出産前後の痔にはご注意!

新聞などに春闘関連の記事が出ていますが、その中で『定期昇給』『ベースアップ』と言う言葉がよく使われています。なんとなく意味はわかるのですが、どこがどう違うのかよくわかりません。世間一般の賃金体系、定期昇給、ベースアップなどについて具体的に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 昇給というのは、基本給や各種手当(管理職手当、家族手当など)を就業規則や給与規定などの定めるランクに応じて増やしていくことをいいます。

毎年昇給することを定期昇給といいます。
 昇給についても、賞与と同様、昇給させることを使用者に義務づけている法律の規定はありませんので、昇給させるかどうか、させるとしてどのような内容にするかについては、労使の合意で自由に決めることができます。
 ベースアップ(略してベア)というのは、物価の上昇があった場合などに、基本給や手当の絶対額を一斉に一定の率で引き上げることをいいます。ベースアップについても、昇給と同じく法律の規定はありませんので、具体的には労使の合意で決定されます。

つまり、定期昇給は賃金制 度として賃金表に従って行われるものであり、ベースアップは毎年団体交渉で賃金表の書替えを行うものとして考えられます。

下記のヘージに詳細な説明があります。

参考URL:http://www2.begin.or.jp/combox/wn2.htm
    • good
    • 0

以前、私の会社の組合からきいた話です。



定期昇給とは、年功序列に賃金設定がされている場合に有ります。
今年の定年退職者がもらっていた給与は来年は払う必要がなくなりますが、新入社員には定年退職者がもらっていた給与ほどは払いません。したがって、その余った分を現在働いている人に分配するということです。
つまり、経営側が払う総支払額(ファンド)は変動しないけれど従業員各人の給与が増えるということです。

一方、ベースアップ(ベア)とは経営側が払うファンドを増やし、従業員各人の給与を増やすことだそうです。

従業員総数の増減もありますので、具体的な計算方法は判りませんが基本的な考え方は以上の通りだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期昇給とベースアップ・・・どう違う?

 春闘などのニュースで、「定期昇給には応じるが、ベースアップは見送り」(逆だったかな?)とか報道されるのを、よく耳にしますが、“定期昇給”と“ベースアップ”は、どう違うのでしょうか?
 景気がいいと、一、定期昇給に加えて、二、ベースアップと、ダブルで給料が上がるのですか?

Aベストアンサー

「ベースアップ」の「ベース」とは、【賃金表】のことです。賃金計算の基礎になることから、この表を「ベース」と呼んでいます。
(年齢給・勤続給・職能給の昇給といった個別のことを言うのではなく、「賃金表」を改定するということに尽きます。昇給対象の選定は経営意思ですので、目的によって改定する内訳は異なるものです。)

賃金制度に「毎年一回、定期に賃金を改定する」と定めている場合が多く、賃金に関する取り決めに従って賃金を改定することを「定期昇給」といいます。
なぜ「昇給」なのかというと、年功賃金体系(年齢・勤続に伴って賃金が上昇する給与体系)の場合も、職能賃金体系(職能資格を定めて、能力の高まりによって賃金を改定する給与体系)の場合も、下方硬直的で、一旦上がった水準からは、懲戒処分や「ベースダウン」などの特別な事情が無い限り、賃金が増える一方で、減ることが無かったからです。

現在では、長引く不況の影響で、定期昇給制度そのものを廃止する企業も出てきていますし、成果主義賃金体系&年俸制に移行して、いわゆる「賃金表」を持たない企業も出てきています。

「ベースアップ」というのは、この賃金表に定める金額を引き上げることで、「一律●円」という場合は全体を押し上げますし、「平均で●円」という場合は、賃金表の中での増分の差はあるものの、全体平均で同額になるように押し上げるものです。

好景気の頃には定期昇給とベースアップのダブル昇給もありました。しかし、今後は賃金制度そのものが多様になっていますから、春闘では主たる要求が一時金(つまり、賞与の支給率)になっていくのではないかと思います。

「ベースアップ」の「ベース」とは、【賃金表】のことです。賃金計算の基礎になることから、この表を「ベース」と呼んでいます。
(年齢給・勤続給・職能給の昇給といった個別のことを言うのではなく、「賃金表」を改定するということに尽きます。昇給対象の選定は経営意思ですので、目的によって改定する内訳は異なるものです。)

賃金制度に「毎年一回、定期に賃金を改定する」と定めている場合が多く、賃金に関する取り決めに従って賃金を改定することを「定期昇給」といいます。
なぜ「昇給」なのかとい...続きを読む

Q収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか

収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか



賃貸マンションの申し込みをしてきました




この後,内見⇒申込金を振込⇒ 契約 ⇒ 申込金を差し引いて入金



というながれだと言われました。



差し当たって,内見できるのが1ケ月後なので,何か用意する書類ありますか?と質問したところ。



収入証明書を用意してくださいと言われました。



これってどこで手に入れるのでしょうか

Aベストアンサー

収入証明書は会社からいただく源泉徴収票やお役所でいただく所得証明や納税証明で良いと思います

源泉徴収票は会社によって違うかもしれませんが大抵は会社から無料でいただけますし取りに行く時間がはぶけますよ

どの証明書が必要か不動産会社にどれがいいのか聞くのも良いかと思います。

また働き始めで年末調整が1度も済まれてない場合は源泉や所得証明等がなければ会社から給与証明書などいただくことは出来ると思いますよ

Q昇給の計算方法

数字に弱くて給与の計算が出来ないので教えてください。

基本給20万円 昇給率2%(ベースアップ込みの前年度実績 月あたり)

これでスタートしたとしたら10年後は基本給はどのくらいですか?


※基本給以外の手当ては無視とします
※前年度実績が10年間続くと仮定します

1年目は204,000円
2年目は204,000円×2%=208,080円
3年目は208,080円×2%=212,242円
って感じですか?


ずっと毎年4000円ずつの昇給ですか?

Aベストアンサー

1番様が既にお答えになられているので、説明を省こうと思ったら・・・ご質問文の計算式は数学(算数)上は間違っていますね。
> 1年目は204,000円
> 2年目は204,000円×2%=208,080円
> 3年目は208,080円×2%=212,242円
基準年は 200,000円
1年目は 200,000円×(1+2%)=204,080円
2年目は 204,000円×(1+2%)=208,080円
3年目は 208,080円×(1+2%)=212,242円[円未満四捨五入]



最後に計算方法を紹介いたします

ご質問は2%の複利なので、計算式で書くと
 基準額×(1+0.02)^n nは何年後と考えてください。
例えば9年目であれば
 20万円×1.02^9
  =20万円×1.02×1.02×1.02×1.02×1.02×1.02×1.02×1.02×1.02
  =20万円×(1.02×1.02×1.02)^3
  =20万円×1.061208^3
  ≒20万円×1.19509
  ≒23万9018円

次に簡易な計算方法
複利計算を行う際には「終価係数(表)」を使うと、おおよその金額が導けます。
 http://www.pronavi.net/tool/hyo.html
上記URL先の表で「利率:2%」と「年数:9」が交わるマスに書かれている数値「1.195」を、基準額である20万円に掛けると23万9千円

1番様が既にお答えになられているので、説明を省こうと思ったら・・・ご質問文の計算式は数学(算数)上は間違っていますね。
> 1年目は204,000円
> 2年目は204,000円×2%=208,080円
> 3年目は208,080円×2%=212,242円
基準年は 200,000円
1年目は 200,000円×(1+2%)=204,080円
2年目は 204,000円×(1+2%)=208,080円
3年目は 208,080円×(1+2%)=212,242円[円未満四捨五入]



最後に計算方法を紹介いたします

ご質問は2%の複利なので、計算式で書くと
 基準額×(1+0.02)^n nは...続きを読む


人気Q&Aランキング