくら様」もしくは、単に「田中さくら様」で良いですよ。
私の税理士さんにもそうしています。

Q税理士の「立会いの報酬」について教えてください。

質問場所がわからないので、こちらで問い合わせます。

現在、私は小さいマンションやモータープールなどの貸付業をしています。
今回、税務署から問い合わせ・調査があるというのですが、現在依頼している税理士は、「立ち会うと、かなりな金額を請求する」とのことです。

前に依頼していた税理士は、一度も調査はなかったのですが、昔、申告でのミスがあるということで、5,6時間直接立ち会ってくれましたが、その請求はありませんでした(無論、税理士の計算ミスもあったのですが)。

今回、何を調べにくるのかはっきりわかりませんが、税務署は「行っても来ても、どちらでもよい」とのことで、来てもらえば家内などもおらないと、来客時に対応できませんし、税理士への食事の段取りなど大変なので、とにかく所轄の税務署へ行くことにしました。

それで、細かなことでわからないことがあれば、また、来てもらい、そのときは税理士や会計担当者にも来てもらおうかと思っていますが、実際、税理士の立会いといったら、報酬規定はあるはずですが、実際の相場金額としては、一体、いくらくらいが妥当な支払い金額なのでしょうか?

私は申告内容にはきわめて自信を持っているのですが、もし税務署がごちゃごちゃ言うなら、税理士から聞いている高額の報酬分を、目をつむって税務署へ支払ったほうが、安あがりに思ったりするのですが、いかがなものでしょうか?まあ、この考えはむつかしいかな。

質問場所がわからないので、こちらで問い合わせます。

現在、私は小さいマンションやモータープールなどの貸付業をしています。
今回、税務署から問い合わせ・調査があるというのですが、現在依頼している税理士は、「立ち会うと、かなりな金額を請求する」とのことです。

前に依頼していた税理士は、一度も調査はなかったのですが、昔、申告でのミスがあるということで、5,6時間直接立ち会ってくれましたが、その請求はありませんでした(無論、税理士の計算ミスもあったのですが)。

今回、何を調べにくる...続きを読む

Aベストアンサー

>「立会いで名刺をかわしたら・・・
これはそんなものです。所長は挨拶と最後ぐらいでしょう。
無資格者でも十分応対できる規模ですし、無資格者として私自身も
従業員数50名程度の企業までは立ち会っていました。
だから立会無料で申告書作成料、質問者様の規模でしたら15万円位
を頂いてました。(法人消費税の修正の場合)

選ぶ税理士ですが、私のお勧めは、一般の税理士事務所です。
国税OBを選ばない理由は
・国税OBが出張るような折衝事項は質問者様には発生しない
・一人事務所形式のOBだと相性が合わなければまた探す必要があるからです。

ただ現状の顧問料はかなり割安ですので、同じ条件で引き受けてくれる
事務所があったとしても手厚いフォローが受けれるかというと
保証しかねるというのが正直な見解です。

Q税理士報酬の勘定科目

税理士報酬の勘定科目はなにが適切でしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

法人であれば「支払報酬」でしょう。

「支払手数料」でも悪くはないでしょうが、税理士や行政書士などの先生に支払ったものは「支払報酬」とするのが一般的です。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q謝礼金の処理について教えてください

お客様への商品やサービスの向上のため
お客様数人に足を運んでもらい座談会形式で意見を伺うことにしました。
その際、謝礼金を数千円お渡しする予定です。

このこと自体に問題ないか(給与所得になるからダメという人もいました)、あるいは何か注意する点はありますか。
また勘定科目や税金について、適切な処理の仕方を教えてください。

交際費として計上し、消費税非課税、源泉徴収なし でしょうか。
または、交際費以外の科目(原価の雑費など)で計上できますでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には販売促進費、仕入税額控除可、源泉徴収なしです。
ただし、そのためには、以下の条件を満たしていることが必要です。
(1)謝礼を渡すことが事前に明示されている。
(2)その金額が座談会参加の対価であることが明示されている。
(3)その金額が対価として妥当である。
措置法通達61の4(1)-8

これが満たされていれば、相手が情報提供の正当な対価として要求する金銭を支払うだけなので、交際費にはなりません。この条件を満たしていない場合、相手がもらうつもりでなかった金銭を渡す=プレゼントなので、交際費になります。
これは、私自身が経験し、国税局に直接事前確認をとり、その後継続的に行って税務署に認められている経理処理です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q税務調査を終えての対応について

先日、「税務調査について」このコーナーでいろいろ教えてもらったのですが、税務調査で私一人が、2回、所轄の税務署へ行ってきました。

そのなかで、大きなミス(内容はここでは控えさせてもらいますが、本来、利益計上せねばならないのを預かり金計上にしていた))が税理士の担当者にありました。

しかし、私にとってはあまりに金額が大きすぎる話なので、早急に帳簿担当者と、とにかく会うことにはしましたが、彼(もしくは税理士)がどういう意向をもってこういう記帳判断をしたのか、今の時点で理解できませんが、素人目の私でも「これは税務署に歩があるな」と思い戻ってきました。

この場合、それなりのミスであった場合、修正申告は「税務署で書きます」といってくれていますが、この税金の延滞金は税理士から弁償してもらえる(今のところは考えていませんが)のでしょうか?

それとも、こういう場合は依頼主の私が目をつむって支払うのでしょうか?

そもそも帳簿担当者の意見(税理士も含めて)も聞こうとは思いますが、彼は彼なりに今まで一生懸命やってきてくれているので、それだけにどうしたものか、まさかの重大なミスで悩んでいます。

しかし、こういうケースの場合は、税理士の変更(担当者の変更ではない)をペナルティとして、普通すべきでしょうか?

「調査立会いや修正申告にそれなりの費用を負担してもらう」と税理士が言う以上、「そちらのミスではないか」と私も内心言いたいし、年末にうっとうしいことだと思っています。

どう対処することが、依頼主の私としてはベストなのでしょうか?
初めての経験なので、教えてください。

先日、「税務調査について」このコーナーでいろいろ教えてもらったのですが、税務調査で私一人が、2回、所轄の税務署へ行ってきました。

そのなかで、大きなミス(内容はここでは控えさせてもらいますが、本来、利益計上せねばならないのを預かり金計上にしていた))が税理士の担当者にありました。

しかし、私にとってはあまりに金額が大きすぎる話なので、早急に帳簿担当者と、とにかく会うことにはしましたが、彼(もしくは税理士)がどういう意向をもってこういう記帳判断をしたのか、今の時点で理解でき...続きを読む

Aベストアンサー

礼金って「保証金」「敷金」と全く性質が違いますよね。
建物所有者から「借り手を捜してくれ」と依頼されてて、借り手を捜したら、お礼を貰ったということでしょうか。
どんな事情があっても「ありがとさん」という事で「お礼を払う」わけです。
ご質問者が「お礼」を貰ったなら、収入でしょうね。

おっしゃるように「なぜ預かり金になるのか?」私も不思議です。
落し物を拾ってあげて、謝礼を貰った際に「とりあえず預かっておきます」というのは社交儀礼ですよね。
お礼を貰う立場にないけど、なんだか知らんが感謝されてお金を受け取ってしまったというなら、仮受金か預かり金でしょうけど。

税理士事務所の職員がまるっきり、取り違えてたのでしょう。
税務署だ、法律だ、税理士だという話の前に常識的に「お礼」は収入ですよね。
不動産賃貸業をしてるというなら、当然に「売上」です。

契約成立後、すぐに解約されてしまった場合などで「あのさ、御礼したけど、返してくれる?」という場合がありえるでしょうが、とりあえずは「収入」として計上するのが当たり前です。
返金請求をされる、あるいは精算を前提として勘定科目を設定することが変です。

「売上計上するのが当たり前なのに、預かり金計上したので、売上除外になってしまった」訳です。
冗談ではありませんね。
税理士に損害賠償請求しましょ。
具体的な延滞税額と加算税額を負担するよう請求して、払ってこなかったら顧問報酬と相殺すれば良いだけです。
「あの事務員がいるなら、貴方には依頼できない」と顧問契約を解除してもよいと思います。

礼金って「保証金」「敷金」と全く性質が違いますよね。
建物所有者から「借り手を捜してくれ」と依頼されてて、借り手を捜したら、お礼を貰ったということでしょうか。
どんな事情があっても「ありがとさん」という事で「お礼を払う」わけです。
ご質問者が「お礼」を貰ったなら、収入でしょうね。

おっしゃるように「なぜ預かり金になるのか?」私も不思議です。
落し物を拾ってあげて、謝礼を貰った際に「とりあえず預かっておきます」というのは社交儀礼ですよね。
お礼を貰う立場にないけど、なんだか知らん...続きを読む

Q事故の保険金が入金された際の仕訳?

経理のことで、質問いたします。
勘定科目は、この場合どうなりますでしょうか?

今年社内で事故があり、社員の方が入院しました。
それに伴って、かけていた保険から先日見舞金が入金されたのですが、この場合の仕訳は・・

当座預金 △△△   受取保険料 △△△

となると思うのですが、会計ソフトに「受取保険料」の項目がない場合、
貸方は「保険料」と「雑収入」のどちらが適切でしょうか。
もしくは、何か他の勘定で処理するのでしょうか・・
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 ソフトにある科目「保険料」はご存知のように「(支払)保険料」のことを指します。「保険料」を貸し方にもってくると以前の支払保険料を取り消す仕訳になってしまいます。
 保険会社であれば、お客さんから受け取る場合は「保険料収入」(売上)となりますが、その他一般企業では、受け取る場合は保険料でなくて「保険金」ですね。
 しかし、「保険金」の科目はないでしょうから、「雑収入」でいいと思います。

Qお客様への菓子折りの勘定科目を教えて下さい。

初歩的な質問になりますが、
お客様に、従業員がお渡しする、お詫びの菓子折り代としての費用は、接待交際費か雑費か教えて頂けないでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少額であれば、どちらでも構わないと思いますが、接待交際費で処理するのが一般的です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング