旗竿状になっている土地に住んでいます。
竿の部分は位置指定道路で,それに接する形で右側に3軒並んでいます。道路の左側はもともと住宅が建っていて,塀がありお互いに行き来できません。道路の突き当たりは畑で地主さんの家と隣接しています。
3軒とも同じ大手ハウスメーカーの建築条件付の土地であり,面する位置指定道路の持分は3分の1ずつです。
昨年,購入する際に,「道路はこの3軒で3分の1ずつ持分があるのだからトラブルは起きません」と言われ,ハウスメーカーの用意した,道路の持分3分の1と修繕の際は協力して直すと書かれた重要事項説明書にサインしました。

ところが,地主さんが奥の土地を売りに出すことになり,同じハウスメーカーの系列の不動産屋が扱うことになりました。奥の土地に家を建設すればこの道路を通るしかありません。しかし,ハウスメーカー側からは何の説明もなく,先日地主さんとの立ち話で「(この道路の)持分をハウスメーカーから分けてもらった」というので,びっくりして確認したところ,説明に現れて,口頭のみで「遅くなってスミマセン。ご理解ください」と言うのです。

そこで教えていただきたいのですが,

・昨年作ったばかりの重要事項説明書を無視して,後から口頭での話し合い?なんてありえるのか?
・今年の固定資産税は,家の分しか来なかったのですが,位置指定道路については税金はどうなっているのですか?重要事項説明書には,道路の3分の1の所有権を持つと書いてありますが,道路分の登記簿の写しが付いていませんでした。
・特に取り決めなしで奥に家が建った場合,奥の土地に建つ家の人の通行権はどの程度まで守られるのか?(人?車も?)
・奥の土地を購入する人に,持分を4分の1にするよう,新たに4軒で契約書を交わせるか?(道路の修繕費がかかるので)
・土地を扱う不動産屋に道路の修繕費等のことがあるので,道路についての取り決めがあると,買いたい人に説明してもらうよう,お願いできるか?
・仮に奥の土地の人が悪い?人で,通行権のみを主張した場合,こちらが取れる対抗手段は何か?(それがしたくないので事前に書面で約束をしたいのですが・・・)
・書面は司法書士にお願いしたほうが,文面に抜けがないでしょうか?費用の面が心配なので,自分達で作成する場合に参考にできるサイトがあれば教えてください。



同じハウスメーカーが関わっているにもかかわらず,売ってしまったら売りっぱなしの態度には腹が立ちますが,法律上は特に問題なさそうなので,悔しいです。何とか自衛策を講じていきたいと思っておりますので,お知恵をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1です。


宅地建物取引業法では重要事項説明書において、「私道の負担に関する事項」は説明しなければならないし、重要事項説明書で不実の事を告げたり故意に重大な事実を告げなかったりしてはいけない、という事が規定されています。
今回の件は重要事項説明書の内容と違うわけですよね?「道路の持分は3軒で1/3ずつ」と言っていたのに業者の持分もあった、というのは大きな問題ではないかと思いますが。
実際に宅地建物取引業法に抵触するのかどうかについては、具体的なものを見てないのでわかりませんが、監督官庁に相談してみるのも一つの方法かもしれません。宅地建物取引業者についての監督は県が窓口になります。県庁や県の出先機関などで聞いてみてください。

業法的に問題があるかどうかは別にして、新しく家が建つ事に伴う協定書の変更については、業者にとりまとめてもらえばいいのではないでしょうか。それくらいはすると思いますけど。

道路を作る工事費などは、もちろんお買いになった宅地の値段に含まれているはずですが、お買いになったのはあくまでも宅地であり道路の分は値段も出てないでしょうし、金銭的負担の交渉は難しいように思います。

ところで今回の件は、道路の持ち分が説明と違っていた、という事でお怒りの気持ちもわかりますが、4軒目の方ときちんと協定書を交わせれば大きな問題ではないと思います。また、奥の畑への進入路がその道しかなかったのであれば、避けては通れない問題だと思います。
まずは、4軒目との新たな協定書をきちんと交わせるように業者をうまく利用するのが先決ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
道路の登記簿を取ってみて,新事実が発覚しました。

持分が1軒目→3分の1
   2軒目→3分の1
   3軒目→6分の1
   地主 →6分の1
となっていたのです。

1軒目,2軒目については問題ないのですが,つい先月入居した3軒目は,昨年の12月に持分3分の1という重要事項説明書にサインしています。説明書の内容は1,2軒目と同じです。
しかし,6分の1の登記は今年の4月になされています。その3日後に地主の6分の1も登記されています。
これは,重要事項説明書と登記の内容が違っているということですよね。素人が考えてもおかしいことなので,県の関係機関に相談してみることにします。

協定書の変更については,初めは渋っていましたが,作ってくることを約束しましたので,それを待ってみます。

そうですよね,一番の願いはご近所の円満な付き合いですので,金銭的なことはあまり考えていないのですが,ちょっと聞いてみたかったので,書いてみました。

ちなみに奥の畑は広くて一方は公道に面しています。広すぎると売れないようなので,公道に面した土地と,我が家の側の位置指定道路に面した土地に分割したのです。作ろうと思えば,その土地の端っこに公道に出ることのできる私道を作れるはずなのに,それをしなかった上に挨拶もなかったので,なんだかなぁ~といった気持ちです。

色々相談に乗っていただきまして,ありがとうございました。
4軒の協定書作りに向けて,がんばります。

お礼日時:2009/05/15 00:19

no2です。


http://www.kindaika.jp/q_and_a/buy/detail/03.shtml
参考にしてください。
貴方が購入した当時は3人のみの利用を前提としていたので、重要事項説明の違反にはならないと私は思います。
業者の説明不足は否めませんが。
私道分としてのお金は計算されているのでしょうか?
土地代金÷(私道面積+有効面積)・・A
土地代金÷有効面積・・Bで坪単価を出します。
近隣の坪単価がA・Bどちらに近いかを検討すれば私道部分の扱いが分かると思います。まず、他の区画の二人の金額を計算してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
詳細は,NO1の方のお礼につけました。
登記簿を取ってみて,1.2軒目の重要事項説明書に問題はありませんでした。3軒目はかなり怪しいですが・・・。

坪単価については,旗竿地だったこともあり,
近隣>Bですので,お金については,図々しいですよね。すみません。
いきさつは色々ありましたが,
道路の修繕費が3分の1から4分の1になるのでありがたいと思ったほうがいいですよね。
協定書作りに向けて,がんばります。

色々と教えてくださり,ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 00:42

no1の方に補足します。


奥の人の通行権ですが、裁判をすれば貴方が勝ちます。判例があります。しかし、普通は話し合いで解決するものです。不動産業者が悪い。

問題は修繕の問題だけですよね。四分割しましょう。

この回答への補足

u2u2u2様
補足ありがとうございます。
やはり不動産業者が悪いですよね。だれもが知っている大手なので安心していたので,まさかこんなことになるとは思っていませんでした。
NO1の方の補足に追加の質問をさせていただきましたので,引き続きご回答くださるとうれしいです。よろしくお願い致します。

補足日時:2009/05/12 22:37
    • good
    • 0

・重要事項説明書に間違い、不備があったとしても、それは業者の宅建業法上の問題であり第三者には関係ありませんので、畑の所有者あるいは家を建てる人と話し合いが必要かと思います。

しかし業者の責任は追及すべきでしょう。
・位置指定道路に限らず道路であれば一般的には固定資産税は非課税です。道路の持ち分がどうなっているのか?早急に登記簿を確認すべきでしょう。
・位置指定道路になっているならば、通行は認められるものと思います。
・新たに4軒で取り決めを交わした方がいいし、ハウスメーカー及びその系列の不動産屋に協力させるべきと思います。文面についても作らせたら良いと思います。

この回答への補足

0621p様

すばやいご回答ありがとうございます。
早速,登記簿を確認します。
追加で質問なのですが,

重要事項説明書に間違い,不備があった場合は業者の宅建業法上の問題とありましたが,具体的に宅建業法上で問題となるのはどんな点でしょうか?

業者の責任は追及できますよね?その場合,具体的にどんなことなら要求できますか?
気になるのが,
家を購入した際に道路も新しく作って,ついてきた感じだったので,分譲の値段に道路の価格も入っているのだと思われます。(道路の値段はどこにも書かれていませんが)そうなると,持分を3分の1から4分の1に減らす時にハウスメーカーまたは新しく入る方に金銭的な負担を求めることは可能でしょうか?新しい方にお願いするのはもめそうな気もするので嫌なのですが,ハウスメーカーには言ってやりたい気もします。

週末には話し合いを持ちたいといわれているので,できるだけ情報を集めておきたい状態です。ご面倒ですが,よろしくお願い致します。

補足日時:2009/05/12 22:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旗竿地の竿の部分が共有地の購入について

土地の購入を検討しています。
検討している土地は旗竿地(ここではBとします)で、
価格交渉の上、予算にだいぶ近づいたので
契約寸前のところに来ています。

が・・・・

売主から旗竿地の一部を共有地にしたいと申し出がありました。
接道から伸びている旗竿部分の手前5メートル程を
手前の土地(ここではAとします)の車の出入りを考え、共有にしたいそうなのです。
Aは接道からの直接の出入りが高低差があり難しいので、
旗竿の部分を通らないと、現実的に厳しいと測量して気付いたそうで・・・・・

我が家は旗竿部分を駐車場として利用しようと思っていたため、
この申し出にはかなり不満があります。
土地の面積が減るだけでなく、共有ともなれば
後々、お隣さん(A)との出入りのトラブルや、今後、増築、建て替えなどの
時のことも考え不安になるばかりです。

ちなみに、ここは2区画分譲のため、今現在はまだどちらも買い手がついていません。
旗竿が共有というのは、条件的にやめた方が無難でしょうか?
また、もし購入する場合、前もって条件として決めておいた方が良いことなど
ありますか?

立地は申し分なく、滅多に売地が出ないエリアだけに迷っています。

ちなみに、旗竿部分の長さは13メートルほどあり(接道から13メートルで
Bの土地の入り口にぶつかります)
道幅は約4メートルです。

土地の購入を検討しています。
検討している土地は旗竿地(ここではBとします)で、
価格交渉の上、予算にだいぶ近づいたので
契約寸前のところに来ています。

が・・・・

売主から旗竿地の一部を共有地にしたいと申し出がありました。
接道から伸びている旗竿部分の手前5メートル程を
手前の土地(ここではAとします)の車の出入りを考え、共有にしたいそうなのです。
Aは接道からの直接の出入りが高低差があり難しいので、
旗竿の部分を通らないと、現実的に厳しいと測量して気付いたそうで・・・・・

我が...続きを読む

Aベストアンサー

旗竿部分を駐車場として利用しようと思っていると言うことは、みなし道路ではないのですね。入り口に門扉を取り付けることにしたいのですね。しかし、共有地の土地に門扉をつけることは出来ないのではないでしょうか。門扉が取り付けられない道幅4mの旗竿はみなし道路になってしまうのではないですか。みなし道路であっても地下工事には共有者双方の許可が必要になります。旗竿部分の固定資産税は双方で支払うのですか。それとも、道路として税金免除してもらうことにするのですか。

いずれにしても、土地購入時に覚え書きで条件を付けても、代変わりしたり別人になると分らなくなってしまいます。もし、その土地を相続人が売却する時に大きな不利益を受ける可能性があります。場合によっては土地共有者の悪意でライフラインを断たれてしまい二束三文で取られてしまうかも知れません。今の貴方はその土地が欲しくてたまらないので共有でも良いと思っても、ここで妥協すると大きな禍根を将来に残すことになりかねません。

Q共有している私道について

質問させていただきます。

我が家は私道(4m以下)と公道に面しており、私道側のほうに門があります。
その私道は私道を囲む周りの4軒にて共有するという形(登記簿にその旨記載あり)で30年程前に私道の地主に対して1/4づつ支払い共有しておりました。
※支払った後も登記簿上は地主の名義のままで地主が「ここは名義はうちなんだからね」と忘れた頃に促しに来ていました。

最近4件の中の1軒が家の建て替えのために
周りの3軒には何の断りもなく地主(登記簿の名義人)と内密にやり取りし、
私道の名義(登記簿上の仮名義)をお金を払い購入した事が発覚しました。
理由は接道義務の要件を満たせないからです。

我が家にはその私道側に駐車場がありますし、門もあります。
30年程前ではありますが『4軒で共有する』という私道であったにもかかわらず登記簿の地主と内密にやり取りし、勝手に仮名義人になるという事は法律的に許されるのでしょうか?

現在その建て替えをする家主が「この私道をふさぐ」とか「この私道はうちのものだ」と言い張っており、近隣の住人も含め非常に困っております。
どうかよろしくおねがいいたします。

質問させていただきます。

我が家は私道(4m以下)と公道に面しており、私道側のほうに門があります。
その私道は私道を囲む周りの4軒にて共有するという形(登記簿にその旨記載あり)で30年程前に私道の地主に対して1/4づつ支払い共有しておりました。
※支払った後も登記簿上は地主の名義のままで地主が「ここは名義はうちなんだからね」と忘れた頃に促しに来ていました。

最近4件の中の1軒が家の建て替えのために
周りの3軒には何の断りもなく地主(登記簿の名義人)と内密にやり取りし、
私道の名義(登記簿...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に昔に私道持分を支払ったというのであれば、登記もそのときに変更するのが筋です。しかしそれをしていないのであれば、後日このような問題が生じます。

ただご質問を見るとこの話は単にそれにとどまらないように思われます。
4m未満の道路であることと、建築時に接道条件を満たすために今回購入したという話をあわせると、そもそもそこは建築基準法では「私道」としてすら認められていないと思われます。なぜならば私道として認められているのであれば、そもそも所有権は関係ないからです。この場合にはそれは私道といわずに通路といいます。

建築基準法上どのように扱われているものなのかについては、役所の建築指導課に聞けば詳しく教えてくれます。
ご質問者の場合には公道にも接しているようですから最悪の事態(再建築も出来ない)ということにはならないと思われますが、他のそれが唯一の通路である人たちにとっては死活問題かもしれません。


昔の持分購入(しかし登記しなかった)の話を有効にするのは結構骨が折れる話です。
基本的に登記されていないものは権利主張が難しくなるからです。

>勝手に仮名義人になるという事は法律的に許されるのでしょうか?
基本的には購入者に問題はありません。登記するという仕組みを社会で用意しているのは権利の主張が出来るようにするという意味があり、所有者がまだ地主であれば、地主から購入することは出来るからです。

まず問題は地主に問題がないのかどうかという点が議論になります。
つまり過去に売買契約がなされて代金も支払ったが登記がされていないというだけの話であれば、たとえ未登記であっても、さらに二重に他の人に売却するような行為は許されませんので、損害賠償の対象になりえます。が、当時の話がもし購入ではなく、単なる使用料、地代という形でしかなかったといわれたときに、それを覆すようなもの(確かに売買した)という契約書などがないとかなりつらい話ですね。

さらに言うと、今回売却した相手がもし善意の第三者であると、たとえ地主の行為が否定されても、その土地は戻りません。登記がされてない以上は善意の第三者に対抗できないからです。ただ、ご質問の場合にはその当時から関係している人のようですから善意の第三者とはいえない可能性は十分にありますので、そうなると対抗できる余地はありますけど。

この話はかなりややこしい話なので司法書士(登記関係の専門家)なりあるいは弁護士なりに善後策を相談したほうがよいでしょう。

ちなみに、もしそれが通路に過ぎない土地であり、売買が成立して通路としてその人物が取得した場合には、少なくとも他に公道への道がつながっているご質問者の場合には以後通行は出来なくなる可能性は十分にあります。(現在のその通路が唯一の出入りできる道である人たちの場合には、いにょう地通行権による通行が認められる可能性が高いですが)

基本的に昔に私道持分を支払ったというのであれば、登記もそのときに変更するのが筋です。しかしそれをしていないのであれば、後日このような問題が生じます。

ただご質問を見るとこの話は単にそれにとどまらないように思われます。
4m未満の道路であることと、建築時に接道条件を満たすために今回購入したという話をあわせると、そもそもそこは建築基準法では「私道」としてすら認められていないと思われます。なぜならば私道として認められているのであれば、そもそも所有権は関係ないからです。この場合...続きを読む

Q旗竿地の間口が2メートルの考え方について教えて下さい。

このたび、旗竿地の中古の戸建て(築10年)を契約をしようと思っております。

この物件は6メートル道路に2メートルの間口があるとの説明を受け、実際に両隣の塀から塀の間を計ってみたのですが、竿地の部分(入り口)が1.9メートル程しかありませんでした。
そこで不動産屋さんに聞いたところ、境界標(十字の埋まっているものだと思います。)の間と間が2メートルあれば、再建築は出来ますよと返答を受けました。
確かにその図り方であれば、2メートルギリギリだと思います。
地積測量図のコピーも頂きましたが、そちらでも幅2メートルとなっています。

これは、法律的に再建築するにあたり問題ないのでしょうか
再建築の際、両隣の塀を壊さなければ(実際、そんな事は無理ですが)2メートル無いから、建築の許可が下ろせません。というような事は起きないのか心配です。

価格的には安く買えるため、問題がなければ購入をしたいと思っているのですが、再建築の事を考えると不安です。
上記の回答とあわせて、もし他に何か気をつけた方が良いような事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

その杭の間が本当に2mあるかどうか?確認してください。
杭は動きます。1.99mでも確認は降りません、その際に杭を動かし
2mへ復元するわけですが、対抗地(相手方)もいる事なので勝手に
行うわけにも行きません。
法務局備え付けの測量図はあるようですから、売買時には一度対抗地
の方に立ち会ってもらい境界を出して、お互い2mはある旨を確認して
おけば将来も問題ないでしょう。(動いても復元しやすい)
もしお互いに2mなければ、2m確保した上で旗状の部分だけでも売主
に境界の確定と寸法が入った図面を作成してもらい、承認の印鑑をもらった
ものを交付してもらいましょう。(境界確定測量図が一番望ましい)
当方不動産業者ですが、経験上結構トラブルは多いです。

Q築1年半・後悔してます・・・

昨年8月にダイ○ハウスのモデルハウスに入居しました・・・
駅から徒歩10分で新興住宅地・南道路・東西南の角地・リビング階段・太陽光積載・オール電化・壁紙・フローリングの色が気に入ったというだけで、即購入を決意してしまいました。ところが、住んでみると、西側の道路が県道で、騒音が激しく、静かな場所で育った私にはかなりの苦痛です。窓を開けての生活はできません。計画道路で、家側いっぱいに道路が広がる予定もあるそうですが、これは県にお金がなく、他の道路を優先しているため、30年ほどはないそうです。
主人の通勤時間も10分(社宅)から50分になり、がんばってくれているのですが・・・5200万で頭金500万しか払っていないため、ローンは4700万弱です。 近くの友達の家は(道を1筋入ったところ)本当に静かで、行くたびに後悔とうらやましさでいっぱいです。 営業マンが契約の3ヶ月前は私の実家の近くに住んでいて、関西弁だったことにすっかり気を許してしまい、道路のことや周りのことを聞かず、21時過ぎると静かですから~ の一言を信じてしまい購入してしました。 繰上げ返済をがんばって、いつか引越しをするか、借金を覚悟で買い替えか・・・ どうにもならない愚痴ですが・・・買い替えした方がおられましたら、状況など教えてください。また、自治会で、騒音対策や防音フェンス等の設置を要請し、設置された方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

昨年8月にダイ○ハウスのモデルハウスに入居しました・・・
駅から徒歩10分で新興住宅地・南道路・東西南の角地・リビング階段・太陽光積載・オール電化・壁紙・フローリングの色が気に入ったというだけで、即購入を決意してしまいました。ところが、住んでみると、西側の道路が県道で、騒音が激しく、静かな場所で育った私にはかなりの苦痛です。窓を開けての生活はできません。計画道路で、家側いっぱいに道路が広がる予定もあるそうですが、これは県にお金がなく、他の道路を優先しているため、30年ほどは...続きを読む

Aベストアンサー

道路からの騒音は、本当に辛いものがありますよね。。。
うちも同じような状況でした。幹線道路沿いに住んでおり、夜も眠れない日々でしたが。。。まぁ3ヶ月もすれば慣れてしまうだろうと気楽に構えてたのですが、9ヶ月経っても、残念ながらあんまり慣れませんでした。(^^;
結局、我が家の場合は、自宅マンションを売却して、つい先日引っ越しました。
やはり自宅というものは、心やすらぐ場所でありたいですからね。
とは言っても、気になるのは資金計画です。うちも、決して余裕があった訳ではありません。
質問者様のご自宅は、一年半前に購入されたようですね。
2008年に入ってから、中古物件の売れ行きは好調のようです。
相場も上がりきって、いまはピークを超えたようですね。
質問者様のご希望は防音を施して今の家にお住まいになりたいようですが、思い切って売却して引っ越されてはいかがでしょうか。
一年半前より、今のほうが相場が上がっているようですので、もしかすると心配するほどは損しないで売却が可能かもしれませんよ。
私の場合も最初は、引っ越すにも貯金もないし、八方塞がりな将来をとても不安に思っていたのですが、思い切って自宅マンションの査定をしてみたら、なんと新築で買ったときよりも高く査定価格がつき、運よくその価格で売却できました。
ローン残額と売却金との差額を、次の家のローンの頭金に当てましたので、貯金も少なかったのですが、なんとか上手く住み換えできました。
心配するより産むが安しかも知れません。
質問者様も具体的に仲介不動産屋などに相談されてみてはいかがでしょうか。
それと、『完済しないと転売できない』というのは、ハウスメーカーとの契約内容なのでしょうか?
そうでないならば、もちろんローンが残っていても売却できないなんてことはありません。
その場合の次の家のローンについても銀行で相談にのってくれます。一時期ダブルローンになる場合なども融通してくれます。
まずは相談を。

道路からの騒音は、本当に辛いものがありますよね。。。
うちも同じような状況でした。幹線道路沿いに住んでおり、夜も眠れない日々でしたが。。。まぁ3ヶ月もすれば慣れてしまうだろうと気楽に構えてたのですが、9ヶ月経っても、残念ながらあんまり慣れませんでした。(^^;
結局、我が家の場合は、自宅マンションを売却して、つい先日引っ越しました。
やはり自宅というものは、心やすらぐ場所でありたいですからね。
とは言っても、気になるのは資金計画です。うちも、決して余裕があった訳ではありま...続きを読む

Q隣の家のカーポートの屋根が、我が家の方に傾斜をつけて設置されました。

隣の家のカーポートの屋根が、我が家の方に傾斜をつけて設置されました。
事前に何の説明も無く昨日、仕事から帰るとカーポートがありました。
隣の人間にナゼ自分の家側に傾斜をつけなかったのか?当家に雨水が全て
流れてくるので屋根の傾斜を反対にしてくれ!と言った所、自分の敷地に
どのような建て方しても勝手だろ!と言い話になりません。
良い方法はありますか?カーポートとはいえ建築物なので建築確認が必要なので(隣家は確認はとってないと思います)役所に言え解決できるのでしょうか?
民法218条に違反してるので、そのことでやめさせる方法はありますか?

Aベストアンサー

ちょっと気になりましたので。

カーポートは立派な建築物です。
建築の法律上でも建築物として扱われますので、基本的には確認申請が必要になります。

ですので、建ぺい率や北側斜線も関連します。
また、防火地域などでは防火措置も問われます。
基本的には本体の建築物と同等として扱われますのでご注意ください。

この現実を知らないのか、もしくは知っていながらなのか
確かに、法規を無視しながらカーポートを建てている業者はたくさんあります。

新築物件でおこなう常套手段は、
確認申請の役所の完了検査が終わったあとにカーポートを建てる方法です。

これは、ビルダー側もカーポートが建築物だと知っているからこその手段です。

ちなみに、カーポートに屋根と梁がなければ建築物とは扱われません。
(屋根がないとカーポートの役目を果たさないと思いますが)

これは、よくリフォームで扱われる手段で
屋根と梁を一時的に外してしまって
完了検査後に復旧する方法です。

役所も、カーポートの柱だけ立っているので常識的にカーポートだとわかりますが、
屋根と梁がないので建築物とはみなせず、黙認して合格を告げます。


ご質問者さんのへの回答ですが、
お隣で建てられたカーポートが何らかの法律に触れている根拠があるのであれば
それを役所に伝えることによって役所が動いくれるとは思いますが、
ただ現状を伝えるだけでは役所は何もしてくれないでしょう。

役所とはそういうものです。

雨水が(ほんとうに)ご質問者さんの敷地内に排水されているのであれば
これは、法律で告訴を起こすことが可能ですが、
普通、よほどの恨みがある場合でもなければそのような措置は出来ないと思います。

ご質問者さんに心当たりはお有りですか?

ましては、カーポートを施工したのは業者だと思いますので、
特別な依頼をしなければ施工者としてそのような措置は避けるべきして当然です。

依頼主(施主)から「排水はとなりの敷地内に流してくれ」という
施工依頼がない限り、施工者側は「排水は隣に流してはいけない」
ということを当然のように知っていますのでそのような施工をするはずがありません。

ですので、この点は、おそらく質問者さんの早合点ではないかと思われます。

カーポートに隣地へ雨水がいかないような処理がされているはずです。

「自分の土地に何を建てても勝手だろ」というのもかなり問題がありますが、

深く調べもせずに「勾配を逆にしてくれ」というのは逆なでするものがあります。

おそらく、客観的に見てご質問者さんとお隣さんとでは「似たもの同士」ではないかと思われます。

性格的にではなく総合的にです。

このような場合は、お互いに認め合いたくないのですが、
当人の本人も嫌だと思う自分の性格が似ているのだと思います。

このような自体は、行動を起こせば起こすほど泥沼状態になっていきますので
おたがいに譲りあう精神が必要かと感じます。

ちょっと気になりましたので。

カーポートは立派な建築物です。
建築の法律上でも建築物として扱われますので、基本的には確認申請が必要になります。

ですので、建ぺい率や北側斜線も関連します。
また、防火地域などでは防火措置も問われます。
基本的には本体の建築物と同等として扱われますのでご注意ください。

この現実を知らないのか、もしくは知っていながらなのか
確かに、法規を無視しながらカーポートを建てている業者はたくさんあります。

新築物件でおこなう常套手段は、
確認申請の役所の完了検...続きを読む

Q接道する位置指定道路に持ち分がない土地の売却

古家つきの土地を売却しようとしてますが、媒介をお願いしている不動産業者が、
接道する幅4メートルの位置指定道路に持ち分がないから売れにくいと言います
道路に持ち分がないと銀行ローンの審査がおりにくい。現金で買ってくれる人を探しているとのことで、売れずに困っています。

この位置指定道路は袋小路で、うちを含めて6軒の家のみが接してますが、どの家も持分がありません。
宅地を開発した業者が所有しており、その業者は倒産してます。今も登記上、倒産した業者の所有となってます。
当方はこの土地を15年前に某大手不動産業者を通じて購入しましたが、当時すでにそういう状態でした。
けれども建て替える時にも問題ないと言われ、銀行ローンも問題なくおりて購入しました。
今になって売ろうとしたら、こういう条件では現金販売のみと言われ、とても困ってます。

以下3点について、どうぞよろしくお願いします。

  1、本当に上のような場合(位置指定道路を所有してる業者が倒産・面してる家はどこも持ち分なし)でも、昨今では銀行ローンの審査がおりにくいのか?

  2、こうした土地は、相当な安値でないと買い手がつかないのか?

 3、現実的にこの宙に浮いた状態の位置指定道路を何とかする方法はあるか(倒産した業者から所有権を移転して6軒で持ち分を分ける、業者から市に移管してもらう等)

3、の(倒産した業者から~ )については、素人ながらも難しいと思いますが、何か手立てはないものか…藁をもつかむ気持ちです。どうかお知恵をお貸し下さい。

古家つきの土地を売却しようとしてますが、媒介をお願いしている不動産業者が、
接道する幅4メートルの位置指定道路に持ち分がないから売れにくいと言います
道路に持ち分がないと銀行ローンの審査がおりにくい。現金で買ってくれる人を探しているとのことで、売れずに困っています。

この位置指定道路は袋小路で、うちを含めて6軒の家のみが接してますが、どの家も持分がありません。
宅地を開発した業者が所有しており、その業者は倒産してます。今も登記上、倒産した業者の所有となってます。
当方はこの土...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
地域性があるかとは思いますが、田舎の政令指定都市で営業していますが・・・・
1、現在、位置指定で道路持分云々で融資条件がつくのは都市銀行の一部ぐらいです。
2、公道に面しているよりは若干査定は落ちますが、極端ではありません。
3、基本的に位置指定道路というのは、建築基準法上の道路で現実的に廃止になることはありません。よって人や車両の通行や建築時の接道条件など公道と比較して、何か制限を受ける事はありません。

問題となるのは、設備関係の埋設時の掘削や埋設です。現状で上下水や都市ガスが整備されているのかどうか?わかりませんが例えば、現状古い13mmの水道管の引き込み状態などの場合は、購入した買主が住宅を新築する場合などは、現状の仕様での水道局の規約ですとほぼ20mmの引き込みが無ければ、十分な水栓の数を確保できません。
当然に本管からの引き込みをするのですが、このような場合に「道路土地所有者の承諾」を記名押印で必要とします。これが水道、下水、ガスほぼ共通で承諾書が必要です。
この扱いをどうするのか?がリスクです。
当方などでは、水道局に掛け合い交渉し、上記のような現状であれば、会社謄本を取得して(閉鎖されていればそれはそれで良い)代表者の住所を尋ねて・・・・・当然に連絡つきません。
上記を報告書として作成し、道路持分の所有者とは現在連絡の取り様がない旨を説明し、申請者の上申書添付で(万一道路所有者から苦情や何らかの請求などがあった場合は許可した市側に負担を求めずに、自己の責任で解決するというような内容)引き込み掘削の許可が出るように、売却前に段取りします。

そうすることにより、購入者が建築時にリスクとなることはほぼ無くなりますので、売りにくいということはありません。もちろん公道物件より5%~10%程度は安くなります。

もう既に無い法人の所有権を移転するのは、むずかしいでしょう。法人が登記上現存し、代表者の所在がわかれば可能かもしれませんが、個人情報保護法がネックで弁護士さんを頼む以外に、職権で調べることは不可能です。今回測量するならば、土地家屋調査士の先生でも職権用紙での調査は可能です。
出来れば、6軒合同して、上記のような見解を水道、下水道、ガスなど担当局へ協議通知しておけば、今後も各々が個々にやらなくとも済みます。
また、土地を売買するのは土地(建物建築)に明るい業者でなければ、リスクも解決策も理解していない場合も多く、マンションや中古専門の業者などですと知識や経験不足の場合もあります。

不動産業者です。
地域性があるかとは思いますが、田舎の政令指定都市で営業していますが・・・・
1、現在、位置指定で道路持分云々で融資条件がつくのは都市銀行の一部ぐらいです。
2、公道に面しているよりは若干査定は落ちますが、極端ではありません。
3、基本的に位置指定道路というのは、建築基準法上の道路で現実的に廃止になることはありません。よって人や車両の通行や建築時の接道条件など公道と比較して、何か制限を受ける事はありません。

問題となるのは、設備関係の埋設時の掘削や埋設です。現状で...続きを読む

Q路地状敷地と見なす方法について

再建築不可の物件を購入しました。(添付の図の赤い箇所です)

物件は全面が4mほどの通路に接しており、その通路の持分もあります。
また、公道に面している側から3分割された土地で、それぞれの持ち主にも通路の持分があります。また、公道側の土地のみが公道に接する形で奥の2つが公道に接道していません。

役所に問合せたところ、再建築を可能にするためには、奥側の持ち主と、2mずつの路地状敷地と見なすべく手前、奥の持ち主と協定を交わすべしとのことでした。(42条1項5号道路(位置指定道路)にするのが難しいので)
これは、建築許可が出せるかどうかは、実際の持分は関係なくそのようにみなせるかどうかが問題だから、とのことです。

さらに、この場合、測量士や建築士などに依頼し見なし分の境界を確定し、さらにそれぞれの土地の持ち主に再建築の際には路地状敷地とみなしてもらうべく一筆書いてもらっておいたほうがいいとのことでした。

これは具体的に何をするのがよいのでしょうか。測量士や建築士に依頼する必要がある場合、
費用などはどの程度かかるものでしょうか。
対応方法などご教示頂けましたら幸いです。

再建築不可の物件を購入しました。(添付の図の赤い箇所です)

物件は全面が4mほどの通路に接しており、その通路の持分もあります。
また、公道に面している側から3分割された土地で、それぞれの持ち主にも通路の持分があります。また、公道側の土地のみが公道に接する形で奥の2つが公道に接道していません。

役所に問合せたところ、再建築を可能にするためには、奥側の持ち主と、2mずつの路地状敷地と見なすべく手前、奥の持ち主と協定を交わすべしとのことでした。(42条1項5号道路(位置指定道路)にするの...続きを読む

Aベストアンサー

役所からのアドバイスについて。
行政からは、このような回答が限度です。

>これは、建築許可が出せるかどうかは、実際の持分は関係なくそのようにみなせるかどうかが問題だから、とのことです。

この意味を考えてみましょう。
確認申請だけに限れば、土地の権利関係は審査の対象ではありません。
確認を通すだけなら任意に敷地を設定し、その形態で接道義務が果たせればいいんです。

この状態で奥の2敷地が再建築不可とは断言できません。
というのは、路地(旗竿の竿部分)を複数名義で所有したり、細分化した土地でお互いが持ち合っている、というケースはときどき見かけるからです。
もちろん確認申請は大丈夫。

道路側の起点の土地所有者が、あなたも区分で所有しているこの通路を駐車場への出入りで使っているわけですよね。
あなたは容認しているんですか?
同じことを確認申請の敷地設定で考えられませんか?

まず、道路位置指定が無理として、路地状敷地で考えてみましょう。
幅が4mちょうどであれば、2軒目(2宅地目)と3軒目(3宅地目)で半分の2mずつを使えば接道義務が果たせます。
確認申請なら、そのような配置図で申請すれば普通に通ります。
これについて行政は何も言いませんが、通路の他の権利者(所有者など)に無断であれば、そちらともめることになりますね。

役所、つまり建築行政がアドバイスしたのは、確認申請は通っても民事上のトラブルを起こさないように、との注意です。
確認申請では申請者(=設計者である建築士)が申請する任意の敷地設定でOKです。
公図や登記簿情報を添付することは無いため、土地の権利関係は審査の対象外なんです。
確認申請で権利関係を審査しないのであれば、「そのようにみなせるかどうか」は役所、つまり築行政は介入しない、ということ。
ただ、最近おもしろい判例がありました。
袋地の所有者が、道路に接する側の土地を、その所有者の承諾無しに敷地に組み込み路地状敷地として接道を果たす計画で確認を取ったら、裁判で確認処分が無効と判断されました。
実際に使えない竿部分では万が一の非難などに支障をきたす、法第43条の趣旨から外れる、ということです。
以前はこのようなことは無かった(法では求められないため)のですが、絵に描いた餅ではダメだという潮流なんでしょう。
この図の下側の状況が良くわかりませんが、3宅地以上で幅が4mの場合に道路位置指定が効果を表します。

>持分はともかく再建築の際の申請をスムーズにするための合意書などを作っておきたいのですがどのようにすればよろしいでしょうか?
>このあたりも測量士さんなどに相談すべきでしょうか。

仮に建築士に依頼するのであれば、状況を理解し最善の方法を考えてくれると思います。
重要なのは、通行に関する権利ではなく、
「この土地に建物が存続する限り、敷地の一部として設定することを承諾してもらう」
です。
敷地の2重使用はできない、ってこと。
勝手に嫌だとは言わせない、ってこと。
あなたが通路の一部を所有しているのであれば、2軒目のあなたも、3軒目の方も、奥の駐車場へ出入りする車も、お互い様。
これらを書面に整理して関係者が署名・捺印し合意文書としておくのがよろしいかと。
これが役所で言われたことです。

トラブルさえ起こらなければ、書面でなくても口頭で承諾しあえば問題無し。
ただ、将来に相続が発生したり売却で所有者が変わったなどで口約束が反故にされたら、大変なのはあなたです。
ソノ筋の怖い方の手に渡ったら怖いでしょ?

>費用などはどの程度かかるものでしょうか。

具体的にいくら、とは簡単に言えませんね。
報酬の算出の計算式がありますが、これは設計や工事監理などを行う場合。
単純に人工(にんく)で考えるとわかりやすいかも。
建築士の日当を2~3万円としましょうか。
これは事務所の人件費で、建築士個人がもらう手取りではありません。
同意をもらうには内容を図面化し、合意文書を作文しなければなりません。
図面を描くには現地へ赴き簡単な測量をします。
関係地の権利者を確認するため、法務局へ行き登記簿などの取得も必要でしょう。
調査や折衝のための交通費が別ですね。
こんな感じで、現地の確認で半日、資料の作成などで半日、現地での説明から合意を得る作業で1日、整理に1日、とすると3日程度になります。
現場の内容によっては当然追加の作業があるでしょうけど、だいたい目安が付きませんか?

役所からのアドバイスについて。
行政からは、このような回答が限度です。

>これは、建築許可が出せるかどうかは、実際の持分は関係なくそのようにみなせるかどうかが問題だから、とのことです。

この意味を考えてみましょう。
確認申請だけに限れば、土地の権利関係は審査の対象ではありません。
確認を通すだけなら任意に敷地を設定し、その形態で接道義務が果たせればいいんです。

この状態で奥の2敷地が再建築不可とは断言できません。
というのは、路地(旗竿の竿部分)を複数名義で所有したり、細分化...続きを読む

Q私道の公共用道路について

博識の方教えてください。よろしくお願いします。

住居を建てるための土地購入を考えております。

購入を考えている土地の前の道路が私道になっておりまして、幅が4mにギリギリ満たない感じの道です。
また、地目が公共用道路になっていますが、その道路の持ち主はいるみたいです。
その道路は公共の下水道管のメイン管は地下に埋設されています。
道路は行き止まりにはなっていないので、公道につながっております。

ここで、教えていただきたいのですが、
(1)この公共用道路である私道は、たとえばその持ち主が私道を売ってしまって、その道の買主により道路では無くなってしまう可能性はあるのでしょうか?
(そうなると住宅としての接道が無くなってしまう?)
(2)また、誰かに私道を購入されて道の使用料を払えという形になる可能性はあるのでしょうか?
(3)このような項目はどこに聞けば回答が得られるのでしょうか?(市役所?)

以上、わかりにくい文章で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。m(_ _)m

Aベストアンサー

d_siroccoさん、こんばんは。
わかる範囲でお答えします。

>住居を建てるための土地購入を考えております。

まず、「私道」「公衆用道路」との概念を横に置きましょう。
家を建てるためには、その敷地は建築基準法(以下、法)で定めた道路に最低2m以上接していなければなりません。
ここで言う道路とは、一般に考えられているものと少し違う場合があります。
法第42条第1項で、道路とは幅員4m以上のもので5種類が規定されています。
幅員が4m未満の路線は、同条第2項の指定があればみなし道路として法の道路と扱われます。
なので、あなたが検討している敷地が他に接道が取れないのなら、その「私道」が法の道路である必要があります。
最初に「私道」の概念を横に置いて、と言ったのは、私道であっても法の道路の場合があるので。
「公衆用道路」の概念も横に置いて、と言ったのは、それは土地の登記上、または課税上の地目でしかなく、同じく法の道路の判断には全く影響が無いからで。

で、ここまでが序章。

>(1)この公共用道路である私道は、たとえばその持ち主が私道を売ってしまって、その道の買主により道路では無くなってしまう可能性はあるのでしょうか?
(そうなると住宅としての接道が無くなってしまう?)

私道だと、先にお話しした法の道路の種類で考えると、
1.42条1項2号(都市計画法による道路)
2.42条1項3号(昔からある道)
3.42条1項4号(あり得ないから無視)
4.42条1項5号(位置指定道路)
5.42条2項(幅が4m未満だが、指定を受けた道)
6.42条3項(あり得ないから無視)
7.道路ではないが、43条ただし書による空地(協定道路などと呼ぶ)
の7つのケースが考えられます。
7なら止めましょう。
これのどれになるかは、その自治体を管轄している特定行政庁に確認してください。
特定行政庁とは、建築主事のいる自治体です
たぶんどこかわからないでしょうから、地元の市役所の建築指導課あたりに、
「建築基準法の道路の種別を知りたい。どこで教えてもらえるか。」
と電話で尋ねてください。
「ウチでわかりますよ。」
と言われたら、お手数でもそこの窓口へ行って、上記のどれなのかを認してください。

ここでひとつ注意。

>幅が4mにギリギリ満たない感じの道です。

あなたは(または仲介の不動産屋)は、「現況幅員」つまり「見た目」で判断していませんか?
これって意外に落とし穴です。
境界が確定している、または4m幅員で指定を受けた位置指定道路などでも、U字溝や家の外構(門や塀など)がピッタリ境界に設置されているとは限りません。
施工誤差で幅が数センチ狭くなることは普通に考えられます。
「現況」で見ると、このU字溝や塀などを目安にしてしまいがちです。
このあたりは特定行政庁の窓口であらためて説明してくれると思いいます(担当がボケでなければ)。

おまけ。
仮に幅員4m未満の2項道路だったとしましょう。
その土地にかつて建物はありませんでしたか?
もしあったら、当時の建築主が真っ当な人間だったら、すでにセットバックしているかもしれません。
もしそうなら2項道路だけど、あなたの敷地側は道路中心線から2mまで後退済みになります。
中心線って、1度決まったら二度と動くことはありません。
ただし私道の境界線には建築行政含め役所は口を挟みません(介入しません)ので、境界が未確定であれば関係者間で境界確定の作業が必要になるかもしれません。
ここで言う関係者とは、「向こう3軒両隣と私道の持ち主とあなたの7者」です。
最悪予算の措置をしておきましょう。
土地の大きさにもよりますが、立ち会いから作図、法務局への手続きまでおよそ30万円ほどでしょう。

>(2)また、誰かに私道を購入されて道の使用料を払えという形になる可能性はあるのでしょうか?

世の中にはいろいろな人種が棲息しています。
なので可能性がゼロと言い切ることはできません。
仮に訴訟になればあなたが勝つ可能性が高いですが、そんなくだらないことに弁護士費用を含め貴重な時間を割くことは無駄。
幸い良識のある方(つまり普通の方)のようで、心配はいらないと思います。

ついでに私が経験したお話を。
誰かが水道の引き込みに掘削の承諾はいらない、などと言っているようですがトンデモナイ。
勝手に他人の土地に穴を明け、他人の専用の管など埋められませんよ。
某所の某人は道路用地を持っていましが、そこに接する敷地で家を建てた人間と折が悪くなった。
で、水道の引き込みのための私道の掘削の同意をしませんでした。
水道がダメ → 井戸で代替え
下水道がダメ → 供用開始区域であれば浄化槽は不可なので汲み取り便所で代替え
ガスがダメ → プロパンで代替え
と、致命的にはなりませんが、不便しますよね。

仮定の話。
私道の所有者が道路用地を第三者へ譲渡する可能性。
それが破産などで○暴さんの手に渡ったらどうします?
この方々には常識は通用しません。
私道の入口に鉄柱を打ち込まれ、人は通すが車は通さない、などと。
この場合は行政は介入しません(助けてくれません)。
皆さんで立ち上がり○暴さん相手に裁判で勝つしかありません。
黒塗りのベンツに乗った強面のお兄さん達が日参し怒鳴るケースも耳にしています。
警察が介入するギリギリのところの嫌がらせで攻めますので。

確かに私道は私有財産です。
よって、勝手に(無断で)通ることは問題かもしれません。
でもちょっと考えましょう。
法の道路で私道であれば、そこは他に使い道のない土地です。
そして、通常概念では法の道路とは一般の通行の用に供するものです。
それを否定することはできないでしょう。
ただし過去の判例では、ケースバイケースで判断されているので、最後にどんでん返しのある民法では、ここでこうだ!とはお答えできないところです。
建築確認が通っても、通行権まで取得したことにはならないのでご注意を。

私道は管理が個人(又は法人など)のため、けっこう心配のタネが尽きないんですよ。
なので皆さん公道(つまり道路法の道路や自治体管理の認定外道路)にこだわるんです。
5番のオヤジさんのおっしゃる、
「きちんとした調査と正しい知識があれば、私道で持分が無い道路だからと言って毛嫌いする必要はありません。しかし私道のトラブルの大半は一部の我侭で非常識な道路所有者がいるかどうか?が問題です。」
まさしくそのとおりなんですがね。
人生いろいろ、人もいろいろ。

ネガ情報ばかりで恐縮ですが、もうひとつ私道のデメリット。
維持管理は私道の所有者が行います。
ということは、お金が無ければほったらかし。
舗装が壊れても、排水設備(U時溝など)が壊れても、他の付帯設備が壊れても、誰も直してくれません。
最悪、
「申し訳ないけど、お金が無いので道路の補修ができない。みんなで費用の負担をして欲しい。」
と懇願される恐れもあります。

脅してばかりでゴメンナサイ。

>(3)このような項目はどこに聞けば回答が得られるのでしょうか?(市役所?)

地元の市役所の建築指導担当課で同じようなことを話してくれると思います(担当がボケでなければ)。

>現在は公衆用道路として利用していますが、その後、その私道の持ち主が売ってしまったなどして、その私道を購入した人が公衆用道路ではなくしてしまい、私道として使用料を徴収してくる、とかその私道自体をなくしてしまって、住居用の土地などに変えられてしまうことがあると、家の前の道がなくなってしまうという最悪の事態になるような気もします

他の回答にもありますが、現在その道路にしか接道が無く、道路が無くなったら違反建築となる場合、法第45条で廃止の制限や禁止がかかります。
またそれ以前に、廃止する道路に接する土地と建物の所有者から(つまりあなたも)実印付きでの承諾が必用になるので、知らないうちに道路ではなくなった、ということはあり得ません。

○廃止の流れ
廃止部分に接する土地と建物の所有者が実印付きで同意(印鑑証明添付)

廃止の申請

特定行政庁内で書面の審査

法や基準に合致していれば、申請者へ廃止の通知

同時に廃止の公告
です。

ただし、「建築基準法上の道路の私道」であればいいんですが、最初にお話しした「43条ただし書空地」であれば、廃止などの手続きはありません。
私道(道路ではないんだけれど…)の所有者や協定(というものを締結しているはず)のメンバーのうち1人でも、
「俺、止めた」
のツルの一言で、その路線の土地(あえて道路とは言わない)のみに接している敷地には、今後建物は建てられなくなります。
怖いでしょ。
これには行政は一切救済を行いません。
行政のホンネは、43条ただし書空地なんて無くなればいい、ですので。

で、再度。
とりあえず不動産屋に尋ねてみましょう。
そして不動産屋だけでなく、ご自身で足を運び、特定行政庁である建築指導部局の担当から納得いくまで説明を聞いてください(担当がボケでなければ)。
確認することは、
・建築基準法42条の何項何号による道路か?
・幅は?
・私道だが、ここの路線で何か注意することはあるか?
・過去に問題は無かったか?
・付近で建っている建物の建築計画概要書の写し(コピー)があったら欲しい(そこに道路の情報が書かれています)
です。

長々と失礼しました。
ガンバ。

d_siroccoさん、こんばんは。
わかる範囲でお答えします。

>住居を建てるための土地購入を考えております。

まず、「私道」「公衆用道路」との概念を横に置きましょう。
家を建てるためには、その敷地は建築基準法(以下、法)で定めた道路に最低2m以上接していなければなりません。
ここで言う道路とは、一般に考えられているものと少し違う場合があります。
法第42条第1項で、道路とは幅員4m以上のもので5種類が規定されています。
幅員が4m未満の路線は、同条第2項の指定があればみなし道路とし...続きを読む

Q旗竿地を売却して整形地を購入するにあたって

現在旗竿地の建売戸建に住んでおります。
築5年、土地面積87.9m2(約27坪)、3F建てで建物床面積99.98m2
最寄駅からは徒歩15分程度です。
幅4mの公道に2.7m接地、竿長12m程度で6mの所で2.4mに狭まっております。
車は公道側に普通車を奥側に軽自動車を停めれます。(ぎりぎりですが)
坪単価95万円程の地域です。
1Fには各2m幅の天窓、2Fリビングには3m幅の南向きバルコニーと2か所に天窓を設置しているため非常に明るいです。
北側斜線規制が厳しい所なので屋根の傾斜が急ですので、2Fリビング南側の窓には全て日差しが入り込みます。
3Fに関しては南側の建物の3F北側に窓が一切ない為、カーテン全開でも問題ありません。
南側、隣家との建物の間は3m程で北側には月極め駐車場があり開けていますので風通しも良いです。
現在の家を買う前に旗竿地も数件見ましたが、どれも日照が悪く家内部が暗く、周囲が囲まれて隣家とも近いためカーテンを開けるわけにもいかないような感じでしたので、現在の家は旗竿地にしては大変恵まれている所だと思っています。

住宅街で大きな道からはずれておりますので、雑音もなく非常に静かなので気に入っています。
更に旗竿のメリットとして夏に一階の部屋が涼しい事や奥まっている事で子供が道路に飛び出したりしないことも気に入っています。
当時4280万の物件で整形地の隣地は4680万円でした。
購入価格は3800万円で残債が3300万円です。

旗竿のメリットデメリットを総合的に判断して購入した為全体的に非常に気に入っているのですが、やはり整形地に憧れがあるのと、アップダウンが激しい地域である事で、買い換えようかと悩んでおります。

そこで見つけた整形地が建築条件付き土地面積64m2(約19坪)、3F建て建物床面積94.5m2、南側10m幅の公道と接地(車通りは少ない)、南側60m先に10階建のマンションがありますが、日照には一切影響ありません。
最寄駅から徒歩15分です。
価格は現在のプランで3700万円の物件で坪単価は95万円程度となります。
駐車場はほりこみ駐車場ですので2台は無理ですが、平坦な土地で駅も徒歩15分圏内に2沿線ありますので車は一台で問題ありません。

建物自体には問題ないのですが、3点問題があります。
1点目は隣地が飲食店になっており、ゴキブリなどが気になります。
2点目は現在が家の外に出ても無音といってもいいくらい静かなのですが、車通りが少ないとはいえ家の前を車が通る事と隣地の飲食店の騒音(あるか分かりませんが)が気になります。
3点目は現在は実家から車で20分くらいの所に住んでいるのですが、この土地は実家から歩いて3分くらいの場所にあり妻からしたらいまいちなのかなと思ったりもします。
私は長男ですので、将来的に親の面倒をみるつもりですが、家が近いといちいち面倒くさい気がしてしまいます。

現在の戸建の売却相場やローン残債についてはだいたい掴めておりますので売却は問題ないと思います。(旗竿地としての需要や価格ダウンも含めて)
現在の家の前にもマンションを購入し、売却を経験しましたのでその点は熟知しております。

上記の3点で一つでも同じ境遇の体験等がございましたら、アドバイスなど頂ければ幸いです。
また、みなさんであればわざわざ引っ越さずに今の家に住み続けた方が良いと思われますでしょうか?

よろしくお願い致します。

現在旗竿地の建売戸建に住んでおります。
築5年、土地面積87.9m2(約27坪)、3F建てで建物床面積99.98m2
最寄駅からは徒歩15分程度です。
幅4mの公道に2.7m接地、竿長12m程度で6mの所で2.4mに狭まっております。
車は公道側に普通車を奥側に軽自動車を停めれます。(ぎりぎりですが)
坪単価95万円程の地域です。
1Fには各2m幅の天窓、2Fリビングには3m幅の南向きバルコニーと2か所に天窓を設置しているため非常に明るいです。
北側斜線規制が厳しい所なので屋根の傾斜が急ですので、2Fリビング南側の窓には...続きを読む

Aベストアンサー

私なら、飲食店の隣には住みません。
通過交通の多い道路に面した家には住みません。
実家から徒歩3分の家なら住みたいです。
お子さんの年齢がわかりませんが、家の前で遊べないこと、
通過交通に常に注意しなければならないことが問題です。
ジジばばが近所にいることは大きなメリットですよ。
まあ、親にもよりますが。

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報