古典に出てくる漢字の読み方で、
「夏は来ぬ」と「夏ぞ来ぬ」で、「来」の読み方がそれぞれ違うのは
なぜですか?
後者は、係り結びの法則が関係しているのでは?と思うんですけど
イマイチ繋がりが分かりませんでした。
出来れば、2文の意味まで添えて答えていただくと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.「夏は来ぬ。


 文が終わっているので文末の「ぬ」は終止形。終止形で「ぬ」となる助動詞は「完了」の意味の「ぬ」。「完了の『ぬ』」の直前は連用形になるので、「来(く)」は連用形の「き」になる。「夏は来た。」「夏になった。」
2.「夏ぞ来ぬ。」
 文中に係助詞「ぞ」があるので文末は連体形。連体形で「ぬ」となる助動詞は「打消」の意味の「ず」。「打消の『ず』」の直前は未然形なので、「来(く)」は未然形の「こ」になる。「夏が来ない。」「ぞ」は強意といっても弱いので、訳すときは無視してよい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
解決しました。

お礼日時:2009/05/11 22:10

>後者は、係り結びの法則が関係しているのでは?と思うんですけど



その通りです。従って「夏ぞ来ぬ」の「ぬ」は連体形。
連体形が「ぬ」になる。助動詞は打ち消しの「ず」。
終止形にすると「なつは来ず(ナツワコズ)」。
で、「夏ぞ来ぬ」の「来」は未然形で「コ」と読みます。
意味は「来ないんだよ夏が」

「夏は来ぬ」の「ぬ」は終止形、完了の助動詞。
「来」は連用形で、「キ」と読む。
「夏は来ちゃったぞ」
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「来」の読み方

こんばんは.
質問があるので,よろしくお願い致します.

Q1,手にうち入れて,家へ持ちて「来ぬ].
の文の[来」ですがどうして読み方が[き」になるのでしょうか.
私は[こ」だと思いました.
「ぬ」は「ず」を変えた形ですか・

よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

国語でもこんにちは。

A) 次の手順で考えます。まず、一番のポイントになるのは、

1.この例文の「来ぬ」が文末にあることです。

2.文末にあるので、この「来ぬ」は.終止形であるということです。

3.「ぬ」は助動詞の終止形の形だということです。

4.「ぬ」で考えられる助動詞は打消しの「ず」か、完了の「ぬ」になります。

5.「ず」の終止形は「ず」、「ぬ」の終止形は「ぬ」

6.従って、この「ぬ」は完了の「ぬ」の終止形ということになります。

7.完了の「ぬ」は動詞の連用形に接続します。

8.「来」の連用形は「き」と発音されます。

9.従って、ここでは「きぬ」と発音されます。

10.例:
秋は来ぬ。(きぬ)
「秋は来た」




B) ちなみに「来ぬ」を打消しとする場合は、以下の条件になります。

1.打消しの助動詞「ず」が「ぬ」と活用するのは、連体形です。

2.連体形は体言を修飾しますから、その後に体言(名詞)があるはずです。

3.あるいは、
「詠嘆の連体形止め」
「格助詞「の」+連体形止め」
「疑問・反語の意味を表す係助詞「や・か」に接続する連体形」
といった特殊な表現方法になっているはずです。これは文脈で判断します。

4.打ち消しの「ず」は動詞の連体形に接続します。

5.「来」の連体形は「こ」と発音されます。

6.従って、ここでは「こぬ」と発音されます。

7.例:
来ぬ客(こぬ)
「来ない客」

客の来ぬ(こぬ)
「客が来ないなあ」詠嘆の連体形止め

客は来ぬや(こぬ)
「客は来ないのか」疑問の係助詞「や」に接続する場合の連体形

*客は来ぬるや(きぬる)
「客は来たのか」
「ぬる」は完了の助動詞「ぬ」の連体形なので、「来ぬや」と違いに注意。

以上ご参考までに。

国語でもこんにちは。

A) 次の手順で考えます。まず、一番のポイントになるのは、

1.この例文の「来ぬ」が文末にあることです。

2.文末にあるので、この「来ぬ」は.終止形であるということです。

3.「ぬ」は助動詞の終止形の形だということです。

4.「ぬ」で考えられる助動詞は打消しの「ず」か、完了の「ぬ」になります。

5.「ず」の終止形は「ず」、「ぬ」の終止形は「ぬ」

6.従って、この「ぬ」は完了の「ぬ」の終止形ということになります。

7.完了の「ぬ」は動詞の連...続きを読む

Q古文の活用形が全く理解できない

高校生です、中学から授業は全く身につかず、
今、古文の勉強をしているんですが、国語の先生に「~であるから、下二段の連用形なので~」と言われても一人「?」と理解できてません
四段活用とか、す、さし、す、すれとか何の事か全くわかりません
先生に聞こうにも「このレベルも理解できないなら塾や家庭教師を頼んだ方が・・」といわれる始末です。
独学で学べたらいいのですが・・・活用形っていったいなんですか?四段活用とか・・。教科書に表が掲載してるだけで意味が全く分かりません
また。古文初心者でも理解できるサイトはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:あとに「たり」「て」がつく。
   例:書き「たり」
終止:その言葉でおわる。
   例:書く「。」
連体:あとに名詞が続く。
   例:書く「人」、書く「物」など
已然:あとに「~バ」がつく。
   例:書け「ば」
命令:命令の言葉をあらわす。
   例:書け「!」

とまあ長い説明になってしまいましたが、これは

四段活用  

です。

これも覚えてしまってください。

「書く」の「か」のあとに

か き く く け け

これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。

これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。

あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。僕も古典は得意ではないです。お互いがんばりましょうね!

以上参考までに。 

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:...続きを読む

Q活用形について教えてください!!

(1)ありけり。 (2)ありず、 (3)あり。 (4)ありける。 古典の質問で、「あり」をそれぞれ適当な形に活用させよ。という問題
があります。私は、(1)あり(2)あら(3)あり(4)あり にしたのですが・・・(4)が特にわかりません。

また、それぞれの活用形を答える問題で、(1)連用形(2)未然形(3)終止形(4)連用形 にしたのですが、
昔から古典が苦手で、わからなくて・・本当にすいません。詳しく教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

ご質問中の解答はすべて正解です。
「あり」は以下のように活用します。

あり(自動詞・ラ行変格活用)
形式名 活用形 {下接語例}
未然形 あ・ら {ズ}
連用形 あ・り {ケリ}
終止形 あ・り {。}
連体形 あ・る {コト}
已然形 あ・れ {ドモ}
命令形 あ・れ {。}

(4)の「ける」は助動詞「けり」の連体形ですから、(1)と同じで連用形につきます。ですから「ありける」で正解です。

Q動詞・形容詞・形容動詞 活用

こんにちは
わからない活用の仕方がありました。よろしくお願い致します。

(1)[入れ]て →ラ行四段だと思ったのですが,ラ行下二段でした。
らりるるれれ ではないのでしょうか。

(2)髪[上げ]させ→ガ行下一段だと思いましたが下二段でした。
なぜでしょうか。

(3)勢いの[猛]の→なぜナリ活用なのでしょうか

解説お願い致します。

Aベストアンサー

古典文法は入門期からなかなかたいへんですね。

(1) 現代語でも「入る」と「入れる」は別の単語です。
  自動詞と他動詞のちがいですね。
  私が風呂に入る/旦那が子どもを風呂に入れる
  「~を」が出てくるのが他動詞です。
  この場合は他動詞のほうなんです。
  それは、「て」に続く「入れ」とエ段音になっていることからわかります。
  つまり、「入れず/入れて/入る(いる)/入るる時/入るれば/入れよ」となります。

(2)古典文法で下一段活用の動詞は「蹴る」(カ行下一段)しかないのです。覚えておきましょう。

(3)これは難問です。わからなくても平気ですが、一応解説を。
 まず、例文の意味は、勢い「盛んな」(者になった)、ということですね。
 「猛の」は「盛んな」という意味で、なんだか形容動詞らしい感じがしませんか?
 実は、ほかの例文を調べてみると、この単語は、
 「猛なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ」と活用しているのです。(このことを知らないと判断は難しい)
 さらに、ナリ活用の形容詞は「語幹」だけで使われる場合があり、
 たとえば「の」に続いて名詞を修飾する場合があるのです。
 形容動詞の語幹の用法と言います。
 現代でも「あー静か!」とか語幹だけで使う場合がありすが、
 古典でもそのような用法があるのです。
 

古典文法は入門期からなかなかたいへんですね。

(1) 現代語でも「入る」と「入れる」は別の単語です。
  自動詞と他動詞のちがいですね。
  私が風呂に入る/旦那が子どもを風呂に入れる
  「~を」が出てくるのが他動詞です。
  この場合は他動詞のほうなんです。
  それは、「て」に続く「入れ」とエ段音になっていることからわかります。
  つまり、「入れず/入れて/入る(いる)/入るる時/入るれば/入れよ」となります。

(2)古典文法で下一段活用の動詞は「蹴る」(カ行下一段)し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報