はじめて質問させていただきます(汗)。
フランス語で「みんなに愛されるパンを」としたいのですが
Le pain qui est aimé par tout. では不自然でしょうか?
よりよい言い方があれば、ぜひ教えてただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

k703s さん はじめまして



ご質問のフランス語にした語句を、如何なる場面で
ご利用になるのか、お漏らし頂ければ、より適訳?

ささやかなご提案は

● Le pain aime tout le monde

逆説的な言い回しですが、誰にでも好かれること

● Le pain que tout le monde s'arrache

直接的には、だれからも、ひっぱりだとのこと
これに、pour son gout et sa qualite と
すれば、意味はより明らかになってきます

受身の文より、能動の文のほうがよろしかと。。。

この回答への補足

anapaultoleさんへ

回答ありがとうございます!!
私の質問の仕方が悪くてすみません(汗。
「みんなに愛されるパンをあなたに届けたい」という感じで
気持ちを伝えたいのですが、どうでしょうか?
よろしくお願いします!!

補足日時:2009/05/18 09:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語で さよなら は?

フランス語で さよなら また会う日まで は どう言うのでしょうか? 
英文と発音をわかるかたいれば教えてください!

Aベストアンサー

「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= 「さよなら」 です。
他にもいくつか載せておきますねww

「Bonjour」(ボンジュール)= おはよう/こんにちは。
「Bonsoir」(ボンソワール)= こんばんは。
「Merci」(メルスィ)= ありがとう(ございます)。
「Merci beaucoup」(メルスィ・ボク)= どうもありがとう(ございます)。
「Salut」サリュ = こんにちは。
「Comment allez-vous ?」(コマンタレヴ?)=お元気ですか?
「Comment vous appelez-vous?」(コマン・ヴ・ザプレ・ヴ?) = お名前はなんですか。
「Enchanté(e)」 (アンシャンテ)= はじめまして。
「Je m'appelle ~」(ジュ・マペル ~) = ~といいます。
「Je suis japonais」(ジュ・スュイ・ジャポネ)= 日本人です。(男)
「Je suis japonaise」(ジュ・スュイ・ジャポネーズ)= 日本人です。(女)
「Je suis étudiant(e)」= 私は学生です。
「Je suis français(e)」= 私はフランス人です。
-

「Parlez-vous français?」= フランス語できますか。
「Parlez-vous japonais?」= 日本語できますか。
「Etes-vous déjà allé au Japon?」= 日本に行ったことありますか。
「Aimez-vous les chats?」= 猫が好きですか。

「Au revoir」(オ・ルヴォワール)= 「さよなら」 です。
他にもいくつか載せておきますねww

「Bonjour」(ボンジュール)= おはよう/こんにちは。
「Bonsoir」(ボンソワール)= こんばんは。
「Merci」(メルスィ)= ありがとう(ございます)。
「Merci beaucoup」(メルスィ・ボク)= どうもありがとう(ございます)。
「Salut」サリュ = こんにちは。
「Comment allez-vous ?」(コマンタレヴ?)=お元気ですか?
「Comment vous appelez-vous?」(コマン・ヴ・ザプレ・ヴ?) = お名...続きを読む

QQui est-ce?のハイフン(-)は何の役割?と言うか、何でーを付けるのか?

フランス語に興味を昨日から持ったばっかりで、で、今「ゼロからはじめるフランス語」って言う本を読んでいたのですが、この文にもあるハイフン(-)は何の役割があって、何で付けるのかなって疑問を持って、今本を探してるんだけど、なかなか答えが出てこない(初歩的すぎかな)ので、教えてもらおうと思いました。きっとこの答えを知ってる方はフランス語が堪能だと思うのですが、はじめたばかりの私に、何か「フランス語を勉強すると、こんな良いことあるよぉ」みたいな事あったら教えてください。と言うか、なんか英語はあちこちで使えるけど、フランス語は知ってるとどんなとき役立つのかなってふと思いました。よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。私はフランス語のエキスパートでも何でもないのですが、
とりあえずハイフンについては察しがつくので・・。

●Qui est-ce? この方は誰ですか?  は、もとは
●C'est ――. こちらは~さんです。  ですよね。

この、C'est (Ce estの略)の部分が倒置されているから
ハイフンがつくのだと思います。

疑問文は、
(1)倒置形にする
(2)Est-ce queを文頭につける
(3)イントネーションを上げる(会話で)

こうすることで作れます。
ハイフンがつくのが、今言っていた(1)です。((2)にもついています。
これも同じ倒置という理由からです)

他の例として、
Elle est japonaise. 彼女は日本人です。
を(1)によって疑問文にすると、
Est-elle japonaise?
になります。
(2)によって疑問文にすると、
Est-ce qu'elle est japonaise?
です。

私に分かるのはここまでです。(・・;)

あ、あとフランス語を知ってて役立ったことは
今のところないです。外国人観光客(フランス人)と
片言会話程度でしょうか。。。
フランス語圏にいけば当然役立たないことはないと思います。
アフリカにもフランス語圏ありますよね(未体験ですが)。
ラオスとかベトナムに行ったときも、
使えるかなと思いつつそんなに活躍しませんでした(悲)。
現地語覚えるほうが手っ取り早いですね、きっと。

あと、英語はいろんな言語から単語を借用しているので、
フランス語の単語を英語の辞書で引くと、
普通に載っていたりします。
ああ、こっちが元だったのね、って・・。
でもそのさらなる元は、ほか言語だったり、
なんか複雑な事情があったりする場合もあるみたいですけど。。。
そういう役立ち方(?)もあると思いました。

ではでは。。

こんにちは。私はフランス語のエキスパートでも何でもないのですが、
とりあえずハイフンについては察しがつくので・・。

●Qui est-ce? この方は誰ですか?  は、もとは
●C'est ――. こちらは~さんです。  ですよね。

この、C'est (Ce estの略)の部分が倒置されているから
ハイフンがつくのだと思います。

疑問文は、
(1)倒置形にする
(2)Est-ce queを文頭につける
(3)イントネーションを上げる(会話で)

こうすることで作れます。
ハイフンがつくのが、今言っていた(1)です。((2)にも...続きを読む

Qフランス語のさよなら

こんにちは。
フランス語のさよならで、おそらく古い言い回しだと思うんですが、
salut が先に来てそのあとランシェンみたいな発音の単語がくると聞いた記憶があります。その単語のつづりがわかる方いらっしゃいますか?
サリュ ランシェン??教えてください><

Aベストアンサー

初めまして、hirochich さん

ご質問の言い回しですと
耳にする音で、一番近いのは

●Salut l'ancien

では、ないでしょうか。
これに並ぶ呼びかけ(挨拶)で
salut mon ancien 等
があります。

ご存知のように最近はテレビの影響で
salut les copains, salut ca va
salut bonjours と多様化しております。

お時間がおありなら
下記のサイトで,挨拶の交歓を
お読み下さい。

参考URL:http://www.jeunz.com/index.php?s=48cbcc3c2d255d2d2451410cf59ac75e&showtopic=739&pid=7180&st=80&#entry7180

Qフランス語:enとle・la・lesの使い分けについて

中性代名詞enは不定冠詞や部分冠詞がついた直接目的語を置き換えます。それと逆に、直接目的語人称代名詞le/la/lesは特定のもの、つまり定冠詞がついた直接目的語を指します。

では以下のような場合はなぜ大丈夫なのでしょうか?
(教科書のディアローグにありました)

A:Tu l'as trouve, ta voiture?
B:J'en ai vu une super, avant-hier.
A:Tu vas la prendre?
B:Je n'ai pas encore decide...

Bが「une super」と言っているのに、
どうしてAは「la prendre」と「la」に置き換えているのでしょうか?
ここで「en prendre」とはならないとなんとなくはわかりますが、
文法的な理由はあるのでしょうか?

ここでは「その車」という意が会話でわかるので、
「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ご質問:
<ここでは「その車」という意が会話でわかるので、「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?>

ご想像の通りです。

1.ご質問にある疑問は、une superと不定冠詞uneが使われているから、enでなく定冠詞?と疑問を持たれたのだと思います。

しかし、前出の名詞に不定冠詞が使われていてもそれが「特定の1台の車」を指しているのであれば、定冠詞に置き換えられることができるのです。何故ならそれは特定のたった1台の車だからです。

2.これは英語などでも同様で、不定冠詞が使われていても、話題がその名詞を指しているのが明らかであれば、人称代名詞itが使われます。
例:
I have an apple.
It is big and red.
「りんごを一つ持っている。それは大きくて赤い」

3.Bは、車の中でも特にかっこいい車1台について言及しています。その特定の1台を受けてAはla「それ」=「君がかっこいいと思う1台」と、特定の直接補語を表すlaを使っているのです。

4.ご質問のように、形容詞などで特定されると、それが「限定用法」となり、かかる名詞を「特定化」する働きがあります。

5.このenは任意の複数の自動車を指してdes voitures「複数の車の中の」=d’elles「そのうちの」という意味で使われています。訳では他の複数の車については触れていません。

6.Bの会話の代名詞enを名詞に置き換えて文を書き換えると以下のようになります。

J'en ai vu une super, avant-hier.
「一昨日、かっこいいのを見たよ」
→J' ai vu une voiture super (des voitures), avant-hier.
「一昨日、(車の中でも)かっこいい車を見たよ」

voitureという単語は既出のため、反復をさけ代名詞を使っています。ここではdes voituresは任意の複数の車になりますから、わざわざ訳出されていないのです。

以上ご参考までに。

こんにちは。

ご質問:
<ここでは「その車」という意が会話でわかるので、「特定の車」ということになり「la」となっているのでしょうか?>

ご想像の通りです。

1.ご質問にある疑問は、une superと不定冠詞uneが使われているから、enでなく定冠詞?と疑問を持たれたのだと思います。

しかし、前出の名詞に不定冠詞が使われていてもそれが「特定の1台の車」を指しているのであれば、定冠詞に置き換えられることができるのです。何故ならそれは特定のたった1台の車だからです。

2.これは英...続きを読む

Qバンクーバーオリンピックの言語はフランス語でしたか。

バンクーバーオリンピックの言語はフランス語でしたか。

先ほどオリンピックのビデオを見ましたら場内アナウンス(議事進行)がフランス語のようでした。

カナダ総督の開会宣言はフランス語というのは報道されましたが、場内アナウンスまでフランス語とは驚きました。

このオリンピックは、全てフランス語で行われたのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

 オリンピックではフランス語と英語が使われるのは、#1さんの
ご説明どおりです。さらにカナダの事情で言うと、同国ではやはり
フランス語と英語の両方を公用語としているので、公共の場では必ず
両方を併記する必要があります。よって、オリンピックの進行でも
両方を使っていたはずです。

 ちなみにエアカナダの機内誌では必ず、フランス語と英語が併記
されています。エアカナダに吸収合併されたカナディアンエアでは、
フランス語が Canadien Air、英語が Canadian Air とスペルが1文字
異なっていました。そのためロゴでは
「 Canadi>n Air 」
と「>」記号を使うことで、両方のスペルを兼ねていたんです。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Canadian_Airlines_logo.svg

Qフランス語「tous en rond」「tout en rond」どちらが正しい?

有名なフランス民謡「Sur pont d'Avignon」の歌詞の中に、『みんなで輪になって』の意として「tous en rond」という箇所があります。しかし現地ビジターセンターで見た原譜では「"tout” en rond」と表記されており、実際このように歌っている合唱団もあるようです。(YouTubeにて検索した結果、「tous」の方が圧倒的に多かったですが、「tout」も複数見られました。)

曲が出来上がった時代と現代とではフランス語(熟語)がもたらすニュアンスに違いが生じて「tout」よりも「tous」にシフトしてきたのかな、と思われるのですが、あくまでも素人の推測ですので、正しいところを知りたいと思い、ここで質問させていただきます。

また、「曲」自体を離れて、現代文法として考えて、どちらが自然な(正しい)フランス語と解されるでしょうか?
tout,tous,toute,toutes にはいつも悩まされているので、ここで一度はっきりさせておきたいという思いもあります。
ご教示いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

有名なフランス民謡「Sur pont d'Avignon」の歌詞の中に、『みんなで輪になって』の意として「tous en rond」という箇所があります。しかし現地ビジターセンターで見た原譜では「"tout” en rond」と表記されており、実際このように歌っている合唱団もあるようです。(YouTubeにて検索した結果、「tous」の方が圧倒的に多かったですが、「tout」も複数見られました。)

曲が出来上がった時代と現代とではフランス語(熟語)がもたらすニュアンスに違いが生じて「tout」よりも「tous」にシフトしてきたのかな、と...続きを読む

Aベストアンサー

> どちらが自然な(正しい)フランス語と解されるでしょうか?

どちらも自然な(正しい)フランス語なので、両方あるのです。
ただ、もちろん、意味が違う。

tous en rond → みんなでまるく(踊ろう)
tout en rond → まん丸に(踊ろう)

tous は主語の同格で、en rond とは切り離して考える。
tout は強調の副詞で、en rond を修飾。

まあ、tout は確かに面倒くさい。
ロワイヤル仏和をみても、注が 1~11 まである。
習得には、辞書を繰り返し読み、いろいろなフランス語の文章を読み込み、自分でも書いてみるしかない。

Qフランス語を放送しているサイトをご存知でしょうか?

フランス語を習いたいと思っています。まず、フランス語をたくさん聞いてフランス語になれたいと思っています。フランス語を放送しているサイト等ご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

下記のサイトをお試し下さい。
http://wwitv.com/portal.htm
左端の国名の中から、Franceをクリックすると、本国の放送局のサイトが、表示されます。
その他、フランス語が行われる国(主にアフリカの、フランスやベルギーが旧宗主国であった国々)
や植民地、海外県が、いくらかありますので、それらでもフランス語放送があります。

QCa y est! (フランス語)

フランス人と喋っていると意外と良く「Ca y est!」というフレーズを聞きます。
ロワイヤルをひくと「うまくいった」「これでよし」という訳しかありませんが、もっと多くの意味/用法があるように思われます。
どなたか詳しく解説してください。参考文献・URLもあるとありがたいです。よろしおくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

解説は出来ませんが...
確かにフランス人、ちょっとした時に口にする言葉ですね。

私の辞書から抜粋すると
*スタンダード仏和(大修館書店):1)その通りです、2)結構!よしきた!、3)こんどこそそうなるぞ

*ラルース仏和辞典(白水社):1)これでよし、2)もうすんだ、3)案の定やっちゃった
a) Alors tu es pre(^)t? - Ca y est,j'arrive! さあ、支度できた? ー よしできた、すぐいくよ。
b) Allez!ca y est,c'est fini,ne pleure plus [注射の後で]さあさあ、ほら済んだ、おしまいよ、もう泣くんじゃない。
c)Atchoum! Ca y est,je suis enrhume('). ハクション。やっぱり、風邪ひいちゃった。

私の考えられるシチュエーションとしては、
「あーやれやれ(終った)」ということが多いです(ca y est,c'est fini.):
パズル、ゲームが終った時。
窓口で長い行列の後、自分の番にやっとなった時。
仕事、用事が終った時。
子供達の喧嘩が収束した時。泣き止んだ時。
音楽会、映画等終了したとき、あるいは会場の外へでようとする前。(さあ、行こうか、みたいな)

物事が終了したか聞きたい時にも使いますね。
うまくいったの? 
テスト、宿題終ったの? 
掃除終った? 
もう御飯食べ終ったの?(テーブルの上の食器をかたずけて良いか聞く時など)

解説は出来ませんが...
確かにフランス人、ちょっとした時に口にする言葉ですね。

私の辞書から抜粋すると
*スタンダード仏和(大修館書店):1)その通りです、2)結構!よしきた!、3)こんどこそそうなるぞ

*ラルース仏和辞典(白水社):1)これでよし、2)もうすんだ、3)案の定やっちゃった
a) Alors tu es pre(^)t? - Ca y est,j'arrive! さあ、支度できた? ー よしできた、すぐいくよ。
b) Allez!ca y est,c'est fini,ne pleure plus [注射の後で]さあさあ、ほら済んだ、おしまいよ...続きを読む

Qフランス語を習うと他のヨーロッパ語の習得がしやすいというのは本当ですか?

大学4年にしてフランス語を習い始めましたが、以前フランス語を習うと他のヨーロッパ言語の取得が容易になるという話を聞いたことがあります。
たとえば大学ではドイツ語もありますが、ドイツ語を習ってからフランス語をならうよりも、フランス語を習ってからドイツ語を習うほうがいいそうです。なんでも英語やドイツ語はゲルマン系であるのに対し、フランス語はゲルマン系ではないので、ゲルマン系の英語とゲルマン系でないフランス語を取得しておけば、スペイン語やイタリア語などの取得も容易とのことでした。
でも、これは本当なのでしょうか???

Aベストアンサー

フランス語と英語のイタリア人の知人の話によると、
イタリア語は単語がスペイン語に良く似ていて、
文法のパターンはフランス語とそっくりなんだそうです。
なので、フランス語を習得すると、
イタリア語やスペイン語を習得しやすくなるのは間違いないと思いますよ。
ドイツ語の場合は英語を習得しておくと、勉強しやすいと思います。

>ドイツ語を習ってからフランス語をならうよりも、フランス語を習ってからドイツ語を習うほうがいいそうです。

これはその後に何語を勉強したいかによると思います。
私の場合はドイツ語の後にイタリア語に手を出しましたが、
ドイツ語の3種類の名詞の性と複雑な複数形を体験した後だったので、
イタリア語の文法はドイツ語よりシンプルで楽に感じました。
でも、逆に単語は凄く覚えにくかったです。
ちなみに両語とも習得したとは言いがたいです(苦笑)。
それでもドイツ語を勉強したことで、
全然勉強したことのないオランダ語もたまに何となく内容がわかるようになりました。

いずれにしても、勉強した言語が多いほど、
新しい外語を習得しやすくなると思いますよ。

フランス語と英語のイタリア人の知人の話によると、
イタリア語は単語がスペイン語に良く似ていて、
文法のパターンはフランス語とそっくりなんだそうです。
なので、フランス語を習得すると、
イタリア語やスペイン語を習得しやすくなるのは間違いないと思いますよ。
ドイツ語の場合は英語を習得しておくと、勉強しやすいと思います。

>ドイツ語を習ってからフランス語をならうよりも、フランス語を習ってからドイツ語を習うほうがいいそうです。

これはその後に何語を勉強したいかによると思います...続きを読む

Qフランス語で、De quelle couleur est sa voi

フランス語で、De quelle couleur est sa voiture?の「de」は、何なのでしょうか?
(答えの時は、単にElle est noir.のように言うので、ますますわかりません。)
ウェブの日仏翻訳によっては、「De」なしの文がでてきますが、必要なものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Sa voiture est noir. の noir を疑問詞にするわけですが、この形容詞を直接尋ねる疑問形容詞がありません。
couleur はあくまで名詞であり、être で直接主語と結ぶと、voiture「車」と「色」がイコールのようになって論理的には不自然です。
そこで de を付けて「彼の車は何色 “の”(もの)ですか」のように尋ねています。

英語でこういう場合 What colour is his car? のように言いますが、これも同様に本来非理論的です。しかし普通の言い方になってしまっていて、colour が名詞だからおかしいというような感覚はありません。what colour が疑問形容詞のようになっています。

辞書では確認できませんでしたが、これと同じことがフランス語にも起きつつあって、de のない形が見られるのかもしれません。


人気Q&Aランキング