古典に出てくる漢字の読み方で、
「夏は来ぬ」と「夏ぞ来ぬ」で、「来」の読み方がそれぞれ違うのは
なぜですか?
後者は、係り結びの法則が関係しているのでは?と思うんですけど
イマイチ繋がりが分かりませんでした。
出来れば、2文の意味まで添えて答えていただくと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.「夏は来ぬ。


 文が終わっているので文末の「ぬ」は終止形。終止形で「ぬ」となる助動詞は「完了」の意味の「ぬ」。「完了の『ぬ』」の直前は連用形になるので、「来(く)」は連用形の「き」になる。「夏は来た。」「夏になった。」
2.「夏ぞ来ぬ。」
 文中に係助詞「ぞ」があるので文末は連体形。連体形で「ぬ」となる助動詞は「打消」の意味の「ず」。「打消の『ず』」の直前は未然形なので、「来(く)」は未然形の「こ」になる。「夏が来ない。」「ぞ」は強意といっても弱いので、訳すときは無視してよい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
解決しました。

お礼日時:2009/05/11 22:10

>後者は、係り結びの法則が関係しているのでは?と思うんですけど



その通りです。従って「夏ぞ来ぬ」の「ぬ」は連体形。
連体形が「ぬ」になる。助動詞は打ち消しの「ず」。
終止形にすると「なつは来ず(ナツワコズ)」。
で、「夏ぞ来ぬ」の「来」は未然形で「コ」と読みます。
意味は「来ないんだよ夏が」

「夏は来ぬ」の「ぬ」は終止形、完了の助動詞。
「来」は連用形で、「キ」と読む。
「夏は来ちゃったぞ」
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問は二つです。1不利益になるものをうまく活用すること、を意味すること

質問は二つです。1不利益になるものをうまく活用すること、を意味することわざや四字熟語で教えてください2理由を「これだ」と決めつけること。を意味する言葉で何かいい日本語ありますか?

Aベストアンサー

どちらもちょっとずれてるかも知れませんが…

1.
他山の石(自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。質の悪い石でも玉(=高価な石、宝石?)を磨くのに役立つということから)

2.
本当はその理由じゃないのに理由を「これだ」と決めつけるという意味であれば「早合点」あるいは「早とちり」

参考になれば幸いです。

Q係り結びとは? 係り結びの見つけ方

係り結びとは? 係り結びの見つけ方

について高校入試レベルでお願いします。

Aベストアンサー

ぞ、なむ、や、か、こその5つが係り結びの助詞で、ぞ、なむ、や、か が来たら、連体形を意識し、こそがきたら已然形を意識して読み進みます。そしてこれに突き当たってほっとするのです。

Q古典の活用が意味不明です(未然 連用 終止 連帯 已然 命令)

古典の活用が意味不明です(未然 連用 終止 連帯 已然 命令)
たとえば
Q土に「     」むとす。(落つ)
()の中の動詞を適当な形になおして書き入れよ。
という問題などはどうやって解けばいいのでしょうか

Aベストアンサー

まず「」の直後にある「むとす」を単語に分けます。

助動詞「む」の終止形と
助詞「と」、サ変動詞「す」の終止形ですね。

その中で、「」の直後にある単語に注目します。
ここでは助動詞「む」でしたね。

助動詞「む」は必ず未然形の活用語に接続するので、
問の「」に入る動詞も未然形になります。

以上のように、動詞を「適当な形(=活用形)」にする際は
直後の単語に注目する事に加え、
活用パターンや直前の語の活用形を覚える必要があります。
がんばってね。

Q"ご参考になされましたら幸いです。"と"ご参考になられましたら幸いです。"どちらが正しい?

敬語の質問です。
"ご参考になされましたら幸いです。"と
"ご参考になられましたら幸いです。"
どちらが正しい?もしくはどちらも間違い?

妻と論争になっています。

Aベストアンサー

こんにちは。

2つとも誤りです。

「ご参考になりましたら幸いです」(#2様のご回答)
あるいは、
「ご参考になさってください」(柔らかい命令)
が適切です。



"ご参考になされましたら幸いです。"
  ↓
文法的には合っていますが、こういう敬語表現はありません。
理屈云々ではなく、型として誤りであると考えてください。
私の個人的見解では、この表現は押し付けがましく、くどい語感があるように思います。
(ちなみに、省略されている部分を足すと、
「あなた様が○○をご参考になされましたら、私は幸いです。」
となります。つまり、文法的には合っています。)


"ご参考になられましたら幸いです。"
  ↓
これも文法的には合っていますが、敬語としては明らかに誤りです。
省略されている部分を足すと、
「○○がご参考になられましたら幸いです。」
となります。
ここで○○は、自分が提示した物・情報等です。
「○○がご参考になられる」という表現は、○○を尊敬していることになります。
それでは変ですよね?


以上、ご参考になりましたら。

こんにちは。

2つとも誤りです。

「ご参考になりましたら幸いです」(#2様のご回答)
あるいは、
「ご参考になさってください」(柔らかい命令)
が適切です。



"ご参考になされましたら幸いです。"
  ↓
文法的には合っていますが、こういう敬語表現はありません。
理屈云々ではなく、型として誤りであると考えてください。
私の個人的見解では、この表現は押し付けがましく、くどい語感があるように思います。
(ちなみに、省略されている部分を足すと、
「あなた様が○○をご参考になさ...続きを読む

Q「レインテンシ」の英語表記・意味・活用等を詳しく教えてください

脳裏に突如「レインテンシ」という言葉が浮かんできたのですが、それの意味が分かりません。
e-words.jpで検索しても、Hitしませんでした。
http://e-words.jp/?w=%83%8C%83C%83%93%83e%83%93%83V

以前、誰かから聞いたような気がするのですが、いまいちパッとしないのです。
どうか、英語表記・意味・活用等、詳しく教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

レイテンシは、コンピュータ用語の中でも
単に待たされる時間的な用法で、使われるようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Latency

比較的、よく性能比較等で使われるとすれば、
(Worst Time ) Interrupt Latency
で、割り込みで反応できない(遅延される)時間、
Worst Time では、その最悪値を 組み込み用OSの
性能のひとつの指標にもされたりします。

LinuxOSでも、リアルタイム性を持たせるために
Low Latency Patchなどもあるようです。
http://www.atmarkit.co.jp/fembedded/rtos03/rtos03b.html

Qこの古典かなの読み方を教えて下さい。

画像をUPしましたので読みかなを教えて下さい。できれば意味を教えて頂ければ有難いです。

Aベストアンサー

調べると「あらばち」という読みが出てきました。
意味は…ちょっと書きにくいです。
http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPR4i8.oBVSAMA5FmJBtF7?p=%E6%96%B0%E9%96%8B+%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%B0%E3%81%A1&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

全然違う言葉でしたらごめんなさい。

Q言葉の意味と活用法

こんばんは.
国語でわからないことがありました.よろしくお願い致します。

Q1:「兵だつ」という語句の意味がわかりませんでした。
 兵→武士ということ
 だつ→・・??

Q2:早う、童には[あら]で、太刀抜きたる者にこそあり けれ。
の[あら]を活用するにはどうしたらよいでしょうか。
終止形がわかりません。

Q3:思ひて、頭打ち割られぬと「おぼえ」ければ、
→文中の「おぼえ」の終止形は「覚える」「覚ゆ」
どちらが正しいでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します

Aベストアンサー

はじめまして。

1.「兵だつ」という語句の意味:
(1)兵:「つわもの」と読みます。ご想像の通り「武士」「侍」です。

(2)だつ:「~のように見える」

(3)兵だつ:「武士のような」


2.「あら」の活用:
(1)「あらで」:断定の助動詞「ある」の未然形+打消しの接続助詞「で」

(2)意味:「(子供では)なくて」

(3)あらの活用:あら・あり・ある・ある・あれ・あれ

(4)終止形は「ある」です。


3.「おぼえ」ければ:
(1)「覚ゆ」が正しいです。

(2)完了の助動詞「けり」の已然形「けれ」が接続していることから、この「覚え」は、下二段活用の「覚ゆ」となり、この「覚え」は連用形となります。

(3)下二段の「覚ゆ」は「思い出す」という意味になります。

以上ご参考までに。

Q古典 ぬ(打ち消し)+なり ってできるの?

ウチの教師が作った例文ですが、

明けはてぬなり

打ち消し助動詞「ず」の連体形+断定の助動詞「なり」
or
完了助動詞「ぬ」の終止形+推定助動詞「なり」

のどちらからしいです。下段のほうは理解できます。

上段のほうがメジャーというらしいのですが、

助動詞の「なり」が「ず」に接続するときに、なぜ「ぬ」に接続できるのかをおしえてください。

どうして、「ざる なり」ではなく「ぬ なり」なのでしょうか

(その教師とはちょっとわけあって質問できない立場にあります)

Aベストアンサー

 「ぬ」は「ず」の連体形なので、「こと」などを補って
「明けはてぬことなり」
ということでしょう。一般的な連体中止法です。
 「ざら、ざり、ざる、ざれ」というのは、主に漢文訓読に使われた用法で、鎌倉時代という、武家政権の勢力がじわじわと浸透していったころから「ゴツくて男っぽくてカッコイイ」ので広まり始めましたが、やはり「漢文訓読調の重々しい文にしよう」というときに使われています。「見ぬ言わぬ聞かぬ」ではなく「見ざる言わざる聞かざる」、「許されぬ者」ではなく「許されざる者」ですね。

:完了助動詞「ぬ」の終止形+推定助動詞「なり」のほうは理解できます。

 理解してはいけません。推定助動詞「なり」は、音声情報による推定です。「音(ね)あり」が語源とも言われているくらいです(諸説あり)。この場合「明けはて」で「夜がすっかり明けた」という視覚情報なので、推定の文ならば「明けはてぬめり」でしょう。「めり」は「目有り」が語源といわれる「視覚による推定の助動詞」です。

Q至急お願いします!竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の助動詞と助動詞の活用と意味を教えていただきたいで

至急お願いします!竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の助動詞と助動詞の活用と意味を教えていただきたいです。何個あるかもわからないのでお願いします。

文は、
八月十五日ばかりの月に出でいて、かぐや姫、いといたく泣きたまふ。人目も、今はつつみたまはず泣きたまふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひ 騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ、「さきざきも申さむと思ひしかども、かならず心惑はしたまはむものぞと思ひて、今まで過ごしはべりつるなり。さのみやはとて、うち出ではべりぬるぞ。おのが身は、この国の人にもあらず。月の都の人なり。それをなむ、昔の契りありけるによりてなむ、この世界にはまうで来たりける。今は、帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かの元の国より、迎へに人々まうで来むず。さらずまかりぬべければ、思し嘆かむが悲しきことを、この春より、思ひ嘆きはべるなり。」と言ひて、いみじく泣くを、翁、「こは、なでふことをのたまふぞ。竹の中より見つけきこえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、わが丈立ち並ぶまで養ひたてまつりたるわが子を、何人か迎へきこえむ。まさに許さむや。」と言ひて、「われこそ死なめ。」とて泣きののしること、いと堪へがたげなり。
かぐや姫のいはく、「月の都の人にて父母あり。かた時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年を経ぬるになむありける。かの国の父母のこともおぼえず。ここには、かく久しく遊びきこえて、慣らひたてまつれり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。されど、おのが心ならずまかりなむとする。」と言ひて、もろともにいみじう泣く。使はるる人も、年ごろ慣らひて、立ち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見慣らひて、恋しからむことの堪へがたく、湯水飲まれず、同じ心に嘆かしがりけり。

です。長くてすいませんがよろしくお願いします。

至急お願いします!竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」の助動詞と助動詞の活用と意味を教えていただきたいです。何個あるかもわからないのでお願いします。

文は、
八月十五日ばかりの月に出でいて、かぐや姫、いといたく泣きたまふ。人目も、今はつつみたまはず泣きたまふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひ 騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ、「さきざきも申さむと思ひしかども、かならず心惑はしたまはむものぞと思ひて、今まで過ごしはべりつるなり。さのみやはとて、うち出ではべりぬるぞ。おのが身は...続きを読む

Aベストアンサー

八月十五日ばかりの月に出でいて、かぐや姫、いといたく泣きたまふ。人目も、今はつつみたまは①ず 泣きたまふ。これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひ 騒ぐ。かぐや姫、泣く泣く言ふ、「さきざきも申さ②む  と思ひ③しか ども、かなら④ず 心惑はしたまは ⑤むものぞと思ひて、今まで過ごしはべり⑥つる⑦なり。さのみやはとて、うち出ではべり⑧ぬる ぞ。おのが身は、この国の人にもあら⑨ず。月の都の人⑩なり。それをなむ、昔の契りあり⑪けるによりてなむ、この世界にはまうで来⑫たり⑬ける。今は、帰る⑭べきになり⑮に⑯ければ、この月の十五日に、かの元の国より、迎へに人々まうで来⑰むず。さら⑱ず まかり⑲ぬ⑳べければ、

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格


人気Q&Aランキング

おすすめ情報