現在、数種の目的成分についてGCMSで観察しており、それらについて標準添加法による定量を行いたいと考えております。
そこで各種100ppm標準溶液を調製しようと思うのですが、
実際に調製するとなると不安要素がたくさんでてきましたので、
以下の通り、ご質問させていただきます。

たとえば、試料が固体、溶媒が水の場合、
試料10mgを秤量し、100ml(100g)の水に溶解すれば100ppmになると思います。
試料が液体の場合も、重量で秤量すればよいかと思いますが、
試料が有毒ガスを発生するような場合、ドラフト内に精密天秤を持ち込んで作業を行えばよいのでしょうか?もしくは、比重から計算した容量分を溶解すればよいでしょうか?
職場や大学でどのように作業されているのかアドバイスいただきたく存じます。

また、溶媒が水ではなく、たとえば99.5%エタノールのようなとき、
比重は約0.8ですが、溶媒自身も比重にて重量換算する必要があると考えればよろしいでしょうか?文献などでは、mg/Lを用いている場合も見受けられるので、実験系にてmg/Lに統一すれば溶媒は容量でもよいと考えればよろしいでしょうか。

初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>試料が有毒ガスを発生するような場合


必ず密栓の出来るバイアルかメスフラスコを用います。
>比重から計算した容量分を溶解すればよい
一応その様にしてから精密に重量を測定して下さい。
>実験系にてmg/Lに統一すれば溶媒は容量でもよい
それでも良いですが、出来るだけ「内部標準法」を用いて誤差を減らしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
数種の標準物質の標準溶液を調製する際の注意点などもあれば、
お教えいただけると幸いです。

お礼日時:2009/05/15 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎月の生活費など

40才台夫婦、小学生1人、祖母1人の4人家族で自己所有マンションあり、ローンなし。

毎月の生活費、その他含め、どれくらいの手取り収入があれば標準的な生活が出きると思いますか?

Aベストアンサー

食費・・6万円(子供が食べ盛りだったり、お酒を飲むともっと)
外食費・・2万円(週末4人で外食したとして)
学資貯蓄・・3万円
生命保険・・2万円
水道光熱費・・3万円
携帯・・2万円
雑費・・2万円(受信料や学校の行事等案外かかります)
交友費・・1万円
お小遣い・・4万円

と、かなりザックリですがここですでに25万円。

他に

車の維持費
老後の貯蓄
医療費
衣料費(夫のスーツ、子供の成長に合わせた靴など半端ないです)
固定資産税
年1回程度の旅行代

等を考えると私なら最低30万円は欲しいかな。
後はどう節約するかですよね。

Q揮発性溶媒の秤量

先日、揮発性溶媒をマイクロピペットで吸引したところうまくいきませんでした。
マイクロピペットで揮発性溶媒を秤量する際にはどうすればいいんですか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的なマイクロピペットはその構造上から揮発性溶媒は苦手です。
(ここでいう一般的というのは、液とシリンジの間に空間、空気を挟むタイプのことです。)
おそらく、すっても、すぐに液が垂れてきてしまうでしょう。
これは、シリンジ中で液がすぐに気化してしまい、内圧が上がってしまうためです。
液を本格的に吸う前に何回か液をすったり出したりして、シリンジ中を蒸気圧程度にまで飽和してあげれば液漏れはある程度防ぐことはできます。
また、液を吸ってから手早く処理することも大切です。

ただ、気温変動や粘度、表面張力といった因子には対応しきれません。
正確さは担保できないので、操作になれることも含めて、事前に精度などを測っておくべきかと思います。
必要ならば校正も行いましょう。

No1の方がおっしゃるように、空間を挟まない注射器、注射器タイプのマイクロピペットを使用すると、この問題がなくなります。
(内圧の問題がなくなるので、液が自発的に押し出される要因がなくなります。)

ちなみに、有機溶媒によってはマイクロピペット本体をいためてしまうこともあります。
(溶媒耐性をうたっているものもありますので、確認してみましょう。)
さらに、プラスチックチップを使用している場合、素材を溶かしてしまうこともあります。
これが原因でコンタミしてしまうこともあるので、気をつけください。

以上、参考まで。

一般的なマイクロピペットはその構造上から揮発性溶媒は苦手です。
(ここでいう一般的というのは、液とシリンジの間に空間、空気を挟むタイプのことです。)
おそらく、すっても、すぐに液が垂れてきてしまうでしょう。
これは、シリンジ中で液がすぐに気化してしまい、内圧が上がってしまうためです。
液を本格的に吸う前に何回か液をすったり出したりして、シリンジ中を蒸気圧程度にまで飽和してあげれば液漏れはある程度防ぐことはできます。
また、液を吸ってから手早く処理することも大切です。

ただ、気温...続きを読む

Q夫婦二人の生活費モデルは?

過去に似た様なQもあり申し訳ありませんが、質問させて下さい。

結婚して主人と一緒に生活し5ヶ月、毎月簡単な家計簿をつけています。
それを見て主人が、「若い内に節約して後でラクしよう!」と考えまして
今の生活費が掛かりすぎなのかどうか調べて欲しいと言われました。

*----*----*----*----*
我が家は夫婦二人暮らしで毎月12万程度です。
(この金額に家賃・保険・ローン・外食等の大口は含みません。
 食費・水道光熱費・新聞・雑費等の純粋な日常生活費用です。)

贅沢もせず、かといって特に切り詰めたりはしておりません。
多少の贅沢と言えば毎晩の晩酌(二人共お酒好き)とそれにかかるおつまみの材料費でしょうか。
晩酌はビールを少なくし(高く付く気がするので)、なるべくウイスキーの水割り等でチビリチビリする様にしています。
*----*----*----*----*

この様なごく一般(?)夫婦の日常生活費は大体毎月どの程度が標準なのでしょうか?

また、
「年収○円で家族構成がこうだと生活費はいくらぐらい」
という様な平均家計モデルを載せているサイトを探しているのですが
なかなか見つからず・・・もしご存知でしたら教えて頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

過去に似た様なQもあり申し訳ありませんが、質問させて下さい。

結婚して主人と一緒に生活し5ヶ月、毎月簡単な家計簿をつけています。
それを見て主人が、「若い内に節約して後でラクしよう!」と考えまして
今の生活費が掛かりすぎなのかどうか調べて欲しいと言われました。

*----*----*----*----*
我が家は夫婦二人暮らしで毎月12万程度です。
(この金額に家賃・保険・ローン・外食等の大口は含みません。
 食費・水道光熱費・新聞・雑費等の純粋な日常生活費用です。)

贅沢もせず、かとい...続きを読む

Aベストアンサー

少し多いかなと感じます。

ご質問の中から外食(レジャー以外)、ガソリン代を含めて月10万あれば家族4人(未就学児2人)まかなえます。ご質問の条件だと月8~9万というところでしょうか。

うちは特段に超節約ではありませんが、、、、(もちろん努力はしています)
年収は全サラリーマンの平均値700万を越えていて、こんな感じの生活です。(まあ年収からすると質素なほうかも知れませんが、、、)

ご参考まで。

Q排ガス中のカドミウムの分析での、試料溶液の調製方法について

排ガス中のカドミウムの分析での、試料溶液の調製方法について

こんばんは。お世話になります。
排ガス中のカドミウムの分析での、試料溶液の調製方法について、

”一般に湿式分解が用いられており、捕集物の付着したろ紙と硝酸と過酸化水素水で処理し、温塩酸と水とを加えて試料溶液を調製する”

といふうに記載されているのですが、

この中で、温塩酸 とは、どういう状態?といっていいのか、
どういう意味なのでしょうか?

すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

40から50℃の塩酸でしょう。
それより温度が高くなったら「熱した塩酸」になるから。

Q一ヶ月の生活費は?

私(35歳・会社員)、妻(専業主婦)、8ヶ月の赤ちゃんの3人家族です。
 一ヶ月の生活費(家賃・食費・水道光熱費・貯蓄・小遣い・・・)のモデルケースはどんな感じでしょうか?
もちろん収入によりけりだと思いますが、こんな3人家族の場合、標準的な食費は何万円くらいでしょうか?

Aベストアンサー

私もつい先日36歳になったばかりなので似た境遇かな?
妻は専業主婦、子供は小学1年生になりました。
で、生活費ですが、
家賃58000円(田舎なので安いです)
食費25000円(一応50000渡してます)
水道光熱費10000円ちょい
小遣い50000円(妻に)
自分も50000円くらいで保険等を支払って残りが貯蓄ですね。
一応財布はおいらが管理してる形です。

Q溶媒が定容量ではない試料のGC分析・定量方法

GCで溶液試料を分析する時の定量方法について教えてください。

溶液試料を加熱,反応させてから分析するのですが,最後の溶媒量がμLと微量なので定容量にすることができません。標準物質も加熱,反応させてから,容量が不明なまま分析します。
最後の溶媒量を定容量にできるのであれば,標準物質の溶液にd体を添加し,内部標準法によって定量できるのは理解できるのですが,そうでない場合はどうすればいいのでしょうか?

相談できる人がいないので,教えていただけるととても助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足説明、ありがとうございます。

以下で、お望みの回答となるかはわかりません。また、ご存知のことをくどく説明してしまうかも
しれません。ご容赦を。

1.反応後の試料溶液全量を、小さめのメスフラスコ(5mlくらいが限度でしょうか)に有機溶媒で
  洗い移すことは可能でしょうか。可能であれば、まず、定容はできそうです。

2.溶媒だけでメスアップするのではなく、内部標準も加えられれば、良いわけですね。内部標準
  法で分析できます。

3.ところで、「標準物質も反応させてから」とあります。この反応は、100%の反応収率で進行しま
  すか?この反応の収率が安定していないと、分析対象物質の量(重量)が計算上の量と一致
  せず、分析自体の信頼性が低くなってしまいます。

4.仮に、反応は全く問題ないとすると、1、2ができるのであれば内部標準法がベストと思います。

5.上記に記したのは端的にいうと、”希釈して分析試料を調製する”ということです。希釈ができ
  ないということは無いと思うのですが、いかがでしょう(私の理解が足りないかもしれません...)

6.内部標準ですが、内部標準溶液を十分たくさん調製して、常に決まった量をホールピペットで
  希釈時に入れれば、同じ内部標準液を使っているかぎり内部標準濃度は一定となりますので、
  横軸に「標準試料の濃度/内標準試料の濃度」をとる必要は無いと思います。

7.検量線から外れる(濃度が高すぎるということですよね)ために希釈した場合、得られた分析値
  に元の溶液を何倍に希釈したかを掛け算するだけです。やはり、希釈できるようですので、
  以下に手順例を示します。

   反応を行います。→反応後の残渣を有機溶媒に溶かし、10mlのメスフラスコに全量洗い移し
   ます。→有機溶媒を使って標線をあわせます(メスアップ)→よく振り混ぜたのち、ここから1ml
   をホールピペットで量り取り、新しい10mlメスフラスコへ移します。※これで10倍に希釈すること
   になります。→あらかじめ調整しておいた内部標準液を(たとえば)1ml加えます。→有機溶媒
   でメスアップします。
  
   このようにしてつくった被検液を分析して、検量線から濃度を算出し10倍したものが、はじめに
   つくったメスフラスコ内の溶液濃度になります。
 
的外れな回答でしたら、ご指摘を。続けて回答いたしますので。

補足説明、ありがとうございます。

以下で、お望みの回答となるかはわかりません。また、ご存知のことをくどく説明してしまうかも
しれません。ご容赦を。

1.反応後の試料溶液全量を、小さめのメスフラスコ(5mlくらいが限度でしょうか)に有機溶媒で
  洗い移すことは可能でしょうか。可能であれば、まず、定容はできそうです。

2.溶媒だけでメスアップするのではなく、内部標準も加えられれば、良いわけですね。内部標準
  法で分析できます。

3.ところで、「標準物質も反応させてから」とありま...続きを読む

Qもしもの為に生活費を貯金

実家暮らしなのですが
もしもの為に生活費の4カ月分を貯金しておきたいのですが
そもそも生活費ってどの事を言うのでしょうか?

一人暮らしならば、
家賃、水道光熱費、食費、雑費、携帯代などを生活費と出来ますが
実家暮らしの私は
手取り13万のうち
6万を親に入れ
雑費10000円、自分の食事代、10000円、服代20000円
飲み代10000円、交通費5000円、化粧品5000円
ジム10000円です。

どれを生活費とすればいいのかわかりません。
それとも親にお金を渡してるので
もしものための生活費の貯金はしなくても大丈夫でしょうか?

年齢は28歳です。

Aベストアンサー

もしもの生活費は、だいたい半年分が必要と言われています。

あとは、100万円もっていれば、多少の期間はなんとかなるようです。

質問者様の今かかっているお金は、生活費とは言わないと思います。
生活するためのお金・・・電気、ガス、水道、家賃(住宅費)、食費、交通費、などです。

Q原子吸光分析法では、気体を試料としたい場合はそのままではなく、溶媒に溶かさなくてはいけないのでしょうか。

原子吸光分析法では、気体を試料としたい場合はそのままではなく、溶媒に溶かさなくてはいけないのでしょうか。その場合どういう方法がありますか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1です。
>課題が出ておりまして吸光法において大気中の成分を調べる
課題の解答は、できませんので、ヒントだけ。というより、「溶媒にとかさないと・・・」と正解を書いておられるので。
 また、気体の試料を吸光度法、なんぞは、下記のように非現実的な話なので。おそらく、「考えよ」という問いでしょう。

 まず、吸光度法というのは、検出法の一つです。これは、液体試料が対象で、気体や固体には適応しません。それを念頭に刻みつけてください。

 原子吸光は、金属の濃度を測定します。気体=大気中に存在しても、試料は液体に溶解する必要があります。
 Hg気体なりやすいのですが、空気中のHgをそのまま測定できるのではなく、やはり水溶液(試料を灰化するので、強酸ですが)にします。

 気体のまま測定するのは、ガスクロという装置があります。ただ、検出に吸光法というのは、見たことがありません(感度が悪い)。もちろん、特別に開発する、というのなら不可能ではありませんが、感度か悪すぎて微量の試料は測定不能、で非現実的です。
 すなわち、気体の試料を吸光度で、というのは非現実的が結論です。吸光度ではなく、たとえば、熱、水素炎、ECD、などを利用し、近年はMSに接続、も珍しくありません。

 したがって、気体のサンプルを溶液にし、○○LC(課題だそうで、2文字はご自分で)で測定します。吸光度法は、検出器に一般的にこの原理を応用しています。
 この場合、一番難しいのは、一定量の気体をどのように捕集するのか、かもしれません。

No1です。
>課題が出ておりまして吸光法において大気中の成分を調べる
課題の解答は、できませんので、ヒントだけ。というより、「溶媒にとかさないと・・・」と正解を書いておられるので。
 また、気体の試料を吸光度法、なんぞは、下記のように非現実的な話なので。おそらく、「考えよ」という問いでしょう。

 まず、吸光度法というのは、検出法の一つです。これは、液体試料が対象で、気体や固体には適応しません。それを念頭に刻みつけてください。

 原子吸光は、金属の濃度を測定します。気体=...続きを読む

Q定年後の生活費

よく定年後の一カ月の生活費は28万とか?
ゆとりのある生活費は38万と聞きました。
ただ立場により違うと思いますが、収入が年金受給(17万)のみの生活なら、健康保険・市府民税は上記の生活費に含まれて要るのか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在の生活費が40万弱掛かり~妻が不安がって要るが事実です。

持ち家で月40万の生活としたら掛かり過ぎですね、一般的には持ち家での場合は、全てを含めて(税金、車の保険、自家用車(普通車、但し車庫付)で夫婦がそれぞれ2万円程度の小遣いを取って31万としたものらしいです。ただし これは住宅や何らかのローンが残っていたり、賃貸住居の場合は参考にならないです。

試算で、
年金月17万x20年=4,080万
手持金・・・・・・・=4,000万
    計・・・・・=8,080万

現在生活費40万、
月生活費40万x20年=9,600万
手持金と年金計・・・・=8,080万
   不足金・・・・・=1,600万

仮想生活費31万、
手持金と年金計・・・・・・=8,080万
月生活費31万x20年・・ =7,440万
    残額・・・・・・・=  640万

従って現状としては月の生活費を31~32万で押さえる必要がありそうですね、しかし 長期の入院治療費、住宅の補修費は入っていません。

ご自分宅の正確な生活費を算出するには1年間、出来るだけ正確に記録し12で割って出すのが一番です。

>現在の生活費が40万弱掛かり~妻が不安がって要るが事実です。

持ち家で月40万の生活としたら掛かり過ぎですね、一般的には持ち家での場合は、全てを含めて(税金、車の保険、自家用車(普通車、但し車庫付)で夫婦がそれぞれ2万円程度の小遣いを取って31万としたものらしいです。ただし これは住宅や何らかのローンが残っていたり、賃貸住居の場合は参考にならないです。

試算で、
年金月17万x20年=4,080万
手持金・・・・・・・=4,000万
    計・・・・・=8,080万
...続きを読む

Qポリエチレンが溶解可能な溶媒について

ポリエチレンを溶媒に溶かしたいのですがアセトンなどに入れても溶けません。何か溶解可能なようばいなどありますか?

Aベストアンサー

結構難しいですよ。
PEとか、PPは、非常に耐薬品性が高いですからね。

扨、答えとしては、「デカリン」を用い、高温(130~150ぐらいだったと思います)で溶解可能です。
PE等の極限粘度を測定するときなんかにこの方法を用いるはずです。
このあたりの方法として、捜されると溶解方法の手順が見つかると思います。

くれぐれも高温溶媒を扱いますから、やけど等にはご注意くださいね。


人気Q&Aランキング